SF・伝奇・ファンタジー の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

遠い海のアリア

2019年10月10日 20:00

Paper Moon【タイトル】 遠い海のアリア
【制作】 Paper Moon ゆきはな様

遠い海のアリア
【ジャンル】 百合ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周1時間(トータル1時間25分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 262MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月29日
【プレイver.】 1.03

浜辺で海を見つめる人間に、一目で恋に落ちた人魚の少女。
彼女は、海の魔法使いに「人間になりたい」と願い出る――


ティラノビルダー製でふりーむ!でブラウザ版、ノベルゲームコレクションではブラウザ・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

これは、冒頭からラストまで、ほうっと溜息が出る程美しい作品です。

正直、私は百合はあまり好みではないです。
何で好きでないのかをよく考えると、「女の子がただイチャイチャしてるだけの百合」が苦手な模様。
この作品もそうだと言われればそうなのですが、良い意味で女性同士だからこその
肉感の無さが際立っていて、読んでいてとても綺麗だなと思いましたし、自然に受け入れられました。
百合に抵抗ある方にも読んでみて欲しいです。
だがしかし……っ!アリアとセレナには申し訳ないのですが、サフィルスお兄様のイケメンっぷりが
私の中ではイチオシでした。ゆきはなさんの描く男性、すごい好きなのです。

ストーリーは淡々と語られる感じで、いつかは終わってしまうという危うさを抱えつつも穏やかに進んでいきます。
光に包まれたグラフィックはベールのむこうを見ているようで、どこか現実感が薄い。
でも、だからこそ美しい。
プレイ時間にして1時間強、作品中で過ぎる時間は1年程。
しかし、その背景に長い長い年月の深淵を感じさせられる物語でした。

エンディングは2つ。ハッピーとトゥルーで、終盤の選択肢で変化します。
ハッピーを読んでとても良いエンドだなぁと思っていた矢先、トゥルーでハッと胸を突かれました。
まさか、物語がそういう風に繋がっていたとは……。あまり予想していなかったので衝撃でした。
このトゥルーのエピソードが、先の述べた永遠とも思える時と深淵を思わせて物語に深みを与えています。
読み終わってみると、トゥルーがあまりにも良すぎてハッピーが霞んでしまったんですが、
よくよく思うとハッピーの展開に進んで欲しいと思う気持ちも芽生えてきていたり。

音楽もオリジナル曲が用意されていたりと、とても贅沢です。
音楽、グラフィック、物語とどれをとっても印象的で、心の琴線に触れる作品でした。
拍手する

千年魔王と憂鬱な日々

2019年09月30日 20:00

せんやも、いちやも【タイトル】 千年魔王と憂鬱な日々
【制作】 せんやも、いちやも 砂原みたけ様

千年魔王と憂鬱な日々
【ジャンル】 短編ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周2分~(トータル10分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 9.39MB
【公開日】 2015年4月27日
【プレイver.】 ?

深い、深い森の中。晴れない霧に包まれた、それはそれは不気味な城があった。
城の城主・千年魔王は数百年前に退治されてしまった父・先代魔王のようにはなるまいと心に誓い、
勇者に退治されないよう今日も今日とてつつましくおとなしく生きていた。
しかしどうしたことか、ついに今日自分を倒すべく勇者が城へ到着したのだという。
千年魔王は決断の時を迫られる。
(制作サイトより引用)


勇者との対決に懊悩する、大人しくて可愛らしい魔王様の物語。

基本的に会話して、ストーリーを見るだけの小作品です。
選択肢によりエンディングが分岐します。

しかしこの魔王様可愛くて、配下が魔王様一筋なのが分かります。
反面、勇者がアレすぎて……。
魔王の味方をして勇者を抹殺したいと思ったのは初めてかもしれません。
戦闘シーンで2人のステータスを見たときは絶望しましたよ……。

ラストで、部下のアミュレと勇者の壮絶な戦いが見られるか!?とちょっと期待したのですが、
そこが叶わなかったのはちょっぴり残念。
本当はどっちが強いのでしょうね~。
拍手する

