SF・伝奇・ファンタジー の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

悪事讃歌

2019年03月18日 20:03

くまのこ道【タイトル】 悪事讃歌
【制作】 くまのこ道 まふ様

悪事讃歌
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 3種類(うち1つゲームオーバー)
【プレイ時間】 1周13分(トータル20分)程度
【ツール】 YU-RIS
【容量】 35.2MB
【公開日】 2018年4月1日
【プレイver.】 1.01

悪魔のベリアは魔王様の大ファン。
けれど、魔王様が出席する晩餐会『クソ外道の宴』に参加するには『外道力』が足りていないらしく……
(制作サイトより引用)


「悪事讃歌」と書いて「わるごとさんか」と読むようです。

主人公ベリアが、憧れの魔王様主催のパーティー「クソ外道の宴」に参加するため
悪事にまい進するストーリー。目指せ、悪の華!

ベリアの所業は、それはもう、目を背けたくなるような……近頃のホラーフリゲも真っ青な外道っぷり。
――と書いたところで、嘘っぽいでしょう。まぁ、嘘なんですけどね。
全くその気配を感じないのは、ひとえに宴の名前のせいでしょう。聞いただけで脱力します。
こんな宴に参加したがるなんて、善良な人間には理解し難いのです。
しかも、クソ外道と言いつつ魔王様は愛妻家らしい。どんな設定だ!

そんな感じでゆるーくストーリーは進んで行くのでした。
ベリアは可愛いし、ケッフェンも面白い。良いコンビだと思います。

しかし、基本コメディかと思いきや、、なかなかどうして。
後半、ダークな一面も見せてくれました。

※以下、ネタバレになりそうなので一部反転させないと見えないようにしています。

陳腐な台詞なのであまり言いたくないですが、【一番怖いのは人間】ってオチですね。
途中から何となく嫌な予感はあったものの、想像以上でした。

それと、個人的に【ヒロインがピンチの時、助けに来るヒーロー】というシチュエーションが大好きなので、
その点が好みにクリティカルヒットで、身悶えしました。
乙女ゲーと言うには恋愛のレの字もない2人の関係ですが、それもまた良し。

ちなみに、ベリアとケッフェンも大好きですが、私の一番萌えはナビメカでした。
ケッフェンと同じセンスというのも癪ですが……欲しいです、この子。
拍手する

ひとしずくの涙~スライムは黄金を目指す~

2019年03月05日 22:40

乙女ゲームにめるへん仕込みのスパイスを【タイトル】 ひとしずくの涙~スライムは黄金を目指す~
【制作】 乙女ゲームにめるへん仕込みのスパイスを あいか様

ひとしずくの涙~スライムは黄金を目指す~
【ジャンル】 短編ファンタジーノベル
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 12種類
【プレイ時間】 1周3分(トータル30分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 125MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年9月26日(リメイク版)
【プレイver.】 1.01

ある、月の輝く夜。
森の泉のほとりで、スライムが生まれました。
月光浴をしていた泉の精が、名を付けスライムは【ぷにん】となりました。
ぷにんは黄金に光る月をみて思います。
自分もピカピカになりたい、と。 (ふりーむ!作品ページより引用)


ティラノビルダー製で、ブラウザ・ダウンロード版あります。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ふりーむ!にはブラウザ版の他にダウンロード版が別作品として登録されているのですが、
ブラウザ版はリメイク作品で、追加要素もあるとのこと。
ふりーむ!でダウンロードされる方も、ブラウザ版からのダウンロードがお薦めとのことです。

スライムの「ぷにん」にゴハンを与え、育成するゲームです。
見た目が可愛いので、コメディ系かな?と思いきや、意外とシリアスな雰囲気で。
ファンタジックで切ない結末が多かったです。

一周クリアすると序盤スキップできたり、徐々にヒントが聞けたりと親切仕様です。
エンディングも12種類と豊富で楽しめます。
最初のうちはぐんぐんエンディング回収できましたが、
トゥルーエンドと言えるであろうメインのエンディングはやや難しかったです。
ただ、すごく複雑な訳でもなかったので、根気ある方なら自力でも辿り着けるかも。
私は早く見たくてヒントを活用させて頂きました。

少し失礼な言い方ですが、最初の期待を上回る雰囲気の良い物語を楽しめました。
同作者さんの他の作品もプレイしてみたいなと思わされました。
拍手する

w2

2019年01月31日 21:35

nino【タイトル】 w2
【制作】 nino ノラ様

w2
【ジャンル】 短編ノベル(3分ゲー)
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 3~6分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 1.94MB
【公開日】 2007年12月30日
【プレイver.】 1.0

