SF・伝奇・ファンタジー の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

幸福のラルカ

2019年01月17日 22:37

劇団kolme【タイトル】 幸福のラルカ
【制作】 Libretto(twitter

幸福のラルカ【ジャンル】 ビジュアルノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル40分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト、E-mote
【容量】 235MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年8月6日
【プレイver.】 1.00

『ようこそ、カフェ・エスタシオンへ』
空を見上げて微笑む花。
すべてを溶かしてしまいそうな日差しに、届かぬ願いを運ぶ風。
そして、溶けることのない雪。
移ろいゆく季節の中で、彼らは静かに心を紡いでいく―― (制作サイトより引用)


ふりーむ!およびノベルゲームコレクションにて公開中のビジュアルノベル。
ふりーむ!では、ダウンロード版とブラウザ版が別作品としてそれぞれ公開されています。
下記のリンクでは、ダウンロード版のページにリンクさせて頂いています。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

あるカフェでの、主人公と店員さんたちとの交流の物語。
フルボイスで、キャラクターがぬるっと動きます。
美男美女揃いですし、制服も可愛くて良いのです。
画面の動きも目まぐるしくて臨場感があるし、窓の外の雨なんてとてもリアルでした。
優しいストーリーも魅力ですが、ビジュアル面での完成度が特に目を引く作品だったと思います。

画面は主人公の目線から見た構成。
ただ、主人公は一言も喋りません。店員からの視点で描かれます。
正体も謎めいていますが、序盤で正体は分かってきます。

徐々に足繁くカフェに通うようになる主人公が、店員たちと「幸福」について語ります。
窓の外の景色も、雨から雪、花吹雪など虚ろっていくのが素敵でした。
今どきのゲームにしては珍しい(?)、悪い人が出てこないストーリーです。
ほんの少し悲しみも含んだ穏やかなストーリーで、読んでいて暖かい気持ちになれました。

選択肢次第でエンディングが分岐しますが、どれが「正解」という訳ではない気がします。
拍手する

ホシゾラエンボリウム

2019年01月08日 23:10

沼から現れた【タイトル】 ホシゾラエンボリウム
【制作】 沼から現れた 地獄カバ様

ホシゾラエンボリウム
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2時間程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 147MB
【公開日】 2014年10月9日
【プレイver.】 1.03

夜を彩る大事なお月様が消えてしまった。
夜空の管理人である"ポーラスター"(通称ポラコ)は
上司のミノールに仕事を言い渡され月の行方を追うのであった。 (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

尾曽らの管理人である主人公が、消えたお月様の行方を追っていくRPG。
「消えたお月様」とか、ファンタジックでわくわくしませんか?

ポータスター、通称ポラコちゃんは優等生タイプのしっかりした可愛い女の子。
途中で出会うウルペクラ(こぎつね座)と一緒に冒険します。
他にも星座をモチーフにしたキャラクターばかりなので、動物系も多し。可愛かったです。
星座の名前なども憶えられるので良いですね。
ポラコちゃんはダッシュできるのですが、奪取すると杖のようなものに乗って空を飛ぶという。
これがまた可愛いのです(*´∀`*)

今作では、途中の戦闘で勝利すると、カードというアイテムが手に入ります。
それを装備すると魔法が使えるというシステムでした。
敵キャラの数だけカードがあって、効果も色々魅力的なものばかり。
ただ装飾品は3つまでしか装備できないので、どれを使うかすごく悩みました。
そうなるとどうしても私としては回復と攻撃を優先してしまうので、補助系はお蔵入りに。
それでクリアはできるものの、楽しみとしてもう少し装備スロット多くても面白かったかなぁとは思います。

後半に行くほどボスも強くなって悲鳴をあげつつも、無事クリアできました。
地獄カバさんの作品はどれもグラフィックが魅力的で可愛いのですが、
中でもこの作品はとても幻想的で美しい、心惹かれる世界でした。
拍手する

2016の七転八起

2019年01月02日 20:00

沼から現れた【タイトル】 2016の七転八起
【制作】 沼から現れた 地獄カバ様

2016の七転八起
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類?
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 39.7MB
【公開日】 2016年1月10日
【プレイver.】 1.01

山奥に、春小井神社という小さい神社がありました。
人里離れた場所にあるせいか、元旦なのにだれも来ません。
そこで、神社の巫女である「たまえ」が考えたこととは…!? (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

