ギャグ・コメディ の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

勇者と魔王の愛の劇場

2019年06月08日 22:29

Mellkuch【タイトル】 勇者と魔王の愛の劇場
【制作】 Mellkuch メルクーフ様

勇者と魔王の愛の劇場
【ジャンル】 
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 5分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 11.5MB
【公開日】 2018年2月1日
【プレイver.】 1.03

幾多の試練を乗り越え、ついに勇者は魔王のもとにたどり着いた。
いよいよ最後の戦いが始まる!が…。 (read meより引用)


ふりーむ!の千文字喫茶2参加中作品。
5分程度で終わる短編です。

絵柄からしてゆるーいお話なのかな?と想像しつつプレイさせて頂きました。
ごく短い移動なのに、地味に雑魚(名前がヒドイ)との戦闘があったりします。
でも、勇者強い……っ!
ステータス最強すぎなので、戦闘なんてあってないようなものでした。

魔王との会話は予想外のメタい始まり。思わず笑い転げてしまいました。
想像通りのゆるーいお話でしたよ。可愛いなお前ら。
戦闘シーンのグラフィックは、恐らく素材の真面目な(?)モンスターを使用してらっしゃるので、
そのギャップにも何だか笑えました。
悲劇なのか喜劇なのか良く分からない――というか考える必要を感じない。
そんなしょうもなさがすごく良かったのでした。

一応BLなのかもしれないですが、これをBLと言うには無理があるようなないような。
それをいうなら、愛の劇場といえど恋愛と言うにも程遠いようなそんなことはないような。
いや、考える必要はないのだ。考えるのはやめよう。一応タグには入れておきます。
拍手する

KOYG-Ⅱ

2019年03月19日 21:48

1010【タイトル】 KOYG-Ⅱ
【制作】 1010 京月 敦士様

KOYG-Ⅱ
【ジャンル】 女性向け・適当に世話するシミュレーション
【対象】 全年齢
【ED数】 10種類
【プレイ時間】 1周17分(トータル1時間半)程度
【ツール】 NScripter 
【容量】 31.6MB
【公開日】 2012年6月21日
【プレイver.】 1.04

残業からの帰り道、初めて会った男からおいしい話を持ちかけられその話に乗ってしまう主人公。
その話とはヒューマノイドの世話だった。
(ふりーむ!作品ページより引用)


ヒューマノイドのお世話をする育成シミュレーション。
選んだ食事(?)で3つのパラメーターが変化し、その具合でエンディングが変わります。
日数も3日と短いので、育成シミュレーションという程の複雑さやボリュームはありません。

元々は4月1日に公開する予定だった作品とのことで、いわゆるネタゲーです。
京月さんの過去作のミニゲームをプレイした方なら想像がつくかもしれませんが、
なかなか個性的なヒューマノイドでして。
最初は「うわぁ……」と思ったものの、これがプレイしているうちに可愛くなってくるという。
いやほんと、見た目はともかく素直で可愛いです。無口だけど、それも良し。
もう一度言います。誰が何と言おうと可愛いのです!

ちなみに、ちゃんとイケメンも登場します。
が、こちらは中身がやや残念。
だが、そこが良い……!
逆に心くすぐられるのでした。
冷たくあしらわれてもイケメンに食いつく主人公のとく子ちゃんも良いキャラで面白かったです。

エンディングは10種類と豊富です。
最初は自力で頑張っていたのですが、何度やってもエンド2になってしまいました。
製作サイトさんに攻略があるので、がっつり見てコンプリート。
いやー、やり方が分かれば簡単なんですが、なかなか到達できなかったです。
率直に申しますと、どのエンディングもさほど大きな変化はありません。
ただ、頑張ってコンプリート目指すうちにヒューマノイドに愛着が湧いてくるのですよ。
ネタゲーとはいえちゃんと女性向け要素もありますし、楽しめました。
拍手する

ホワイト・オブ・ザ・デッド

2019年03月14日 22:44

nino【タイトル】 ホワイト・オブ・ザ・デッド
【制作】 nino ノラ様

ホワイト・オブ・ザ・デッド
【ジャンル】 ホワイトデーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 1.63MB
【公開日】 2013年3月14日
【プレイver.】 1.0

道に迷った旅人がたどり着いたのは、奇妙な一軒のお店だった。 (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ホワイトデーなので、ホワイトデーっぽいゲームをプレイしてみました。
ホワイトデーというより、マシュマロゲー……?

まずフィールドMAPで笑いました。なんだこれ。
何も前知識なくても、これだけで何となくどんなゲームか分かるってものです。

旅の勇者が辿り着いたお店を探索していくのですが、あっけに取られる出来事ばかりで。
何となく選択肢を選んだら突然何かが起こるので唖然とします。
ネタバレになりそうなので詳細は伏せますが、
あるイベントではちゃんと画像を準備されていて作者さんすごいと思いました。

ホワイトデーっぽい恋愛要素もあり。
とか書いたら信じた方に怒られそうですが。
愛とは許容なのか盲目なのか。
そもそもこれは愛なのか?
考えさせられる……というか首をひねるイベントが一応メインイベントのようです。

プレイした方でないと分からないでしょうが、
高速マシュマロをクリックして捕まえるのが最大の愉悦でした。
拍手する

とりっく おあ とりっく!