電子ゲームブック 自由落下

2019年09月26日 20:51

うどんのたまご【タイトル】 電子ゲームブック 自由落下
【制作】 うどんのたまご 鍋谷まいこ様、 MA-GUN様

電子ゲームブック 自由落下
【ジャンル】 ゲームブック風AVG
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル45分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 50.1MB
【公開日】 2016年7月31日
【プレイver.】 1.12

”飛び僧正”の伝説が残るタワージャンパーの町、マルムズベリー。
主人公=”君”は、人工翼を作りマルムズベリーの塔から飛翔することを夢見ています。
町の中を探索し、素材アイテムを集めて”君”の翼を組み立ててください。
ときには天才飛行少女との出会いも……? (制作サイトより引用)


第8回 WOLF RPGエディターコンテスト 総合3位、物語性1位等を獲得された作品です。
他にも全体的に高い順位に入賞されています(エントリー番号【65】)。

ゲームブック風の作品は他にもプレイしたことがあるのですが、これはまさにゲームブックそのもの。
本のページを捲る楽しさを味わえる作品でした。
文章の末尾に数字が出るので、それを入力して次のページに進みます。
うっかり間違えると全然違うページに出てしまい、脈絡がなくなって「あれ?」ってなるのもゲームブックぽい。
私自身ゲームブックは昔一冊読んだことがある程度なのですが、子供の頃に読んだそれは面白くて。
その時の気持ちを思い出しました。

ストーリーはファンタジーですが、浮いた所のない大人向けな雰囲気のしっかりしたストーリーでした。
日々の生活の合間に、コツコツと翼を組み立てて飛翔することを夢見る主人公。
街に出て買い物をしたり、倉庫を探したりと翼の材料になるものを集めてゆきます。
選んだ材料によってエンディングが変化。
私は結構良いものを手に入れられて、ベストエンドっぽいものをすぐ見ることができました。
反面、あまり良くないものを選ぶと酷い結末に。
酷い翼を作ると主人公が容赦なくdisってくるので、思わず笑ってしまいました。すまぬ主人公。
エンディングは3種類なのですが、もっと違う材料を使ってパターンを見てみたいですね。
しかし、せっかく色々とアイテムを集めて着々と既読ページを埋めたのに、
現在なぜかデータが初期化されてしまい……また一からチャレンジだ。

ゲームブックなので、重要人物っぽい女性に出会ったものの再開できずに終わったりと、
進め方によっては消化不良に終わったりもします。しかしそこもゲームブックならでは。
雰囲気がすごく良い作品なので、ゲームブック?何それ?という方もぜひプレイしてみて頂きたいです。

システムだけでなく、背景の画像もお洒落で綺麗。
コンテストで上位なのも頷ける良作でした。


WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

雪うさぎと星の王子さま

2019年09月23日 22:31

きらきら星の道しるべ【タイトル】 雪うさぎと星の王子さま
【制作】 POPODOT POPO様

雪うさぎと星の王子さま
【ジャンル】 ほのぼのアクションRPG
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1時間程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 62.0MB
【公開日】 2017年2月10日
【プレイver.】 0.5

ある夜空のどこかに星ビトたちが暮らす『星の王国』がありました
星ビトが大人になるためには成人の儀式を行わなければなりません
今日は王子プリスターの18歳の誕生日
はたして王子プリスターは無事に成人の儀式を終えることができるのでしょうか…
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

POPO様のゲームは、この上なく可愛いのにどこかシュールなキャラクターが居たりと
一見ちぐはぐな要素が上手く調和しているところが醍醐味だと思っています。
今作も余すところなくPOPO様ワールドが全開でした。

今回はセクシーなバニーのポワンちゃんと、俺様系王子の物語。
ポワンちゃん、セクシーなんですけど、何だかいやらしくないのが不思議です。
パステルカラーの色合いとか、ちょっと天然なところがあるキャラクターだからでしょうか。
それにしても、今回は主人公の2人より、もう一人の仲間・たまっさんのキャラクターが強烈&良すぎました。
この方が大好きです。

