パズル・謎解き・探索・誘導 の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

隠し神と夏の夕べ

2019年09月08日 20:48

せんやも、いちやも【タイトル】 隠し神と夏の夕べ
【制作】 せんやも、いちやも 砂原みたけ様

隠し神と夏の夕べ
【ジャンル】 和風ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周50分(トータル1時間10分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 62.4MB
【公開日】 2018年9月4日
【プレイver.】 1.02

ある夏の夕暮れ。
中学生のミズホ(名前変換可能)は帰路の途中、
近道をしようと立ち寄った神社から出られなくなってしまった。
帰り道がわからず困っていたミズホの前にタマキと名乗る一匹の狐が現れる。
「このまま日が暮れると非常にまずい。ここは僕のようなあやかし達の住む場所だ」
ミズホはタマキと共に家へ帰る方法を探すことにするが、
それを面白く思わないあやかしたちが邪魔をしてきて……。 (制作サイトより引用)


第14回 ふりーむ!ゲームコンテスト 和風部門にて銅賞を受賞された作品です。

神社を通り抜けようとした女の子が、あやかしの世界へ迷い込んでしまう物語。
よく見る系統のお話ですが、これは大好物だ……!

狐のタマキの助けを借りて、ミズホと遊びたいが為に帰路を阻止しようとする妖怪たちを
上手く交わして進んで行きます。
和風の風景と、妖怪たちのドット絵が可愛くて魅力的。
特に、ミズホにちょこんとくっつくタマキは可愛すぎ。
妖怪たちの仕草も細かくて、見ていて面白かったです。

いやしかし、可愛いドット絵に「遊びたい」という可愛い動機に騙されてはいけません。
あやつら、油断すると本気で殺しにかかってくるぞ……!
大体は、簡単な謎解きを読み解いて対処していくパズル的なものなのですが、
わりと難しい箇所もあって、思ったより大変な道のりでした。
何度もやられて「こいつら……」と思いましたとさ。
愛嬌と、相反する無情さも兼ね備えていて、ほのぼの系一辺倒でないところも良い味出していると思います。

とは言え、基本的に一本道でシンプルなので、手間取るところはあっても迷わず進めるはずです。
エンディングは後半で分岐しますので、道中は分岐点を探って試行錯誤する必要はありません。
安心してガンガン進んでください。

道中、「これ、ここでこうするとどうなるんだろう?」とふと思ったところが分かれ道でした。
もし分からなくても、ゲーム同梱の「初めにお読みください」に答えが書いてあります。

最初は敢えてEND2(ノーマルエンド)を見て、その後もうひとつのEND1を見ました。
あぁ、やっぱりこういう作品好きだなぁ、と胸が温かくなるエンディングです。
見た目の雰囲気に惹かれた方、その期待を裏切らない作品だと思います。
拍手する

RAGE

2019年07月20日 21:51

RAGE ふりーむ!のページ【タイトル】 RAGE
【制作】 BLACK ROAD Games 黒道様(twitter

RAGE
【ジャンル】 アドベンチャー
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 3種類+α
【プレイ時間】 1周7~40分(トータル1時間15分)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 68.8MB
【公開日】 2017年8月20日
【プレイver.】 1.00

数ヶ月前突然現れた殺人鬼「RAGE」
街では彼の噂でいっぱいだ。
あるところに、旅行中の若者の集団がいた。
若者達は「噂」を頼りに、ある屋敷へとやってきた。
果たして、若者の目的は・・・・・・? (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

Colar Game Projec参加作品「黒」担当とのこと。
サイトを拝見すると、何色かの色をテーマに様々な作者さんが作品を作られている企画のよう。

肝試しに来た若者が殺人鬼に追われるホラゲーというのはよくある設定ですが、
こちらは何と、主人公が殺人鬼で若者を追い回していきます。
自分が殺人鬼って何となく受け入れ難いかもしれませんが、
彼が単純な猟奇趣味の持ち主や悪人だという訳でもなかったので、拒絶感は少なかったです。
シマエナガ(?)のおかげですね(何のことかはプレイしてみてのお楽しみで)。
むしろ、自分が追い詰める側って新鮮なのもあり、ゲーム的にはなかなか楽しかったという。

