SF・伝奇・ファンタジー の記事一覧 
≪ PREV PAGE NEXT PAGE ≫
   

ひたすらドラゴンを倒すだけ

2020年10月28日 20:00

うどんのたまご【タイトル】 ひたすらドラゴンを倒すだけ
【制作】 うどんのたまご 鍋谷まいこ様
 

ひたすらドラゴンを倒すだけ
【ジャンル】 
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周36分(トータル1時間42分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 9.27MB
【公開日】 2019年7月27日
【プレイver.】 2.04

君のやることは「ひたすらドラゴンを倒すだけ」! (制作サイトより引用)


第11回 WOLF RPGエディターコンテスト 総合27位、物語性16位を獲得された作品です。
ふりーむ!およびウディコンのサイトからもダウンロード可能(エントリー番号【40】)。
このページのタイトルからは、ふりーむ!の作品ページにリンクさせて頂いています。

タイトル通り、主人公がひたすらドラゴンに挑むゲーム。
こちらの作者さん、以前ご紹介した「電子ゲームブック 自由落下」「秋空に銅雀」という
たいへん大人びたゲームブック風ノベルを制作された作者さんでして、
今作は作風の違いにちょっとびっくりし、逆に興味が湧いてプレイさせて頂きました。

ゲームとしては、ただひたすらに死んでは蘇生、死んでは蘇生を繰り返しドラゴンに挑むだけ。
ただ、繰り返す度に、何かしらの変化が訪れます。
嬉しい変化や、逆に悲しい出来事もあったり。
シンプルなゲームなんですが、何だか人生そのものを表現していて壮大にすら感じられる作品でした。

完全クリアの為には実績を解除していく必要があり。
その為には、面倒でも村の人々と丁寧に会話していく必要があります。
実績解除の方法は画面に条件が表示されるので、分かり易いです。
ただ全て解除するのは、正直かなり面倒でした。
初回プレイ時「話しかけてもあんまり変化ないな」と思ってスルーしていたところが条件だったり。
周回プレイでも、クリアした実績がセーブデータには反映されないので、
次の実績を解除するためにははじめからやり直す必要があったり。
条件をひとつだけ見逃してしまい回収できなくなり、はじめからやり直したりもありました。
プレイヤー次第かもしれませんが、私は要領良く回収できず、結構手間取ってしまいました。
こうなってしまうともう作業なので、辛いのです。
バージョンアップで実績解除し易くはなったようなのですが、個人的にはもうちょっと楽にして欲しい!
ただ、周回プレイがやり易くなるアイテムもあり、使い方を理解できると少し楽でした。

道中で会う人々は面白く、特に一見DQNな勇者さまが案外まともな思考の持ち主だったりして面白かったです。
そして主人公が少しずつ成長していく過程も面白かった。
最終的に強くなったときより、ドラゴンへのダメージが1ダメから2桁(30くらい)になったときが、
おぉ……強うなった!と一番感動しました(笑)

苦労した分、クリアできたときは嬉しかったです。


WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

胡蝶蘭のメヌエット

2020年10月17日 21:06

胡蝶蘭のメヌエット【タイトル】 胡蝶蘭のメヌエット
【制作】 桃 実女子様(twitter

胡蝶蘭のメヌエット【ジャンル】 選択式ショートノベル
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル26分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 121MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年6月27日
【プレイver.】 1.04

昔々、ある屋敷で、主人とメイドが暮らしておりました。
ある日、主人はメイドを呼び出すと、クビを言い渡しました。
メイドは大層驚き、そして……。 (ふりーむ!作品ページより引用)


ティラノビルダー製で、ふりーむ!ではブラウザ版のみ、ノベルゲームコレクションではダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。

色鉛筆で描かれた綺麗な人物画に惹かれてプレイさせて頂きました。
メイドさんの肌色からするとファンタージで、優美なタイトルだし百合風味か女性向けのノベルかな?と想像。
プレイ開始すると、タイトル画面でバッハのメヌエットが流れてきて。おお、やっぱり優雅~。
しかし、辿り着いたエンディングがあまりに予想外で衝撃を受けました。え、ナニコレ!?
どんな話なん!?とびっくりして、気が付いたらのめり込んで夢中でプレイしておりました。

