ダウンロードゲーム の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

悪事讃歌

2019年03月18日 20:03

くまのこ道【タイトル】 悪事讃歌
【制作】 くまのこ道 まふ様

悪事讃歌
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 3種類(うち1つゲームオーバー)
【プレイ時間】 1周13分(トータル20分)程度
【ツール】 YU-RIS
【容量】 35.2MB
【公開日】 2018年4月1日
【プレイver.】 1.01

悪魔のベリアは魔王様の大ファン。
けれど、魔王様が出席する晩餐会『クソ外道の宴』に参加するには『外道力』が足りていないらしく……
(制作サイトより引用)


「悪事讃歌」と書いて「わるごとさんか」と読むようです。

主人公ベリアが、憧れの魔王様主催のパーティー「クソ外道の宴」に参加するため
悪事にまい進するストーリー。目指せ、悪の華!

ベリアの所業は、それはもう、目を背けたくなるような……近頃のホラーフリゲも真っ青な外道っぷり。
――と書いたところで、嘘っぽいでしょう。まぁ、嘘なんですけどね。
全くその気配を感じないのは、ひとえに宴の名前のせいでしょう。聞いただけで脱力します。
こんな宴に参加したがるなんて、善良な人間には理解し難いのです。
しかも、クソ外道と言いつつ魔王様は愛妻家らしい。どんな設定だ!

そんな感じでゆるーくストーリーは進んで行くのでした。
ベリアは可愛いし、ケッフェンも面白い。良いコンビだと思います。

しかし、基本コメディかと思いきや、、なかなかどうして。
後半、ダークな一面も見せてくれました。

※以下、ネタバレになりそうなので一部反転させないと見えないようにしています。

陳腐な台詞なのであまり言いたくないですが、【一番怖いのは人間】ってオチですね。
途中から何となく嫌な予感はあったものの、想像以上でした。

それと、個人的に【ヒロインがピンチの時、助けに来るヒーロー】というシチュエーションが大好きなので、
その点が好みにクリティカルヒットで、身悶えしました。
乙女ゲーと言うには恋愛のレの字もない2人の関係ですが、それもまた良し。

ちなみに、ベリアとケッフェンも大好きですが、私の一番萌えはナビメカでした。
ケッフェンと同じセンスというのも癪ですが……欲しいです、この子。
拍手する

ツクモノガタリ~鬼子母神の巫女編~

2019年03月16日 22:06

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ~鬼子母神の巫女編~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ~鬼子母神の巫女編~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周1時間25分(トータル1時間半)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 46.3MB
【公開日】 2019年3月3日
【プレイver.】 1.02

いつもの如く、九十九に仕事の依頼をしに訪れた佐久間。
ある村で孤児院を営む神社に預けられた子たちが、育て親の巫女と共に神隠しに遭ったという。
依頼を引き受けた九十九は、佐久間と共に村へ向かう。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

楽しみにしているツクモノガタリシリーズの最新作。
九十九と佐久間氏の、おなじみのコンビが不可思議な事件を捜査します。

今回、途中まではさくさく進んだのですが、とある逃げシーンでものすごく苦労しました。
左側から迫ってくる画面に触れないように逃げるというところなのですが、どうしても上手くいかず。
50回はリプレイしたと思います。
ただ、50回くらいやって失敗したと思いきや、突然お話が進んで「!?」となりました。
これは救済措置なのか……もしくは、途中まで逃げ切れたらクリアだったのに、
「失敗した」と思って即リセットしてたから気付かなかったのか。
しかし、今回クリアできた箇所を過ぎた所でゲームオーバーになった時もあったので、良く分からないです。

私ほど下手なプレイヤーさんは珍しいと思いますが、ゲームパッドの十字キーで操作すると、
→と↑↓で方向を切り替える時にどうしてもラグがあるので上手く行きにくいような気がします。
キーボードの矢印を使うと、→を押したまま↑↓を押すと進みながら方向転換できるのでスムーズでした。
このちょっとの差が重要に感じる程度にシビアだったと思います。
ゲームパッド慣れしているので、プレイ環境で難易度に差が出るのは正直辛いところでした。
今作もしかしたらクリアできないんじゃと思ったので、何とか進めて良かったです。

そんな厳しい道中でしたが、探索自体はスムーズでした。
いつもは終幕・壱(ベストエンドのほう)を見る為には、村人に必要な話を聞いておいたり、
アイテムを取得しておいたり、色々とひと手間かけたフラグ立てが必要なのですが、
今作は普通にプレイしていれば、高確率で終幕・壱に行ける作りです。
例えば、〇〇へ行こうと誘導されたとき、寄り道して別の場所を探索するような手間が必要ありません。
おかげで、珍しく終幕・壱を先に見る事ができました。

ツクモノガタリらしい、優しくも物悲しい心に残る結末でした。
拍手する

ホワイト・オブ・ザ・デッド

2019年03月14日 22:44

nino【タイトル】 ホワイト・オブ・ザ・デッド
【制作】 nino ノラ様

ホワイト・オブ・ザ・デッド
【ジャンル】 ホワイトデーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 1.63MB
【公開日】 2013年3月14日
【プレイver.】 1.0

道に迷った旅人がたどり着いたのは、奇妙な一軒のお店だった。 (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ホワイトデーなので、ホワイトデーっぽいゲームをプレイしてみました。
ホワイトデーというより、マシュマロゲー……?

