SF・伝奇・ファンタジー の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

へルゥ マハラカーン

2018年10月25日 20:00

沼から現れた【タイトル】 へルゥ マハラカーン
【制作】 沼から現れた 地獄カバ様

へルゥ マハラカーン
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 12分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 32.5MB
【公開日】 2015年10月31日
【プレイver.】 1.00

100年に一度黄泉の国から帰ってくる王様カルア。
いつも出迎えてくれる家臣たちは忙しそうにお菓子作りに専念している。
王様を無視して一体何が起こっているのか……。 (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

エジプトとハロウィンの異色コラボ作品。
タイトルの意味が気になって調べたのですが、分かりませんでした。
フォントはやや読み辛いものの、作品の雰囲気には合っていると思います。

コメディ系のストーリーで、笑えるというより微笑ましかったです。
何よりキャラクターの可愛さに身悶えしました。
10分強の短編ですが、これ、かなり好きです。

まず、BGMが良いです。
フリー素材を使用されているようですが、ちょっと脱力系できちんとエジプトっぽい。
作品にぴったり合っている!すごいと思います。
そして前述のように、王様が可愛くて可愛くて。
せっかく蘇ったのに誰も相手をしてくれず、涙目になるところとか。
思わず「私がお迎えしますゆえ!泣かないでー!」と慰めたくなりました。
他にも、エジプトの神々が登場。全員可愛いです。
さっきから可愛いしか言っていませんが、ほんとに可愛いんです。
見た目だけでなく、所作のひとつひとつに心をくすぐられました。

途中、戦闘もあり。負けるとGAME OVERです。
進む度に徐々に強くなってくるものの、レベル上げの概念はないのでちゃんと一発で勝てる難易度でした。

エンディングは1種類。
オチも楽しかったです。
拍手する

カボチャの種とバラの魔女

2018年10月20日 22:30

Pinklover【タイトル】 カボチャの種とバラの魔女
【制作】 Pinklover 鈴華様

カボチャの種とバラの魔女
【ジャンル】 RPG風ワンマップミニゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 ?種類
【プレイ時間】 35分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace(RTP不要)
【容量】 24.6MB
【公開日】 2015年9月11日
【プレイver.】 1.5.1

使い魔のフェイスが居なくなっちゃった。仕方ないので捜しに行こう! (制作サイトより引用)


魔女のミサ(名前変更可)が、いなくなった使い魔を捜して森を探索します。
恋愛要素はないものの、クール(というか無愛想?)でイケメンなソラとのコンビが良い雰囲気で、
どちらかというと女性向けな雰囲気でした。
ソラは一見普通の人間ですが、闇魔といういわゆる吸血鬼らしいです。
しかし、血を吸ったりコウモリになったりはしないので、一般的な吸血鬼のイメージではなかったです。

RPGなので戦闘もあり。
シンボルエンカウントで、倒しても敵が消えません。ここ注意。上手く避けつつ進みましょう。

全体的に難易度は易しめです。
回復アイテムなどもありますが、余らせたままでクリアできました。
終盤、体力を消耗してきたのでアイテムで回復したら、数歩先に全回復ポイントがあったという。
しかし、そこでアイテム勿体なかった!と思う程に枯渇しないのでOKです。

戦闘ではいくつかのアイテムを手に入れることができ、途中でそれを調合するイベントもあります。
ただ、調合はイベント進行の為の簡素なものでして、そこがメインで遊べる程のものではありません。
ノーヒントでやることになりますが、ちょっとだけ試行錯誤するのが楽しかったです。
探索の合間の良いスパイスになっていて面白かったです。

エンディングは、がっつり数種類に分岐という訳ではない様子。
途中の進行状況によりちょっとした変化があるようです。
現時点では1周プレイ終了したところですが、また違う選択を試しに2周目やろうと思っています。
拍手する

おいしいパンプキンパイのつくりかた

2018年10月18日 20:00

chiffon cake【タイトル】 おいしいパンプキンパイのつくりかた
【制作】 chiffon cake 遠江様

おいしいパンプキンパイのつくりかた
【ジャンル】 ハロウィンドタバタコメディ
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類+α
【プレイ時間】 1周7分(トータル15分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 17.2MB
【公開日】 2018年10月9日
【プレイver.】 1.00

今日はハロウィン。
師匠のレンさんがパンプキンパイで賞をとったおかげでパティスリーイロンデールは大盛況になり、
主人公もカボチャの下ごしらえで大忙しです。
そんな中、自分を切ってとしゃべるカボチャがあらわれて!? (制作サイトより引用)


とある菓子店を舞台にした、ハロウィン向けファンタジー作品。

絵柄が可愛くて優しくて柔らかいタッチで、見ただけで癒されます。
そして見た目通り、お話も可愛くて優しく、ちょっぴりコメディタッチ。心安らぎました。

大忙しのパティスリーに突如、自分を切って!と身を差し出す(!?)喋るカボチャが現れます。
ハロウィンなのに緑のカボチャって珍しいと思いましたが、食用前提なので緑が正解なのかも。
しかし、食べられるキャラクターなんてア○パンマンくらいしか見たことないので、
このカボチャくんには軽く衝撃を受けました。
食べてもお互い大丈夫そうなんですが、やっぱり抵抗あります……。
ヒロインのヒロちゃんもやっぱり躊躇うよねぇ、なんて思っていたところ、
ルートによっては身も蓋もなくバッサリ。ちょっと笑えた。

