ホラー の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

えんかうんと

2019年06月07日 21:18

5Z6P【タイトル】 えんかうんと
【制作】 5Z6P ひさかきぬい様、素凡様

えんかうんと
【ジャンル】 掌編ビジュアルノベルゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周4分(トータル12分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 204MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年4月1日
【プレイver.】 1.00

いつもと同じ繰り返しの日々。しがないフリーターである俺は今夜もただ帰路につく。
目的もなく生きる楽しみもなく、腹の底には渦巻くような閉塞感を感じていた。
「誰でもいいから、殺してぇな」
そう思った矢先に出逢ったのは、ひとりの少女だった。 (ふりーむ!作品ページより引用)



ツクールMV製の、10分程度で読める、選択式ノベルゲーム。
基本はブラウザプレイですが、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。
展開によってホラーだったり良い話だったりのギャップが大きかったです。

冴えない生活にやさぐれている主人公が、深夜、小学生の女の子にエンカウント。
ピンクの身なりの良い女の子に「あら、可愛い」とは思ったものの、
夜中にランドセル背負った女の子が歩いていたらギョッとしますよね。

あらすじだけ見ると「女の子、逃げて……!」と言いたくなるのですが、
どう見ても状況が普通じゃないので、どうなるのか先が見えませんでした。
初回は、もし私が主人公ならこうするだろーというごく普通の行動をとってみたところ、
とてつもない理不尽な目に遭わされて愕然としました。そりゃないよ(´;ω;`)
選択肢と結末に因果関係が見えないのが理不尽だなぁと思いました。
ただ、先が想像できないという点ではそこは楽しみになり得るのかも。

展開によっては希望が持てる良いエンドもあるものの、前述のような理不尽さにモヤモヤ感は残りました。
女の子は可愛いし、ブラックホールのように吸い込まれそうな彼女の妖しい瞳は見どころだと思います。

カテゴリーに少々迷いましたが、ある種の怖さはあると思うのでホラーとさせて頂きました。
拍手する

untruth -アントゥルース-

2019年04月24日 21:06

untruth -アントゥルース- ふりーむ!のページ【タイトル】 untruth -アントゥルース-
【制作】 Zh様(twitter

untruth -アントゥルース-
【ジャンル】 ホラーノベルゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1周25分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 133MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年3月27日
【プレイver.】 1.00

主人公は酷い雨の日、洋館で雨宿りをすることにした。
そこで主人公は「家族」になった。
そこでは2つ守らなくてはいけないことがある。
ひとつ、「夜、9時以降は部屋から出てはいけない」。
ふたつ、「二階の奥の部屋は入ってはいけない」。 (作品ページより引用)


ティラノビルダー製のノベルアドベンチャーです。
ふりーむ!でブラウザ版のみ、ノベルゲームコレクションでブラウザ版・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

※2019年6月のver.1.01へのアップデートで、3~6時間程度の長編になったようです。
 この記事はアップデート前の作品についてのものです。


雨の中、辿り着いた洋館での出来事。
ホラーゲームのように無人の館という訳ではなく、優しい女性と執事が迎えてくれます。
ただこの館、何か奇妙で、どこかおかしい。
しっとりした優しい雰囲気の中に、何か良くないものが潜んでいる……そんな不穏さがあるのです。
この館は何で、どうなっていくんだろう?と物語に惹き込まれました。

その館で主人公は宿泊することになりますが、夜9時以降決して部屋から出ないよう言われます。
更に、お約束の「決して入ってはいけない」と言われた部屋があるのでした。
了解、夜に部屋から出てそこを目指すんだね!と張り切る私。

探索シーンは館内を隈なく探索するという訳でもないので、するりと目的地まで進んで行きます。
そこで待ち受けていたものは、想像していたのと違うものでした。
ある意味、怖いと言えば怖い。でも悲しい。寂しいと言ってもいいのかもしれません。
心にぐさり、というよりはちくりと棘が刺さったような痛みを覚えました。

グラフィックや雰囲気はホラーと言えるですが、過度な脅かし表現や残酷な描写もないので、
ホラーが苦手な方も読んでみて欲しいと思います。

エンディングは7種類。
作品紹介によると、バッドエンド4つ、ノーマルエンド2つ、トゥルーエンドがあるそうです。
私は、NOMAL1→TRUE→BAD3→BAD2→BAD1 までクリアしました。
全部選択肢は試したつもりですし周回プレイもしているのですが、残り2つにどうしても辿り着けません。
TRUEが見られたので良いのですが、それぞれ違った趣があるので全部見てみたいですね。
時間のあるあときにちょっとずつチャレンジしてみるつもりです。
拍手する

狸の家

2019年03月17日 23:10

あ行。【タイトル】 狸の家
【制作】 あ行。 アワラギ 様

狸の家

【ジャンル】 ホラーファンタジー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類+α
【プレイ時間】 1周12分(トータル35分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 105MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年3月3日
【プレイver.】 1.00

2番目の子を授かり
新居(マイホーム)を購入するため中古物件を訪れた家族…
不動産に案内された家に入ると…
入り口が閉ざされる…
マンションよりも広い2階建ての一件家に子どもははしゃいでいるが…  (制作サイトより引用)



ティラノビルダー製で、ブラウザ・ダウンロード版あります。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

古い日本家屋の中古物件を見学に訪れた家族に降りかかる奇妙な出来事。
「狸の家」というタイトルから、日本昔話のようなちょっぴり不思議でユーモアのある体験かと思いきや……
想像以上に奇怪な展開で、ゾワリとしました。
こちとら日本人なんだよー、狸に化かされる話なんて慣れっこなんだよー。
と思っていたら裏切られます。怖し。

ちなみにゲーム紹介ページにも記載があるように、本編クリア後に読める調査モードでは、
同作者さんの別作品「不死の捜査録」の主人公たちが登場します。
私は不死の〇〇録シリーズプレイ済みだったので、彼らの活躍が見られて嬉しかった!

