あの日あの夏あの祠

2021年11月14日 15:02

鳥籠のゲーム作品【タイトル】 あの日あの夏あの祠
【制作】 鳥籠のゲーム作品 鳥籠様

あの日あの夏あの祠
【ジャンル】 掌編ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 141MB
【公開日】 2017年9月25日
【プレイver.】 1.00

僕と、幼なじみの玲人・栗子の3人は、いつも小さな祠のある境内で遊んでいた。


ふりーむのゲーム開発企画「カイダン夏祭り」「ワンマップフェス3」参加作品。

公式サイトの紹介文にあるように、SF(少し不思議)なSFです。
選択肢はあるものの、台詞が変わるだけだったり(これが面白くて全部選びたくなるという)、
選びそこなうとゲームオーバーになるので、実質ストーリー分岐はありません。
読み終わって、切なく、暖かい気持ちになりました。

最初のワンシーンで「もしやこの人は」と思うところがあったのですが、そこは当たっており。
しかし、その時の想像を超えてたいへん気持ち良く纏まったストーリーで、
しっかりと組まれ、伏線を貼られた構成には感銘を覚えました。

それにしても、冒頭で主人公たちが遊んでいるあのじゃんけん遊び、名称はなんていうんでしょうね。
私も漏れなくやったことがある、懐かしいあの遊び。全国、世代問わずやってるんでしょうか。
彼らが決してグーで勝たないのは、あの企業名に配慮したのか、
それともグーだけ進める歩数が少ないから出さないのか。といらんことも考えてしまいました。

そしてこの作品、この冒頭の遊びとキャラクター名が深く連動しています。

以下、ちょっとネタバレになるかもしれないので、反転しないと見えないようにしておきます。

玲人は「チョコレート」から、栗子はグーで買ったときの企業名。おいしくて強くなるやつですな。
また、松林吾郎さんもよく見ると、松(パイン)、林吾(リンゴ→アップル)、つまりパイナップルになっているという。


そうすると、主人公の名前は……?と考えたとき、物語に隠されたもうひとつの真実が見えてくるのでした。
この想像が当たっているかは定かではないものの、栗子からの呼ばれ方を考えると、やはりそうかなー、と。
素直な作品に見えても決して表に出さない含みを持たせているところが、実に鳥籠さんの作品らしいなと思います。

実はこの作品、更新が途絶える約一年前にプレイして下書きだけ書いておりまして。
今回掲載するにあたり、もう一度プレイしました。
ストーリーを知っていて読んでもまた胸にグッときたし、何気ない台詞の意味も鮮明に見えてきて面白かったです。
拍手する

ボクはキミのロボット

2020年10月16日 20:00

ドッド工房ブログ【タイトル】 ボクはキミのロボット
【制作】 ドッド工房ブログ ドッド工房様

ボクはキミのロボット
【ジャンル】 ビジュアルノベル
【対象】 6歳以上推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル6分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 126MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年4月10日
【プレイver.】 1.03

4人の人物とロボットが紡ぐ「出会いと別れの物語」。
少し奇妙でとても短いビジュアルノベルゲーム。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第23回3分ゲーコンテストにて第7位に選ばれた作品。
また、ふりーむ!で開催された1分ノベルコンテストにも参加されています。

ふりーむ!とRPGアツマールでもプレイできるようです。
ブラウザプレイですが、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロード可能。

ふりーむ!の作品ページ→ RPGアツマールの作品ページ→

この作品、今の所判明している3分ノベルゲーコンテストの順位では上位とは言えないのですが、
ひとつの物語としてとてもよく出来た、完成度の高い作品だと思います。

1分ノベルでもあり、1周がきっちり1分で終わります(読むスピードにもよるとは思いますが)。
1周はあっさり終わるものの、もう一度読むと別の物語が始まりますので、何度か繰り返して読むべし。
ただ全部読んでも短い作品なので、最初にプレイしたときはあっさり読み終わってしまったのです。
そこでゲームを閉じていたら、もしかしたらあまり感じ入るものなく終わっていたかもしれません。
が、再プレイして細かい演出に気が付いて「これは良く出来ているなぁ」と。