2018年10月27日 20:00

Shadow's Silhouette【タイトル】 とりっく おあ とりっく!
【制作】 Shadow's Silhouette A3様

とりっく おあ とりっく!
【ジャンル】 いたずらラブコメADV
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 10種類
【スチル数】 35枚
【プレイ時間】 1周20分(トータル1時間45分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 31.6MB
【公開日】 2013年12月14日
【プレイver.】 1.03

とある屋敷の娘のソーシャは、使用人の双子が大好き!
いつも二人を彼女なりに可愛がっていました。
そんなある日、両親が家を留守にすることになり……
「ふふふ、今日はたっくさん構ってあげちゃうんだから!」
絶好のチャンスとばかりに、ソーシャは双子の少年にいたずらを仕掛けに行くのでした――
(制作サイトより引用)


タイトルがハロウィンっぽいものの、ゲーム内容はハロウィンとはあまり関係ありません。
魔族が登場する、くらいでしょうか。

セクハラ、ハワハラ、モラハラと、今のご時世で大丈夫か!
という選択肢がオンパレードなデンジャラスな作品。
ピンクが基調の可愛い絵とストーリーですが、ちょっと人を選ぶかもしれません。
選択肢がえげつないので、プレイ前は大丈夫かこれ!?と思っていましたが、
主人公のソーシャちゃん、憎めないんですよ。
まず、双子があまり嫌がってない(多分M体質で喜んでるのと、さらっと上手くかわしている)し、
ソーシャちゃん、やってることは滅茶苦茶なのに悪い子じゃないんですよね。
現実じゃありえなそうな、このハチャメチャぶりを楽しむのも一興です。

双子のうち、ルナート君は大人しいタイプ。
ソーシャのアタックに困惑したり涙目になったり。
ちょっと可哀そうにも思えましたが、結局喜んでんじゃないかコイツ!という感じです。
何か、変なSっ気に目覚めてしまいそう(*/∇\*)
後半の仲良しラブラブっぷりは、見ていてほっこりしました。

片割れのネガート君は、アタックをさらりとかわし、はっきりと言い返すタイプ。
気が強いというよりクールでそつがない感じ。
私は、見ていて安心感のあるネガート君の方が好きです。

エンディングは10種類あり。
最初は分岐がうまくいかなくて何周かチャレンジしました。
実はちゃんとゲーム紹介ページに触書があったのですが、
前半の選択肢でルートが固定し、後半はどの選択肢を選んでも変わらないようです。
そこに気が付いてからは、スムーズにエンディング回収できました。
スチルもたっぷり見られるのも嬉しいところ。
また、クリア後にはExtraから過去の話や後日談など、4つのショートストーリーも読めます。
こういう、おまけが充実していると、クリアして良かったなぁという嬉しさが増しますね。

ちなみに、ゲームのデフォルトフォントはHGP創英角ポップ体のようですが、
PCにインストールされていないとゴシックフォント表示になります。
当初、私の環境ではゴシックで表示されていました。
ふりーむ!のスクリーンショットをじっくり見ていて違いに気付きました。
私のPCってHGP創英角ポップ体入ってないかったのかΣ('□'*)
せっかくなので、フォントインストールしてみました。ポップ体の方が可愛い雰囲気で良い感じ。
私、ゲームのフォントは気になるタイプです。
ツールのデフォルトよりは、見易い工夫をされていたり作品に合ったものを選ばれていると好感が持てます。
拍手する

Hello Trickers

2018年10月21日 20:00

offoffo【タイトル】 Hello Trickers
【制作】 offoffo 壱川ひゅろ様

Hello Trickers
【ジャンル】 ギャルゲー風味乙女ゲー
【対象】 15歳以上
【ED数】 1種類
【スチル数】 1枚
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 8.91MB
【公開日】 2013年11月1日
【プレイver.】 1.1

交錯する男女の駆け引き――――
生きるか死ぬかの決死のバトル………!!
ギャルゲー風、不真面目乙女ADV (ふりーむ!作品ページより引用)


ギャルゲーのようでギャルゲーでない、乙女ゲーのようで乙女ゲーでない。
メタ発言多めのコメディアドベンチャーです。

ゲームは、レントという男子大学生の独白から始まります。
そこで、「ん、これは?」とゲームの設定を何となく把握。

そして、ヒロインのジュミ(名前変更可)はロリ巨乳……!(レント談)
ジュミ目線から見たレントはイケメンですが、ジュミちゃん毒舌が半端ない。
本音と建て前、裏表のギャップが面白かったです。

選択肢は時間制限があるので焦ります。
が、きちんと読んで判断できる程度には余裕ありました。
しかし、これ正解じゃないのか……!と意外と難しい面もあり。
正解を選ばないとGAME OVERなので、エンディングはひとつです。
ただ、GAME OVERもそれはそれで見ておいて損はないかも。

何度かプレイすると、どれを選べば良いか分かってくるのでクリアは容易かと思います。
短時間でさっくり楽しめますし、笑える良作でした。
ネタバレしない程度に語るのが難しいですが、こういうメタ系作品、個人的に好きです。
拍手する


最新記事