魔法使いのはなし

2018年10月17日 20:00

WHGF【タイトル】 魔法使いのはなし
【制作】 WHGF WH様

魔法使いのはなし
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周1時間15分(トータル2時間半)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 41.1MB
【公開日】 2015年11月5日
【プレイver.】 1.08

ある時代、あるところに、一人の魔法使いがいました。
ある日、彼の元に『失くした記憶を探して欲しい』という一風変わった仕事の依頼が舞い込みます。
魔法使いは面倒に思いながらも、仕事先の屋敷に向かうのでした。 
(ゲーム内より一部改変して引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

WHさん制作の「はなしシリーズ」第2作目。
前作で登場した魔法使いが主人公らしいので、楽しみにしていました。

しかし!
この作品、恐らく今までプレイした同作者さんの作品の中で、一番大変でした。・゚・(ノД`)・゚・。
進め方にやや特殊な部分があり、そこを上手く把握できずに詰まってしまいまして。
制作サイトさんにヒントはあるんですけど、全然違う箇所で躓いていたのでどうしようもなく、
YouTubeのヒント動画を探しだして拝見し、なんとか進めたという次第です。

魔法使いだけに、魔法が使えるのです。ここ大事。
これからプレイする方は、メニュー画面を注意して見ておくと良いかもです。

魔法使いの顔、鳥かな?と思っていたのですが、よく見ると違いますね。
ペストマスクのようなものでしょうか?
これ、付ける意味あるのかな。魔法使いの趣味かな?
狭い所でぶつけて悶絶しそうですけど……
彼の正体は明かされていないので(これから明かされるかも不明ですが)、気になるところ。
今回はクロネコもいませんし、一人で探索するのが何だか心細かったです。

今作でも戦闘がありますが、そこはあまり苦労せず突破できました。
また、前作同様この作品でもライフ制が取られており、戦闘や謎解きを間違うとダメージを受けます。
3回ダメージを受けるとゲームオーバー。
街で買える回復薬で回復することができます。
前作に比べるとダメージを受けるシーンが少なかったなという印象でした。

個人的に迷走してしまった原因のひとつなんですが、
まず運が良かったのか悪かったのか、序盤で適当に歩いていたら正解のステップを踏んでしまい、
その段階で手に入るはずのない鍵が偶然手に入ったのです。
少し進んだ段階で一度リセットしたので鍵は幻と化したのですが、
あの鍵を手に入れないとと思い、いつまでもそこに囚われてしまった、というのもありました。
きちんとした手順を知ると、手に入ったのは奇跡に近い偶然……
序盤で適当にやっても得られるはずもないものでした。

そうして苦労したものの、何とか全エンドクリア。
こんなに頑張ったのに、仕事が完璧に近づく程、エンディングの後味が悪くなるという orz
正直、自分のやったことは何だったのか……と、複雑な気分でした。うぐぐ。

以下、攻略の参考にさせて頂いた動画を紹介しています。
[魔法使いのはなし]のヒント・攻略を見る
拍手する

クロネコのはなし

2018年10月12日 20:00

WHGF【タイトル】 クロネコのはなし
【制作】 WHGF WH様

クロネコのはなし
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類
【スチル数】 9枚(動画含)
【プレイ時間】 1周1時間6分(トータル2時間)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 38.7MB
【公開日】 2016年3月12日 (リメイク版)
【プレイver.】 2.04

とある魔法使いに誘われ、一緒に暮らすことになった独りぼっちのクロネコ。
魔法使いは昼間仕事で出かけるが、いつも夜7時の鐘が鳴ると帰って来る。
ある日、いつものように仕事に出かけた魔法使いは、7時の鐘が鳴っても帰って来なかった。
クロネコは待ち続けたが、15日が過ぎたとき魔法使いを探しに行こうと決心する。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

こちら、2015年に公開された同タイトルの作品をフルリメイクされた作品とのこと。
リメイク前のものは未プレイですが、既にプレイ済みの次作「魔法使いのはなし」と比べても
ユーザビリティ(常時ダッシュに切り替え・2周目スキップなど)や演出など、
より遊びやすく見応えがある作品になっています。
特に、時折見られるムービーはおおっと思いました。
キャラクターにより愛着を感じるのに一役買っています。

まず、タイトル画面のカーソルが黒猫なのが可愛い。
決定ボタンを押すと、これまた可愛い効果音が(*´∀`*)
ホラーゲームなのにちょっと癒されました。
ゲーム終了のボタンが「本を閉じる」になっているのも良い雰囲気です。