1分ノベルだけに1周は1分程度と短いのですが、選択肢が多くて選ぶ楽しみがあります。
そしてこれ、「選ばない」という選択肢も用意されているので、分岐が豊富。
こう答えるとどうなる?と、展開が楽しみでした。
大体バッドエンド――というか一番行き易いmeasure1に辿り着くんですが、
何度かプレイして違う展開になると「おおっ」と嬉しくなりました。
何度も繰り返しましたが、自力で全部クリア。
ちなみに私は、1→3→2α→4→2β→5 という順で辿り着きました。
困った方は、タイトル画面の"help"の中に攻略ヒントがあります。

序盤は気付かなかったのですが、タイトル画面の"Da Capo"というメニューに前日譚?が収録されており、
本編で特定のエンドを見る毎にひとつずつ解放されていきます。
それを読むと、なぜこんなことが起きているのかが少しずつ分かってくるという構造です。
シリアスで、ある意味残酷なストーリーなのですが、展開によっては思わずクスリとするコミカルな面もあり、
プレイヤーとして気持ちが重くなりすぎずに済むのも魅力的でした。

全てクリアすると、後日譚や人物紹介も読めるようになります。
メイドさんの人物紹介の文章も、後々の余韻を感じられてほうっと溜息が出るようでした。

斬新な手法や仕掛けはなく、選択式ノベルゲームとしてはオーソドックスな作品。
そして、純粋に選択式ノベルとしてとても面白かったです。
拍手する

ボクはキミのロボット

2020年10月16日 20:00

ドッド工房ブログ【タイトル】 ボクはキミのロボット
【制作】 ドッド工房ブログ ドッド工房様

ボクはキミのロボット
【ジャンル】 ビジュアルノベル
【対象】 6歳以上推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル6分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 126MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年4月10日
【プレイver.】 1.03

4人の人物とロボットが紡ぐ「出会いと別れの物語」。
少し奇妙でとても短いビジュアルノベルゲーム。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第23回3分ゲーコンテストにて第7位に選ばれた作品。
また、ふりーむ!で開催された1分ノベルコンテストにも参加されています。

ふりーむ!とRPGアツマールでもプレイできるようです。
ブラウザプレイですが、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロード可能。

ふりーむ!の作品ページ→ RPGアツマールの作品ページ→

この作品、今の所判明している3分ノベルゲーコンテストの順位では上位とは言えないのですが、
ひとつの物語としてとてもよく出来た、完成度の高い作品だと思います。

1分ノベルでもあり、1周がきっちり1分で終わります(読むスピードにもよるとは思いますが)。
1周はあっさり終わるものの、もう一度読むと別の物語が始まりますので、何度か繰り返して読むべし。
ただ全部読んでも短い作品なので、最初にプレイしたときはあっさり読み終わってしまったのです。
そこでゲームを閉じていたら、もしかしたらあまり感じ入るものなく終わっていたかもしれません。
が、再プレイして細かい演出に気が付いて「これは良く出来ているなぁ」と。

プレイを始めると出てくる「データ削除中」の画面、良く見ると読む度に変化があるのです。
それに気付いた時、この作品がタイトルロールの「ロボット」を感情豊かに、
見事に描き切っていることにも気が付いたのでした。

グラフィックは突出したところはなく、恐らく素材かな?と思われる背景画像メインですし、
文章もロボットの主人と思われる人物の会話のみで進みます。
詳細が語られる訳でもないのに、何が起こっているのかがちゃんと伝わってきます。
ロボットは一言も喋りませんし、姿も登場しません。
シンプルに無駄なく、それなのにロボットの「感情」がきちんと伝わってくるのはお見事です。
グラフィックや文章を盛ることだけが表現ではないのだと、改めて考えさせられました。
そこで振り返ると、タイトル画面でスタートのボタンが"DELETE DATA"と表現されているのも感慨深いです。

