ダウンロードゲーム の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

Giggle。ひそひそ

2019年07月22日 20:00

I紡唄-tsumugi uta-【タイトル】 Giggle。ひそひそ
【制作】 紡唄-tsumugi uta- 荒咲りゆ様

Giggle。ひそひそ
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 1話2~3分(トータル12分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 107MB
【公開日】 2019年4月30日
【プレイver.】 1.00

前作「Giggle。くすくす」に続く、ホラー掌編ノベル第2弾。
こちらもティラノビルダー製ですが、前作とは違ってダウンロード版がメインとなっています。
ふりーむ!でダウンロード版のみ、ノベルゲームコレクションではブラウザ・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

前作同様、4話のゾッとするホラーが楽しめます。
今回も3分弱の掌編集ですが、ストーリーが前回より凝っていて面白くなっている気がしました。

以下、それぞれのお話の感想です。
ストーリーのネタバレになりそうな箇所は反転しないと見えないようにしていますが、
伏せてないところでも読んでしまうとお話の傾向が分かったりする面はあると思います。閲覧ご注意下さい。



1.思い出に埋もれる

これは、怖かったです。背筋が凍ります。
多分無いだろうけど、現実でもあり得なくない……ですよね。
皆まで描かれていないので、先を想像してしまい余計に怖いです。


2.私は彼女の、彼女は私の背中を押した

これは途中でオチが読めました。
しかし、オチが想像通りだとしても良かったですね。
「背中を押した」という意味が二重になっているのも面白いです。
まさに因果応報。よくできたストーリーだと思います。
これ、最初に読んだときには花子さんは幽霊の身で復讐を果たしたと思ったのですが、
もしかして、生きてます?


3.ついてくる

これは、音楽も怖くてゾッとするお話でした。
お墓で肝試しとか中高生くらいかと思いきや、会社勤めだったので、大人かよ!と思ってしまいました。
基本怖かったのですが、途中で「その後(怖いから)後輩と一緒に会社を――」という文章の、
(怖いから)がなぜか可笑しくてクスっとしてしまったという。

4、さよなら、セカイ。

今回は好きなお話多かったのですが、中でもこれが好きでした。
少しファンタジックなところが良いですね。
読んでいてずっと、「詩織は沙織に悪さをしない」という妙な確信がありました。
その通りで良かった。
後で制作者さんの解説を拝見して良いばかりではないと気付きましたが、正直そこまで思い至らなかったなぁ。
読後感、悪くなかったです。


拍手する

RAGE

2019年07月20日 21:51

RAGE ふりーむ!のページ【タイトル】 RAGE
【制作】 BLACK ROAD Games 黒道様(twitter

RAGE
【ジャンル】 アドベンチャー
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 3種類+α
【プレイ時間】 1周7~40分(トータル1時間15分)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 68.8MB
【公開日】 2017年8月20日
【プレイver.】 1.00

数ヶ月前突然現れた殺人鬼「RAGE」
街では彼の噂でいっぱいだ。
あるところに、旅行中の若者の集団がいた。
若者達は「噂」を頼りに、ある屋敷へとやってきた。
果たして、若者の目的は・・・・・・? (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

Colar Game Projec参加作品「黒」担当とのこと。
サイトを拝見すると、何色かの色をテーマに様々な作者さんが作品を作られている企画のよう。

肝試しに来た若者が殺人鬼に追われるホラゲーというのはよくある設定ですが、
こちらは何と、主人公が殺人鬼で若者を追い回していきます。
自分が殺人鬼って何となく受け入れ難いかもしれませんが、
彼が単純な猟奇趣味の持ち主や悪人だという訳でもなかったので、拒絶感は少なかったです。
シマエナガ(?)のおかげですね(何のことかはプレイしてみてのお楽しみで)。
むしろ、自分が追い詰める側って新鮮なのもあり、ゲーム的にはなかなか楽しかったという。

そんなゲームですが、最初から血生臭い展開が待ち受けているという訳ではありません。
物語は、彼がひとりで神秘的な場所を散策していくところから始まります。
操作説明はあるものの、最初は何をして良いかよく分からず彷徨っていました。
そして、良く分からないままエンディングに突入してしまい、ビックリ。
何が起こったか分からず「え?あれ?」と戸惑ってしまいました。
これ、初見の方は誰も一度やってしまいそうです。

