ウソにまつわるエトセトラ

2019年03月29日 20:00

Fly me to the sky!【タイトル】 ウソにまつわるエトセトラ
【制作】 Fly me to the sky! あいはらまひろ様

ウソにまつわるエトセトラ
【ジャンル】 短編ノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 各話1種類
【プレイ時間】 各話4分、13分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 23.7MB
【公開日】 2015年4月1日
【プレイver.】 1.0

「それは偶然の一致」
読者の現実と偶然にも一致していく物語。
ある作家の試みに隠された秘密とは。

「ダウト/ダウト/ダウト!」
ひたすらトランプゲーム「ダウト」に興じる男女。
秘めたるウソと、その会話の先に待っているものとは。 (制作サイトより引用)


Fly me to the sky!のあいはらまひろさん制作の、2015年エイプリルフール作品。

「それは偶然の一致」、「ダウト/ダウト/ダウト!」の短編2本が収録されています。
どちらも短編ですが、それぞれ違った意味で深く印象を残す作品でした。

「それは偶然の一致」は5分未満で読める短さ。
軽くホラーです。
読んでいて一瞬「えっ?」と驚いてしまいました。
読んでいただけると分かるかと思いますが、一日に何度も読んでみたくなる作品です。
実際、何度も起動して読んでいます。
時間帯は、夜の方がお薦め……かな?

※、以下、ちょっとだけネタバレかもしれないので反転しないと見えないようにしています

夜の方が、【時間帯によって文章のバリエーションが多くて面白いです】。

「ダウト/ダウト/ダウト!」は、トランプゲームのダウトをモチーフにていています。
少し大人びて、落ち着いた雰囲気。
読み終わってなるほどと唸らされる作品でした。
この展開は上手いなぁと思いますし、結末についても考えさせられました。

今まであいはらさんのエイプリルフール作品をいくつか紹介させて頂きましたが、
そのどれとも違った味わいがあります。
個人的には推理系が好きながら、この作品が一番印象深かったです。
拍手する

ウソと本音と姪探偵!

2019年03月28日 20:00

Fly me to the sky!【タイトル】 ウソと本音と姪探偵!
【制作】 Fly me to the sky! あいはらまひろ様

ウソと本音と姪探偵!
【ジャンル】 ミステリ風青春ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 14.4MB
【公開日】 2013年4月1日
【プレイver.】 1.01

――箱を開けたら、王将の駒だけがなくなっていた
高校入学祝いもかねた旅先の温泉旅館で、私たちは不思議な事件に遭遇した。
それなのに、コタさんはやる気ゼロ!
そこで今回は私、片山帆風が調査に乗り出した。
高価な将棋盤から、なぜ王将の駒だけが消えてしまったのか。
はたして犯人の目的はいったいなんなのか?
そして、その謎が解けたとき私は……。 (制作サイトより引用)


Fly me to the sky!のあいはらまひろさん制作、こちらは2013年のエイプリルフール作品です。

前作「ウソと宝と姪、探偵?」に引き続き、調査会社に勤めるコタさんと、姪の帆風ちゃんのストーリー。
前作は主に叔父のコタさん目線でしたが、今作は帆風ちゃん目線で語られます。

とある温泉で起きた小さな小さな事件を解決する、日常系ミステリーと言うのでしょうか。
今回は推理の答えを入力するタイプです。
難易度は易しめだと思います。お話をよく読んでいれば真相はピンとくるかと。

推理も楽しめますし、ストーリーも真摯で丁寧で良かったです。
こちらの作者さん、とても巧みな文章を綴る方だとは存じてしましたが、
帆風ちゃんや宿の人たちの気持ちが自然に伝わってきて感情移入できました。
情景描写が豊かで、目の前に彼らの様子を見ているような気分になります。

桜並木や花火の風景も美しく、目の保養にもなりました。
温泉……行きたくなっちゃいました。
拍手する

ウソと宝と姪、探偵?

2019年03月27日 20:00

Fly me to the sky!【タイトル】 ウソと宝と姪、探偵?
【制作】 Fly me to the sky! あいはらまひろ様

ウソと宝と姪、探偵?
【ジャンル】 短編ノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 16.0MB
【公開日】 2012年4月1日
【プレイver.】 1.1

――祖父の遺した暗号を解いて、別荘に隠されている宝を探して欲しい
信用調査会社に勤める俺は、いつも業務外の仕事を割り振られてばかり。
今日も、休日だというのに、とある社長令嬢の妙な依頼を受けて、山奥の別荘へと向かっている。 
予定外の、自称探偵助手(姪っ子)を連れて。
はたして俺は、暗号を解き、隠された宝を見つけられるのだろうか。 (制作サイトより引用)


Fly me to the sky!のあいはらまひろさん制作の、2012年のエイプリルフール作品。

調査会社に勤める主人公が、姪っ子と共に資産家の残した暗号を解く為奮闘します。

ノベル方式の推理ゲームで、暗号は作中にいくつか登場します。
最初とその次の暗号は比較的分かり易く、自力ですいっと解けました。
ふふ、姪探偵の出番なし……!
ちなみに選択肢は、自力で答えるのと、姪に考えさせるもの、分からない!の3択でした。
選んでないのですが、姪が考えるとヒントをくれるのかな?今度試してみます。

