現代 の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

好きだ!好きだ!大好きだッッ!!

2018年09月18日 20:00

籠の街【タイトル】 好きだ!好きだ!大好きだッッ!!
【制作】 籠の街 稲海様

好きだ!好きだ!大好きだッッ!!【ジャンル】 ラブコメノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【スチル数】 4枚
【プレイ時間】 1周5~15分(トータル30分)程度
【ツール】 Ren'Py
【容量】 128MB
【公開日】 2018年5月5日
【プレイver.】 1.00

夕暮れに染まる教室。
二人きりの男女。
見つめ合う目と目……
そう、ここまで読んだ貴方ならお気付きかと思う。

私は、断じてコイツのことなんか好きではない!!! (readmeより引用)


選択式のノベルゲーム。
作者さんの公式サイトが、前作「籠の街」の作品サイトなのでそちらにリンクさせて頂いています。

こちらは「ゴールデンウィークだよ!一週間ゲーム製作大会」に参加で作られた作品のようです。
確かに短編ですが、ストーリーも丁寧だし、絵も綺麗だし、一週間で作ったとは思えない良作です。

断じて好きではない!!!って、ダイエット中の女子がスイーツを前にして言っているぽくて、ちょっと笑えます。
しかし、個人的にちょっと苦手な青春ラブコメノベル……と思いきや、不覚にも感情移入してしまいうるっときました。
学生時代の、打算も計算もなくただただ相手が「好き」だった感情を思い出したというか。
知られるのが怖くて、好きなのに好きじゃないよ?ってフリをしてみたり。
いつも相手のことを目で追いかけて、ひとつひとつの仕草をあぁ好きだなぁ、と思ったり。
コメディタッチなのですが、単なるドタバタ劇や上っ面の会話ではなく、感情が丁寧に描かれていたと思います。

最初は月子ちゃん視点で物語が進んで行きます。
エンディングは2つ。進展あり、なしに分かれます。
どちらに転んでも、それはそれであぁ、青春だなぁ……と思える終わり方ではありました。
ただっやっぱり、進展ありのエンディングでは、ちょっと甘酸っぱくて身悶えしそうでした。
良いですねぇ良いですねぇ(*´∀`*)

そして、クリア後からは連くんでのプレイが出来るようになります。
月子ちゃんルートで見た展開を連くんの視線で見ていくことになるのですが、全く同じという訳ではなく。
月子ちゃんが連くんに惚れた理由は何となく分かるんですが、
連くんのストーリーを見ると彼が何故月子ちゃんを好きになったのかも分かります。
連くんルートも進展なし・ありの2種類のエンディングあり。
こちらの進展ありエンドは、月子ちゃん編より更に甘くて、更に身悶え(*/∇\*)

何か、こう、清々しい良い気持ちを分け与えて貰えた気分です。ありがたや。
読んで良かったと思いました。
拍手する

コミックゲーム『たんたん ~単選択肢短編集~』

2018年08月17日 21:26

言ノ葉迷宮【タイトル】 コミックゲーム『たんたん ~単選択肢短編集~』
【制作】 言ノ葉迷宮 KaTana様

コミックゲーム『たんたん ~単選択肢短編集~』
【ジャンル】 コミックゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1話2種類(全6種類)
【プレイ時間】 1話5分(トータル15分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 14.2MB
【公開日】 2013年12月29日(Web公開)
【プレイver.】 2.00

ミステリー作品を多く制作されている言ノ葉迷宮さんによるミニゲーム。
コミックゲームの習作的な位置づけの作品で、コミックマーケット82で頒布したものを
2013年12月にフリーソフトとして公開されたそうです。

中身はその名の通りコミック(漫画)で、コミPo!というコミック制作ツールで作られているようです。
『すれ違い来訪者』『生徒会長への陳情』『運試し』の3編のお話が読めます。
1話は5分程度で読了できる短編。
それぞれに選択肢がひとつあり、エンディングは2種類×3話となっています。

