マモーノ派遣診断所

2020年11月11日 20:00

とらねこさんの小屋【タイトル】 マモーノ派遣診断所
【制作】 とらねこさんの小屋 宮波笹様

マモーノ派遣診断所【ジャンル】 診断ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 12種類
【プレイ時間】 1周2分(トータル12分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 116MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年4月24日
【プレイver.】 1.00

新たな人生を歩むため「マモーノ派遣診断所」を訪ねた貴方。
「キミに今から3つの質問をするよ。
その診断結果に応じて、ボクがキミに合う最高の派遣先を紹介してあげるよ。」
だけど、その診断所は他とは少しだけ違っていた。 (ふりーむ!作品ページより引用)


ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。
RPGツクールMV製で、ふりーむ!とRPGアツマールで公開されているようです。
基本ブラウザプレイですが、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロード可能。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

マモーノ派遣診断所に訪れたプレイヤーが、質問に答えていく診断ゲーム。
シンプルでスッキリした画面、可愛いキャラクターが魅力的。
キャラクターは素材を利用されているようですが、上手く使われているなぁと思いました。

このマモーノさん、どう回答しても肯定的な相槌をくれるので、気持ち良かったです。
否定しないというより、上手く良いところを見つけて共感してくれる感じ。私もこうありたいものです。
診断ゲームなので、一回プレイでそれが私の結果!というのが本来の在り方なのかもですが、
つい全パターンやっちゃいますよねぇ。
質問はランダムでなく固定なので、全結果を見るのも手間ではないです。
そこを敢えて一発勝負で、友達とワイワイやるのも楽しそうですね。

以下、ちょっとネタバレ部分を反転させないと見えないようにしておきます。見たくない方はご注意下さい。

ちなみに私の診断結果は、【動く人形】でした。可愛いですね。
結果に不満はないものの、色々試すと「あー、これが良かったな!」と思う素敵な結果もありました。
マーメイド】とかになりたかったなぁ('-'*)
拍手する

カペル-Caper-

2020年11月09日 20:00

アルセイド工房【タイトル】 カペル-Caper-
【制作】 アルセイド工房 沙木直樹様

カペル-Caper-
【ジャンル】 考察系超短編ノベルゲーム
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル14分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 126MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年3月13日
【プレイver.】 1.01

とあるアパートの6階角の部屋、そこにナニモノかが訪れる。
「ねぇ、ここを開けてよ」ナニモノかは淡々と告げた。
これは、様々な可能性の分岐した、短い短い物語。 (制作サイトより引用)


ティラノビルダー製で、ふりーむ!もしくはノベルゲームコレクションにて公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→ ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。

「僕」の部屋をノックする誰か。
誰かに答えてドアを開けるか、ドアスコープを覗いて誰なのかを確かめるか。
行動によってエンディングが分岐する、ショートノベルです。
1分ノベルとしては、数分で一話が終わる、オーソドックスな分岐ノベル形式でした。

ドアの向こう側の人物は尖った耳を持ち、いかにも人間ではなさそうです。
いつドアを開けるかでストーリーや人物ががらりと変わるのが面白かった。
真実は読者の想像に委ねられており、詳細は語られません。
考察系って、あまりに抽象的すぎて恥ずかしながら私の頭では解釈が及ばない作品も多いんですが、
この物語は見終わってふと心にどういう情景なのかが浮かんでくるものがありました。
もちろん、その情景が真実なのかどうかは分かりませんが。

どのエンディングも、ハッピーエンドとは言い難いです。
ですが、なぜか嫌な感覚がなく、漂う悲しみさえ素直に受け入れられるようでした。
不思議な感覚です。
訪問者の正体が例え何であれ、孤独な自分に寄り添ってくれると感じるからかもしれません。

トゥルーエンドは、読んだありのままを捉えると分かり易いエンディングなのですが、
ドアの向こう側のはずが風景が部屋の内側のように見えるので、そう単純ではないのかも。
素直に捉えることもできるし、穿った見方もできるころが面白いと思いました。
拍手する

とぅびぃこんてぃにゅーど!

2020年10月29日 20:00

バニラ最中のゲーム置き場【タイトル】 とぅびぃこんてぃにゅーど!
【制作】 バニラ最中のゲーム置き場 バニラ最中様

とぅびぃこんてぃにゅーど!
【ジャンル】 短編コメディノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周2分(トータル5分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 131MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年4月29日
【プレイver.】 1.00

親友のあずさといつも通りの日常を過ごす女子高生・上乃(うえの)。
そんな彼女の前に、ある日『ドラマの敏腕プロデューサー』を名乗る謎の女性キリコが現れる。
彼女によれば、実はこの世界はドラマで上乃はその主人公なのだという。
だけど上乃が全然ドラマチックな行動を取らないせいで視聴率は伸びず打ち切り寸前。
シーズン2が制作中止になればこの世界は消滅してしまう!
しかも今がまさにシーズン1の最終回!