正直、シンプルなだけに読み手によって印象や受け取り方が変わるでしょうから、
私と同じように感じる人ばかりではないとも思います。
ですので万人にお薦め!とまでは言えないのですが、個人的にかなり感心した、好きな作品でした。
拍手する

カボチャの魔女とカブ頭

2020年10月13日 20:00

カボチャの魔女とカブ頭 ふりーむ!のページ【タイトル】 カボチャの魔女とカブ頭
【制作】 ココノヤギ様(twitter

カボチャの魔女とカブ頭
【ジャンル】 ハロウィンミニゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace(RTP不要)
【容量】 207MB
【公開日】 2019年10月28日
【プレイver.】 1.1

「アイツのイタズラなんて、今年で終わらせてやる!」

毎年、ハロウィンの時期になると出没する亡霊『カブ頭』のイタズラに立ち向かう、
カボチャ好きな魔女のお話。 (ふりーむ!作品ページより引用)


森に住む魔女さんと、ハロウィンの時期に彼女の元に現れるカブ頭くんの物語。
登場人物は2人にだけに絞られており、そこがシンプルで良かったと思います。

カブ頭くんのイタズラに怒りつつも、何だか楽しそうな魔女さんの様子が微笑ましかったです。
イタズラを収めるのにいくつかミニゲームがありますが、いずれも簡単です。
魔女なのに物理攻撃を繰り広げるシーンには、ちょっと笑ってしまいました(魔力は使ってるようですが)。

登場人物みんな可愛くて、癒されます。
短時間で出来て、良い気持ちで終われる作品でした。
拍手する

ロリポップ・ハロウィン

2020年10月12日 20:00

マテリアルベース【タイトル】 ロリポップ・ハロウィン
【制作】 マテリアルベース 綾野ゆう様、詩月ゆい様

ロリポップ・ハロウィン
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 50分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 52.0MB
【公開日】 2019年10月30日
【プレイver.】 1.02

お菓子の国ロリポップ王国。
平和で豊かなこの国は今、お菓子を食べないとモンスター化してしまうという
一風変わった呪いに苦しめられていた。
そんなロリポップ王国を治めるザッハトルテ王子はちまたで有名なわがまま王子。
同じく呪いに悩む隣国パルミエから救援要請を受けるも断ってしまう。
口うるさい大臣に諭されしぶしぶ隣国の様子を見に行くため自らの足で出向くことになり……!?
自分勝手な王子様の成長を描くハートフルストーリー……? (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ハロウィンモチーフの短編RPGです。
ただ、RPGと言ってもストーリーを追っていくのがメインで、戦闘はイベントの数回のみでした。

初っ端から、ザッハトルテ王子が小憎らしくて正直イラッとしました(^ω^#)
ワガママを通り越して傍若無人。
しかし、その後王子の仲間になるキャラが、これまたいい性格してまして。
ワガママ王子に振り回されると思いきや、逆に振り回してくれて、ちょっと痛快でした。
と言ってもそのお仲間も立派な(?)曲者です。
途中、これ、全年齢ですよねぇぇぇ?と叫びたくなる下ネタ発言もあったり。
いや、穢れた大人だけが穢れた想像をしてしまうのかな……

戦闘は先述のように数回のみですが、敵はまぁまぁ強かったです。
油断すると負けるという程強くはないものの、思ったよりも時間がかかりました。
最初に回復系アイテムをたくさん買っておくと良いかも。
主人公は王子なだけあって、オカネモチ。目一杯買ってもお金が余ります。
私はアイテム節約してしまうタチなのでひとつも使わずに終わりましたが、あると楽かもしれません。

戦闘の他に簡単なミニゲームなどありますがいずれも簡単です。
サクサクとテンポ良く進め、1時間弱でクリア。
最後まで色々とツッコミどころ満載の面白さでした。
エンディングシーンで垣間見れるキャラクターたちの後日談の様子には、和んでしまいました。
拍手する


最新記事