そんなゲームですが、最初から血生臭い展開が待ち受けているという訳ではありません。
物語は、彼がひとりで神秘的な場所を散策していくところから始まります。
操作説明はあるものの、最初は何をして良いかよく分からず彷徨っていました。
そして、良く分からないままエンディングに突入してしまい、ビックリ。
何が起こったか分からず「え?あれ?」と戸惑ってしまいました。
これ、初見の方は誰も一度やってしまいそうです。

その後、再び彷徨っているうちに何となく分かってきて、先に進むことができました。
中盤からは、最初に述べた殺人鬼として活躍する展開になるのですが、
ホラゲーとか追いかけゲーというよりは、ややパズル的な要素がある感じです。
決まった手順を踏まないと、逃げられてしまうのです。
これは面白かったですが、ここも結構悩んで試行錯誤しました。

序盤と、その後の館でもかなり迷ったので、推定プレイ時間よりかなり時間を要しています。
しかし、無事クリアできて良かった~。

ゲームファイルに、EDへの行き方が同梱されています。
あくまでヒントではありますが、迷った方は見てみると良いかも。

ふりーむ!さんの作品ページには、エンディング3種類とあるのですが、
上記のヒントファイルで見ると4種類かと思われます。
私が最初に辿り着いた最短のエンドもBAD END扱いになっている模様。
ただこれに関してはちょっと正式なエンドとして扱っていいか迷ったので、
この記事では3種類+αと記載してみました。
拍手する

死人

2019年06月14日 22:13

丸得基地【タイトル】 死人
【制作】 丸得基地 旨味まづ様

死人
【ジャンル】 探索ホラーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1時間(トータル1時間半)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 55.9MB
【公開日】 2016年9月24日
【プレイver.】 1.03

​主人公は謎のゲームをやり続ける。しかし、
徐々にゲームと現実が混ざりはじめて・・・? (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

主人公がゲームをプレイしているシーンから始まる、ゲームinゲームなストーリー。

プレイしているゲームは、レトロゲーもびっくりな荒いドットのRPGのようです。
毒々しい色合いに、何だか不穏なストーリー。
プレイしているこちらも不安ですが、主人公も「何だこれ」と投げ出しちゃうという。

主人公は一見やさぐれた感じですが、彼の家の中はゲームinゲームとは打って変わって
穏やかな日常を感じさせるものでした。
小さい頃に書いた絵が飾ってあったり、夕食の残りが置いてあったり。
家人こそ居ないものの、平凡な生活が垣間見えます。
だからこそ、ゲームinゲームの不穏さが一層怖い。

ゲームを進めると、徐々に現実と虚構が織り交じっていきます。
最初は「あれ?何か変」という小さなことから、段々とプレイヤーもどちら側なのか分からなくなっていく。
その過程はなかなか怖く、しかしその世界に引き込まれていきました。
面白かったです。

ストーリーの進むテンポも遅すぎず早すぎずで飽きずにプレイできました。
特に詰まるところもなく進めたんですが、ラスト付近では暗闇を歩き回るシーンだけは戸惑いました。
進んでいるのかどうか分からず、バグで進行しなくなったのでは、と思ったりも。
そこはもう少し誘導が欲しかったと思います。

そんなこんなで躓きつつも、エンディングは3種類全て自力で見ることができました。
ちょっとプレイから時間が経ってしまい記憶が曖昧なんですが、分岐は分かり易かったと思います。
拍手する

ホムンクルス

2019年06月10日 20:25

曖昧夢紡【タイトル】 ホムンクルス
【制作】 曖昧夢紡 靉様

ホムンクルス
【ジャンル】 探索ADV
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周13分(トータル1時間10分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 29.8MB
【公開日】 2018年7月18日
【プレイver.】 1.01

”ホムンクルス”
その解放は果たして正しかったのか
その存在はそれだけで脅威である  (制作サイトより引用)


無機質な研究所と、辺り一面に飛び散る血痕。
作品ページのスクリーンショットを見てプレイしたくなりました。
どうやら、ホムンクルスを作る研究所で何かの事故が起きてしまったようです。

建物は狭く、1周10分強でクリアできるボリュームです。
ただ、5種類のエンディングのうちAとBはすぐにクリアできたのですが、
残りのエンドを見つけるのにすごく苦労しました。
自力で1時間以上頑張ってギブアップ。最後は攻略を拝見してしまいました。

