ホラー の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

狸の家

2019年03月17日 23:10

あ行。【タイトル】 狸の家
【制作】 あ行。 アワラギ 様

狸の家

【ジャンル】 ホラーファンタジー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類+α
【プレイ時間】 1周12分(トータル35分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 105MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年3月3日
【プレイver.】 1.00

2番目の子を授かり
新居(マイホーム)を購入するため中古物件を訪れた家族…
不動産に案内された家に入ると…
入り口が閉ざされる…
マンションよりも広い2階建ての一件家に子どもははしゃいでいるが…  (制作サイトより引用)



ティラノビルダー製で、ブラウザ・ダウンロード版あります。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

古い日本家屋の中古物件を見学に訪れた家族に降りかかる奇妙な出来事。
「狸の家」というタイトルから、日本昔話のようなちょっぴり不思議でユーモアのある体験かと思いきや……
想像以上に奇怪な展開で、ゾワリとしました。
こちとら日本人なんだよー、狸に化かされる話なんて慣れっこなんだよー。
と思っていたら裏切られます。怖し。

ちなみにゲーム紹介ページにも記載があるように、本編クリア後に読める調査モードでは、
同作者さんの別作品「不死の捜査録」の主人公たちが登場します。
私は不死の〇〇録シリーズプレイ済みだったので、彼らの活躍が見られて嬉しかった!

お話自体に繋がりはないので前作シリーズをプレイ必須とまでは言えないものの、
プレイしていないと「これは何?……誰?」という感じになるかも。
また、特殊な戦闘があるので、プレイ済みのほうがスムーズにできるとは思います。
戦闘は最初難しく感じたものの、慣れてコツを掴むとさくさく進めました。

不死の〇〇録シリーズはクトゥルフをモチーフにしたホラーファンタジーですし、
今回は狸のイタズラ程度の全く違う世界だと思ったのに、まさかシンクロしているとは。
その点も驚きです。
不死の〇〇録シリーズは大好きなので、こういう形で続きが読めるのは嬉しいです。
また次回作があれば良いなぁ。
拍手する

夢の国電車

2019年01月20日 22:40

あ行。【タイトル】 夢の国電車
【制作】 あ行。 アワラギ 様

夢の国電車
【ジャンル】 ホラーファンタジーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル4分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 117MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年12月10日
【プレイver.】 1.00

電車の中でウトウトしていると…不思議なことが…  (制作サイトより引用)


ふりーむ!の千文字喫茶2参加中作品とのこと。

以前プレイさせて頂いた「不死の調査録」「不死の探査録」「不死の捜査録」の番外編のような作品。
シリーズ作品のキャラクター達が登場するので、本作品をプレイ済みの方が楽しめそうです。

今作はふりーむ!のみの公開で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

電車の中で居眠りした主人公が体験する、ちょっと奇妙なストーリー。
本編でも使用されていた音楽が、このちょっとした悪夢の雰囲気にぴったり合っていますね。
これは死んだか…・・・という流れなのに、実はセーフ!な展開が何とも言えないです。
冷や汗かいて、すぅっと引いていくような安堵感。
ただし、出会ってしまう人物によってはギリギリアウトな展開もあり。ちくしょう。
本編であまり良い印象のなかったかの人物は、この作品でもやってくれます。
更に、油断していると選択次第では夢の国(ディ〇ニーランドじゃないよ)へレッツゴーです。

2周目からは、新しい人物に出会うまで何度も寝なおすことができるという親切仕様もあり。
お手軽に奇妙な体験を満喫できます。

さて、あなたは、無事に家へ戻ることができるでしょうか。
拍手する

不死の捜査録

2018年12月30日 20:52

あ行。【タイトル】 不死の捜査録
【制作】 あ行。 アワラギ 様

不死の捜査録
【ジャンル】 ホラーファンタジーADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類+α
【プレイ時間】 1周20分~(トータル50分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 87.7MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年3月8日
【プレイver.】 1.01

探偵、異坂キョウヤは依頼人に呼び出され高級ホテルレストランでディナーを楽しんでいた…
すると突然、殺人事件が起こり…犯人不明のまま客は全員ホテルに閉じ込められる
…次々と起こる殺人…ここには人でない生き物がいる…  
(制作サイトより引用)


不死の調査録」「不死の探査録」に続くシリーズ三作目。
こちらもティラノビルダー製で、ブラウザ・ダウンロード版あります。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

今回は、仕事の為待ち合わせたホテルで殺人事件が起こるという。
概要だけ聞くとミステリーっぽいですが、推理ものではない、です。
御覧の通り、ホテルの中は人間じゃないモノだらけなので。・゚・(ノД`)・゚・。