言ノ葉迷宮さんはミステリー系の作品が秀逸なのでつい期待してしまいましたが、
今作はミステリーではありませんでした。
ちょっとSFっぽいものから学園の日常風景(?)まで色々なテイストがあり、楽しめました。
特に『運試し』はちょっとびっくりして、何度か読み返しました。
面白いオチだと思います。
拍手する

夏に溺れる

2018年08月09日 20:00

夏に溺れる ふりーむ!のページ【タイトル】 夏に溺れる
【制作】  辰砂様 (twitter) 、鳥。様

夏に溺れる【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 吉里吉里z
【容量】 100MB
【公開日】 2018年7月28日
【プレイver.】 1.00

夏休み、広島のおばあちゃんの家へひとりで遊びに来た思紋。
そこで地元の小学生たちと出会い、一緒に遊ぶことに。


広島が舞台の、ひと夏の物語。

海の見える車窓に、田舎の風景、おばあちゃんの家。
絵葉書のようなタッチのグラフィックが綺麗で、一目見てプレイしてみたいと惹かれました。
照り付ける日差しとどこまでも青い空に夏のギラギラした暑さを感じるのに、
スイカや川辺、墓地とひんやりとした描写も混ざっていて、どこか清涼感も味わえるよう。
本当、小学生の頃の夏休みを思い起こして切なくなり郷愁を煽られました。
しかしながら主人公の名前が思紋くんと今どきなので、あぁこれは昔の風景ではないのだなと
ふと現実に引き戻されるような気分でもありました。

墓地に立てるという盆灯篭というのは知らない風習だったので、興味深かったです。
読み終わった後にGoogleでちょっと調べました。
精霊流し等とはまた違う心惹かれる風景です。
少しゲームの感想から逸れますが……初盆は白一色のものを備える風習があるのだとか。
また、火災の危険から近年では廃止するところもあるという記述も見つけました。
むぅ、なるほど……。致し方ないとは言え、風習が廃れるのは何となく寂しいものです。

参考までに → 盆灯篭 (Wikipedia)


ストーリーはそんなお盆を迎える田舎町の平穏な夏休みの風景から、ふと一抹の不安が過る展開に。
選択肢が一ヶ所ありエンディングが分岐するのですが、どちらに行くかで読後感がまるで違います。
心が重い……。
プレイ前の私のように夏休みの思い出、というようなノスタルジーをお求めの方は衝撃を受けるやもしれません。

※以下、ネタバレというほどでもないとは思いますが、結末に触れている記述かもしれません。
 反転させないと見えないようにしていますが、閲覧にご注意ください。

読み終わった後、このタイトルにも軽い衝撃を受けました。すごいタイトルだと思います。
これしかないと思える程直球ながら、却ってこれはなかなか付けられないのではないかと。


最後に、システム関連の感想を少し述べておきます。
こちらの作品、吉里吉里zというツールで作成されています。
吉里吉里2の後継ツールのよう。初めてプレイしました。
動作は快適(ノベル作品なので複雑な操作もありませんが)。

フォントや漢字のルビは読みやすく、セーブ画面などのインターフェイスも良かったです。
ただ文字が小さめだったので、そこだけは少し読み辛く感じました。
拍手する

鵺の子

2018年07月06日 19:50

鳥籠のゲーム作品【タイトル】 鵺の子
【制作】 鳥籠のゲーム作品 鳥籠様

鵺の子
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類?
【プレイ時間】 1周12分(トータル20分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 74.4MB
【公開日】 2017年2月19日
【プレイver.】 1.00

発語障害であまり学校へ通っていない朱理の家庭教師として那木家を訪れた志島。
これは、那岐家で過ごす1ヶ月の物語。


ふりーむ!の千文字喫茶という企画に参加されている作品。
千文字というと、原稿用紙約2枚半です。
読書感想文ならまだしも、物語をひとつ書くにしてはなかなか厳しい文字数かと。
その為、朱理が発語障害で喋らないという設定の女の子で、それを活かしたストーリーでした。
文字制限があるだけに、テキストはシンプルです。
ただ小説とは違って、ゲームではグラフィックや音楽で演出できるという利点が。
この作品も、そういうところで上手く盛り上げていました。