実は、食べるとお腹なのかでうごううごして身体を乗っ取られるとかなんとかいう
ホラー作品にも転じられそうな気がしてドキドキしたものの、始終ほのぼの路線でほっとしました。
作品紹介に乙女風とありますが、特に恋愛要素がある訳ではありません。
とはいえ、どちらかと言うと女性に好まれそうな雰囲気です。
師匠のレンさんとヒロちゃんも、あくまで師弟関係。
ただ、乙女ゲー好きの方なら、妄想膨らませられそうではありました。

エンディングは3種類。
選択肢を全て選べば見られるので、コンプリートは容易でした。
またクリア後に読めるおまけストーリーがあり、それが恐らくもうひとつのエンディングだと思います。
拍手する

リトルリトルウィッチ

2018年10月16日 20:00

沼から現れた【タイトル】 リトルリトルウィッチ
【制作】 沼から現れた 地獄カバ様

リトルリトルウィッチ
【ジャンル】 絵本風短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類?
【プレイ時間】 56分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 61.2MB
【公開日】 2013年10月5日
【プレイver.】 1.06

これは 小さな小さなお話です。
わがまま魔法使いの「マルク」と、その使い魔「ブッチャー」が
小さな森でおこした事件のお話です。 (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ニコニコ自作ゲームフェス2で敢闘賞を受賞された作品だそうです。

わがままな魔女っ子と、かぼちゃ頭の使い魔のコンビのお話。
同作者さんの過去作の登場人物がたくさん出てくるので、先にプレイしておくとより楽しめそう。
特に"tiny green"とはストーリー上の繋がりが濃いので、併せてプレイするのをお薦めしたいです。

この魔女っ子さん、かなりの傍若無人なんで正直苦手なタイプです。
見た目通りの性格で、キャラクター造形上手いなあと思いました。
過去作の登場人物がヒドイ目に遭ってまして、「何すんじゃー!」と憤慨もしましたよ。
しかし最後までプレイすると、なるほど前作の物語とこう繋がるのねと、ちょっと感慨深かったです。

システム周りについては作品内で説明がありますが、PRGながら経験値の概念がありません。
5回限りの戦闘をしてアイテムを入手→そのアイテムを使ったり魔法を購入したりして強化→ボス戦に挑む!
という流れです。
序盤は楽勝なのですが、後半ボスが強くて歯が立たなかったです。
購入する魔法とかで変わってくるのかなぁ。
全部勝った時の反応見たかったですが、まだ達成できていません。
ただ、恐らく勝敗はストーリー分岐には関係しないものと思われます(勝てていないので未検証ですが)。

戦闘回数が限られているのでシビアな反面、余計なレベル上げとかしなくて良いのは気楽でした。
拍手する

StrawberryHappyHalloween

2018年10月14日 20:00

くらげのかえり道【タイトル】 StrawberryHappyHalloween
【制作】 くらげのかえり道 HIJIKI様

StrawberryHappyHalloween
【ジャンル】 ハロウィンショートノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 10.6MB
【公開日】 2012年10月31日
【プレイver.】 1.01

魔界の端にある城に住んでいた王女は、長引く留守番に退屈しきっていた。
そこで執事は、魔界では珍しい苺の苗をプレゼントする。
早く苺を食べたい王女は成長促進ケミカルXという怪しげな薬品を苗にかけてしまい……。
(ふりーむ!作品ページより引用)


お嬢様と執事の、ドタバタ劇を描いたほのぼのショートノベル……です。

お城でひとりお留守番の王女・フレイズ姫。
退屈しのぎに、執事のイフから貰ったイチゴの苗を育てる、というストーリー。
ハロウィン作品なのにイチゴ?と首を傾げたくなりますが、
フレイズ姫のお父様はカボチャ大王らしく、パンプキン関連には飽き飽きしてるご様子。
お部屋もピンクの壁紙で、オレンジ色メインでないハロウィン作品もなかなか珍しくて良いものです。

おてんばなお姫様と、優しい執事のコンビに癒されました。


※以下、ネタバレ傾向ありです。プレイ後に見て頂いた方が良いかも。
 反転させないと見えないようにしていますが、ご注意下さい。


というのが作者さんの「ほのぼのファンタジー」という作品紹介に沿った感想でして、
この作品、その実はダークファンタジーです。
全然知らずに読んだので、プレイ後は衝撃を受けました。
10分弱程度の短編ながら、その意外性と悲壮感に強く心を抉られて、忘れられません。
執事イフ……カッコイイよ……。でも……

ハロウィン作品だけに、ちゃんと"Trick"が仕掛けられていました。
やられたな、という感じです。
ちょっとブラックな作品好きな方、お薦めですよ。
って、プレイ後の閲覧推奨部分に書いても意味ないですけどね。

ふりーむ!さんのレビュー見ちゃうと概ね作品傾向分かっちゃいそうなので、
伏せる意味があるかどうかは微妙なところですが。
どこまでがネタバレなのか個々の解釈が異なりそうですし、難しいものです。
拍手する


最新記事