ギャグ・コメディ の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

Hello Trickers

2018年10月21日 20:00

offoffo【タイトル】 Hello Trickers
【制作】 offoffo 壱川ひゅろ様

Hello Trickers
【ジャンル】 ギャルゲー風味乙女ゲー
【対象】 15歳以上
【ED数】 1種類
【スチル数】 1枚
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 8.91MB
【公開日】 2013年11月1日
【プレイver.】 1.1

交錯する男女の駆け引き――――
生きるか死ぬかの決死のバトル………!!
ギャルゲー風、不真面目乙女ADV (ふりーむ!作品ページより引用)


ギャルゲーのようでギャルゲーでない、乙女ゲーのようで乙女ゲーでない。
メタ発言多めのコメディアドベンチャーです。

ゲームは、レントという男子大学生の独白から始まります。
そこで、「ん、これは?」とゲームの設定を何となく把握。

そして、ヒロインのジュミ(名前変更可)はロリ巨乳……!(レント談)
ジュミ目線から見たレントはイケメンですが、ジュミちゃん毒舌が半端ない。
本音と建て前、裏表のギャップが面白かったです。

選択肢は時間制限があるので焦ります。
が、きちんと読んで判断できる程度には余裕ありました。
しかし、これ正解じゃないのか……!と意外と難しい面もあり。
正解を選ばないとGAME 」OVERなので、エンディングはひとつです。
ただ、GAME OVERもそれはそれで見どころでした。

何度かプレイすると、どれを選べばOKか分かってくるのでクリアは簡単です。
短時間でさっくり楽しめますし、笑える良作でした。
ネタバレしない程度に語るのが難しいですが、こういうメタ系作品、個人的に好きです。
拍手する

すきなおとこのこ?

2018年10月09日 20:00

1010【タイトル】 すきなおとこのこ?
【制作】 1010 京月 敦士様

すきなおとこのこ?
【ジャンル】 たぶん乙女ゲー
【対象】 12歳以上推奨
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 7分程度
【ツール】 NScripter 
【容量】 16.7MB
【公開日】 2014年11月23日
【プレイver.】 1.01

今日はハロウィン!
好きなあの人に『トリック・オア・トリート!』と言ったら
どんな反応するのかな? (制作サイトより引用)


同作者さんの過去作、エイプリルフール作品「きになるおとこのこ?」の続編のような作品。
前作と同じ攻略対象(?)が登場します。つまり、ネタゲーです。
作者さんの美麗な絵柄に惹かれてダウンロードした方!ご注意下さい。ご注意下さい。

前作の感想でも書いたのですが、相変わらずミステリアスなあの方がわりと好きです。
そしてこれも繰り返し申し上げます。
他の攻略対象(?)は酷過ぎ……いえ、素敵過ぎて正視できません。
作者さんの画力の高さはすごいと思います。感嘆します。
何というか、容姿の好みであれこれ言うのは失礼にあたると思うんですよ。
でもなぁ……こやつら中身もなぁ……はぁぁ。

何でも許せる、そして受け止められる心の広い方のみプレイ推奨です。
拍手する

純愛ハートブレイク!

2018年10月01日 20:00

沼から現れた【タイトル】 純愛ハートブレイク!
【制作】 沼から現れた 地獄カバ様

純愛ハートブレイク!
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1時間半(トータル2時間10分)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 11.0MB
【公開日】 2013年3月30日
【プレイver.】 0.5

「ダーリン!遊びに来たわよ!」
元「魔王親衛隊幹部」のマインはいつもの様に勇者の家に突撃しました。
しかし、度重なるプライバシー皆無な迷惑なマインの行動にさすがの勇者も
「俺はお前の事好きじゃないって何度も言ってるだろう!」と怒り気味。
勝手に「勇者の彼女」と思い込んでるマインはとても傷つき友達のユアの所に帰っていくのでした。
(ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

勇者に恋する魔族のお姫様が、プレゼントのケーキを作るために奔走するゲーム。
という一行だけ見ると、何か微笑ましいのですが……

個性豊かな登場人物が魅力の、コメディRPGです。
マインちゃんの押しにドン引きする勇者、腹黒そうなユア、お供のヒーくん。
そして、ゴーイングマイウェイで空気を読まない、底抜けに明るいマインちゃん。
名前はそれぞれMine、Your、He かな?とプレイ後に気付きました。

キャラクターの中では、ヒーくんがお気に入り。
まず、容姿が可愛すぎる……!
マインに振り回されるヒーくんのぼやきも面白くて、始終ニヤニヤしてました。
マインのキャラは憎めないのですが、空気読まない子なのでちょっと疲れる……(´∀`;)
ただ、プレイしていると彼女も意外な一面を持っていることが分かり、意外性に驚かされます。
ユアは、マインとは真逆の腹黒くて油断できないキャラクターながら、この方も終盤で本音が垣間見えます。
それを聞くと、彼女の気持ちにも共感できるところがありますね。