主人公の志島が訪れたのは海辺の町。
ドットのフィールドに、海だけリアルなのがちょっと面白いです。
最初にあっと思ったのが、この町の風景、同作者さんの「祭囃子が鳴り止むまで」と同じなのです。
更に、那木家の和室は「何も事件は起こらなかった」と同じ。
気付いたのはその2つながら、他にもあるかもしれません。
わざとなのか、使い回し(失礼)なのかは分かりませんが、前作プレイ済みだと
何となく懐かしく嬉しい気持ちになります。
和室は小物まで同じだったので、やっぱり意図的にされているのかもしれません。

エンディング数は定かではないのですが、見つけられのは3種類でした。
正規ルートが約千文字とのことで、一番良かったルートの文字数をカウントしたところ、1067字でした。
どこまでを文字に含めるか(タイトルや、絵を枚数分数えるか)で変わる気もしますが、うーむ、中途半端?

しかしこれ、地道に文字を拾って数えていった結果なので、数え間違いがあるかも。
正直、数えている最中「私、何やってんだ」感があったので、数え直す気力はちょっとありません。

エンディングは、終盤での行動によって変わってきます。
途中の交流・探索不足で特に何も起こらないエンディングでは、あっさりと終わってしまう感じ。
より交流を深めたエンディングは、ちょっぴりの切なさと暖かい気持ちを味わえますし、
タイトルの意味にもなるほど、と手を打ちました。

※この記事では、見出し・タグは文字数に含めていません
拍手する

眠れない夜に

2018年06月16日 21:22

九州壇氏のノベル工房【タイトル】 眠れない夜に
【制作】 九州壇氏のノベル工房 九州壇氏様

眠れない夜に
【ジャンル】 サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 1時間半程度
【ツール】 NScripter
【容量】 37.7MB
【公開日】 2016年12月24日
【プレイver.】 1.04

舞台は、秋の福岡。
なんとなく眠れない夜を過ごしていた俺は、彼女をドライブに誘う。
彼女は苦笑しながらも了承してくれた。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第12回 ふりーむ!ゲームコンテスト 健闘賞を受賞された作品です。

実在の街・福岡を舞台にしたノベルということで、興味を持ってプレイさせて頂きました。
作者の九州壇氏さん、ずいぶん昔からノベルゲーム制作者としてご活躍なのは
存じていたのですが、今作が初プレイとなります。

秋の夜長にドライブする僕と彼女のストーリー。
物語は、高校時代の回想からスタートします。もうそれが、ああ、青春だねぇ……という。
個人的な嗜好でしかないんですが、青春ど真ん中のストーリー、わりと苦手なんです。
その後も大学生になった2人のドライブシーンも、個人的な苦手が続きました。
あぁ、青春だねぇ……。
苦手ジャンルなんですが、まぁ、白状すると羨ましいですね。ハイ。

しかし中盤まで読み進めて行くと、これぞ真っ当な青春だと思っていたものが
何やら違う側面を見せ始めます。
ラブストーリーには違いないものの、ただのラブストーリーじゃない。
「眠れない夜に」というタイトルも、最初に感じた印象とは全く違った意味を持って心に迫りました。
その辺りのどんでん返しはお見事。
読み終わって、ああ、あそこの何となく違和感のあった台詞は伏線だったのか、と気付かされます。

そしてこの作品、福岡が舞台とのことで、背景も実際の福岡の景色なのです。
そこもすごいと思いました。
道路と建物の中までは定かではありませんが、浜辺とか街中、ゲームセンター辺りはそうですね。
車や人が映らないように撮影されるの、大変だったのではないかと思います。
この作品のために撮り歩かれたのでしょうか。大変そうですが、そういう作業も何だか楽しそう。
終盤に登場する建物の中の写真、ここもまさか本当にあそこなのか!?と確かめたくなってしまいました。
拍手する


最新記事