スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

レウコ

2014年12月28日 18:10

Leucochloridium【タイトル】 レウコ
【制作】 Laphlace とまつリケ様

Leucochloridium
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 12分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 78.1MB
【公開日】 2014年6月17日

「Leucochloridium Ver1.00」(通称レウコ)
というアプリがネット上で話題になっている。
AIが内蔵されたバーチャルキャラクターとコミュニケーションを取れるアプリらしい。
しかしそれは自分で手に入れることは出来ない。
ランダムに選出されたパソコンにだけ送られてくるのだ。
そんな噂に半信半疑だった主人公の元にもレウコが送られてくる。
優しいレウコと接していくうちに、内気だった主人公の何かが変わっていく。
(制作サイトより引用)


バーチャル男性と、ごく普通のOL主人公との交流ストーリー。
恋愛とまでは言えないストーリーかと思うのですが、作者さんが女性向けと
書いていらっしゃるので乙女ゲーの分類にしています。
readmeや制作サイト等でタイトルの表記(英語とカタカナ)に違いがあるのですが、
ふりーむ!さんでカタカナタイトルの登録をされているので、そちらに合わせています。

背景がPCのデスクトップなのが面白い。
手書き風なので本物みたいとはいかないですが、その手書き感がとても良いです。
友人とのチャットのやりとり画面も新鮮で面白かったです。
きちんと発言時間まで表示されてるのですが、リアルタイムのチャットにしては返信に
時間がかかりすぎな気もしましたが……チャットってこんなもの?
しかし「不明のファイル」なんて送られてきたら、いくら興味あっても私なら開きません。
主人公ちゃん、ちょっと安易ですね。

レウコはイケメンでした。
バーチャルながら、こういう人もある意味魅力的だなぁと。
ストーリーは、何となくそうなるのかなという漠然とした予想を裏切らない展開でした。
ネタばれを伏せようと思うと、もどかしいですがあまり色々書けそうにないのです。
こういう感じ、個人的には結構好きでした。

ひとつだけ、これからプレイしようと思う方はタイトルを検索しない方が良いです。
ネタばれとその他、2重の意味で後悔するかもです。
制作サイトさんから辿ってダウンロードなさるか、ふりーむ!さんで検索して下さい。ぜひ。
拍手する
スポンサーサイト

フレンズ・クリスマス

2014年12月16日 19:54

Leucochloridium【タイトル】 フレンズ・クリスマス
【制作】 Laphlace とまつリケ様

フレンズ・クリスマス
【ジャンル】 女性向け短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 2~6分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 35.2MB
【公開日】 2013年12月25日

前にご紹介した「フレンズ・ホームメイド」のキャラが登場するクリスマス作品。
キャラクターは共通ですが、特にストーリー的に繋がっている訳ではありませんので
どちらを先にプレイしても問題ないです。

ルームメイトの2人がクリスマスを過ごすストーリー。
自分の設定は選べませんので、脳内で好きに設定しちゃいましょう。
今作はAくんの女子力(というか家事力)の高さ、そしてBくんの無精さが際立ってました。
どう考えてもAくんの方が優良なのに、Bくんのキャラ面白いんですよね。
前回も書きましたが、やはり現実的に選ぶならAくん、キャラクターとして愛でるならBくんかなぁ。
でもBくんみたいなダメ男(とまで言ったら言い過ぎで可哀相ですが)好きな方も多いかと。

お出かけ前に部屋で2人でお喋りしてる時間も、何か普通っぽくてイイ!
と言っても相手が一方的に喋るだけではあるのですが、テーブルの向こう側に座っているのが
本当に向かい合ってるみたい。
お出かけシーンでも、アップの彼がこちらを向いている構図なので(しかも歩いている風に動く!)、
隣で一緒に歩いているような感覚が味わえます。
これは……これさえあればシングルベルも怖くない……っ!     orz

さっくり短時間でほっこりできるので、お仕事・学校帰りで疲れたアナタにもお薦めです。
拍手する

フレンズ・ホームメイド

2014年12月13日 17:39

Leucochloridium【タイトル】 フレンズ・ホームメイド
【制作】 Laphlace とまつリケ様

フレンズ・ホームメイド
【ジャンル】 女性向けアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周5分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 12.2MB
【公開日】 2013年7月14日

ルームメイトの男性と会話するミニゲーム。
相手が一方的にこちらに向かって語りかけてくる形式の、自己投影型アドベンチャーです。
ルームメイトは、明るく素直なAタイプと、クールで無口なBタイプから選べます。

相手を選ぶ前に、まず自分の設定をするところから始まります。
そこで男性と女性が選べるのにびっくりしました。
ま、まさかのBL……!もしくは本当にただのルームメイトか……!?
というか、どちらを選んでも相手の接し方はあまり変化ありませんでした。
男同士の会話じゃないわー。やっぱりBLっぽい感じになりますね。
自分の設定はもうひとつ、学生か社会人かを選べます。
学生だとこちらが年下、社会人だと年上になります。
しかし、現実で恋人でもない男女のルームシェアってどのくらいあるんでしょうか。
お互い社会人ならともかく、学生だと男女共に親御さんは気がかりだろうなぁという気がします。

Aくんはお料理も上手なタイプで、ルームメイトとしては理想的。
しかしBくんも、料理なんてできねーと言いつつ頑張ってるのが萌えます。
どちらも違った魅力があって、甲乙付け難かった!
現実的に選ぶならAくん、キャラクターとして愛でるならBくんと言ったところでしょうか。

1周は5分程度でさっくり遊べて、設定をいじる事で多少変化あるので、何度か楽しめます。
エンディングは5種類との事。
Aくんが3つ、Bくんが2つな気がするのですが、合っているでしょうか。

ちなみに制作サイトにあるイラストブログでは色々な2人のイラストが見られるのですが、
それがまた面白くて、見ているとキャラにどんどん愛着が湧いてきます。ぜひご覧あれ。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。