スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

GIFT

2009年12月30日 19:30

amoroso【タイトル】 GIFT
【制作】 amoroso 15歳未満入室禁止 咲耶様、日向そら様

GIFT
【ジャンル】 短編ファンタジーサウンドノベル
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 -
【スチル数】 - (エンディングにCG2枚)
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 21.1MB
【公開日】 2009年12月12日

魔法学校卒業の日はちょうどあたしの誕生日。
旅に出るあたしに幼馴染みの俺様男が贈ってきた餞別は
―― 一人の男だった ――(制作サイトより引用)


こちらの作品は冬季限定で、2月末日まで(予定)の公開となっています。
この機会をお見逃しなく。


立ち絵なしのノベルゲーム。
選択肢はありますが、エンディング分岐はありません。
ただ、選択によって多少の展開とエンドロールのCGが違うので、両方見ておくのがオススメ。
背景はフリー素材なのでどこかで見たことがある画像だったりするんですが、
装飾も綺麗なので違ったものに感じられました。降雪のエフェクトなどもとても良い雰囲気です。

しかしコレ、プレイし始めは朴念仁で石部金吉なギルさんと主人公がラブラブするお話?
なんて想像していたんですが、見事に裏切られました。
まさかギルさんがあんな人だったとは……!
主人公の幼馴染リカルドも、結構とんでもない性格しています。
こんな人たちに囲まれて旅するなんて何だか面白そう、と言えるのは私が傍観者だからです。
自分が当事者なら胃に穴が開きそうです(でも多分主人公なら大丈夫)。
と、予想外の展開に仰け反りつつ、ニヤニヤしながら進めていた訳なんですが、
エンドロールで出てくるギルさんのキャラ絵の美麗さに再び仰け反りました。ノックアウトです。
こんな人があんなことやこんなことを……あああああ。
拍手する
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。