2016年……ということで3年前となってしまいましたが。
申年にちなんだゲームです。

地獄カバさんの作品はどれもですが、キャラクターが可愛い!
和風なのも良いですね。
巫女のたまえちゃん……天然ドジっ子キャラに見えて、さりげなくすごい子です。
今年だったら……猪八戒が来たんですかねー。

今作は、あるアイテムを使うとスタート地点の神社に戻れて全回復し、
もう一度使うと元の地点まで戻れるという素晴らしく便利な機能があります。
ただ、その分戦闘は他の作品よりやや厳しめ。油断すると倒れます。
分かれ道はあるものの、行くべきところはほぼ一本道なのでさくさくと進めました。

ちょっと登場人物が可哀そうな気もしましたが、気負わず楽しめる作品でした。
拍手する

終極のヨル

2018年12月27日 22:49

cream△【タイトル】 終極のヨル
【制作】 cream△ 乃花こより様

終極のヨル
【ジャンル】 バイオレンスホラー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 5分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 123MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年2月17日
【プレイver.】 1.01

或る夜、旅人の女が宿を求めて一軒の家を訪れた。
村に宿はなく、この家に泊まっていくかと尋ねる男。
旅人は、男の言葉に頷き宿を取ることにするが――


ティラノ製作品で、ブラウザプレイ、ダウンロードプレイ可能。
ふりーむ!とノベルゲームコレクションで公開されているようです。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

「過激なバイオレンス表現」とあるように、確かにショッキングなシーンもあり。
ただ、過剰な残酷・流血表現ではないです。

ふりーむ!の千文字喫茶2参加作品でもあり、短いストーリーです。
しかし、インパクトのある音楽とグラフィックの演出が素晴らしく、壮大な世界を感じさせられます。
マウスで描いたようなラフな絵ながら、すごく綺麗です。
シンプルな分、美しい色合いの瞳だけが目を引いて印象的だったり。
構図も良くて、ひとつひとつのシーンが鮮烈な印象を残す作品でした。

登場人物が何だったのか詳細は語られないものの、
読者の想像に委ねることでかえって世界が奥行きを増しています。
千文字喫茶参加作品はどれも味わいがありますが、ここまで圧倒された物語はなかったかも。
短時間で読み応えのある作品でした。
拍手する

Fantas Santas

2018年12月23日 22:04

くまのこ道【タイトル】 Fantas Santas
【制作】 くまのこ道 まふ様

Fantas Santas
【ジャンル】 短編クリスマスゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周15分(トータル20分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 14.3MB
【公開日】 2017年12月9日
【プレイver.】 1.00

クリスマス実習。
サンタ・アカデミーの学生にとっては、資格取得や卒業にかかわる最重要行事だ。
なのに、クローネの実習パートナーであるユナカはどうも非協力的で……
(制作サイトより引用)


サンタ養成学校に通う主人公が、やる気のないパートナーに悩まされつつ
実習を突破する為に奔走するストーリー。

紹介文に読み進め+タイピング+選択肢とあるように、漢字を読んで文字を入力する場面が多少あり。
スピードは関係ないので、タイピング苦手な方でも大丈夫かと。
更に、漢字が読めなくても何となく答えが分かってしまうので、漢字が苦手な方も多分大丈夫!

最初は、あっけにとられるようなユナカの行動に主人公と同調して呆れていたのですが、
最後までプレイして印象が変わりました。ユナカのキャラ、良い!
こう、正反対に見えてお互いの足りないところをフォローし合える良いコンビだなぁと思います。
乙女ゲーという訳でも恋愛という訳でもないものの、何となく2人の雰囲気良くてニヤニヤしちゃいました。
そういう面で、どちらかと言うと女性向けかもしれません。

エンディングは4種類。
きちんとエンディングリストもあるのがありがたい。
真面目にプレイすれば、普通にベストエンドのEND1に辿り着けます。
残りのエンドへの分岐は選択肢次第。
何となく方向性を統一して選択肢を選んでいけば、コンプリートも難しくないかと思います。
コンプリートすると素敵なイラストも見られて、やって良かったと思いました。

短時間で、真面目なストーリーからギャグ系まで楽しめた作品でした。
拍手する


最新記事