アクションRPGということで、アクションが苦手な私は一抹の不安を感じていましたが、
何の問題もなかったです。
回復スポット等が豊富なので、全く困りません。
かなりアクション苦手な方も大丈夫であろうレベルでした。
さくさく進めて、探索が楽しかったです。

エンディングは後半で分岐。
選択肢で分岐するので分かり易いです。
ハッピーエンドは心温まる期待通りの展開と言えるでしょう。
反面、バッドエンドは今までの作品では感じなかったダークさがあって驚きました。
拍手する

蛇神

2019年09月21日 23:40

蛇神の祠【タイトル】 蛇神
【制作】 春色九号(Webサイト閉鎖)

蛇神
【ジャンル】 恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 24種類
【プレイ時間】 25分(トータル2時間半)程度
【ツール】 NScripter
【容量】 61.1MB
【公開日】 2016年4月8日
【プレイver.】 6.1

主人公、「羽仁沢和己(はにざわ かずみ)」は、ごく普通の高校生。
ある日、片田舎の小さな神社で宮司を務める叔父に呼び出され、
古来よりひそかに受け継がれて来た <秘祭> に於ける重要な役目に選ばれたことを告げられる。
儀式の夜、和己は蛇神と出会うことができるのか。
そして、無事に朝を迎えることができるのか――― (作品サイトより引用)


選択形式のノベルゲーム。
ジャンルに恋愛アドベンチャーとありますが、恋愛メインのお話という訳でもないので、
女性向けというよりは伝奇ファンタジーとして楽しめる作品だと思います。

この作品、ふりーむ!の紹介文にもあるように、選択肢によって
主人公と蛇神の性別が変わるという面白い仕組み。
ですので、流れによっては男×男、女×女の展開もあります。

そこを楽しみにプレイしたのですが、女主人公の一人称が僕だったのにちょっとビックリ。
ま、まさかこれ、女という設定なだけで台詞全部同じなのでは!?と一瞬思ったり。
でも、文章は男女できちんと違うんですよね。
きちんと書き分けるなら、僕っ子でなくても良かったのでは?と思わなくもないです。
これ、単なる好みというだけではなくて。
このゲーム、エンディングが24種類と豊富なので何度もプレイすることになるのですが、
繰り返していると今のルートで主人公がどっちなのか分からなくなってくるときがあったのですよ。
なので、そこは一人称でもはっきり区別して欲しかったと思います。

選択肢が豊富なので、選ぶたびにどんな展開になるのかワクワクしつつプレイしました。
明らかにアカン選択肢も混在していて、まぁそれは選ぶとやっぱりね……という感じでしょうか。
何度かプレイしていくと、どの選択肢がどのルートなのかは掴めてくると思います。

伝奇ファンタジー一色のルートから、恋愛というか艶っぽい展開のルート、
読んでビックリの展開など、様々な展開があって、すごく楽しかったです。
この展開の豊富さはノベルゲームの醍醐味ではないでしょうか。
ちなみに艶っぽい展開でも直接的な描写はありませんので、全年齢作品です。妄想で身悶えしましょう。

エンディング数は豊富ながら、途中までは順調に回収できました。
クリアするとエンディングリストにそれぞれイラストが表示されるので、それを見るのも楽しみでした。
イラストの突っ込みがいちいち面白いのですよ。
しかし、頑張って色々選択肢を試したつもりだったのですが、自力では3、4つほどエンディングに辿り着けず、
そこは公式サイトさんの攻略を拝見しました。
具体的な攻略法が載っているので、詰まることなく安心してプレイできます。

昨今これだけストーリー分岐が楽しめるノベルゲームはなかなか巡り合えないかもしれません。
結末が豊富で難しそうに思えるかもしれませんが、1ルートは30分弱と軽めのボリュームで、プレイし易いですよ!

恋愛というよりは伝奇ファンタジーだなぁという読後感が強いので、
こちらのブログのジャンルは伝奇・ファンタジーとさせて頂きました。
拍手する


最新記事