LAST.

2019年12月15日 22:39

re. ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 LAST.
【制作】 pmpm様(twitter

LAST.
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周13分(トータル14分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 134MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月31日
【プレイver.】 ?

よく みて えらんで (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


短編のアドベンチャー。以前プレイさせて頂いた「re.」の作者さんの2作目です。
モノトーンの画面に、色とりどりの美しい花が印象的。

プレイを始めると、いきなり警察官が。
何やら事件があったようですが、詳細は全く分からないまま読み進めることに。
主人公が記憶を辿っていくのに合わせ、読者も真相に近づいていくのです。
途中で選択肢があるものの、実は選べるところは決まっています。
ストーリーが分岐するのは、まさにラストの選択肢ひとつのみでした。

最初は何が何やらよく分からない。
ただ、後半で「もしかして……」と徐々に起こったことが分かってきます。
うーん、これは重い。心にずっしり響きます。
一周しただけでは細かい所まで掴み切れなかったので、もう一度読み直しました。
読み直すと、最初は分からなかったことがはっきり分かり、分かってしまうと更に切ない……。
やるせない結末でした。

クリアすると、最初の画面に変化が現れます。
その変化も、それぞれの結末がどうなったのかを読者に教えてくれるものでした。
シンプルだけど、全てを語らずに読者に想像させるからこそ、心に残りますね。
見せ方がとても上手いです。

以下、ストーリーのネタバレになるので反転させないと見えないようにしておきます。
未プレイの方は、閲覧にご注意下さい。

最後の選択肢で結末が分かれる訳ですが、図鑑を拾う方のラストにはハッとしました。
この結末では、手錠をかけられた手と、新聞記事がタイトル画面に追加されています。
図鑑の中には「まちがえては いけない」「ただしいほうを えらぶんだよ」というメモがあった。
だから、図鑑を拾った彼女は、間違えず、正しい道を選んだんだなぁと。
そう思うとじわりと涙が浮かんできました。
拍手する

re.

2019年09月17日 20:00

re. ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 re.
【制作】 pmpm様(twitter

re.
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周8分(トータル17分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 127MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年7月9日
【プレイver.】 ?

あたし、まだ (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


画面に惹かれてプレイしました。
トータルで20分弱の短編です。

タイトル画面で流れる、サティのグノシェンヌが作品の雰囲気を象徴しているよう。
この曲、昔から聴くと心がざわざわして落ち着かない気持になるんですよ。

最初は状況がよく分からないまま進めていくことになりますが、
プレイしているうちに何となく察せられてきます。
ある程度の考察は必要になるものの、読めばきちんと状況は分かるかと。

重苦しく、虚無感のあるストーリーでした。
特に最後の主人公の描写で心がぎゅっと締め付けられます。
途中で入力があり、それによりストーリーが進行していくのですが。
何か隠されたコードがあって別の道があるのでは、と色々試したのですが駄目でした。
結局決められた入力をしないと進めることができず、
後ろめたさを感じつつもそうするしかない自分が、運命に抗えない主人公と重なってきます。

可愛い絵柄とフォントなのにそれとは離反するストーリーでした。
最後まで読むとタイトル絵の意味も察せられて、溜息を吐きたくなります。表現力が凄いですね。
拍手する


最新記事