SF・伝奇・ファンタジー の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ちる

2015年04月06日 21:00

あんもち。【タイトル】 ちる
【制作】 あんもち。 もえき様

ちる
【ジャンル】 現代ファンタジーノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 30分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 9.17MB
【公開日】 2014年4月1日
【プレイver.】 1.0

マリ(名前変更可)が目覚めると、そこは見知らぬ部屋のベッドの上だった。
自分がいつからそこにいたのかもわからない。
部屋に現われた少年は、こう言った。
お前は記憶喪失になりかけている。
俺はそれをなおしてくれと、お前の『友達』に頼まれた、と。(制作サイトより引用)


エイプリルフール作品として昨年公開された作品です。
4月という輝かしい季節を舞台に、小さな「嘘」が巻き起こす現代ファンタジー。
全体的にとても微笑ましい話で、安心して暖かい気持ちで読む事ができました。

歳を重ねるという事は、得るものがある一方で、失くしてしまうものも多いものです。
その事を思い知っているからこそ、いつまでも持ち続けられるという希望のあるこの物語を、
非現実的なももに思いつつも眩しく感じました。

画面構成は、同作者さんの別作品である"HEAVEN'S PASSPORT"と同じ形になっています。
この画面、シンプルですがとても良い。
読みやすいし、画像は背景のみなのに映える気がします。
キャラクター絵は登場しませんが、だからこそ自由な想像が膨らみました。
拍手する
スポンサーサイト

おとぎ話屋

2015年02月18日 21:14

晴れ時々グラタン【タイトル】 おとぎ話屋
【制作】 晴れ時々グラタン ユキ子様

おとぎ話屋
【ジャンル】 童話風短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 8.93MB
【公開日】 2011年10月9日
【プレイver.】 1.0

おとぎ話というタイトル通り、創作童話のノベルゲームです。

ファンタジー色が強く、不思議で奇妙でどこか飄々としたユーモラスな雰囲気のお話でした。
ファンタジー方向に進んで行くと思いきや、途中で思わずくすりと笑ってしまう
表現があったりと、メリハリが効いていたので読んでいて飽きませんでした。

絵柄はラフですが、それがまたいい味を出しています。
そのままでも素敵だけど、エンディングを迎えると綺麗なスチルが見られて嬉し。
1周目に辿り着けるエンディングはひとつで、2周目以降で見られるエンディングがひとつ。
多分「おとぎ話」としては1周目エンドが正統で2周目はおまけのような感じですが、
そちらのスチル絵も素敵でニヤニヤしてしまいました。
拍手する

シュゲー

2015年02月13日 20:00

nino【タイトル】 シュゲー
【制作】 nino ノラ様

シュゲー
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周30分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 3.30MB
【公開日】 2012年4月28日
【プレイver.】 2.0

主人公の少女・マシュマリーは
今日がバレンタインデー前日だと気付いて大あわて!
大好きなコックのドミノ君に送るプレゼントを考えます。
だけど恋のライバルも登場して、事態は急展開!?(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

フリーゲームクラシック第17回ゲームコンテストで見事優勝された作品です。

可愛い絵柄とドットを見てほのぼのメルヘンゲームかなと思っていたのですが。
冒頭のぶっとんだ台詞で「ちょっと違うぞ」と。
なかなかパワフルでクセのある主人公と村の人々が強烈な個性を放っています。
シュゲーというタイトル通り主人公が手芸をするシーンもあるのですが、
お裁縫が戦闘になっていて「布をやっつける」という発想になっているのが斬新でした。
なるほど、現実でも大変な作業もバトルだと思えば楽しめるかもしれません。
一応ジャンルはRPGになっていますが、探索範囲も広くなく、戦闘も比較的楽に
勝てる程度の難易度なので、探索アドベンチャーの感覚でプレイできそうです。

ストーリーは思わぬ展開で「うええええ」となりました。
普通に考えるとバッドエンドっぽい展開に思えるのですが、何だか皆それはそれで
ハッピーな感じがするので、「ま、いっか」と割り切ったスッキリした気分です。
なるほど、現実でも地獄のような状況も心持次第で幸福になれるのかもしれません。