作品ページにもスクリーンショットがあるので書きますが、クロネコと言っても人の姿です。
無口な彼が、魔法使いの仕事先である屋敷を探索していきます。
途中がっつり謎解きあり。
キャラクターにライフポイントのようなものが3ポイントあり、謎解きを間違うと減っていきます。
ライフを使い果たすとゲームオーバー。
また、道中でライフを回復できる回復薬を入手可能です。
私、エリクサーを最後まで使えないタイプの人間なので(意味が分からなかったらゴメンナサイ)、
途中ダメージを受けたらリセットするという、非常に面倒なこだわりを持って進んで行きました。
そこまで節約しなくても、普通にプレイしていれば普通に進めるはずです。

謎解きは、さほど難しくはないと感じました。簡単すぎず、難しすぎずの塩梅かなと。
途中では戦闘もありますが、魔法使いが優秀なおかげ(!)で簡単な仕様なので
アクション苦手な私でも難なくクリアできる程度でした。
謎解きの攻略は、制作サイトにヒントのみ掲載されています。

クロネコや魔法使い、そして屋敷で出会う奇妙な仲間が面白く、わくわくしました。
外見はなかなか個性的、しかし性格は奇抜ではなく好感が持てます。
その「普通」に紳士なところや、優しさが滲み出ているところに癒されました。
ホラーではありますが、仲間と出会ってからは怖さよりワクワク感が勝っていた感じです。

エンディングは全部で6つ。
私は最初にEND6に到達しました(一番ダメなやつです……)。
恐らくあそこは分岐だなぁという点を踏まえてリプレイし、END1クリア。
END1……良かったです。私も一緒に暮らしたいなぁ。
その後は、END5→END4→END3までは自力でクリア。
この辺りまでは、何となく「こうしたらどうなるかな?」で行けるかと思います。
END2はちょっと分かり辛く、制作サイトさん掲載の分岐条件を確認してクリアしました。

キャラクター達の更なる活躍を見たいと思った作品でした。
続編もあるので、また彼らに会えるのが楽しみです。
拍手する

Quamise

2018年10月08日 19:55

WHGF【タイトル】 Quamise
【制作】 WHGF WH様

Quamise
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 RPGツクールVX(RTP不要)
【容量】 67.7MB
【公開日】 2017年4月21日
【プレイver.】 1.00

横スクロールで不思議な世界を進んで行く、探索ゲーム。
ストーリーや背景は一切説明されず、何も分からないまま進んで行くことに。

手書きのMAPがすごく可愛くて良い味を出しています。
キャラクターはフードを被った簡素な姿。
ちゃんとダッシュもできて、走るとちょこちょこ素早く足を動かすのが可愛いです。
フォントも作品に合ったものが使われていて、雰囲気を損ないません。
ひとつMAPを進める度に違った世界が広がっていき、進むのが楽しかったです。
不気味で、美しくて、悲しいような。不思議な世界でした。

謎解きは数も少なく難しくはありませんが、ちょっと変わったやり方のもので面白かったです。
ヒントが英文のところもあり、簡単な英語の読解は必要になります。
と言っても、本当に簡単な文章ですが。

また、道中では戦闘もあります。
選択肢は「ベルを鳴らす」→攻撃、「耳を塞ぐ」→防御、「争わない」→逃げる の3種類。
途中で出会う案内人のような人物から戦わない選択肢もある、と助言されるものの、
倒すと手に入る「光のかけら」が必要になるところがあり、ある程度は戦う必要あります。
戦うと、相手は「暴言を吐く」という攻撃をしてきます。
防御してもあまり意味がないようだったので、ひたすらベルを鳴らし続けるばかりでした。
雰囲気を味わうゲームで戦いはメインではないものの、
戦闘にもう少しメリハリがあるともっと面白くなったかなとも思います。

主人公は何をしているのか?なぜベルを鳴らすことで敵を撃退できるのか?色々と不思議でした。
最後までプレイしても、結局何だったのかというのは示されません。
各自推測するしかないようです。

ちなみに恥ずかしながら、タイトルの"Quamise"の意味が分かりません。
作品中にでてくるある物のタイトルにもなっているのですが……
Google先生に聞いても分からないよー。・゚・(ノД`)・゚・。

※この先ネタバレになるかもしれない文章があります。
 ただし私の推測で的を射ている自信はないです。
 反転しないと見えないようにしていますが、ネタバレが嫌な方は閲覧にご注意下さい。

途中で川を渡るシーンがあるので、所謂「あの世への旅立ち」のストーリーなのかな?と考えてました。
主人公が戦っているもの、そして主人公は自死を選んだが為にこの世界を彷徨っているのかと。
最後は魂が解放されたのかなぁと。


でも、そう考えると全てがしっくりする、という訳でもないのですよね。
ふりーむ!作品ページの、“それは××に似た。”という一文の意味も気になります。
他の方のレビュー等も拝見してみたいものですが、結構少なくて。
未だこの世界を掴みかねている状態です。
しかし、理解はできなくとも、雰囲気を味わうだけでも心地良い作品でした。
拍手する

