スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

街で噂の伯爵様

2010年06月28日 20:00

ERFOLG【タイトル】 街で噂の伯爵様
【制作】 ERFOLG K9様(代表)

街で噂の伯爵様
【ジャンル】 ファンタジー恋愛アドベンチャー
【対象】 16歳以上推奨
【ED数】 16種類
【スチル数】 19枚+α
【プレイ時間】 1周25分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 48.3MB
【公開日】 2010年6月1日

不況の波に襲われ一家離散し住む場所も追われ、森を彷徨って
心身ともに疲れ果てていたシエナ。
倒れていた所を助けられ、恩返しをしようと申し出るが、

「俺の土地に落ちていたお前は俺の物だ」

衣食住を得る為に使用人となる事を決めるのだが……。

屋敷の主人であるヴァルトレート
その使用人のダリム
箱から出てきたユーリィ

一風変わった個性的な面々と共に生活していくブラックファンタジー。(制作サイトより引用)


16歳以上推奨のブラックファンタジーということでどんなストーリーなのだろうと
ドキドキしていたのですが、それ程エグいお話じゃなかったので一安心。
辿るルートによっては多少の残虐さや、大人向けなしたたかさはありますが、
余程ダークな部分を受け付けない人でなければ心配ないかと思います。
むしろ、怖い人なんだろうと思っていた伯爵が予想外に可愛くて萌えました。

攻略対象は3人。中でも伯爵には3つのルートがあり、それぞれで色々な表情を
見せてくれるのが美味しいです。一粒で3度楽しめちゃいますよ!
ダリルも、口が利けないという珍しいキャラでした。
甘い台詞が吐けない分表情の変化が豊かなので、見ていて脳内で想像して楽しめるという。
ユーリィは、普通なら一番異質なキャラになる立場なはずなのですが、他の2人が
かなり個性的なおかげで、なぜか一番オーソドックスなキャラに思えてしまいました。

前作「Moonlight Wedding」に比べるとボリュームは少なめでしたが、私としては
このくらいがちょうどよい長さなのでありがたかったです。
操作性も快適ですし、台詞の掛け合いもテンポが良く、ダレずに楽しめました。
グラフィックも美麗で、見ていてうっとりしちゃいました。
男性陣も素敵……なんですが、一番目を奪われたのが、主人公シエナの豊かなお胸。
かわいい女主人公は大好きです。
久々に乙女ゲーをがっつりプレイした気がしますが、とても満足でした。

攻略は、EXTRAのエンディングリストにカーソルを合わせるとヒントが出たりするので
さほど迷うことはないかと思います。
イベントリストも選択肢を全部選べば大体埋まるんですが。
伯爵ルートでひとつだけ埋まらないイベントがあってちょっと今悩んでいます。

以下、攻略を掲載しています。
が、作者さんはどこで詰まったか知りたいので制作サイトで攻略の公開を控えるとのこと。
もし躓いたところがあったら、ご報告も兼ねて作者さんにお尋ねになった方が良いでしょう。

反転しないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌な方はご注意ください。
[街で噂の伯爵様]のヒント・攻略を見る
拍手する
スポンサーサイト

Moonlight Wedding

2009年08月03日 19:32

ERFOLG【タイトル】 Moonlight Wedding
【制作】 ERFOLG K9様(代表)

Moonlight Wedding
【ジャンル】 ファンタジー恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【スチル数】 19枚+α
【プレイ時間】 1周30分
【ツール】 NScripter
【容量】 38.6MB
【公開日】 2008年10月下旬

女性は16歳で嫁に行くのが当たり前の時代……
しかし、とある田舎の村に20歳の女がいた。
結婚の噂もない、付き合っている男性の影もない「行き遅れ」だった。
しかし、ある夜 変な生き物が手紙を持ってくる――
「こんばんは。私、主人から手紙を預かっております。」
その手紙が平凡な生活を一転して、人生を変えていく……(制作サイトより引用)


まずちょっとした注意点は、初回プレイでは選択肢でのセーブが出来ません。
何でも良いから一度クリアすると可能になり、その後プレイ回数によって
クイックセーブ&ロードやスクリーンショット機能が使えるようになります。

16歳でお嫁に行く時代にしては、独身男性陣の平均年齢が高い気がしました。
しかし、幼馴染から騎士、ちょっとオジサマの貴族まで幅広く取り揃えられております。
プレイしていて、立ち絵とスチルの絵の雰囲気がずいぶん違うなと思っていたら、
描かれたのがそれぞれ別の方のようです。
それを一粒で二度楽しめると見るか、統一感がないと感じるか……。
プレイする人次第かもしれません。

普通は知らない男から求婚されたら不気味なものですが、「君はきっと思い出す……」
なんて言われたら、途端にロマンチックな雰囲気がしてくるから不思議。
実はラブラブな恋人同士だったのか、もしや前世の縁か!?とわくわくしました。
(結果はプレイしてのお楽しみということで)
浚われたヒロインを騎士様が助けに来る、なんていう王道も大好きでした。

攻略やイベントコンプリートするにあたっては、難しいかなと思われる点もあるので、
行き詰った方は制作サイトさんにある完全攻略を参考になさってみてください。
一応ここにも攻略情報を記載していますが、身も蓋もない直截的な情報なので、
やっぱりまずは制作サイトさんをご覧になりつつ試行錯誤されることをお勧めします。

以下、攻略とヒントです。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌な方はご注意ください。
[Moonlight Wedding]のヒント・攻略を見る
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。