とりーとあんどとりーと!

2018年10月28日 22:27

Shadow's Silhouette【タイトル】 とりーとあんどとりーと!
【制作】 Shadow's Silhouette A3様

とりーとあんどとりーと!
【ジャンル】 掌編探索ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周15分(トータル30分)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 20.8MB
【公開日】 2017年3月4日
【プレイver.】 1.01

今日は1年に1度のソーシャの誕生日。
なのに突然両親に急用ができてしまって、誕生日パーティーはおあずけに――!?
「どうします? ネガート……」
「どうするも何も、やるしかないだろ。俺たちで」
果たして、双子の使用人は誕生日パーティーを成功させることができるのでしょうか……?
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

同作者さんの過去作「とりっく おあ とりっく!」のスピンオフ作品。
こちらのみだと人物の関係性など分かり辛いと思うので、前作プレイした方向けです。
双子が、ソーシャお嬢様の為に誕生日パーティーを企画します。

本編はLiveMaker製のノベルアドベンチャーでしたが、今回はツクール製。
ミレフロンス家をうろうろできるのが面白い!
ソーシャの部屋がどこよりも広く、ゴージャスすぎて羨ましい……とはいえ、
彼女の立場を考えるとそうとばかりも言えませんが(気になる方は、前作をプレイしてみて下さい)。

今回は"trick"は影を潜め、タイトル通り"treat"尽くしです。
始終ほのぼので、暖かい気持ちになれました。

ソーシャに話しかけるといくつかのパターンの会話が聞けるのですが、
彼女と話すとソーシャの意外な(?)一面が垣間見えて、面白かったです。

他にも、街中には作者さんの別作品に登場するキャラクターもいるようです。
過去作を色々プレイされた方は、より楽しめるかも。
拍手する

とりっく おあ とりっく!

2018年10月27日 20:00

Shadow's Silhouette【タイトル】 とりっく おあ とりっく!
【制作】 Shadow's Silhouette A3様

とりっく おあ とりっく!
【ジャンル】 いたずらラブコメADV
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 10種類
【スチル数】 35枚
【プレイ時間】 1周20分(トータル1時間45分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 31.6MB
【公開日】 2013年12月14日
【プレイver.】 1.03

とある屋敷の娘のソーシャは、使用人の双子が大好き!
いつも二人を彼女なりに可愛がっていました。
そんなある日、両親が家を留守にすることになり……
「ふふふ、今日はたっくさん構ってあげちゃうんだから!」
絶好のチャンスとばかりに、ソーシャは双子の少年にいたずらを仕掛けに行くのでした――
(制作サイトより引用)


タイトルがハロウィンっぽいものの、ゲーム内容はハロウィンとはあまり関係ありません。
魔族が登場する、くらいでしょうか。

セクハラ、ハワハラ、モラハラと、今のご時世で大丈夫か!
という選択肢がオンパレードなデンジャラスな作品。
ピンクが基調の可愛い絵とストーリーですが、ちょっと人を選ぶかもしれません。
選択肢がえげつないので、プレイ前は大丈夫かこれ!?と思っていましたが、
主人公のソーシャちゃん、憎めないんですよ。
まず、双子があまり嫌がってない(多分M体質で喜んでるのと、さらっと上手くかわしている)し、
ソーシャちゃん、やってることは滅茶苦茶なのに悪い子じゃないんですよね。
現実じゃありえなそうな、このハチャメチャぶりを楽しむのも一興です。

双子のうち、ルナート君は大人しいタイプ。
ソーシャのアタックに困惑したり涙目になったり。
ちょっと可哀そうにも思えましたが、結局喜んでんじゃないかコイツ!という感じです。
何か、変なSっ気に目覚めてしまいそう(*/∇\*)
後半の仲良しラブラブっぷりは、見ていてほっこりしました。

片割れのネガート君は、アタックをさらりとかわし、はっきりと言い返すタイプ。
気が強いというよりクールでそつがない感じ。
私は、見ていて安心感のあるネガート君の方が好きです。

エンディングは10種類あり。
最初は分岐がうまくいかなくて何周かチャレンジしました。
実はちゃんとゲーム紹介ページに触書があったのですが、
前半の選択肢でルートが固定し、後半はどの選択肢を選んでも変わらないようです。
そこに気が付いてからは、スムーズにエンディング回収できました。
スチルもたっぷり見られるのも嬉しいところ。
また、クリア後にはExtraから過去の話や後日談など、4つのショートストーリーも読めます。
こういう、おまけが充実していると、クリアして良かったなぁという嬉しさが増しますね。

