Mime -マイム-

2018年09月14日 20:00

WHGF【タイトル】 Mime -マイム-
【制作】 WHGF WH様

Mime -マイム-
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周25分(トータル40分)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 26.9MB
【公開日】 2016年10月2日
【プレイver.】 1.02

「おいで」
真夜中、自分を呼ぶ声で目を覚ました「シャーロット」。
声の主を探して部屋の外に出た彼女は、不思議な光に導かれ
立ち入りの禁じられている地下室へと入ってしまう。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ホラー風の探索ゲーム。
謎解きはなく、探索もさほど難しくないのでプレイし易いです。
ただ、何やら詳細が分からぬまま不審な相手に付き合って探索することになるので、
始終不気味で、じわりとした不安感や怖さを感じつつプレイしていました。

途中で何となく察するものはありますが、詳細は分からぬまま最後までクリア。
分岐は分かり易い方だと思います。
万が一詰まっても、制作サイトさんに完全攻略があるので安心。

こういう謎めいたゲームは、詳細が語られずプレイヤーの考察に委ねるタイプも少なくありませんが、
この作品はED1をクリアすると文章で全容が明かされるので、モヤモヤすることなく終わることができました。
ただ、訳が分かってしまうと、ストーリーが辛い……。
冒頭の出だしで覚悟してはいたものの、どのエンディングに辿り着いても後味が良くはありません。
しかしながら、その苦さも含めて印象的な作品でした。
拍手する

ツクモノガタリ~心泣ノ聲編~

2018年09月09日 20:00

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ~心泣ノ聲編~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ~心泣ノ聲編~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 41.0MB
【公開日】 2018年9月1日
【プレイver.】 1.00

「消える村」の噂を調査する為、京都近くの村へと出かけけていた佐久間。
彼から手を貸して欲しいとの手紙を受け取り、九十九も佐久間を追って村へ向かう。


先日公開された、ツクモノガタリシリーズの最新作。
待ってました!
この作者さん制作ペースが驚くべき速さで、プレイヤーとしては嬉しい限りです。

今回は、いきなり佐久間氏が調査をしているシーンからの開始です。
スタートもさながら、全体的に今までと違った雰囲気を感じました。
いつも以上にストーリーメインで、それをひたすら追っていくような構成です。
謎解きも特になく、ゲーム的な要素としては妖を避けつつ進むイベントくらいでしょうか。
妖の動きはゆっくりで襲っても来ないので、苦労なく進めました。

キャラクターとしては九十九や佐久間氏が主人公には違いないのですが、今作は何というか、
2人がメインなのに「影」になっていて、関わる妖が外側から主役として俯瞰しているような……。

悲しみややるせなさ、受け入れるしかないのに受け入れがたい苦しみ。
静かに語られる色々な感情が内包された、複雑な余韻を残す物語でした。

シリーズとしては、九十九の過去がまた少しだけ垣間見られます。
また、佐久間さんの年齢がばっちり分かったのが一番の収穫かも!?
(過去作でもう出てましたっけ?忘れました……ゴメンナサイ)
拍手する

陽が堕ちたその先で

2018年09月03日 20:00

WHGF【タイトル】 陽が堕ちたその先で
【制作】 WHGF WH様

陽が堕ちたその先で
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 21.1MB
【公開日】 2016年9月3日
【プレイver.】 1.01

丞は、気が付くと裏の森にいた。なぜこんなところにいたのか記憶が無い。
不思議に思っていたところ、ぽつりぽつりと雨が降り出す。
帰り道を急ぐ丞だったが、どれだけ歩いても森を抜け出せず、誘われたようにある家に辿り着く。
そこで一夜の宿を乞うことになるが……。



【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

森で迷い込んだ家に泊めてもらったところ、夜中に妖怪のいる妖しい世界へ誘われ……
というお話。
妖怪ということで同作者さんの「ツクモノガタリ」シリーズに近い雰囲気を感じました。
ホラーと言っても過剰な怖さはありません。
短時間でプレイできますし、探索も謎解きも易しめだと思います。
何故彼の記憶が欠如しているのか、進めるうちに徐々に状況が判明していきます。
スクリーンショットはやや見難いと思いますが、暗闇の中ぼうっと照らされる明かりが幻想的。
ストーリーと、妖しの世界の雰囲気を楽しむ作品だと思います。