そのお店のものは、買われても盗まれても
決して減ることがない。
必ず補充される。 (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第17回 3分ゲーコンテスト応募作品。9位を獲得されているようです。
3分ゲーコンテスト、懐かしい。
嬉しいことに最近復活して開催されている様子なので、また作品プレイしたいですね。

こちらの作品、一軒メルヘンでファンシーな雰囲気ながら、どこか剣呑さを感じます。
まずスタートした初っ端から、見た目に反してBGMが不穏なのです。
そして冒頭のクマちゃんも、あら可愛い♪というよりは何となく不気味……。
何が起こるのだろう?と心穏やかではありませんでした。

お店の中を探索して、最後の行動でエンディング分岐があります。
あまりハッピーな物語ではなさそうだと覚悟していたものの、ラストはハッとしました。
怖さもあるけれど、上手さに感心させられます。
ただ、勘の良い方ならもしかしたら想像がつくかもしれません。

ゲーム性は薄いものの、掌編小説をひとつ読み終わったような余韻を残す作品でした。
拍手する

幸福のラルカ

2019年01月17日 22:37

劇団kolme【タイトル】 幸福のラルカ
【制作】 andatto(twitter

幸福のラルカ【ジャンル】 ビジュアルノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル40分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト、E-mote
【容量】 235MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年8月6日
【プレイver.】 1.00

『ようこそ、カフェ・エスタシオンへ』
空を見上げて微笑む花。
すべてを溶かしてしまいそうな日差しに、届かぬ願いを運ぶ風。
そして、溶けることのない雪。
移ろいゆく季節の中で、彼らは静かに心を紡いでいく―― (制作サイトより引用)


ふりーむ!およびノベルゲームコレクションにて公開中のビジュアルノベル。
ふりーむ!では、ダウンロード版とブラウザ版が別作品としてそれぞれ公開されています。
下記のリンクでは、ダウンロード版のページにリンクさせて頂いています。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

あるカフェでの、主人公と店員さんたちとの交流の物語。
フルボイスで、キャラクターがぬるっと動きます。
美男美女揃いですし、制服も可愛くて良いのです。
画面の動きも目まぐるしくて臨場感があるし、窓の外の雨なんてとてもリアルでした。
優しいストーリーも魅力ですが、ビジュアル面での完成度が特に目を引く作品だったと思います。

画面は主人公の目線から見た構成。
ただ、主人公は一言も喋りません。店員からの視点で描かれます。
正体も謎めいていますが、序盤で正体は分かってきます。

徐々に足繁くカフェに通うようになる主人公が、店員たちと「幸福」について語ります。
窓の外の景色も、雨から雪、花吹雪など虚ろっていくのが素敵でした。
今どきのゲームにしては珍しい(?)、悪い人が出てこないストーリーです。
ほんの少し悲しみも含んだ穏やかなストーリーで、読んでいて暖かい気持ちになれました。

選択肢次第でエンディングが分岐しますが、どれが「正解」という訳ではない気がします。
拍手する

ホシゾラエンボリウム

2019年01月08日 23:10

沼から現れた【タイトル】 ホシゾラエンボリウム
【制作】 沼から現れた 地獄カバ様

ホシゾラエンボリウム
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2時間程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 147MB
【公開日】 2014年10月9日
【プレイver.】 1.03

夜を彩る大事なお月様が消えてしまった。
夜空の管理人である"ポーラスター"(通称ポラコ)は
上司のミノールに仕事を言い渡され月の行方を追うのであった。 (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

尾曽らの管理人である主人公が、消えたお月様の行方を追っていくRPG。
「消えたお月様」とか、ファンタジックでわくわくしませんか?

ポータスター、通称ポラコちゃんは優等生タイプのしっかりした可愛い女の子。
途中で出会うウルペクラ(こぎつね座)と一緒に冒険します。
他にも星座をモチーフにしたキャラクターばかりなので、動物系も多し。可愛かったです。
星座の名前なども憶えられるので良いですね。
ポラコちゃんはダッシュできるのですが、奪取すると杖のようなものに乗って空を飛ぶという。
これがまた可愛いのです(*´∀`*)

今作では、途中の戦闘で勝利すると、カードというアイテムが手に入ります。
それを装備すると魔法が使えるというシステムでした。
敵キャラの数だけカードがあって、効果も色々魅力的なものばかり。
ただ装飾品は3つまでしか装備できないので、どれを使うかすごく悩みました。
そうなるとどうしても私としては回復と攻撃を優先してしまうので、補助系はお蔵入りに。
それでクリアはできるものの、楽しみとしてもう少し装備スロット多くても面白かったかなぁとは思います。

後半に行くほどボスも強くなって悲鳴をあげつつも、無事クリアできました。
地獄カバさんの作品はどれもグラフィックが魅力的で可愛いのですが、
中でもこの作品はとても幻想的で美しい、心惹かれる世界でした。
拍手する


最新記事