クコロニアのエルフ

2019年04月30日 20:00

クコロニアのエルフ【タイトル】 クコロニアのエルフ
【制作】 Sinilintu 梅ヶ枝きな様、 Himbeere 蜜子様

クコロニアのエルフ
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 28.6MB
【公開日】 2019年4月1日
【プレイver.】 1.00

ある日、冒険者のシナモン(名前変換可)が森で薬草を摘んでいると、
男の叫び声が聞こえてくる。
その主はオークに捕まったエルフだった―― (制作サイトより引用)


梅ヶ枝きな様、蜜子様による合作エイプリルフール作品。

美形のエルフときたらプレイしない訳にはいくまい……!
と鼻息荒くプレイさせて頂いたのですが。

悲鳴を聞いて駆けつけるも、BGMが脱力系なのでアレ?と思いました。
出会ったエルフ様はつい見惚れてしまう美形なのは間違いないのですが、何というか、残念なイケメンでした。
主人公のシナモンは駆け出しの弱小冒険者ではありますが、彼女のマトモさが何より心強いという。
しかし!残念であろうがイケメンはイケメン。
多少残念な所でさえ、お茶目で良いじゃないかと思ってしまうのでした。

エルフだけでなく敵もなかなかのもので、この世界は人類意外はアレなのか?
ファンタジーに抱いている固定観念がガラガラと崩れていく展開でした。

シナモンとサージュの2人、一見ちぐはぐな組み合わせに見えますが、良いコンビだと思います。
お互いが持ってないものを補い合っていけるのでは。……多分。
それに何より、楽しそうです。
短編でさっくり気軽にプレイできたのは良いのですが、もうちょっと2人の冒険譚を見たいなぁと思ってしまいました。

作者さんの紹介によると乙女ゲーとのことですが、恋愛要素は薄いというか、これから、な感じ。
いや、これからそういう仲に発展するのかも甚だ疑問ですが……見てみたい。見てみたいなぁ。
拍手する

リレガトゥーラ

2019年03月30日 23:52

リレガトゥーラ【タイトル】 リレガトゥーラ
【制作】 Sinilintu 梅ヶ枝きな様、 Himbeere 蜜子様

リレガトゥーラ
【ジャンル】 オムニバス形式の乙女ゲーム
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 各話2種類、メイン3種類
【プレイ時間】 1話10~15分(トータル50分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 95.5MB
【公開日】 2017年4月1日
【プレイver.】 1.3

いつの間にか見覚えのない場所にいた貴方。
目の前には一人の男が。彼は自分を『司書』と名乗った。
『司書』は言う。
「ここは物語の館。特別なお客様である貴方の為にとっておきの『物語』をご用意しました」と――
(制作サイトより引用)


不思議な「物語の館」に迷い込んだ主人公(プレイヤー)が、
これまた不思議な「司書」と名乗る男に導かれ、物語を読んでいきます。

物語はオムニバス形式で、現代ものからファンタジー、近未来など様々でした。
こちらは2人の作者さんの合作ということですが、2話ずつを各作者さんが担当されている模様。
最初は2つの物語、読み進めるうちに最終的に4つの物語を楽しめます。
調べてみると、最初は2話収録だった作品にアップデートでもう2話追加されているようなので、
もしかしたら今後のアップデートで増えていく可能性もあるのかも。

出だしから、少し妖しげな不思議な雰囲気を纏っていて惹き込まれました。
自分だけの物語が読める自分だけの図書館とか……迷い込みたい。
むしろ突撃したい。はぁぁ。
「司書」も見た目はステリアスな雰囲気なのに、意外と饒舌でウィットに富んだ会話をしてきます。
そのギャップも魅力でした。

4つの話にはひとつ選択肢があり、それによってエンディングが分岐します。
また、読み終わった後の司書との会話にも選択しがあり、それによりメインのストーリーが分岐。
恐らくですが、メインには3つの結末があるようです。
どのお話も違った味わいがあり、楽しめました。

また、色の違う本で「季節のお話」というのもあるのですが、
これは期間限定で配布されていたハロウィンパッチを当てると読めるお話のようです。
私はパッチを持ってないので読めず。残念でした。

以下、それぞれのお話の感想を簡単に書いてみます。
どんな話が読めるのかワクワクしたい方、ネタバレせずにプレイしたい方は、
以下は読まずにおいた方が良いかもしれません。



「幼い少女と不器用な青年の話」

現代ものです。
見た目ちょっぴりヤンキーな男子高校生と、元気な小学生の女の子の交流の物語。
優しいお兄さんと、利発な女の子のコンビの会話がテンポ良くて楽しかったです。
女の子はお兄さんに恋心を抱いているよう。
お兄さんの方はどうなのか不明ながら、女の子を優しく見守っています。
しかしこの女の子、小学校高学年くらいかと思いきや……意外に幼かったΣ('□'*)
ちょっとこの年の差はビックリ。
まぁ、今は微笑ましい関係ですし、成人してしまえば問題ないんでしょうが、
そこに至るまでは厳しいかなぁ……と個人的には思います。
光源氏みたいに、成人するまで導いて……というのもアリでしょうか。


