パズル・謎解き・探索・誘導 の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

死人

2019年06月14日 22:13

丸得基地【タイトル】 死人
【制作】 丸得基地 旨味まづ様

死人
【ジャンル】 探索ホラーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1時間(トータル1時間半)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 55.9MB
【公開日】 2016年9月24日
【プレイver.】 1.03

​主人公は謎のゲームをやり続ける。しかし、
徐々にゲームと現実が混ざりはじめて・・・? (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

主人公がゲームをプレイしているシーンから始まる、ゲームinゲームなストーリー。

プレイしているゲームは、レトロゲーもびっくりな荒いドットのRPGのようです。
毒々しい色合いに、何だか不穏なストーリー。
プレイしているこちらも不安ですが、主人公も「何だこれ」と投げ出しちゃうという。

主人公は一見やさぐれた感じですが、彼の家の中はゲームinゲームとは打って変わって
穏やかな日常を感じさせるものでした。
小さい頃に書いた絵が飾ってあったり、夕食の残りが置いてあったり。
家人こそ居ないものの、平凡な生活が垣間見えます。
だからこそ、ゲームinゲームの不穏さが一層怖い。

ゲームを進めると、徐々に現実と虚構が織り交じっていきます。
最初は「あれ?何か変」という小さなことから、段々とプレイヤーもどちら側なのか分からなくなっていく。
その過程はなかなか怖く、しかしその世界に引き込まれていきました。
面白かったです。

ストーリーの進むテンポも遅すぎず早すぎずで飽きずにプレイできました。
特に詰まるところもなく進めたんですが、ラスト付近では暗闇を歩き回るシーンだけは戸惑いました。
進んでいるのかどうか分からず、バグで進行しなくなったのでは、と思ったりも。
そこはもう少し誘導が欲しかったと思います。

そんなこんなで躓きつつも、エンディングは3種類全て自力で見ることができました。
ちょっとプレイから時間が経ってしまい記憶が曖昧なんですが、分岐は分かり易かったと思います。
拍手する

ホムンクルス

2019年06月10日 20:25

曖昧夢紡【タイトル】 ホムンクルス
【制作】 曖昧夢紡 靉様

ホムンクルス
【ジャンル】 探索ADV
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周13分(トータル1時間10分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 29.8MB
【公開日】 2018年7月18日
【プレイver.】 1.01

”ホムンクルス”
その解放は果たして正しかったのか
その存在はそれだけで脅威である  (制作サイトより引用)


無機質な研究所と、辺り一面に飛び散る血痕。
作品ページのスクリーンショットを見てプレイしたくなりました。
どうやら、ホムンクルスを作る研究所で何かの事故が起きてしまったようです。

建物は狭く、1周10分強でクリアできるボリュームです。
ただ、5種類のエンディングのうちAとBはすぐにクリアできたのですが、
残りのエンドを見つけるのにすごく苦労しました。
自力で1時間以上頑張ってギブアップ。最後は攻略を拝見してしまいました。

「謎解きは簡単」との作者さんのコメントありますが、そこそこ難しいと思います。
途中で暗号メモを見つけることになるのですが、暗号の解き方は分かったんですよね。
ただ、それを基にメモを読んでも何のことか分からない……!(ノ)゚д゚(ヽ)
実は普通に探索して見つけた箇所のヒントだったという。
これ、普通に探索したら見つかるものなので、苦心して暗号解く必要はなかったのでした。
また、もうひとつの暗号メモも、読んでもどう活かすのかよく分からなくて。
攻略を見ても「そうなの?」という感じでいまいちピンときませんでした。

ただ、驚かせ要素も追いかけられ要素もなく、その点が苦手な私にはプレイし易いホラーでした。
ストーリーも何となく想像はついたものの、よく纏まっているし、切ない。
殺戮の嵐が過ぎ去った不気味な静寂の雰囲気も、良い味わいを醸し出していると思います。
拍手する