「謎解きは簡単」との作者さんのコメントありますが、そこそこ難しいと思います。
途中で暗号メモを見つけることになるのですが、暗号の解き方は分かったんですよね。
ただ、それを基にメモを読んでも何のことか分からない……!(ノ)゚д゚(ヽ)
実は普通に探索して見つけた箇所のヒントだったという。
これ、普通に探索したら見つかるものなので、苦心して暗号解く必要はなかったのでした。
また、もうひとつの暗号メモも、読んでもどう活かすのかよく分からなくて。
攻略を見ても「そうなの?」という感じでいまいちピンときませんでした。

ただ、驚かせ要素も追いかけられ要素もなく、その点が苦手な私にはプレイし易いホラーでした。
ストーリーも何となく想像はついたものの、よく纏まっているし、切ない。
殺戮の嵐が過ぎ去った不気味な静寂の雰囲気も、良い味わいを醸し出していると思います。
拍手する

箱庭村奇談

2019年06月06日 22:29

箱庭村奇談 ふりーむ!のページ【タイトル】 箱庭村奇談
【制作】 BQi様(Webサイトなし)

箱庭村奇談
【ジャンル】 探索ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1時間40分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 11.5MB
【公開日】 2019年4月20日
【プレイver.】 1.00

修学旅行、自由行動の日、人込みが苦手な主人公は独り地元の町営バスに揺られていた。
車窓から民家がまばらになり自分の無計画な行動を少し後悔しかけた時
『次はいわどのおんせん』の車内アナウンスが・・・
「温泉という目的が出来れば無計画な旅も後々、楽しい思い出になるかも?」
降車ボタンを押した主人公だったが・・・ (ふりーむ!作品ページより引用)


この作品、グラフィックがすごく良いです。
一目見てやりたい!と思いました。こういう系好きなのですよ。
実写的な人物や背景、そしてアイテム。
何だかそれだけでホラー感が増すような気がします。
ただ、一般の民家の構造だけは実際にはこんな間取りないなぁというもので。
探索し易い構造ですしゲーム的には問題ないのですが、そこはリアリティがないなぁと思ってしまいました。

修学旅行中、ある理由で人里離れた山奥の村を訪れた主人公の実花ちゃん。
なぜか無人のその村から出られなくなってしまいます。
村の中を探索していくのですが……
道中、同じように閉じ込められた男性と出会い、「人だ、人がいた!」と歓喜する私を余所に、
別々に調査しよう!じゃっ!と颯爽と去っていく男性。そしてあっさり納得する実花ちゃん。
一緒に行動しようよぉぉ。・゚・(ノД`)・゚・。

ゲームとしては敵から逃げつつの探索がメインです。
金庫の番号を探す程度の簡単な謎解きもありました。……あったはずです。
そして、追いかけられ要素あり。
ただ、基本的に画面のどちらかの端からしか敵が出現しないのであまり怖くありません。
画面を切り替えると敵は消滅するので巻くのも簡単です。
ただ、ふりーむ!のレビューにもあったんですが、敵の出る頻度が高すぎでした。
敵が出る→画面移動→戻る→画面移動 の繰り返しでなかなか進めず。
逃げるのが容易なのもあり、逃げ切るスリルを感じることもなく作業になってしまい面倒でした。
最近のアップデートで出現頻度を調整されているとのことで、最新版ではこれは改善されているかも。

探索しているうちに真相が分かっていくのですが、ちょっと意外な方向性で驚きました。
エンディングは、ゲームオーバーとTRUE ENDに分かれます。
最初はTRUEへ向かっている自信があったのにBADになってしまい呆然。
ちょっとした行動でゲームオーバーになってしまったようです。
分岐点は終盤の選択肢によるので、何度もやり直さなくてもいいのはありがたかったです。
また、ゲームオーバーにも選択肢によっていくつかのパターンがあります。
ゲームオーバーだけにあまり気持ちの良い終わり方ではないのですが、色々と試すのは楽しかったです。

ホラーというよりオカルトに近い雰囲気かもしれません。
驚かせ要素もなくホラー苦手な方でも楽しめるのではないかと思います。
拍手する


最新記事