ちなみに、ゲームのデフォルトフォントはHGP創英角ポップ体のようですが、
PCにインストールされていないとゴシックフォント表示になります。
当初、私の環境ではゴシックで表示されていました。
ふりーむ!のスクリーンショットをじっくり見ていて違いに気付きました。
私のPCってHGP創英角ポップ体入ってないかったのかΣ('□'*)
せっかくなので、フォントインストールしてみました。ポップ体の方が可愛い雰囲気で良い感じ。
私、ゲームのフォントは気になるタイプです。
ツールのデフォルトよりは、見易い工夫をされていたり作品に合ったものを選ばれていると好感が持てます。
拍手する

よあひむちゃんとおいかけっこ

2018年10月26日 20:00

Shadow's Silhouette【タイトル】 よあひむちゃんとおいかけっこ
【制作】 Shadow's Silhouette A3様

よあひむちゃんとおいかけっこ
【ジャンル】 ハロウィン逃走ミニゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周2分程度
【ツール】 Hot Soup Processor
【容量】 1.21MB
【公開日】 2013年10月26日
【プレイver.】 1.01

とある満月の夜、街頭で修道女に出会ったあなた。
満月の夜に現れる「シスター服を着た殺人鬼」の噂を思い出し、彼女に背を向け走り出す。
後ろからはゆっくりと追いかけてくる足音が。
目の前にあった建物に飛び込んだあなたは、殺人鬼から逃げられるのか……?


ハロウィン逃走ミニゲーム。
想像より小さい画面でしたが、プレイはし易かったです。

何と、私(主人公)が逃げ込んだ建物は、3Dの迷路Σ('□'*)
こ、これはきちんとマッピングしないと抜けられないやつ……か……!?
と慄きましたが、とりあえず手当たり次第に逃げてみました。
こちらが一歩進むと、よあひむちゃんも一歩追いかけてくる仕様らしい。
最初はコツが掴めず同じところをグルグル回ったりしてすぐ捕まっていたのですが、
慣れるとMAPが何となく把握できてきます。
しかし、進めば進むほど広くなっており、なかなか突破できません。
エンディング2つまでは辿り着いたものの、ひとつは未到達です。
やはりマッピングなり、メモを取るなりするしかないか……。
地道に作業するも良し、己の運を信じて突き進むも良し。かもしれません。

1周が短いので、気軽に遊べます。
私は何度もリプレイしているので、失敗したときにリセットできる機能が欲しいなぁと思いました。

それにしても、もう何度殺されたことか。・゚・(ノД`)・゚・。
日にちを開けてプレイすると、序盤の道筋も忘れてしまうのが厳しいです。
(いや、そこはメモしておこうよって話ですが)
ハロウィンまでに突破できるよう、頑張ります。
拍手する

ハロウィンスウィートマジック

2014年10月30日 18:00

Shadow's Silhouette【タイトル】 ハロウィンスウィートマジック
【制作】 Shadow's Silhouette A3様

ハロウィンスウィートマジック
【ジャンル】 ハロウィン会話ミニゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 6分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 7.47MB
【公開日】 2014年10月28日

今日はハロウィン、収穫祭。
人間たちが仮装してお菓子を貰い歩く日です。
「本物の魔女だって負けていられない!」
黒猫と一緒に暮らす魔女は、お祭りへ出かけてお菓子を貰う気満々。
ハロウィンは僕らを追い出すお祭りなのにー、と制止する黒猫を相手にせず、
「関係ない♪関係ない♪お菓子がもらえりゃそれでいい♪」
と、お出かけする魔女。彼女がその道中で出会ったのは……?


さっくりと遊べる、言葉パズルのハロウィンミニゲームです。

主人公の可愛い魔女ちゃんが、お菓子をもらううために出かけた先で
色々な人(?)に出会います。
彼らとの会話で、言葉を3つ選んで台詞を作るというもの。
難易度はイージー・ノーマル・ハードが選べます。私はノーマルでチャレンジしました。

簡単なようで、最初に思ったより難しかったです。
どうも文章になる言葉なら何でも良い訳ではなく、会話の順番としてふさわしいものを
作らないといけないようで。
上にヒントが出てるんですが、初回は焦って殆ど見ていませんでした。
更にクリックミスで選んでしまうとキャンセルできないので、その失敗が最多でした。
しかし、何度か失敗しつつも順調にクリア。そして衝撃。
可愛いだけじゃなくて、ハロウィンらしい印象的なラストでした。

登場キャラクターは皆とても可愛いです。特に吸血鬼くんが可愛かった!
謎な被り物(?)の人も登場しましたが、彼(彼女?)は何だったんでしょうか。
クリアしてみると、吸血鬼くんが魔女ちゃんの質問をはぐらかそうとした理由は
こうだったのかな……と色々な想像が。

ちなみに、もう一度ストーリーを味わいたくて再プレイしたんですが、
再プレイはボロボロでゲームオーバーになっちゃいました。なぜぇ。
拍手する


最新記事