箱庭村奇談

2019年06月06日 22:29

箱庭村奇談 ふりーむ!のページ【タイトル】 箱庭村奇談
【制作】 BQi様(Webサイトなし)

箱庭村奇談
【ジャンル】 探索ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1時間40分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 11.5MB
【公開日】 2019年4月20日
【プレイver.】 1.00

修学旅行、自由行動の日、人込みが苦手な主人公は独り地元の町営バスに揺られていた。
車窓から民家がまばらになり自分の無計画な行動を少し後悔しかけた時
『次はいわどのおんせん』の車内アナウンスが・・・
「温泉という目的が出来れば無計画な旅も後々、楽しい思い出になるかも?」
降車ボタンを押した主人公だったが・・・ (ふりーむ!作品ページより引用)


この作品、グラフィックがすごく良いです。
一目見てやりたい!と思いました。こういう系好きなのですよ。
実写的な人物や背景、そしてアイテム。
何だかそれだけでホラー感が増すような気がします。
ただ、一般の民家の構造だけは実際にはこんな間取りないなぁというもので。
探索し易い構造ですしゲーム的には問題ないのですが、そこはリアリティがないなぁと思ってしまいました。

修学旅行中、ある理由で人里離れた山奥の村を訪れた主人公の実花ちゃん。
なぜか無人のその村から出られなくなってしまいます。
村の中を探索していくのですが……
道中、同じように閉じ込められた男性と出会い、「人だ、人がいた!」と歓喜する私を余所に、
別々に調査しよう!じゃっ!と颯爽と去っていく男性。そしてあっさり納得する実花ちゃん。
一緒に行動しようよぉぉ。・゚・(ノД`)・゚・。

ゲームとしては敵から逃げつつの探索がメインです。
金庫の番号を探す程度の簡単な謎解きもありました。……あったはずです。
そして、追いかけられ要素あり。
ただ、基本的に画面のどちらかの端からしか敵が出現しないのであまり怖くありません。
画面を切り替えると敵は消滅するので巻くのも簡単です。
ただ、ふりーむ!のレビューにもあったんですが、敵の出る頻度が高すぎでした。
敵が出る→画面移動→戻る→画面移動 の繰り返しでなかなか進めず。
逃げるのが容易なのもあり、逃げ切るスリルを感じることもなく作業になってしまい面倒でした。
最近のアップデートで出現頻度を調整されているとのことで、最新版ではこれは改善されているかも。

探索しているうちに真相が分かっていくのですが、ちょっと意外な方向性で驚きました。
エンディングは、ゲームオーバーとTRUE ENDに分かれます。
最初はTRUEへ向かっている自信があったのにBADになってしまい呆然。
ちょっとした行動でゲームオーバーになってしまったようです。
分岐点は終盤の選択肢によるので、何度もやり直さなくてもいいのはありがたかったです。
また、ゲームオーバーにも選択肢によっていくつかのパターンがあります。
ゲームオーバーだけにあまり気持ちの良い終わり方ではないのですが、色々と試すのは楽しかったです。

ホラーというよりオカルトに近い雰囲気かもしれません。
驚かせ要素もなくホラー苦手な方でも楽しめるのではないかと思います。
拍手する

陰姫

2019年06月01日 21:50

紅玉【タイトル】 陰姫
【制作】 紅玉 Tea Ocean様

陰姫
【ジャンル】 探索ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周37分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 16.7MB
【公開日】 2012年8月4日
【プレイver.】 1.21

倶楽部活動で年代旅館に宿泊した四人は
深夜、人形が落ちる音で目が覚めました……。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第4回 WOLF RPGエディターコンテスト 総合26位等を獲得された作品です(エントリー番号【67】)。
制作サイトさん、ふりーむ!からダウンロード可能。
この記事のタイトルからはふりーむ!の作品ページへリンクさせて頂いています。

