たまよりひめ

2020年11月04日 20:00

Classic Pink【タイトル】 たまよりひめ
【制作】 Classic Pink

たまよりひめ
【ジャンル】 和風短編乙女ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 6枚
【プレイ時間】 1周20分(トータル40分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 193MB
【公開日】 2020年8月31日
【プレイver.】 2.00

――夢か現か、蜃気楼か。

祖母の家で退屈な夏休みを過ごしていた少女、玉姫(たまき)は
村で変わった容貌の少年のソウシと出会う。
そして短い夏の間に交わした約束を果たすため、少女は再び村へ訪れる。

真夏の思い出の結末は。 (作品ページより引用)


ティラノスプリクト製のノベルゲームで、ふりーむ!とノベルゲームコレクションにて公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→ ノベルゲームコレクションの作品ページ→

和風のタイトルと可愛いキャラクターが魅力的。
特に、ヒロイン玉姫の衣装が巫女さんっぽくて好きです。
お相手のソウシは何とフルボイス付き。

プレイを始めると物悲しい音楽が流れてきて、悲しいストーリーなのかな?と想像が膨らみます。
ふわりとした絵柄から勝手にほのぼの系の物語を想像していたので、ちょっと意外でした。

おばあちゃんの家のある田舎で出会った不思議な少年ソウシとの物語。
子供時代と大人になってからのキャラクター対比が面白いです。
成長して大人びているけど、きちんと面影を留めていて上手いなぁと思いました。

最後には究極の(?)選択を迫られるのですが、何だかどちらを選んでも辛い展開でした。
しかしこの物語、乙女ゲーではあるものの恋愛描写は薄いように思えます。
「たまよりひめ」のエンドでは、そんな選択ができる程、いつの間に想いを深めたのだろう?と。
これは愛?それとも呪縛なのでしょうか?

以下、これは言うと野暮かなと思いつつ、思わずにいられないことなのですが。
少々ネタバレになるので、反転しないと見えないようにしておきます。

異世界トリップものでよく書いているんですが、こういうの、残された人たちが可哀相(・ω・`)
玉姫一家は幸せな家族として描かれていたのに、恐らくその幸せは滅茶苦茶になったでしょう。
いっそ天涯孤独だとか、都合の良い設定にして欲しかったと思ってしまいます……。
その犠牲に目を瞑る程の覚悟や彼への愛が納得できるだけの描写がなかったように感じるので、
そこは惜しいなぁと思いました。


でも、後書きのエピソードでその辺りの悲哀も示唆されているので、
そこも意図された上で、哀愁ある物語として書かれているのかなとも思います。
拍手する

箱庭のハロウィン

2018年10月23日 20:00

Classic Pink【タイトル】 箱庭のハロウィン
【制作】 Classic Pink

箱庭のハロウィン
【ジャンル】 乙女向けシミュレーションゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【スチル数】 7枚
【プレイ時間】 1周40分(トータル4時間15分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 49.9MB
【公開日】 2014年11月4日
【プレイver.】 1.03

とある村で行われるハロウィンまでの10日間をまったり過ごすゲームです。
村の手伝いをしてお金を貯め、ハロウィンの仮装衣装を集めたり
気になるキャラを訪問して親睦を深めて過ごします。 (ふりーむ!作品ページより引用)


架空の村を舞台にした、ハロウィンゲーム。乙女ゲームです。
主人公を操作し、お店のお手伝いをしたり、気になる男性と会話したりして過ごします。

キャラクター達はボイス付。フルボイスではありませんが、イベント等で時々喋ります。
絵柄も可愛いくて良い!
ただし、移動と会話の速度がかなり遅いのがネックです。
周回プレイ前提なのに、そこは残念。

最初は試行錯誤しつつのプレイになると思います。
ただ、思いのままにプレイすると、恐らく誰ともゴールインしない普通エンドになるかと。
一度クリアするとおまけ部屋で各エンディングへのヒントが見られるので、
そこは見ておいた方が良いと思います。

お店で手伝いをすると、お金が貰えてハロウィンの衣装を購入できます。
衣装は31日の夜しか着られませんし、なくてもストーリーには影響しません。
おまけ要素ですが、可愛いので集めるのも一興かと。

たしあくまで乙女ゲームなので、ハロウィンの準備よりは攻略キャラとの交流がメインとなってきます。
積極的に会いに行ってもあまり台詞の変化がないので分かり辛いかも。
うまくフラグが立つと、突如イベントが起こったりします。

私は、金髪イケメンだけど無愛想で引き籠りがちなヴォルジョア先生が好きでした。
交流しているうちに、段々デレてくるのが可愛いったらありゃしない。
しかし、年齢不詳なのが気になります。
年齢を尋ねるシーンがあるものの、言い直しているし本当の事言っているのか怪しいという。
主人公の年齢は不明なのですが、皆から子供扱いされているので14歳くらいじゃないかと推測。
実はかなりの年齢差あるのでは?と思ってしまい……気になりますね。
見た目は公表年齢くらいの若さなので、言い直したのは気のせいなのかなぁ。

クリスは幼馴染で、わんこっぽいキャラです。
彼も年齢不明ながら、12歳くらいにしか感じないんですよね。
主人公のほうが年上という設定は出てきませんし、ほんと主人公がいくつなのか気になります。
クリスは、可愛いし良い子ですけど、あんまりときめかない。
ただし、制作者さんのブログの一部で、「将来イケメンの有望株」みたいなコメントをお見掛けしました。
やんちゃな幼馴染がいつの間にか大人のイケメンに、というのは憧れますね。

そして、2人の他に隠しキャラがひとり存在します。
後は、村に滞在する女の子と友情を深めるルートもあり。

エンディングは全部で7種類だそう。
私はヴォルジョア先生エンド以外は頑張っても辿り着けず、制作サイトさんの攻略を頼りました。
一番難しいエンディングへの攻略のみ掲載されているのですが、
それを辿って途中で路線変更すれば、全キャラとのエンドもコンプリートできちゃいます。

しかしこの難しいエンド、フラグ管理の難しい上、びっくりな展開で意外でした。
乙女ゲーとして、これで良いのか!?

この作品、クリスマス向けの続編が開発されていたようなのです。
ただブログの更新もなく、かなり前から停止されている様子。
制作日記を拝見していると、すごく面白そうな内容で惹かれます。
制作はご苦労も多いと思うので致し方ないとはいえ、プレイしてみたかったですね。
拍手する


最新記事