NIGHTMARE HORN

2018年10月03日 20:00

WHGF【タイトル】 NIGHTMARE HORN
【制作】 WHGF WH様

NIGHTMARE HORN
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 21.3MB
【公開日】 2017年3月4日
【プレイver.】 1.03

深い眠りから覚めかけた微睡の中、冷たい空気の気配を感じる。
「……起きたかい?」
うさぎの縫いぐるみが喋っている……。
アクター(名前変更可)がハッと目を覚ますと、目の前にはうさぎの被りものをした人物がいた。
彼に鏡を見るよう促され確かめると、自分も同じように被りものをしており、
どうやら取り外しができないようだ。
ジャックと名乗った彼と共に、アクターは館を出ようと探索を始めるのだが、
部屋を出たところアルペンマンと名乗る異形が現れ、宣言される。
「この屋敷にはね、君を殺す為に何人もの異形がいるんだ」 (一部ゲーム内より引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

タイトル画面の、壊れた遊園地みたいなBGMが怖い。

とにかく命を狙ってくる異形頭達をかわしながら、
屋敷の謎を解き脱出をしてください。


というゲーム紹介だったので、がっつり襲ってくるんだろぉぉ!と、腕まくりして気合入れて始めました。
が、思ったより追いかけられ要素は厳しくなかったです。
敵全員が血眼になって追ってくるかと思いきや、階層をまたぐと追ってきません。
キャラクターによっては接触しない限り平気だったり、
普通に会話ができるのにタイミング次第で気まぐれに殺しにくるタイプとかもいます。
敵ながら、動きが一辺倒ではなくて面白かったです。
後で知ったのですが、作者さんのtwitterで敵キャラを公募されたようですね。
なるほど、道理で個性的な訳です。

館はコンパクトにまとまっていて、広すぎないので探索は楽でした。
一ヶ所だけなかなか謎解きに気付けずにウロウロしちゃいましたが、ヒント無しでクリアできました。
ちなみに、ゲーム内で自分がいる部屋の謎解きのヒントを閲覧することができます。

ゲームの雰囲気そのままに、ラストもあまり爽やかとは言えない終わり方です。
B級映画のようなテイストで、そういう悪趣味な展開、嫌いじゃありません。
クリア後は、おまけ部屋に行けて敵キャラに関する設定なども見る事ができます。
避けまくったが為に本編で殆ど絡まなかったキャラクターについても見られて面白い。
行動パターンを確かめたくて、また本編に戻ったりしちゃいました。
拍手する

四季神楽

2018年09月26日 21:10

WHGF【タイトル】 四季神楽
【制作】 WHGF WH様

四季神楽
【ジャンル】 和風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間50分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 44.4MB
【公開日】 2016年12月23日
【プレイver.】 1.01

中学校生活を終えた春休み、友達との別れを寂しく思いながら川のほとりを歩いていた佐々木。
見事に咲き誇る桜を眺めていたとき、ふと誰かに呼ばれた気がして返事をすると、
世界が突然今いた場所とは違う景色に一転する。
あまりの出来事に混乱し、戸惑う佐々木。
そこへ現れた喋るカエルに喰われそうになったところを、謎の人物に助けられ……。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

妖の世界へ迷い込んでしまった少年が、人間の世界へ帰る為に奮闘します。

WHさんの作品は、切ないストーリーや暗い結末のものも多いのですが、
この作品は主人公の性格も手伝って、明るい「陽」の雰囲気を感じました。
作者さんのコメントで、この作品はキャラクターが先に思い浮かんで制作された、
という趣旨のものをお見掛けしたことがあります。
確かに、キャラクターが魅力的で面白い。
最初は妖怪たちの跋扈する世界でひとり奮闘していた主人公の佐々木。
運よく味方を得てからは、彼らの掛け合いが始終面白く、最後まで楽しかったです。
単発ストーリーの作品ですが、彼らのお話をもっと読みたい……と思わされました。

ゲーム性としては盤で追いかけられアクションがあり、そこが一番の難関でした。
ストーリーの流れとして、そこを逃げ切ったことで妖から「できる人間」と見なされるのですが……
いや、ものすごく捕まったよ。平凡な人間だよ。むしろそれ以下だよ……(・ω・`)
こっちは迷路を走っているのに、敵は壁をすり抜けてくるのでチートだと思います。
アクション苦手なので、何度も頑張ってクリアしました。
その後の展開は苦労して良かったと思える魅力に溢れるものだったので、挫折しなくて良かったー。

途中ではストーリー進行と関係ないミニゲーム等もあります。
先を急がず、そこは出来るだけ遊んで楽しみました。
もういっそこの世界から出たくないと思ってしまう居心地の良さも感じたり。
ドット絵の世界とはいえ、四季の色どりを楽しめる景観も見応えがありました。
拍手する


最新記事