古い旅館で起きる一夜の出来事。
ホラーゲームですが、脅かし表現がほぼ無いのでプレイし易かったです。
しかし、脅かし無しと思ってプレイしていると、僅かにビックリするシーンもアリ。
ただ、そこも単にプレイヤーを驚かせる為というだけでなく、さりげないヒントになっていたりします。

キャラクターはすごく個性的だという訳でもないですが、色と名前が連動していて覚えやすい。
そして主人公の意外な見た目設定に笑いました。
いや、ドット絵だとあんまり分からないのでね。

事件(?)が起こる前の、のどかで牧歌的なBGMがすごく好きでした。
実は今も、記事を書きつつ後ろでこの音楽流ししております。
友人同士4人も仲が良さそうで微笑ましいです。
そして事件が起きてからも、ドロドロと恐怖を煽るようなものではなく、ドンドコドンドンという感じの
太鼓のリズムがメインのノリの良いBGMだったので、さほど恐怖心を感じずにプレイできました。
途中の展開によっては悲劇にもなりますが、全体的にしんみりとして優しい雰囲気です。
すごく怖いホラー好きな方だと物足りないのでしょうが、私はとても好きなタイプの探索ホラーです。

エンディングは6種類で、私はED6(ベストエンド)に最初に辿り着けました。
途中うっかりしていて危うくED4に行きそうでした。
あることをやらないとそこに辿り着くんですが、「そうだ、忘れるところだった!」と素で仰天。
キャラクターの気持ちになれば忘れるはずないのですけどね。
その後、敢えてそこを忘れてED4、ED3まで自力回収。
後は少し悩んで、制作サイトさんのヒントを拝見しました。
その後ED5、ED1まで回収。なるほど、そういう風にもできるのねという感じです。
しかし、制作サイトさんやウディコンのレビューにもあるのですが、ED2が難しくてクリアできず。
この作品、慣れて手順を覚えると10分程度でクリアできるので、微調整しつつ何度か頑張ったのですがダメでした。
正直、台詞とかエンド後のイラストが変わる程度で大きな差異がなさそうなので、いったん諦めました。

比較的短時間でプレイできますし、ストーリーも良いです。
大きなどんでん返しや深い伏線があるとは言えませんが、シンプルでちょっと予想外で、好き。
ベストエンドのオチも、好きでした。
ホラー苦手な方でもプレイし易いので、怖いのが苦手な方にもお薦めです。
ただし、全エンド回収しないと気が済まないタイプの方には険しい道になるかもしれません。


WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

Hit&Blow for mdt

2019年05月31日 20:35

銀灯【タイトル】 Hit&Blow for mdt
【制作】 銀灯 泉樺様

Hit&Blow for mdt
【ジャンル】 数当てミニゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類×3話(Storymode)
【プレイ時間】 10分程度(Storymode)
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 28.6MB
【公開日】 2013年9月30日
【プレイver.】 1.0

Hit&Blowという数字当てのゲーム。
このゲーム、得意とは言えないのですが結構好きなのです。
デスクトップに常駐させて、時間あるときにちょこちょこ遊んでます。

こちらの作品、同作者さんの「メランコリック・ドリィムタワー」というゲームの派生作品だそう。
元作品は残念ながらもう公開されていないようです。
遊び方としては、ストーリーを読みながらその途中でゲームすることになる"Storymode"と、
ゲームだけプレイできる"Freemode"があります。
ストーリーモードは、元作品を知らないので、彼らの事情や関係性が分からず「?」状態でした。
ただストーリーモードで勝利するとフリーモードのセクションが解放されるので、一通りはやっておくと良いかも。

フリーモードはセクションによって数字の数、チャレンジできる回数などに差異があります。
色々試してお手頃なところを見つけてみて下さい。
勝利を重ねても何か起きる訳でなくシンプルな作りですが、Hit&Blowを楽しむだけでも十分かな。
そして、ビジュアルが美しいので目の保養にもなります。
拍手する


最新記事