ハロウィンSP 鏡の中の間違い探し 2011

2019年10月15日 20:00

YUWAKA'S SOFT【タイトル】 ハロウィンSP 鏡の中の間違い探し 2011
【制作】 YUWAKA'S SOFT ゆわか様

ハロウィンSP 鏡の中の間違い探し 2011
【ジャンル】 間違い探しゲーム
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1プレイ1分(トータル10分)程度
【ツール】 アクションゲームツクール
【容量】 4.35MB
【公開日】 2011年10月29日
【プレイver.】 1.0

7人7色のイラストを鑑賞しながら
間違い探しゲームをお楽しみいただけます。

今回は、シナリオとオマケ(ミュージアム)があります。 (ふりーむ!作品ページより引用)


前作「ハロウィンSP 鏡の中の間違い探し 2010」に続く間違い探しゲーム。
今回は7人の作家さんのイラストが楽しめます。

前作と違うのが、今作はストーリーがあるということ。
シンプルなストーリーですが、こういうのあると良いですね。

難易度は全体的に前作より易しめな気がしました(相変わらず激ムズの作家さんもいらっしゃいますが)。
単に「間違い探し」だけを見ると前作の方がやりがいはあったかなぁ。
ただ、今作は前述のようにオープニングとエンディングでストーリーが語られたり、
クリアするとミュージアムで作者さんのコメントが読めたりして、オマケが充実していて楽しかったです。
拍手する

ハロウィンSP 鏡の中の間違い探し 2010

2019年10月14日 21:21

YUWAKA'S SOFT【タイトル】 ハロウィンSP 鏡の中の間違い探し 2010
【制作】 YUWAKA'S SOFT ゆわか様

ハロウィンSP 鏡の中の間違い探し 2010
【ジャンル】 間違い探しゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 -
【プレイ時間】 1プレイ3分(トータル20分)程度
【ツール】 アクションゲームツクール
【容量】 5.06MB
【公開日】 2010年10月25日
【プレイver.】 1.0

11人11色のイラストを鑑賞しながら
間違い探しゲームをお楽しみいただけます。(ふりーむ!作品ページより引用)


11人の作家さんが描いたハロウィンモチーフの絵の間違い探しゲーム。
アクションゲームツクールというツールで制作されているそうですが、アクション要素はありません。
間違い箇所をクリックして、全部探し当てるとクリアです。

チャレンジする作家さんを選ぶ度に、どんな絵が出てくるのかなと楽しみでした。
絵柄によってかなり難易度に差があり。
中にはウォーリーを探せ並みに細かいイラストもあって、全然見つけられなかったり。

ただこれ、お手付きがありませんので、隅々までクリックし続けると分からなくてもクリアできるという。
3回間違うとダメ、みたいなペナルティがあった方がやりがいはあったかもしれません。
ただ、それだと多分難しいのはクリアできなかったかもですが。

全部コンプリートしても特に特典はないようです。
が、シンプルな分好きな絵だけ、好きなようにプレイできる気軽さがあります。
拍手する

この物語は悲劇である~虹の魔石の伝説・外伝~

2018年06月04日 20:00

YUWAKA'S SOFT【タイトル】 この物語は悲劇である~虹の魔石の伝説・外伝~
【制作】 YUWAKA'S SOFT ゆわか様

この物語は悲劇である~虹の魔石の伝説・外伝~【ジャンル】 脱出アドベンチャー
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 30分程度
【ツール】 SMILE GAME BUILDER
【容量】 58.5MB
【公開日】 2017年1月29日
【プレイver.】 1.01

暴走した魔石を封印する使命を負うアルミス・アライアンスのエージェントである2人。
出没する切り裂きジャックの事件に魔石が絡んでいると疑い張り込みをしていたところ、
犯行現場を目撃。2人は逃げた犯人を追って、ある館の捜索を開始する。


3D画面の謎解き探索ゲームです。
操作はキーボードで行います。慣れないキーボード操作と3Dに苦労しました。
画面はそのままだと死角になる場所もあるので、ぐるんぐるん回しつつプレイ。
注意書きの通り、ちょっぴり3D酔いしてしまいました。
私はクリアまで30分かかりましたが、操作がスムーズだともっと早いはず。
探索とアイテム探しにやや手こずりつつも、謎解きは少なめで難易度もお手頃でした。

こちらの作品は、フリゲ・シェアードワールド企画「虹の魔石の伝説」参加作品とのこと。
この企画、検索しても詳細を見つけられなくて推測になるのですが、虹の魔石伝説という
世界設定がベースにあり、それを元に色々な作品を作ろうという企画なのかな、と。

冒頭で、タイトルの「この物語は悲劇である」という一文が念を押して繰り返されるので
とても悲惨なお話を覚悟していたのですが、ストーリーはあってないように感じました。
というか犯人の心情が日記や述懐の文章で淡々と語られるのみなので、感情移入できず。
その点は少々拍子抜けしました。

その反面、グラフィックはとても良いです。
立ち絵も綺麗ですしマップは何となく柔らかさがあって美麗で、レゴっぽいキャラクターも可愛い。
探索ゲームとしてはなかなか楽しめました。
拍手する

サンタの脱出

2014年12月19日 18:30

YUWAKA'S SOFT【タイトル】 サンタの脱出
【制作】 YUWAKA'S SOFT ゆわか様

サンタの脱出
【ジャンル】 脱出アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 35分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 1.83MB
【公開日】 2012年12月26日

何者かに閉じ込められたサンタ。
早く脱出しないとクリスマスが終わってしまう!(ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

どこかのお屋敷に閉じ込められたサンタクロースが、脱出を目指します。

なぜ閉じ込められたか、どうやって閉じ込められたかなんてあまり考えてはいけません。
ストーリーよりは謎解き重視な作品かと。
しかし謎解きもさほど難易度は高くなく、短時間でさっくりクリアできました。
途中、脱出失敗(脱出不可能)になってしまう展開もあり、そうするとゲームオーバーです。
エンディング2種類は、ゲームオーバーと正規エンドで2種類としています。
(ゲームオーバーは複数――少なくとも2種類――確認しています)

そしてこのゲーム、救済措置というかイージーモードというか、地道に謎を解いていく他に
あるやり方で割と強引に突破する方法が用意されています。
それをやっちゃうと、詰まらないけど、ちょっとツマラナイ。
途中で詰む可能性が減るので良いといえば良いですが、せっかく用意されたギミックが
使わず仕舞いになっちゃって、ちょっと勿体ないような気がします。
まあでも、私は脱出ゲームをプレイする際、【】や【ハンマー】を手に入れた時に
それ使って窓かドアを壊せよ!】と心の中で突っ込みを入れたくなる事がよくあるので、
そういう意味ではある意味合理的な突破の仕方かも。
もちろんそれを使わずにきっちり謎解きして、アイテムを入手して進める事も可能ですので、
きちんとした謎解きゲームを楽しみたい、でも短時間でお手軽に、詰まらずにやれたら嬉しい!
という場合に良さそうな作品です。

※一部ネタばれを含むと思われますので一部反転させないと見えないようにしています。
拍手する


最新記事