「醜い男と美しい妻の話」

ファンタジーもの。
読む前から好みかも!と思っていたところ、ズバリ好みでした。
醜いと噂される領主の元に嫁いだ美しい女性のお話。
嫁いだものの旦那様は一向に姿を現さず……という展開です。
御伽噺のような雰囲気で、どこか「美女と野獣」などの童話を思い起こさせます。
少し現実感のない頽廃的な雰囲気が漂っていて、読んでいて酩酊しそうな気分に。
妖しげな屋敷を探索するシーンはドキドキしました。
どこか歪んでいるのに、何故か美しいと感じてしまう物語でした。


「音楽家の話」

現代ファンタジーもの……かな?
女子高生の元に、外国人の幽霊が現れます。
ただし、幽霊は陽気でな紳士です。ホラーじゃありません。
ほのぼのと読み進めていたのですが、思わぬ展開にドキリとするシーンもあり。
楽しめました。


「夏の幼馴染の話」

現代ものっぽいですが、SFです。
遺伝子操作された人間が生まれるようになった近未来のお話。
積極的な女の子と、ちょっと気の弱そうな男の子。
髪ボサボサで眼鏡な男子ですが、意外とセクシー(*/∇\*)
絵柄ゆえかもしれません。
女性が弱気な男性を口説く(?)というよくありそうなシチュエーションながら特殊な設定ゆえ、
これは恋愛なのか……?と考えてしまいました。
この話も選択肢により意外な展開が読めて、面白かったです。
拍手する

もはやハロウィンとか関係ない!

2018年10月05日 21:36

Sinilintu【タイトル】 もはやハロウィンとか関係ない!
【制作】 Sinilintu 梅ヶ枝きな様

もはやハロウィンとか関係ない!
【ジャンル】 短編和風ファンタジー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【スチル数】 3枚
【プレイ時間】 1周5分(トータル15分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 25.8MB
【公開日】 2015年10月30日
【プレイver.】 1.00

今日は100年に1度来る魔界のハロウィン
お菓子と、ついでにサキュバスの大好物である精気をたかりに行きます!
(ふりーむ!作品ページより引用)


人間の精気を吸えた試しがないというサキュバスのさっきゅんが主人公。
イケメンお金持ちの幼馴染ヴァンイパイヤと、
何となくモデルっぽいモード系のイケメンゾンビに精気をたかりに行きます。

こちらの作者さん、何と言っても絵柄が色っぽくてセクシー!
髪の毛に少し色が混じっているのがすごく綺麗です。
絵柄のせいか、ノリはコメディなのに何となく大人びていて色気が漂っているように思います。
あまり大人っぽいハロウィン作品って見かけないので、この雰囲気は良いですね。

それにしてもさっきゅん、ナイスバディで美人なのに、人間の男を誑かせないとかありえない……!
多分、彼女にやる気がないのだと思います。
それか、喋ったとたんにドン引きされてるか……

セヴァとタロウ(名前でちょっとずっこけました)、どちらも違った反応で面白いです。
個人的には、セヴァとのエンドが好きです。展開も好きだし、スチルも綺麗でゾクリとしました。
今まで遠慮なく言い合ってたのに、ちょっと雰囲気良くなるところがたまらない(*/∇\*)
この2人くっついてしまえば良いのにと思いましたが、どうやら種族同士の相性が悪いらしい。残念。

エンディングは4種類。
選択肢を全部選んでいくとコンプリートできます。
拍手する

2018年09月11日 20:00

Sinilintu【タイトル】 
【制作】 Sinilintu 梅ヶ枝きな様

蝶
【ジャンル】 短編和風ファンタジー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 2枚
【プレイ時間】 1周5分(トータル35分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 16.6MB
【公開日】 2016年5月8日
【プレイver.】 1.01

目が覚めた私は周りを見渡した。
見覚えのない――けれど知識としては知っている。
敷かれたレールの上を真っ直ぐに走っていく、これは「汽車」だ。
私は汽車に乗っている――何故? (制作サイトより引用)


大正時代くらいのレトロな雰囲気が魅力のゲーム。
どちらかと言うと女性向けな感じですが、乙女ゲーという訳ではありません。

最初のプレイは5分程度であっけなく終わります。
何気ない会話や文章なのに、「何かおかしい」と不穏な気配を感じさせられ……。
制作サイトさんにも記載があるように、初期はセーブ・ロードがなく、
何度か繰り返すと段階が進んでいくという周回前提の作品です。
もし進めなくなった際は、ゲームフォルダ内のreadmeにヒントあり。

少しづつ進んで行くうちに、一体何が起こるのか。終着点はどこなのかと引き込まれました。
終盤の展開では、ついに序盤で感じた不穏さがついに姿を現した感じ。
全体的に妖艶で美しいグラフィックとも相まって、破滅に酔うような酩酊した気分を味わえました。
拍手する


最新記事