まずフィールドMAPで笑いました。なんだこれ。
何も前知識なくても、これだけで何となくどんなゲームか分かるってものです。

旅の勇者が辿り着いたお店を探索していくのですが、あっけに取られる出来事ばかりで。
何となく選択肢を選んだら突然何かが起こるので唖然とします。
ネタバレになりそうなので詳細は伏せますが、
あるイベントではちゃんと画像を準備されていて作者さんすごいと思いました。

ホワイトデーっぽい恋愛要素もあり。
とか書いたら信じた方に怒られそうですが。
愛とは許容なのか盲目なのか。
そもそもこれは愛なのか?
考えさせられる……というか首をひねるイベントが一応メインイベントのようです。

プレイした方でないと分からないでしょうが、
高速マシュマロをクリックして捕まえるのが最大の愉悦でした。
拍手する

第七号車

2019年03月12日 22:28

悲しき魚(翻訳者)様のページ【タイトル】 第七号車
【制作】  水野的四叶草様(代表)(Webページなし)

第七号車
【ジャンル】 ノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周40分(トータル1時間20分)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 42.2MB
【公開日】 2014年5月28日
【プレイver.】 1.01

”私”は第七号車で、一人の少女に出会った。
終点まで、まだ時間がある。
暇をつぶすために。
少女は自分のことを話し出した… (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ツクール製のノベルゲーム。
この作品の作者さんは中国人で、元は中国語のゲームだそう。
それを同じく中国人の方が日本語に翻訳されたそうです。
正直ごく一部日本語として正確でないところもあるものの、ほとんど気になりませんでした。
自然に読める文章です。

ゲームを開始してまず目を引かれるのが、綺麗なイラストかと。
少女が可愛いのはもちろん、画面の色合いがすごく綺麗です。
若草色のワンピースや黄色いコサージュ、テーブルの薔薇と色合いが良い!
車窓からは柔らかな光が差し込んでいて、春めいた画面を見ているだけで癒されました。

ある列車に乗り合わせた少女と、正体の分からない「私」との対話を読んでいきます。
文章を読むだけでなく、途中でミニゲーム的な選択肢もあり。
単に表示された選択肢を選ぶだけでなく、少女の言葉から気になる単語をクリックして、
それについての質問をいくつかの中から選んでいきます。
選び方も独特で、一風変わったシステムです。
最初は少し戸惑いましたが、やってみると簡単でした。
選べる単語はさほど多くないし、それによってストーリーが左右されることもありません。
安心してどんどん質問していきましょう。
まぁ、よくよく考えると決まった作業をするだけ……と言えなくもないのですが、
その独特なシステムのお陰でゲームやってる感がありました。

初回は分岐なしで、ひとつの結末に辿り着きます。
プレイしていて何となくそういう予感はあったものの、切ない物語でした。
2周目で選択肢が増えるということで、クリア後に初めからプレイ。
スキップ機能が欲しいなぁとちょっぴり思いました。
せっかくなので、そこは焦らずストーリーを読み直すのが正解かもしれません。
途中まで変化がなかったので少し焦りましたが、2周目はラストで分岐します。
こちらの展開も、文中の何気ない表現でもしやという予感はあったので
大きな驚きはなかったものの、やっぱり切ない物語です。
切ないけれどどこまでも暖かく、切なさや苦しさも画面の柔らかい光に癒されるようでした。
拍手する

はらぺこまーちゃん

2019年03月10日 21:04

電脳詐欺【タイトル】 はらぺこまーちゃん
【制作】 電脳詐欺

はらぺこまーちゃん
【ジャンル】 短編ノベルゲーム
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 2種類
【スチル数】 42枚
【プレイ時間】 1周7分(トータル11分)程度
【ツール】 YU-RIS
【容量】 436MB
【公開日】 2019年2月21日
【プレイver.】 1.0

たくさん食べたいまーちゃんのお話です。 (ふりーむ!作品ページより引用)


グラフィックを見て嫌な予感しかしなかったのですが、それ以上に惹き付けられてプレイしました。
途中で気付いたのですが、この作者さん、以前プレイさせて頂いた「幸福論」の作者さんなのですね。
あまりに違う作風だったので、少し驚きました。

いやもう、プレイ前に想像した通りの展開です。
イラストの不気味さと、無駄のないテキストがホラーとして良い味わいを醸し出していました。

まーちゃんについての詳細はストーリー上では深く語られませんが、
タイトル画面に表示されるいくつかの言葉で、何となく状況を推察できるようになっています。
語りすぎるとくどくなるし、かと言って全く語らないと訳が分からなくなってしまう。
ゲームならではの手法で良い演出だと思いました。
おかげで本編は無駄がなく、そのシンプルさがかえって心に響きます。

意外だったのが、ただ「気持ち悪い」だけの物語でなかったこと。
まーちゃんが語り掛けるこちら側――「お兄ちゃん」の悲壮感を感じるのです。
彼は一言も発しないのですが、どの展開にしても覚悟と苦しい胸の内が伝わってくるようでした。

更に、ひとつの展開では、すごい不気味なのに思わずクスっと笑ってしまいそうになる台詞が。
いや、笑っていいのかどうか複雑ですが、私はついニヤッとしてしまいました。
ただの残酷シーンではないぞわりとするグラフィックで、シーンとしてはすごい怖いのに……

底知れぬ不気味さと悲しさ、更にユーモア(?)まで。
色々なテイストが織り交じて、ただのホラーではない独自の味わいがあります。
残酷なシーンもあるので、グロテスクな展開が苦手な方やお子様にはお薦めできませんが、
良く出来たホラー作品だと思います。
拍手する


最新記事