ハロウィンの夜のマージナル

2018年11月20日 23:08

HACKMOCK【タイトル】 ハロウィンの夜のマージナル
【制作】 HACKMOCK ムー子様、あしたま様

ハロウィンの夜のマージナル
【ジャンル】 弟子と師匠の謎解きADV
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 3枚
【プレイ時間】 1周5分(トータル8分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 28.7MB
【公開日】 2017年10月31日
【プレイver.】 1.00

ハロウィンの準備の最中、偶然見つけた一冊の絵本。
それは、アリサが子供の頃、師匠が彼女に残した暗号の魔法書だった。
今に至るまで解けないというその謎に、アリサとリオは挑戦することに。


こちらは、ハロウィン限定公開作品です。
制作サイトさんにて11月末までの期間限定で再公開されています。


HACKMOCKさん制作「午前0時のマージナル」のハロウィンスピンオフ作品です。

ハロウィンの飾りつけの最中、偶然見つけた懐かしの本から広がっていくお話。
物語の中心となる謎解きがひとつありますが、難易度は易しいです。
解答も選択肢ですし、全エンド見るためには結局どれも選ぶので、迷うことはないかも。

アリサの過去もちょっぴり垣間見え、思い出を懐かしそうに話す彼女の様子に
見てみるこちらも何となく暖かい気持ちになれました。
リオとの距離感は相変わらずかもですが、最後の展開は良い感じ。
うむ、これは謎解きゲーじゃなくて乙女ゲーだな!

ハロウィン特有の色合いは控えられているので見た目はハロウィンっぽくないですが、
ストーリーはきちんとハロウィンモチーフですし、本の中にカボチャが登場したり、
カーソルがお化け(くるくる回って可愛い!)だったりと細部にハロウィンっぽさが散りばめられています。

何だろう、アットホームな感じが何となくクリスマスな雰囲気にも合う気がしましたので、
ハロウィン過ぎたとはいえ、これからプレイしてもしっくり来る作品ではないかと思います。
拍手する

嘘つきハロウィーニアス

2018年11月19日 20:00

HACKMOCK【タイトル】 嘘つきハロウィーニアス
【制作】 HACKMOCK ムー子様、あしたま様

嘘つきハロウィーニアス


【ジャンル】 お土産選びお手伝いADV
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周3分(トータル7分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 75.0MB
【公開日】 2016年10月28日
【プレイver.】 1.00

ハロウィンのお店を訪れたクラウス。
恋人へのプレゼントに彼が選んだものは……?


こちらは、ハロウィン限定公開作品です。
制作サイトさんにて11月末までの期間限定で再公開されています。


HACKMOCKさん制作「嘘つきジーニアス」のハロウィンスピンオフ作品です。

ゲームのアイコンがクラウスの顔になっていて、それもちょっと可愛いのです。
プレイを開始して、縦長の画面にまず「おおっ」と驚きました。
そして、いきなり登場するクラウス。どうやら新しくできたハロウィンのお店に買い物に来た様子。
この作品で目を引くのが、キャラクターの動きの演出でした。
表情が変わるだけでなく、キャラクターが揺れ動きます。
揺れ動くのは心じゃないよ。ボディだよ。
それを見て再び「おおっ」と感嘆。
シンプルなゲームだけに、こういう演出が活きてるなぁと思いました。

選択肢は、かぼちゃクッキーかコウモリの羽の2択。潔い。
まさにトリックオアトリートです。
お店には、入れ替わりでヒロインのロッテもやってきます。
ロッテちゃん、お顔が大人びたような!
彼女の笑顔の可愛さには癒されました。

2人の絡みはあまりありませんが、ハロウィンの日の絡みとシチュエーションが素敵。
相変わらず息を吐くように嘘を吐くクラウスですが、あのセリフは本気に違いない(*/∇\*)

この先の2人、もっと見ていたいなぁ……と溜息が出てしまいました。
こちらも短いながら、幸せそうな2人を見てにやにやできる素敵な作品でした。
拍手する

ハロウィンベルを鳴らして

2018年11月18日 20:01

HACKMOCK【タイトル】 ハロウィンベルを鳴らして
【制作】 HACKMOCK ムー子様、あしたま様

ハロウィンベルを鳴らして
【ジャンル】 乙女向け恋愛ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【スチル数】 3枚
【プレイ時間】 1周4分(トータル18分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 10.8MB
【公開日】 2012年10月31日
【プレイver.】 1.00

カネモティアでの同盟国会議を終え帰国したお父様。
カネモティアには「ハロウィン」という風習があることを聞いたユーリは、
お父様と一緒に帰ってきた「婚約者」の彼とハロウィンを楽しもうとするのだが……


こちらは、ハロウィン限定公開作品です。
制作サイトさんにて11月末までの期間限定で再公開されています。


HACKMOCKさんの処女作「ロイヤルベルを鳴らして」のハロウィンスピンオフ作品。
2012年公開とのことですが、今まで知りませんでした。くっ。
嬉しいことに、11月末頃まで限定再公開されています。気になる方はお早めにどうぞ。

