現代 の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

鵺の子

2018年07月06日 19:50

鳥籠のゲーム作品【タイトル】 鵺の子
【制作】 鳥籠のゲーム作品 鳥籠様

鵺の子
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類?
【プレイ時間】 1周12分(トータル20分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 74.4MB
【公開日】 2017年2月19日
【プレイver.】 1.00

発語障害であまり学校へ通っていない朱理の家庭教師として那木家を訪れた志島。
これは、那岐家で過ごす1ヶ月の物語。


ふりーむ!の千文字喫茶という企画に参加されている作品。
千文字というと、原稿用紙約2枚半です。
読書感想文ならまだしも、物語をひとつ書くにしてはなかなか厳しい文字数かと。
その為、朱理が発語障害で喋らないという設定の女の子で、それを活かしたストーリーでした。
文字制限があるだけに、テキストはシンプルです。
ただ小説とは違って、ゲームではグラフィックや音楽で演出できるという利点が。
この作品も、そういうところで上手く盛り上げていました。

主人公の志島が訪れたのは海辺の町。
ドットのフィールドに、海だけリアルなのがちょっと面白いです。
最初にあっと思ったのが、この町の風景、同作者さんの「祭囃子が鳴り止むまで」と同じなのです。
更に、那木家の和室は「何も事件は起こらなかった」と同じ。
気付いたのはその2つながら、他にもあるかもしれません。
わざとなのか、使い回し(失礼)なのかは分かりませんが、前作プレイ済みだと
何となく懐かしく嬉しい気持ちになります。
和室は小物まで同じだったので、やっぱり意図的にされているのかもしれません。

エンディング数は定かではないのですが、見つけられのは3種類でした。
正規ルートが約千文字とのことで、一番良かったルートの文字数をカウントしたところ、1067字でした。
どこまでを文字に含めるか(タイトルや、絵を枚数分数えるか)で変わる気もしますが、うーむ、中途半端?

しかしこれ、地道に文字を拾って数えていった結果なので、数え間違いがあるかも。
正直、数えている最中「私、何やってんだ」感があったので、数え直す気力はちょっとありません。

エンディングは、終盤での行動によって変わってきます。
途中の交流・探索不足で特に何も起こらないエンディングでは、あっさりと終わってしまう感じ。
より交流を深めたエンディングは、ちょっぴりの切なさと暖かい気持ちを味わえますし、
タイトルの意味にもなるほど、と手を打ちました。

※この記事では、見出し・タグは文字数に含めていません
拍手する

眠れない夜に

2018年06月16日 21:22

九州壇氏のノベル工房【タイトル】 眠れない夜に
【制作】 九州壇氏のノベル工房 九州壇氏様

眠れない夜に
【ジャンル】 サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 1時間半程度
【ツール】 NScripter
【容量】 37.7MB
【公開日】 2016年12月24日
【プレイver.】 1.04

舞台は、秋の福岡。
なんとなく眠れない夜を過ごしていた俺は、彼女をドライブに誘う。
彼女は苦笑しながらも了承してくれた。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第12回 ふりーむ!ゲームコンテスト 健闘賞を受賞された作品です。

実在の街・福岡を舞台にしたノベルということで、興味を持ってプレイさせて頂きました。
作者の九州壇氏さん、ずいぶん昔からノベルゲーム制作者としてご活躍なのは
存じていたのですが、今作が初プレイとなります。

秋の夜長にドライブする僕と彼女のストーリー。
物語は、高校時代の回想からスタートします。もうそれが、ああ、青春だねぇ……という。
個人的な嗜好でしかないんですが、青春ど真ん中のストーリー、わりと苦手なんです。
その後も大学生になった2人のドライブシーンも、個人的な苦手が続きました。
あぁ、青春だねぇ……。
苦手ジャンルなんですが、まぁ、白状すると羨ましいですね。ハイ。

しかし中盤まで読み進めて行くと、これぞ真っ当な青春だと思っていたものが
何やら違う側面を見せ始めます。
ラブストーリーには違いないものの、ただのラブストーリーじゃない。
「眠れない夜に」というタイトルも、最初に感じた印象とは全く違った意味を持って心に迫りました。
その辺りのどんでん返しはお見事。
読み終わって、ああ、あそこの何となく違和感のあった台詞は伏線だったのか、と気付かされます。

そしてこの作品、福岡が舞台とのことで、背景も実際の福岡の景色なのです。
そこもすごいと思いました。
道路と建物の中までは定かではありませんが、浜辺とか街中、ゲームセンター辺りはそうですね。
車や人が映らないように撮影されるの、大変だったのではないかと思います。
この作品のために撮り歩かれたのでしょうか。大変そうですが、そういう作業も何だか楽しそう。
終盤に登場する建物の中の写真、ここもまさか本当にあそこなのか!?と確かめたくなってしまいました。
拍手する