バレンタインゲームですが女性向けという訳ではないので、性別問わず楽しめそうです。
カラフルで砂糖菓子のように可愛いけれど、実は噛んでみるとじわりとしびれる毒がある。
そんな不思議な魅力のある物語でした。
拍手する

昼の国、夜の国

2015年01月29日 20:24

晴れ時々グラタン【タイトル】 昼の国、夜の国
【制作】 晴れ時々グラタン ユキ子様

昼の国、夜の国
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 18.4MB
【公開日】 2014年11月1日
【プレイver.】 1.0

選択肢1ヶ所のみのビジュアルノベルです。

表と裏の世界、夢と現実。
そう言ったお話は多々ありますが、それを「昼の国」「夜の国」と表現しているのが面白いです。
昼と夜、それは裏と表のようでありながら、どちらもひとつの世界のはずなのに。

エンディングは選択により2種類に分岐します。
どちらも主人公は幸せに向かっていそう。
どちらが幸せなのか、ましてやどちらを選ぶべきかなんて他人には決められないでしょうが、
夜の国は一途でありながらどこか歪んでいるように思えます。

本来なら明るい昼と安らぎの夜はどちらも必要なはずです。どちらもそこに在って欲しい。
でも、そのひとつしか選べない時―― 一番大切なものしかない世界か、
一番大切なものが無いけれど他のたくさんの得難いものがある世界か。
どちらを選ぶのかなと考えてしまいました。
拍手する

落日

2014年12月02日 17:56

水海【タイトル】 落日
【制作】 水海 Lapree様

落日
【ジャンル】 短編ビジュアルノベル
【対象】 15歳(高校生)以上推奨
【ED数】 3種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 トータル20分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 162MB
【公開日】 2014年1月11日

側室アグリアの息子であるシリウス王子が何者かに殺害された。
犯人の手掛かりはまるで無い上、城内ではまことしやかに噂が囁かれている。
それは、子供が産めない身体である正妃クラウディアが、自らの地位を危ぶんで
側室の王子を謀殺したのではないか、というものだ。
アグリアは隣国の王妹でもあり、このままでは隣国王の怒りを買ってしまうだろう。
事態を収めるため、宰相はクラウディアを犯人として処刑するよう進言してくるが、
クラウディアがそんな人間ではない事をよく知る王は、苦悩する……。


架空の王国を舞台にした、選択肢ありのノベル作品。
ストーリーはシリアスで、色々な事を考えさせられるものでした。

王としての体裁を守れば、国は救われるが最愛の人が犠牲になってしまう。
最愛の人を守れば、国は傾き、自身も、そして結局は最愛の人の身も滅ぼしてしまう。
治世者は時に残酷な決断をしなければならないものでしょうが、どの選択も悲しいです。

文章はとても流暢で、読んでいて心地良かったです。
序盤は文章だけ読んで長年愛情を育んだ夫婦を想像していたので、
クラウディアの可憐な少女のような姿を見て、ちょっと意外に感じました。
でも、この儚げな透明感を持つクラウディアだからこそ、今にも崩れてしまいそうな
危うさを感じたし、見せ場でも映えていて印象的だったのだと思います。


※以下、少しですがネタばれが入るので、反転しないと見えないようにしておきます。

クラウディアは献身的な女性ですが、後者ではそうとばかりは言えません。
自ら進んで犠牲になる事も選べたのに、そうはしませんでした。
ただ静かに王の決断を見守り受け入れるだけ。
彼女は王を愛してはいても、国を愛してはいなかったのかもしれません。
またアグリアにも同情すべき点がないとは言えません。
これだけクラウディアを愛してる王ですから、アグリアは子供がいるとはいえ
王の愛を全く得られなかったのでしょう。
そうして見ると、事態を引き起こしたのは王が原因とも言えなくはないのです。
もちろん事を起こした当人が悪いのには違いないのですが、色々な背景があり
深く絡み合っているのを想像させられる物語でありました。


それからゲーム自体の感想とは違いますが、ゲームの容量の大きさに少し驚きました。
ムービーを盛り込んだものやボイス付き作品等でも、あまりこの容量のものは見かけないような。
大きいのはあかんと思っている訳でなく、純粋にどこでこの差がでるのか、なぜなのかち
ゲームの中身に興味あったりします。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。