事件を調査し、阻止する為にホテル内を探索していきます。
ただし今回は行動する度に時間がカウントされていくという制限つき。
あまりモタモタしているとどんどん人が殺されていくので、焦る焦る。
ボリュームも前作までに比べてアップしていて、かなり複雑になっていました。

今回は少し難しくて、全エンドクリアの為に制作サイトさんの攻略を頼りました。
結構細かいところまで網羅して下さっているのでありがたい。
同じエンディングでも途中のやり方で少し展開が違ったりするのですが、
お陰で全部見ることができました。

何というか、明らかに異形で異質なモノが混在しているのですが、
恐怖だけでなくどこか愛嬌があるのは相変わらずです。
凄惨で緊迫した状況でもあまり嫌な気持ちにならないのは、彼らの憎めないキャラクターのお陰かも。

そして今回、一作目で「あの人はどうなった……?」と思う方が登場します。
わー、ちゃんと伏線回収だー!と嬉しくなりました。
ストーリーも丸く収まってこれ完結……な雰囲気もあるものの、続きがあると嬉しいシリーズです。
拍手する

不死の探査録

2018年12月29日 21:41

あ行。【タイトル】 不死の探査録
【制作】 あ行。 アワラギ 様

不死の探査録
【ジャンル】 ホラーSFファンタジー ADV
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周6分~(トータル30分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 78.8MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年10月15日
【プレイver.】 1.04

経営下手の探偵、異坂キョウヤの元にまた妙な依頼が舞い込んだ。
「不死の研究をしていて失踪した友人」を探して欲しいと…
ある老夫婦から依頼を受け、探偵イザカは捜索を始める…
 (制作サイトより引用)


不死の調査録」の続編です。
ティラノビルダー製で、基本ブラウザプレイ。ダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

前回の塔さですっかり人外からの信頼をえた探偵さん、今回は人捜しの依頼です。
今回は、とうとう自主的に異世界まで足を延ばしてしまうのです……(((゜Д゜)))

調査中に前作の登場キャラと出会ったり、ちょっとしたミニゲームがあったりと楽しかったです。

エンディングは4種類としていますが、調査達成エンドは2つ。
前作と同じく、「可」と「優良」で、残りの2つはバッドエンドです。
ひとつはいらんことやっちまったエンド、ひとつは明らかに選んじゃいけないやつでした。
しかし危険な選択肢、つい選びたくなってしまいますね。

今作の方は分岐で迷うことがあまりなく、その点ではプレイし易かったのですが。
優良エンドに辿り着くのが難しく、結構迷いました。
首を傾げつつプレイして、気が付いた時は「そこかぁぁぁ!!」と思いましたよ。
迷った方は、制作サイトさんに攻略チャートがありますのでご安心を。
拍手する

不死の調査録

2018年12月28日 23:24

あ行。【タイトル】 不死の調査録
【制作】 あ行。 アワラギ 様

不死の調査録
【ジャンル】 ホラーSFファンタジーADV
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周6分~(トータル25分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 119MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年9月25日
【プレイver.】 1.03

うだつの上がらない廃業寸前の探偵、異坂キョウヤの元に
ある依頼の電話がかかってきた…。
その電話は「死神」からのものだった。
「帳簿に載っている死ぬはずの人間が死なない、魂が回収できなくて困っている」と
「対象者が死なない理由」の調査を依頼され、探偵イザカは捜査を始める…  
(制作サイトより引用)


死神から依頼された、不死の人間の調査を進めていくという異色の探偵ゲーム。
カテゴリーで迷ったんですが、ひとまずホラーにしております。
ティラノビルダー製で、基本ブラウザプレイ。ダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

見た目がちょっと怖いですが、それ以上に惹き付けられてプレイしました。
面白かったです。
主人公の探偵は、ごく普通の人間のようです。
この探偵さん、どう見てもちょっと奇妙な老婦人のことを「普通の老婦人に見えるが……」と
言ってたりして「いやいやいや!」と思いました。
しかしこれも、プレイし終わると何となくそういうことだったのかな、と分かってきます。
続編がクトゥルフ神話をモチーフにしているので、恐らくこの作品もそうなのだと思います。
私が元ネタをほとんど知らないので恐らく、ですが。

調査対象は3人。
ごく普通に会話できる方から、ちょっと攻撃的な人物(?)もいます。
ただ、真相に迫るには危険を冒したり、ちょっといけないこともする必要がでてきます。
そういう調査が楽しかったです。やっていてドキドキしました。

エンディングは6種類としていますが、きちんと調査終了してのエンディングは2つ。
残りは、途中でヘマをした場合の失敗エンドもカウントしています。
意外とやれることは少なく迷わなかったので、全部見るのもそれ程難しくないと思われます。
制作サイトさんの作品ページに丁寧な攻略チャートもあります。

ホラーのようでありながらどこかチャーミングなストーリーと個性的な絵柄。
魅力ある作品でした。
拍手する


最新記事