お話自体に繋がりはないので前作シリーズをプレイ必須とまでは言えないものの、
プレイしていないと「これは何?……誰?」という感じになるかも。
また、特殊な戦闘があるので、プレイ済みのほうがスムーズにできるとは思います。
戦闘は最初難しく感じたものの、慣れてコツを掴むとさくさく進めました。

不死の〇〇録シリーズはクトゥルフをモチーフにしたホラーファンタジーですし、
今回は狸のイタズラ程度の全く違う世界だと思ったのに、まさかシンクロしているとは。
その点も驚きです。
不死の〇〇録シリーズは大好きなので、こういう形で続きが読めるのは嬉しいです。
また次回作があれば良いなぁ。
拍手する

夢の国電車

2019年01月20日 22:40

あ行。【タイトル】 夢の国電車
【制作】 あ行。 アワラギ 様

夢の国電車
【ジャンル】 ホラーファンタジーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル4分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 117MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年12月10日
【プレイver.】 1.00

電車の中でウトウトしていると…不思議なことが…  (制作サイトより引用)


ふりーむ!の千文字喫茶2参加中作品とのこと。

以前プレイさせて頂いた「不死の調査録」「不死の探査録」「不死の捜査録」の番外編のような作品。
シリーズ作品のキャラクター達が登場するので、本作品をプレイ済みの方が楽しめそうです。

今作はふりーむ!のみの公開で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

電車の中で居眠りした主人公が体験する、ちょっと奇妙なストーリー。
本編でも使用されていた音楽が、このちょっとした悪夢の雰囲気にぴったり合っていますね。
これは死んだか…・・・という流れなのに、実はセーフ!な展開が何とも言えないです。
冷や汗かいて、すぅっと引いていくような安堵感。
ただし、出会ってしまう人物によってはギリギリアウトな展開もあり。ちくしょう。
本編であまり良い印象のなかったかの人物は、この作品でもやってくれます。
更に、油断していると選択次第では夢の国(ディ〇ニーランドじゃないよ)へレッツゴーです。

2周目からは、新しい人物に出会うまで何度も寝なおすことができるという親切仕様もあり。
お手軽に奇妙な体験を満喫できます。

さて、あなたは、無事に家へ戻ることができるでしょうか。
拍手する

不死の捜査録

2018年12月30日 20:52

あ行。【タイトル】 不死の捜査録
【制作】 あ行。 アワラギ 様

不死の捜査録
【ジャンル】 ホラーファンタジーADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類+α
【プレイ時間】 1周20分~(トータル50分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 87.7MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年3月8日
【プレイver.】 1.01

探偵、異坂キョウヤは依頼人に呼び出され高級ホテルレストランでディナーを楽しんでいた…
すると突然、殺人事件が起こり…犯人不明のまま客は全員ホテルに閉じ込められる
…次々と起こる殺人…ここには人でない生き物がいる…  
(制作サイトより引用)


不死の調査録」「不死の探査録」に続くシリーズ三作目。
こちらもティラノビルダー製で、ブラウザ・ダウンロード版あります。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

今回は、仕事の為待ち合わせたホテルで殺人事件が起こるという。
概要だけ聞くとミステリーっぽいですが、推理ものではない、です。
御覧の通り、ホテルの中は人間じゃないモノだらけなので。・゚・(ノД`)・゚・。

事件を調査し、阻止する為にホテル内を探索していきます。
ただし今回は行動する度に時間がカウントされていくという制限つき。
あまりモタモタしているとどんどん人が殺されていくので、焦る焦る。
ボリュームも前作までに比べてアップしていて、かなり複雑になっていました。

今回は少し難しくて、全エンドクリアの為に制作サイトさんの攻略を頼りました。
結構細かいところまで網羅して下さっているのでありがたい。
同じエンディングでも途中のやり方で少し展開が違ったりするのですが、
お陰で全部見ることができました。

何というか、明らかに異形で異質なモノが混在しているのですが、
恐怖だけでなくどこか愛嬌があるのは相変わらずです。
凄惨で緊迫した状況でもあまり嫌な気持ちにならないのは、彼らの憎めないキャラクターのお陰かも。

そして今回、一作目で「あの人はどうなった……?」と思う方が登場します。
わー、ちゃんと伏線回収だー!と嬉しくなりました。
ストーリーも丸く収まってこれ完結……な雰囲気もあるものの、続きがあると嬉しいシリーズです。
拍手する


最新記事