ゲームは、敵と戦闘しつつフィールドを探索していくRPG。
敵キャラも可愛くて、初めて戦うときにはマインとヒーくんが色々とコメントするのが楽しい。
最初は楽勝だったけど、徐々に強くなって終盤では戦闘不能になった時もありました。
エンカウント方式なので避けるのはさほど難しくないですが、ある程度戦ってレベルは上げた方が良いかも。
キャラクターの装備品はお店で買えますが、途中の宝箱やイベントでそれより良いものが手に入ります。
お金は回復アイテムなどに使う方がお薦め。
とはいえ、マインがヒールを使えるので回復アイテムもほぼ使わなかったですが。
装備品は1人2つしか装備できないので、選択には悩みました。

エンディングは3種類で、2つは分岐点が分かり易かたのですぐに見られました。
もうひとつは少し難しくて、多分スルーしたイベントがあったのでそこだよなぁ……と思いつつも、
探り切れなくて攻略を拝見しました。
攻略情報は、制作サイトさんの作品ページから見られるようになっています。

底抜けに楽しいゲームなので、ドタバタコメディが嫌いでなければ、気持ちよくプレイできると思います。
昨今流行りのダークなホラーにお疲れの方、いかがでしょうか。
拍手する

夕暮れ少年

2018年08月22日 20:00

沼から現れた【タイトル】 夕暮れ少年
【制作】 沼から現れた 地獄カバ様

夕暮れ少年
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 15分~25分程度
【ツール】 RPGツクールVX(RTP不要)
【容量】 21.4MB
【公開日】 2012年7月17日
【プレイver.】 0.2

放課後の教室。
級友のクレメンテから「究極の素材を3つ集めてきて欲しい」と頼まれた朔太郎。
究極ってなんだ…?と首を傾げつつも、朔太郎は素材探しに奔走することに。


時代は大正?昭和?それとも平成?細かいことはどうでもいい!
ポップで、でもレトロな雰囲気が魅力の短編ゲームです。

大正から昭和初期っぽい学生服の男子・朔太郎が町を奔走します。
いきなり「究極の素材を集めて」と言われ放り出され……どうしたらいいの!?と
戸惑いつつプレイ。
しかし、街を練り歩いていると何とかなっていきます。
街並みもちょっと田舎のレトロなお店が立ち並んでいたり、とにかく探索が楽しかった。
コミカルでちょっとエキセントリックなお話なのですが、そのグラフィックに和みました。

とりあえず試行錯誤して1周目をクリア。
何だかとんでもない結果に。
このエンディングの台詞や結末を吟味すると、もうひとつのエンディングに辿り着くには
「こうすればいいのでは?」というのが何となくピンときました。
テイストがまるで違う2つのエンディングですが、どちらも好きです。

欲を言えばもっとこの雰囲気に浸りたかったなぁとも思いますが、
時間をかけずに、気軽に楽しめるところは良い点でもあるかなと思います。
拍手する

家を荒らすな!

2018年07月26日 20:00

LAb246【タイトル】 家を荒らすな!
【制作】 LAb246 LIKEMAD/ツシマユキヒロ様

家を荒らすな!
【ジャンル】 アクションADV
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 3.43MB
【公開日】 2015年9月17日
【プレイver.】 1.00a

勇者が生まれた村の隣にある――ソシスール村
どの世界の勇者も世界平和とかこつけて、村人の微々たる財産を奪いやがるのです!
今日こそは言ってやろう「家を荒らすな!」
村人を操作して勇者の破壊行動を阻止しよう! (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第11回 ふりーむ!ゲームコンテスト お笑い部門の銅賞を受賞された作品。

RPGあるあるネタをひとつ、作品にまとめ上げたゲームです。
村人となって、傍若無人に民家を漁っていく勇者を阻止します。
何人かの村人からプレイヤーを選択できます。
1プレイは短く、全エンド回収も10分あればOK。気軽に楽しめる短編でした。

プレイを始めてびっくり。
勇者、意外とアクティブ……!
こ、これが一般人と勇者の差ってやつか(((゜Д゜)))
クリアできないかもと一抹の不安が過りましたが、コツを掴むと大丈夫でした。
何度かチャレンジしているうちに、自然と全エンディング回収できた感じです。

エンディングもくすっと笑えるネタが多く、楽しめました。
制作者さんも、きっと楽しんで作られたのだろうなぁと思いを馳せています。

個人的にタンス漁りはゲームの醍醐味だと思っている人間なので、反省はしません。
これからも、目の前にタンスがあればAボタンを押し続けます。
でも、ツボは壊れない仕様が良いよね。
そう、破壊するのは私のせいではなく、制作者さんの仕業なんd(以下自粛)
拍手する


最新記事