スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

山吹三昧

2014年11月21日 19:28

mono mono【タイトル】 山吹三昧
【制作】 mono mono 水沢様

山吹三昧【ジャンル】 時代劇風 賄賂ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【スチル数】 3枚
【プレイ時間】 1周15分程度
【ツール】 Artemis Engine
【容量】 56.6MB
【公開日】 2014年4月1日

「私が留守にしている間、店の主人はお前だからね。しっかり頼むよ」
大店の一人息子である若旦那。
ある日、店の主人である大旦那が数日間店をあけることに。
若旦那はその間、父親の名代を任されましたが、それはあくまで名目上。
なぜなら、若旦那は商売のことはからっきしだからです。
でも若旦那にしかできないことも……。
「そう、この金蔵を開けられるのは私だけ!」(制作サイトより引用)


エイプリルフール企画として制作された作品のようです。
作品を知ったきっかけは失念してしまったのですが、あまりの個性的な佇まいに
見た瞬間ダウンロードせずにはいられませんでした。賄賂ADVって何のこっちゃ。
制作サイトさんはBL作品を中心に制作されていますが、こちらはBL成分はごく微量です。
特にあからさまな展開も表記もないけれど、想像しようと思えば容易にできるという程度かと。

Artemis Engine製の作品は2度目のプレイとなります。
とてもプレイし易い快適なツールという印象だったので、その点でもプレイするのが楽しみでした。

画面は横長であまり他に見ない新鮮なサイズでした。
システムは期待した通りのスムーズで快適なもの。
制作者さんの技量ももちろん大きいのでしょうが、Artemis Engineすごく良いですよ。
もっとこのエンジンを使った作品が増えればいいのにと思います。
キャラクターも個性的で、みんな綺麗です。ちょんまげでもイケメンって描けるものなんだね。

ストーリーは、暇と金を持て余した豪商のお坊っちゃまが、思い付きで賄賂を贈りまくるという
何だかとんでもないものです。
いやしかし、決して裏工作や犯罪まがいの事が好きな訳ではなくとも、山吹色のお菓子って
一度は贈ったり贈られたりしてみたい……!
そんな心の奥深くにある願望を満たしてくれる作品でした。
ああ、でもベタすぎでもいいから「おぬしも悪よのぅ……」とか言われたかった。
若旦那が良い人だから言ってもらえなかったんですね。

エンディングは、老中1のが一番好きでした。
クリア後の悪人面がたまりません。
ちなみに、エンディングリストでヒント表示ON・OFFの切り替えができます。
それを見れば攻略は容易ですので、行き詰った時にはありがたい仕様です。
拍手する
スポンサーサイト

斬首人が連れて行く

2011年02月19日 19:13

*coelacanth*【タイトル】 斬首人が連れて行く
【制作】 *coelacanth* 18歳未満入室禁止 那々瀬様、雅様

斬首人が連れて行く
【ジャンル】 オカルティックBL18禁ADV
【対象】 18歳以上
【ED数】 9種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周45分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 18.9MB
【公開日】 2009年6月7日

――《斬首人》が俺を殺しにくるのなら、逆にそいつを殺してやる

首斬り役人を先祖に持つカルカテラ家には嵐の晩に現れる《斬首人》に
首を斬られて死ぬという言い伝えがあった。
シア・カルカテラは祖父が病死したのを機に当主の座を受け継ぐための
《カルカテラ後継儀》に臨むことになる。
父と母は首を斬られて死に、唯一の肉親となった兄は別城に篭っていて
もう数年も会っていない。
外では雨が降り続け、不穏な雰囲気に包まれたまま城は運命の夜を
迎えようとしていた……。(制作サイトより引用)


※制作サイトさんは18歳未満の方は入場禁止です。ご注意ください。

私、BLが苦手ですので普段ならプレイはしません。
ですが、こちらの作品はストーリーがすごく面白そうだったので惹かれて、
ぜひともプレイしたくなってしまいました。

嵐の夜、城の中で怒る惨殺劇。
登場人物も誰が味方で誰が敵なのか分からない不信感と不気味さがありました。
まるでクローズド・ミステリのようでとてもドキドキさせられました。

承知してプレイした事とはいえ、18禁作品ということでエロシーンがあるのは
自分としては正直辛かったですが、それでもプレイして良かったと思える面白さでした。

攻略はなかなか難しかったので制作サイトさんのヒントを見てしまったのですが、
何だか珍しく燃え上がり、ちらりとヒントを見た以上は攻略に頼らずに結構頑張りました。
色々試して新展開に持ち込めた時は本当に嬉しかったです。
拍手する

び~える!

2010年12月02日 21:29

WILD STRAWBERRY【タイトル】 び~える!
【制作】 WILD STRAWBERRY 浅葉りな様

び~える!
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周8分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 13.9MB
【公開日】 2010年10月9日

 「幼馴染は、腐女子でした――」
 学校につくまでの間に、彼女に気に入られるようなBLトークを繰り広げるゲームです。
 可愛い顔してどっぷり腐女子な女の子とのBLトークを楽しんでください。
(制作サイトより引用)


前記事で腐った水の物語をご紹介致しましたので、今回は腐った女子のお話でも。

可愛い腐女子の女の子とトークを楽しむゲームです。
しかも、なんと豪華フルボイス。
腐女子と言ってもネタに近いので、BL嫌いな人でもあまり気にせず楽しめるのではと思います。

私、今までいわゆるオタク用語と言われる使い方の「萌える」は「燃える」と同じ発音だと
思っていたんですが、このゲームでは本来の意味の草木が「萌える」の方と同じ発音を
されていたので、そっちのイントネーションだったんだ!と新鮮な発見をさせてもらいました。
しかし、この女子の言ってることはどの程度ネタなんでしょうか?
ちょっとぶっ飛んだ思考のネタだと思っているのですが、腐女子の方々なら「わかる~!」
と共感できるような思考なんでしょうか……。おそろしや。

ゲーム内容はさっくり遊べて楽しめるのですが、システム面で不満が残りました。
私の環境のせいかもしれませんが、バックログを見ると左半分の文字が消えてしまうのです。
また、バックログを見た後やシステム画面を開いた後に元の画面に戻すと、ウィンドウの文字が
消えてしまい、カーソルを文字の上に合わせてやっと元通り表示されるという現象も起きました。
それから、画面を2度右クリックしないとセーブボタン等のシステム画面が表示されない仕様も、
プレイしていて少しやり辛いと感じました。

エンディングのムービーはノリが良くて可愛く、「おお!」と見とれちゃいました。
しかし、これも2周目以降でスキップが出来ない仕様なのには参りました。
短編だし何度も試してみたくなるゲームなので、繰り返しプレイが気軽にできるように
なっていたらありがたかったです。
エンディングは2種類まで確認していますが、もしかしたらもっとあるかもしれません。

※追記
制作者さんが記事を見て下さったようで、エンディングのスキップが実装されたようです。
ありがたやー。
エンディングはどうやら3種類ある模様。
繰り返しプレイがやり易くなりましたし、残り1つを探してみたいです。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。