スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

サディスティックに甘くして

2010年12月31日 21:27

NANDA*PANDA【タイトル】 サディスティックに甘くして
【制作】 NANDA*PANDA うさたろう様

サディスティックに甘くして
【ジャンル】 女性向けブラックコメディ
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 6種類
【スチル数】 4枚
【プレイ時間】 1周20分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 45.6MB
【公開日】 2010年12月7日

ハロウィンの日、主人公の前に突然『死神』を名乗る男が現れた。
「Trick or Treat?」
「俺の言うTreatとは、お前の魂だ」
男は口が悪く高圧的な態度で、主人公の魂を奪おうとする。
「では、TreatではなくTrickを――」
主人公は死神と妙なゲームをする事に……。
果たして、無事『ライフ』を守り切る事ができるのか?
――それとも――(制作サイトより引用)


少し遅まきの発表となった、ハロウィン企画の乙女ゲームです。
攻略対象に「死ね、馬鹿」と言われ続けます
という注意書きがあったので罵詈雑言を覚悟していましたが、さらりとしていて
それ程酷い言われようでもなかったので全然気になりませんでした。
でもやっぱり結構な毒舌なので、いい加減な選択肢を選んでいるとバシバシ突っ込まれます。
これがM気質にはたまらない……っ!
主人公の女の子もお嬢様なんだけど、とても気立ての良い子。
こういうタイプの主人公はあまり見たことが無い気がするので新鮮でした。

15歳以上推奨とのことで所謂朝チュンエンドがあるのですが、これがスゴイ!
あまり語るとネタばれになりそうで言えないのですが……。
こんなに笑った朝チュンエンドは初めてかも。
笑ったと言いつつ、よく考えるとちゃんと色っぽいのがすごいと思います。

コメディ色ばかりではなくて、きちんとブラックな場面や逆に感動シーンもあって、
色々な要素を楽しめる作品でした。
特に「同じ場所へ」というエンドは、悲しいながらもとても美しくてお気に入りです。
拍手する
スポンサーサイト

ハイパー・ウィッシュ

2010年11月27日 19:27

NANDA*PANDA【タイトル】 ハイパー・ウィッシュ
【制作】 NANDA*PANDA うさたろう様、きなこ様

ハイパー・ウィッシュ
【ジャンル】 女性向けコメディアドベンチャー
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 7種類
【スチル数】 15枚
【プレイ時間】 1周2時間20分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 198MB
【公開日】 2010年4月27日

大学3年生の主人公・桜井成美(名前変更可)は、所属する美術サークルの
先輩・佐野響に告白しよう!と決心するが、なかなか自分の本音を伝えられないでいた。
「もっと素直になれたら……」と悔やみながらの帰り道、成美は道端に落ちていた壺を拾う。
擦ったら魔人が出てきそう、なんて思いつつ何気なく擦ってみると、本当に壺の中から
アラビア風の服装をした男の子が出てきてしまい――!?


現代ファンタジー風のコメディ乙女ゲームです。

タイトル画面で見たアラビア風衣装の男の子、てっきりファンタジー風の
ランプ精だと思いきや、いきなり大阪弁で登場。しかも名前が「鉄平」……。
いや、サイトのキャラ紹介にしっかり名前書いてあるんですけど、見てませんでした。
何と言うか、キャラの見た目と中身が色々とギャップのあるゲームでした。

コメディ主体で気軽なストーリーだとばかり思っていたので、意外に良い話でびっくり。
全体的にコメディなんですけど、デンジャラスなシーンあり、ピュアで思わず
胸が切なくなるようなシーンありと、色々な方向性で楽しめる作品でした。
特に鉄平ルートでは、彼の正体は早々に想像が付いてしまったものの、ラストの展開と
シーンの美しさには胸を打たれました。
プレイして良かったと思える良作でした。

少し前でも触れましたが、単に良いお話というだけではなく、普通の乙女ゲームにはないような
デンジャラス(?)なシーンもあったりして、久々にドキドキさせてもらった気がします。

一番好きだったのは鉄平ルートですが、佐野先輩も面白くて捨てがたい。
こういうキャラは珍しいのではないでしょうか。
この人が好きというのとは違うのですが、一番血沸き肉躍ったルートでした。
幼馴染の蓮くんは、主人公の気持ちと同じく7歳の歳の差が気になってしまい、
どうしても抵抗感が……。
しかし、彼も変なことばかり言ってるMな子だとばかり思っていたので、
後半の好男子っぷりにちょっと惚れ直しました。

少し不満点を挙げるとすれば、鉄平と蓮にはすごーく素敵なキスシーンがあったのに、
佐野先輩になかったことです。
そのかわりにむねをわしづ……が特典ということなのでしょうか(なんじゃそりゃと
思った方、プレイして確かめてみてください)。

攻略に関しては、メッセージウィンドウ右上のボタンにて一目で好感度が見られるので
そんなに苦労することはないと思います。
やり直しも、選択肢から選択肢まで一気にスキップできたりと便利仕様になっています。
繰り返しプレイにもストレスを感じさせない抜群の配慮でした。
拍手する

男の子を撫で回そう!

2009年11月22日 19:19

NANDA*PANDA【タイトル】 男の子を撫で回そう!
【制作】 NANDA*PANDA うさたろう様

男の子を撫で回そう!
【ジャンル】 女性向けミニゲーム
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 ?種類
【スチル数】 ?枚
【プレイ時間】 1周3分~
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 21.4MB
【公開日】 2009年4月1日

あれですね、
近頃、某ゲーム機にてタッチペンで女の子をなでなでするゲームとやらが
発売されたりして(実はよく知らないので聞いた限りで書いてます)、
世も末だなぁなんて思っていたものですが。

こんなの見つけちゃいました。
見かけたとたんDLしちゃったよ。私も末ですね。

何というか、エイプリルフール発表作ですしエロゲーじゃなくてネタゲーです。
とは言え、プレイしてみるとBGMが数種類の中から選べたり、ネコ耳が着けられたり
――等々、細かく作りこまれていて力入ってるなぁと驚きました。
どうやら、あんまりちょっかい出すと覚醒度が高くなって目が覚めるようです。
ターン数も決まっているので、一定数を超えるとお終い。
限られた時間の中で色々やってみましょう。
何かやっちゃいけないことをやっている感がすごく楽しいです。むふふ。

初回プレイ時、適当に弄んでいたら速効で目を覚ましてしまいました。
そして、寝起きの彼が放った一言。
「ばかじゃねーの?」
はい、ごもっともです。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。