プレイを始めると出てくる「データ削除中」の画面、良く見ると読む度に変化があるのです。
それに気付いた時、この作品がタイトルロールの「ロボット」を感情豊かに、
見事に描き切っていることにも気が付いたのでした。

グラフィックは突出したところはなく、恐らく素材かな?と思われる背景画像メインですし、
文章もロボットの主人と思われる人物の会話のみで進みます。
詳細が語られる訳でもないのに、何が起こっているのかがちゃんと伝わってきます。
ロボットは一言も喋りませんし、姿も登場しません。
シンプルに無駄なく、それなのにロボットの「感情」がきちんと伝わってくるのはお見事です。
グラフィックや文章を盛ることだけが表現ではないのだと、改めて考えさせられました。
そこで振り返ると、タイトル画面でスタートのボタンが"DELETE DATA"と表現されているのも感慨深いです。

正直、シンプルなだけに読み手によって印象や受け取り方が変わるでしょうから、
私と同じように感じる人ばかりではないとも思います。
ですので万人にお薦め!とまでは言えないのですが、個人的にかなり感心した、好きな作品でした。
拍手する

運命の書き換え方

2020年10月15日 20:00

寄り道小屋まい【タイトル】 運命の書き換え方
【制作】 寄り道小屋まい ダイキ様

運命の書き換え方【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【プレイ時間】 1周4分(トータル20分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 195MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年5月15日
【プレイver.】 2.00

4月30日彼女が死んだ。
その瞬間、僕は4月29日に戻った。
朝になるまでにプログラムを書き換えて運命を変えよう。 (制作サイトより引用)


ティラノビルダー製で、ふりーむ!もしくはノベルゲームコレクションにて公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→ ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。
1分ノベルは現時点でかなりプレイさせて頂いているのですが、その制約上ループものが多いです。
この作品も、1分をループしつつ未来を変えるのが目的なのですが、その方法が斬新でした。
何か行動するのではなく、ゲームのプログラム自体を描き変えて結末を変えるというのです。
これ、あらすじを聞いただけでワクワクしてしまいました。
「運命の書き換え方」というタイトルも、内容をそのまま表していながらドラマティックな響きで、良いなぁと思います。

プログラムは殆ど分からないので、面白そうと思うと同時に「できるかな?」と不安だったのですが、
本当にプログラムを改変する訳ではないので、問題ありませんでした。
プレイヤーが手を加えられる箇所は数ヶ所だけ。
更に自分で書き込む訳ではなく、改変できる場所をクリックして、選択肢を選ぶだけです。
それでも意味が分からない方は、ゲーム中に「スクリプト解説書」という説明書が用意されているので、
読んでみると良いかも。

とりあえず最初は五里霧中ですので、適当に改変してみました。
何度かやるうちに、ああ、こういう風になる訳ねと分かってきます。
数回目で、それならばこれで良いのでは?と試した方法で、無事トゥルーエンドに行けました。
なかなか面白かったですが、正解がすごくシンプルなので少し物足りなかったかも。
ゲーム的には誘導ゲームだと思うので、もう少し数手分の手順を考える手応えが欲しかったです。

ただ、その分手軽にプレイできましたし、残りのエンディングもパターンを変えることで全て見られました。
選択肢がシンプルなだけに、バッドエンドが似た展開になってしまうのもちょっと惜しかったかもですね。
しかし逆に、限定された状況の中で少しずつ違うオチを考えられていたのは、ある意味で面白くもありました。

ストーリー自体はシンプルながら、他の作品とは一線を画す個性的な作品でした。
拍手する

砂上のメモリア

2020年10月03日 22:02

Paper Moon【タイトル】 砂上のメモリア
【制作】 Paper Moon ゆきはな様

砂上のメモリア
【ジャンル】 短編ファンタジー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周3分(トータル26分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 181MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年5月14日
【プレイver.】 1.00

1分しか記憶がもたない有機アンドロイドの少年と、
砂漠で出会った青年・ラズワルドの会話を楽しむゲームです。 (ふりーむ!作品ページより引用)


ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加中の作品。
ブラウザプレイですが、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードが可能です。