打ち切りを回避する唯一の方法は次の展開が気になる終わり方=クリフハンガーで
視聴者の興味を繋ぎ止めることだけ。

どんな「To Be Continued」になるかは、あなたの選択次第。
超短編百合(風味)コメディADV! (作品ページより引用)


ティラノビルダー製で、ふりーむ!もしくはノベルゲームコレクションにて公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→ ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。
1分ノベルは色々あれど、この作品は「1分で1話のエンディングを迎える」というタイプの作品です。
1分でお話を終わらせるってなかなか大変だと思うのですが、この作品はクリフハンガーをテーマに据え、
敢えて起承転結の「結」を省略することで短時間でストーリーを描き切るという手法を取られていて、
そこが面白いと思いました。

設定自体はぶっ飛んでいますが、ノリが良くて面白かったです。
少々百合風味ですが、コメディ寄りですし、百合がやや苦手な私でも気になりませんでした。
選択肢は6つ用意されていて、それぞれ違った展開になります。
「こんなこと言われたら、普通はそうなるよねぇ」というものから、「ちょ、それ、演技じゃなくて本気ではΣ('□'*)」
というちょっとドキッとするものまで、色々な展開が楽しめました。
6つ試すと終了なのでサクっと終わってしまい、少し物足りなさもあったかも。
この後どうなるのやら……と気になってしまう私は、まんまとキリコさんの策にはまってしまったということですね。
拍手する

マスケラ・ファンタズマ

2020年10月22日 20:00

■なつの遊技場■【タイトル】 マスケラ・ファンタズマ
【制作】 棟木(かわぞこ)様(twitter

マスケラ・ファンタズマ【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類+α
【プレイ時間】 1周7分(トータル20分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 106MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年6月30日
【プレイver.】 1.01

年に一度、王宮で開かれる仮面舞踏会。
『自分が踊った相手が誰なのかを当てる』――そんな遊びが行われるのが通例だった。
ファリアは仮面舞踏会を楽しみにする令嬢のひとり。
幼馴染たちを全員当ててやると宣言して臨んだ舞踏会のゆくえは――!?
(readmeより引用)


ふりーむ!およびノベルゲームコレクションで公開中。
ふりーむ!ではブラウザ版のみ、ノベルゲームコレクションではダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→ ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。
人物紹介を兼ねたプロローグがあるので、初回は10分弱かかります。
ゲームの趣旨は、仮面舞踏会で踊る相手が誰なのかを当てること。
プロローグでキャラクターの性格を見極めて、仮面舞踏会に臨みましょう。

タイトルの「マスケラ・ファンタズマ」は、ゴーストマスクの意味のようです。
序盤で「本来仮面舞踏会は、死者が紛れても分からないようにするもの」というゾクリとするくだりがあり。
ミステリアスなお話なのかな?と思いきや、どちらかというと楽しい舞踏会でした。

作品ページにも人物紹介がありますが、敢えて読みませんでした。
プロローグを普通に読んだだけで臨んだところ、2連続で当てられて嬉しくなりました。
キャラクターが上手く描き分けられているので、意外と分かります。
怪しい仮面ときらびやかなドレスが素敵で、次の方はどんな姿だろう?と見るのが楽しみでした。

エンディングは、恐らく5人それぞれの正解エンドとハズレエンドだと思われます。
先述のゴーストの件やらキャラクターの台詞に意味深な感じを受けたので、
何か出てこないかな……と思ったのですが、どうやら無さそうでした。
ただ、リーチェのエンドで少しそれを臭わせる部分があり、ああ、これがもしや……と。
煌びやかな世界の中でふと見える影――これこそが仮面舞踏会の魅力なのでしょうね。
拍手する

バッテリー残量はあと僅か

2020年10月19日 20:00

バッテリー残量はあと僅か ふりーむ!のページ【タイトル】 バッテリー残量はあと僅か
【制作】 第2007号様(twitter

バッテリー残量はあと僅か【ジャンル】 短編ホラー探索アドベンチャー
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル5分)程度
【ツール】 Unity
【容量】 -
【公開日】 2020年6月30日
【プレイver.】 1.01

巷で噂の廃墟にいく主人公。バッテリーはあと僅かしかないが果たして・・・。
(ふりーむ!作品ページより引用)


Unity製で、ブラウザでプレイできます。ふりーむ!他、RPGアツマールでも公開されています。
ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。

廃墟探索に一人でやって来た青年。
スマホのライトが唯一の光源ですが、バッテリーがあと4%しかない!という状況で探索します。
いや、もう帰ろうよ。
私なら廃墟探索なんてしなくても、スマホがバッテリー残量4%という時点で戦々恐々ですよ?

タイトル画面の「コォォォォ……」という謎の音が怖い。
そしてグラフィックも妙にリアルなので、本当にライトで見まわしてる感じで怖いです。ドキドキ。
ライト付けて何かが映ったらどうしよう……と怯えて、画面からちょっぴり目を離してプレイしていました。
でも、主人公くん、思った以上にあっさり探索を終えてくれるので胸を撫でおろしました。
良かった、バッテリー無くて。良かった、1分ノベルで。

何度か探索して、フラグを回収するとストーリーが進展します。
最後どうなるか……は、プレイしてのお楽しみで。

1分ノベルを全てプレイした訳ではないですが、これはホラー作品としてはNo.1なのでは!?
と思えるクオリティでした。
拍手する


最新記事