しかしながら、最後の暗号が分からず苦戦しました。
喉元まで出かかってるのに、何か出てこないモヤモヤ感。
実はこの作品、最後の暗号はきっちり解かなくてもクリアできる仕様になっていまして、
モヤっとしたままクリアしてしまいました。

作者さんの後書きに暗号のヒント(というかほぼ答え)があったので、それを見てスッキリ。
何で分からなかったのか……ちょっと悔しかったです。

エンディングは2種類。
く途中の暗号を解き損ねた失敗エンドと、遺産が見つかる成功エンドです。
成功エンドに関しては、主人公がカッコ良く(?)解き明かすものと、
資産家の令嬢がセルフで解いてしまう流れがありますが、結末は一緒でした。

程よく頭を使って楽しめるので、暗号好きな方はぜひ。
拍手する

ちいさな春のラプソディ

2019年03月26日 20:00

Fly me to the sky!【タイトル】 ちいさな春のラプソディ
【制作】 Fly me to the sky! あいはらまひろ様

ちいさな春のラプソディ
【ジャンル】 短編ノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周16分(トータル20分程度)
【ツール】 NScripter
【容量】 26.1MB
【公開日】 2011年4月1日
【プレイver.】 1.0

春までにカノジョを作る!
部活を辞めてしまい、退屈な日々を持て余す俺は、そう決意する。
そして、月日は百代の過客にして季節はめぐり、春はもう目前。
あっという間に高校生活、最初の1年が終わろうとしていた。
結局、今だ周囲にはカノジョのカの字も見当たらない。
しかし、そんな俺に一つのチャンスが訪れたのだった! (制作サイトより引用)


Fly me to the sky!のあいはらまひろさんによる、2011年のエイプリルフール作品。
エイプリルフール作品ではありますが、学園青春ノベルという肩書が相応しい恋愛ものです。

いやもう、青春してるなぁと羨ましくなるストーリーでした。
正直、こういう直球の青春もの、眩しい作品は個人的に苦手なのです。
ヒロインの一人である愛美ちゃんが、女子高生ってこんな喋り方するか?という言葉使いで、
そこもちょっと苦手なポイントでした。
自分と世代が違うからかもしれませんが……どうなんでしょう。
ただ、そこは本当に自分の嗜好に関するものです。
青春もの好きな方は、気持ち良く読める作品ではないかと思います。

ヒロイン2人は、大人しいタイプと明るく積極的なタイプで対照的。
個人的には遥香ちゃんの方が好みです。
ただ、愛美ちゃんのエンドでは意外な一面が垣間見えて面白かったです。
明るくて能天気そうだからというだけで、その人の全てを決めつけるのは良くないですよね。
分かっていてもつい偏見持っちゃってるなぁ……と反省したりもしました。

苦手だと書きはしたものの、読み終わって心が温かくなるストーリーでした。
拍手する

クイズ 地球人の証明

2019年03月25日 20:00

Fly me to the sky!【タイトル】 クイズ 地球人の証明
【制作】 Fly me to the sky! あいはらまひろ様

クイズ 地球人の証明
【ジャンル】 短編ノベル&クイズゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周8分(トータル20分程度)
【ツール】 NScripter
【容量】 6.05MB
【公開日】 2010年4月1日
【プレイver.】 1.1

ある日、太陽系内に建設されたコロニーで生活をするタケルの端末に一通のメッセージが届く。
それは当選確率、数万分の1とも噂される、伝説の番組「クイズ 地球人の証明」への招待状だった。
賞品はたった一つ。
地球市民権。
環境悪化と人口増加を理由に、強制的な宇宙への移民が行われ数世紀。
いまや地球市民は、それだけで特権階級となっていた。
「それでは、さっそくはじめることにしましょう!」
――人生を変えるかもしれない勝負が、今はじまる! (制作サイトより引用)


Fly me to the sky!のあいはらまひろさんによる、2010年エイプリルフール作品です。

宇宙への移民が行われた未来。
憧れの地球への移住権をかけて行われるクイズ番組に参加する主人公のお話です。

タイトルの通り、作品のメインはクイズ。
難易度は、地球人、そして日本人なら知っていて当然、知っているべき内容が多かったです。
初回は答えを探さずに自力で解答していきました。
「あー、これ何だっけ!」と思い出せなかったり間違って「恥ずかしい……」と頭を抱えたり。
結果6問を間違えてしまい、地球に移住できず(´;ω;`)ナサケナイ

と、このように気軽に挑戦できるクイズゲームなのですが、根幹のストーリーも洗練されていました。
なるほど、エイプリルフールゲームに付き物の「嘘」がきちんと盛り込まれています。
この作品は9年前の制作ですが、2019年の今プレイすると当時とはまた違った読後感がありそう。
古い作品ながら、時間が経って逆にリアリティが増したのではと思えます。

プレイ時間もさほどかからず、手軽なのにクイズもストーリーも楽しめた良い作品でした。
拍手する


最新記事