とても美しいイラストと、主人公2人はフルボイスという豪華な作品。
特にタイトル画面の星空と、BGMは美しいです。ほうっと溜息が出そう。

「1分」を何度も繰り返すことでストーリーが語られます。
荒廃した世界、ディストピアでのアンドロイドたちのお話で、救われない、切ないストーリーでした。
「1分ノベル」としても、その時間制限を上手く物語に盛り込まれていらっしゃいます。

「最初の1分でゲームをやめても、何周もして会話を続けるも、プレイヤーさんにお任せします」
と作品ページの注意書きにありますが、まぁ普通は最後までプレイしますよね。先も気になりますし。
でも、もしも最初の1分で止めてしまっても、それは1分間だけ彼らに触れ、通り過ぎていく、
そのプレイヤーさんにとってのこの作品の在り方なのだ……みたいな、作者さんの潔さを感じたりも。
個人的には、やっぱり最後までプレイして欲しいとは思いますけどね。

エンディングは2つあり、選択肢で分岐します。
どちらを選んでも、悲しい。
結末を見た後に、タイトル画面が少し変化します。
その美しさが切なくて、ちょっと涙が出そうになりました。


※以下、エンディングについての感想で、少しネタバレになるかもしれません。未プレイの方はご注意下さい。


でも、END1の方が少年にとっては良いのかもしれません。
彼は例え愚かでも人間が好きだったと思うから。そうすることで彼自身の望みが叶えられたから。
ただ、もうひとりは報われませんね。
「忘れる」ということは救いなのだと聞くこともありますが、その通りなのかも。
アンドロイドは、どうなんでしょう。その悲しみを少しずつ忘れ、記憶に蓋をする出来るのでしょうか。
出来ないような気がして、それを思うと苦しいです。

END2は、誰も救われない結末だと思います。
一見2人にとっては良いように思えて、誰も救われていません。恐らく、それを選んだラズでさえも。
でも、彼もそれを分かっていながら、この道しか選べなかったのだなと。
それを考えるとまたこれも心苦しいです。
ただそれでも、これはこれであって良い結末なのではないかとも思いました。
ちなみに、私も最初に選んでしまったのはEND2です。
こちらのエンディングはエンドロールの演出にハッとしました。
拍手する

SO SAD

2020年09月24日 20:00

re. ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 SO SAD
【制作】 ✳︎✳︎✳︎ pmpm様

SO SAD
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周21分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 125MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年11月19日
【プレイver.】 ?

ぼく とっても かなしい (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


短編のアドベンチャー。以前プレイさせて頂いた「re.」「LAST.」の作者さんの3作目です。

前作とは物語に繋がりはないものの、一貫した背景世界なので、順にプレイするとより理解が深まるかと。
今作の登場人物やあるアイテムにも前作を思い起こさせるものがあり、ハッとしました。

途中、ミニゲームのようなものがありますが、選択式に見えて実は正解のものしか選べません。
この点は前作からですね。
うっかり間違えてもルートが分岐したりゲームオーバーになったりはしませんので、その点は安心してプレイできます。


※以下の感想は、少しネタバレになるかもしれません。未プレイの方はご注意下さい。


結末は予想していたものと違わず、胸が痛いです。
ただ、違和感があるのも事実。
人間って、相手が無機物――たとえば人形やぬいぐるみ――だとしても、
自身の心を投影してしまう生き物だと思うのです。
捨てると可哀相とか、祟られるのではと思うのは、相手に怒りや悲しみの感情があると考えているからですよね。
それなのに、人と同じ姿をして言葉を喋るロボットに対して、ここまで共感できないものなのでしょうか。
人によるとか、そういう世界なのだと言われればそうなのかもしれませんが……。

最後まで読むと、タイトル画面に込められた意味が分かってきます。
最初のタイトルはソウとリツを表しているかと思ったのですが、もしかしたら人間とロボットの暗喩とも言えるかも。
2つは鏡合わせで、片方に心が無ければもう片方もそうなってしまう。
やるせないけれど、色々と考えさせられる、味わい深い物語でした。
拍手する


最新記事