ユーリ姫やアルト様たちにまた敢えて嬉しい!
相変わらずユーリの笑顔は可愛いです。
そして、男性陣はイケメン度がアップしたような。
特に、アキバル様はりりしくなっているように思えます。いや、今回初めから素顔だからか……!?
お互い照れている姿とか、微笑ましくて良かったです。
セナは、相変わらずの保護者的なポジション。安定感あります。
私は元々アルト様が好きなんですが、この方の喰えない性格も健在で、
ユーリを手玉に取るそのお姿にときめきました。

元作品は、確かほとんどラブシーンのない健全な(?)乙女ゲーだったんですが、
今回は、な、何と!全キャラにキスシーンがあるのです。
うわぁ、見られて良かった。
やっぱり恋愛ゲームはキスシーンくらいあって欲しいと思う今日この頃なのです。
しかし、手をつなぐだけで真っ赤になるユーリですから、キスとか卒倒するんじゃないかと思ってたんですが、
何と言っても婚約者ですしね。少しは慣れたたのかな(*´∀`*)

短い作品ながら、幸福な2人の姿にお腹いっぱいになれる、満足度の高い素敵な作品でした。
拍手する

恋するペコラはまちがえない

2018年05月09日 20:00

HACKMOCK【タイトル】 恋するペコラはまちがえない
【制作】 HACKMOCK ムー子様、あしたま様

恋するペコラはまちがえない【ジャンル】 乙女向け恋愛ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【スチル数】 27枚
【プレイ時間】 1周50分(トータル2時間45分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 434MB
【公開日】 2016年1月26日
【プレイver.】 1.02

ハロウィンまであと少しというある日、平和な町で暮らすシスター・エリー(名前変更可)は
見知らぬ占い師から忠告を受ける。
「このままだと、ハロウィンの日にお嬢さんの身に悪いことが起こってしまう――」
回避する方法は身のまわりの"ちょっとした悪いこと"を解決すること。
果たして無事に試練を乗り越えることができるのでしょうか? (制作サイトより引用)


こちらの作品、容量はちょっと大きいのですが、なんとフルボイスです。
イベント時だけでなく、しかもモブキャラまでフルボイス。
しかしお好みで、キャラクター毎にON/OFF切り替えらえるという。すごいです。

HACKMOCKさんの過去作品には、脱出ゲー要素あり等ゲーム性が高い作品もあるのですが、
今回は正統な乙女ゲーでした。
ちょっと鈍くてドジっ子、でも素直で人の気持ちを考えられる優しい主人公。
同作者さんの過去作「ロイヤルベルを鳴らして」のヒロインに似たタイプの女の子です。
最初に関わっていくのはアルベルとユアンの2人なのですが、今回どちらも似たキャラでした。
主人公を突き放そうとしていていたり、少し冷たかったり。
しかし、そんなツンな2人が徐々にデレていくのが良い……!
またもう1人、1周クリア後に関われる人物が出てきます(誰の事かはすぐ分かると思いますが)。
そちらは、どちらかというと恋愛未満な関わり方。
どのルートも面白かったですが、ストーリー的にはアルベルをメインに練られたのかなという感じでした。

終盤クライマックスの呪いが解けるシーンは、どの方もそれぞれ良さがあってときめきました。
特にアルベルの展開が好みです。うわぁぁあのアルベルがぁぁ!と、身悶えしました。
そして、エンドロールで流れる過去のお話の絵もすごく素敵。
EXITRAからエンディングのみのリプレイもできますし、スチル一覧でもずっと眺めてました。

ところで、あれ?タイトルのペコラちゃんっていつ出てくるの……?
と首を傾げていたのですが、ペコラってイタリア語で羊の事なんですね(*/∇\*)
そうかそうか、エリーさんは羊だったのね。
拍手する

午前0時のマージナル

2014年10月04日 19:05

HACKMOCK【タイトル】 午前0時のマージナル
【制作】 HACKMOCK ムー子様、あしたま様

午前0時のマージナル
【ジャンル】 女性向け家探しADV
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【スチル数】 9枚
【プレイ時間】 1周25分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 41.9MB
【公開日】 2014年6月1日

魔法使いアリサ(名前変更可)は、弟子のリオと二人暮らし。
今日も平和な1日が終わろうとして……

……おや!? 弟子の様子が……!(制作サイトより引用)


普通にノベルタイプの作品かな?と思ってプレイしたので、思いもよらぬ展開で
こういうゲームなんだ!とちょっとビックリ。
先入観なしにプレイして面白かったので、そこにあまり触れずに書こうと思います。
少しぼかした感想になってしまうので、何とも中途半端ですが……

ざっくり述べると、家の中の物を探しつつ、正解を当てるゲームです。
と言っても探せるのは一画面だけなので、うろうろする必要は無し。

この作者さんのゲームは処女作から好きでしたが、今作では今まで以上に
絵の美麗さが増していたように思います。見惚れました。
アリサさん綺麗だぁ。
ゲーム内容も前作の脱出ゲーともまた違う趣向で、新鮮味がありました。

プレイした人にしか分からない書き方で申し訳ないのですが、右の人が面白かった。
ついうっかり右の人を選んでしまい(皆一度はやるよね?)、まさかのダーク展開!?
と身構えたのに。ずっこけました。

個人的に年下属性がないのと【束縛・ヤンデレ】(ネタばれ気味なので反転しないと
見えないようにしておきます)が好きでないもあり、登場人物にあまり感情移入が
出来なかったものの、ストーリー自体は二転三転で最後まで展開が読めず、楽しめました。
拍手する


最新記事