誰も不幸になってはいない。しかし、叶わなかった願いに胸打たれ、切なかったです。
拍手する

CANDLE

2018年08月28日 20:00

WHGF【タイトル】 CANDLE
【制作】 WHGF WH様

CANDLE
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル45分)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 55.5MB
【公開日】 2016年6月25日
【プレイver.】 1.04

ある目的の為、ある館を訪れたクリス。
そこには館の管理人だという山羊頭の男が居り、クリスにマッチを手渡した。
「館の蝋燭すべてに火を灯してください。そうすれば、お客様の願いは叶うでしょう」


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

どう見ても悪魔な、怪しい山羊頭の男のいる館を訪れた主人公。
館を探索し、男に言われた通り蝋燭に火を灯していきます。
薄暗い中、ぼうっとオレンジ色の光で照らされる風景が妖しくも綺麗でした。

ゲームとしては典型的な探索謎解きゲームです。
謎解きはわりとさくさく進めて、適度な難易度だと思いました。
脅かし表現などもないので、ホラー度もごく薄めです。

順調に進んで行けたのに最後は救われない展開で、そんなー!とちょっと愕然。
ううむ、上手く避ける方法があったかな……と首を傾げていました。
クリア後におまけ部屋へ行けるのですが、そこで作者さんのコメントに導かれ、
なるほどそういう仕掛けかと納得。

エンディングを変える為には、きちんと考えて行動しなければなりません。
私はそこをうっかり落としかけ、はたと気付いて「あ、そうか。ヒントはそういう意味かー!」と。
最後まで面白い謎解きでした。
拍手する

TEST

2018年08月21日 20:00

WHGF【タイトル】 TEST
【制作】 WHGF WH様

TEST
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1時間20分~1時間40分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 106MB
【公開日】 2016年4月1日
【プレイver.】 1.04

気が付いたら、ここにいた。
小さな窓だけの無機質な部屋。
人を呼んでも誰も来ない。あの窓からは、外は見えない。
……外に出たい。 (ゲーム内より引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

無機質な、何かの研究施設のようなところから脱出するゲームです。

プレイ前に注意書きがあるのですが、このゲームには「精神不安値」というパラメーターがあり、
行動するとどんどん不安値が上がっていきます。
途中で手に入る「精神安定剤」を使用して、不安値を抑えつつ進まなければなりません。
また、即死要素もあるのにセーブポイントは限られているという、結構シビアなゲームです。
安定剤がいつ切れるか、数が足りるのか分からない不安感、それ故に無駄に歩き回れないという緊張感。
プレイ中は始終軽いストレスを感じていました。
ただ、何故かそのストレスが嫌ではなく、むしろ心地良かった。
難しいミッションをこなしている、という心地良さでしょうか。

謎解きはそこまで難しいとは感じませんでした。
中にはごく簡単な英単語の知識が必要なところもあります。
これは推奨年齢の中学生以上なら問題ないレベルかと。
更に、暗号的な謎解きの他にも、フロアの特性を理解して上手く進まねばならないというのもあり。
最初は何も分からないので、1フロアで少なくとも1回はゲームオーバー必至な感じです。
「何でダメなのか」を考えつつ「こうすればいいのでは?」を試しつつ進むのがとても面白かったです。

エンディングは2種類。
私は最初ED2に到達し、分岐点がどこだかは想像がついたのですがED1に辿り着けず……。
クリア後のおまけ部屋にてヒントが貰えるので、それを拝見して再プレイしました。

どちらのエンディングも、諸手を挙げて喜べる感じではありません。
ただ、やれることはやり切った。
ストーリーの後味以上に、プレイヤーとして難しい状況を切り抜けたという達成感がありました。

あくまでゲーム上の制約を工夫して切り抜けていくタイプの作品で、アクションが難しい訳ではありません。
ある程度手応えあるゲームがお好きな方は楽しめると思います。
拍手する


最新記事