一緒 ~ユキヒロとカオリの場合~

2018年05月10日 20:00

ぬこのようなもの【タイトル】 一緒 ~ユキヒロとカオリの場合~
【制作】 ぬこのようなもの 川原純一様

一緒 ~ユキヒロとカオリの場合~
【ジャンル】 短編サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 5.12MB
【公開日】 2010年5月18日

ユキヒロとカオリは、子供の頃から一緒だった。
そんな二人のある日のお話。 (制作サイトより引用)


もう9年近くも前に、同作者さんの「帰省 ~川原純一の場合~」と
阻止 ~橘康平の場合~」という作品を読ませて頂いた事がありまして。
今回ブログ再開にあたり久々にサイトにお邪魔したところ、
ひとつ未プレイの作品がありましたのでまたプレイさせて頂きました。

10分程度で読了できる、ノベル作品です。
ずいぶん昔とはいえ前作の内容を記憶しておりまして、作者さんが得意とする傾向が
分かっていたので今回は少し身構えて、じっくりと読みました。
これからプレイする方には、あまり先入観なく読んで頂いた方が良いと思いますので、
その辺りにはあまり触れずにおこうと思います。

昔ながらの写真背景に文字のみ、というオーソドックスなノベル。
最近は嗜好が謎解き探索ゲーム寄りなのでそういう作品を遊ぶことが多いのですが、
ああ、やっぱりノベル作品も良いなぁ、好きだなぁと改めて思わされました。
拍手する

しほりエスケープ

2015年02月11日 21:24

CHARON【タイトル】 しほりエスケープ
【制作】 CHARON ねこふじかおる様

しほりエスケープ
【ジャンル】 記憶探索ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 45.3MB
【公開日】 2014年5月28日
【プレイver.】 1.01

主人公「きたろー」は目が覚めると、白い部屋にいた。
失われた記憶の手がかりを求めて、きたろーは歩き始める。
(制作サイトより引用)


横スクロールでお部屋を探索していくアドベンチャー。

何気なく主人公のステータス画面を覗くと面白かったです。
装備は外れるのかな?とやってみると外れた(右手のも外れるのかっ)のはいいのですが、
なぜか再装備できないΣ('□'*)
そんな訳で裸で探索しました、スミマセン。

主人公は立ち絵もドットも可愛いし、文字も可愛いのですが。
鉛筆で書きなぐったような白い背景がどこか不気味で不安を煽られます。
そして進んで行くと、更に嫌な予感が……。

セーブはいつでもできますし、「ここが分岐」と思える箇所が分かり易かったです。
エンディングは2種類。
最初に迎えたエンドが以外で「え、そうだったの!?」と軽い驚きを感じました。
しかし、もうひとつのエンドは鏡の裏と表のように、似ているようであべこべです。
探索も難しくなく、順にこまめに調べて行くだけでいいのでスムーズにクリアできました。
ストーリーも難解なものではなく気軽にプレイできて楽しめる作品です。
ただ多少の鬱・ヤンデレ要素がありますので、その系統が極端に苦手な方はご注意を。
拍手する

無駄物語

2015年02月06日 21:38

鳥籠のゲーム作品【タイトル】 無駄物語
【制作】 鳥籠のゲーム作品 鳥籠様

無駄物語
【ジャンル】 短編ノベルアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 トータル10分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 4.52MB
【公開日】 2011年12月
【プレイver.】 1.02

「お前の仕事は無駄が多すぎるんだよ」
酒の席で上司にそんな事を言われた帰り道。
朦朧とした意識で路地裏を歩いていると、絶世の美女に遭遇する。
彼女は私の前に立ち、問いかけた。
「あなた、無駄な生き方していない?」


ウディタ製ショートノベルです。

選択肢がいくつかあり、エンディングが分岐します。
セーブは選択肢表示時にできない仕様でしたが、文章表示がスムーズなので
適宜セーブしておけばリプレイも苦になりませんでした。
そして、仕様なのか下のグラフィック部分が上下左右に動かせます。
これの意味は何だろう。意味なんてないのだろう。でも、何だか面白かったです。

シニカルな短編で、オチはほぼ予想通りでした。
ただ、選択肢を選ぶ度にどうなるかなーと楽しみつつプレイできました。

もうひとつ予想していたのが、
「こんなゲームしてる時間が無駄なんだよ!」って言われて強制終了するんじゃないか
というもの。
ちょっとドキドキしていたのですが、そういうメタなオチはなかったですね。
拍手する


最新記事