その後、再び彷徨っているうちに何となく分かってきて、先に進むことができました。
中盤からは、最初に述べた殺人鬼として活躍する展開になるのですが、
ホラゲーとか追いかけゲーというよりは、ややパズル的な要素がある感じです。
決まった手順を踏まないと、逃げられてしまうのです。
これは面白かったですが、ここも結構悩んで試行錯誤しました。

序盤と、その後の館でもかなり迷ったので、推定プレイ時間よりかなり時間を要しています。
しかし、無事クリアできて良かった~。

ゲームファイルに、EDへの行き方が同梱されています。
あくまでヒントではありますが、迷った方は見てみると良いかも。

ふりーむ!さんの作品ページには、エンディング3種類とあるのですが、
上記のヒントファイルで見ると4種類かと思われます。
私が最初に辿り着いた最短のエンドもBAD END扱いになっている模様。
ただこれに関してはちょっと正式なエンドとして扱っていいか迷ったので、
この記事では3種類+αと記載してみました。
拍手する

そこに座って

2019年07月14日 23:11

K-@-P【タイトル】 そこに座って
【制作】 K-@-P Kanoguti様

そこへ上って
【ジャンル】 短編ゲーム
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2分程度
【ツール】 ?
【容量】 3.78MB
【公開日】 2009年9月28日
【プレイver.】 1.0

椅子だけがある、明るい部屋から
"脱出"することが目的のゲームです。 (ふりーむ!作品ページより引用)


真っ暗な画面の中、スポットライトのような光の中の光景を眺めるだけのゲーム。

以前ご紹介した「そこへ上って」と同作者さんの作品です。
実はこちらの方が先にダウンロードさせて頂いていたのですが、プレイは後になってしまいました。

見た感じ察するものはあるかと思いますが、BGMのショパンのノクターンの美しさとは裏腹に、陰鬱な作品。
プレイヤーとしては作品に干渉できず。ただ目の前で起こることを見て、受け止めるのみです。
失礼ながら、一見雑な線画だけの表現なのですが、身につまされる切迫感がありました。

ノクターンは、彼、もしくは彼女の過去の穏やかで幸せな時間の象徴なのかもしれないなぁとも思いました。

陰鬱で思い作品なのでお薦めし難いのですが、表現力は素晴らしく、見応えがあります。
鬱系のお話でも気が滅入らない方は、ぜひ。
拍手する

死人

2019年06月14日 22:13

丸得基地【タイトル】 死人
【制作】 丸得基地 旨味まづ様

死人
【ジャンル】 探索ホラーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1時間(トータル1時間半)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 55.9MB
【公開日】 2016年9月24日
【プレイver.】 1.03

​主人公は謎のゲームをやり続ける。しかし、
徐々にゲームと現実が混ざりはじめて・・・? (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

主人公がゲームをプレイしているシーンから始まる、ゲームinゲームなストーリー。

プレイしているゲームは、レトロゲーもびっくりな荒いドットのRPGのようです。
毒々しい色合いに、何だか不穏なストーリー。
プレイしているこちらも不安ですが、主人公も「何だこれ」と投げ出しちゃうという。

主人公は一見やさぐれた感じですが、彼の家の中はゲームinゲームとは打って変わって
穏やかな日常を感じさせるものでした。
小さい頃に書いた絵が飾ってあったり、夕食の残りが置いてあったり。
家人こそ居ないものの、平凡な生活が垣間見えます。
だからこそ、ゲームinゲームの不穏さが一層怖い。

ゲームを進めると、徐々に現実と虚構が織り交じっていきます。
最初は「あれ?何か変」という小さなことから、段々とプレイヤーもどちら側なのか分からなくなっていく。
その過程はなかなか怖く、しかしその世界に引き込まれていきました。
面白かったです。

ストーリーの進むテンポも遅すぎず早すぎずで飽きずにプレイできました。
特に詰まるところもなく進めたんですが、ラスト付近では暗闇を歩き回るシーンだけは戸惑いました。
進んでいるのかどうか分からず、バグで進行しなくなったのでは、と思ったりも。
そこはもう少し誘導が欲しかったと思います。

そんなこんなで躓きつつも、エンディングは3種類全て自力で見ることができました。
ちょっとプレイから時間が経ってしまい記憶が曖昧なんですが、分岐は分かり易かったと思います。
拍手する

ひとりを救うチカラ

2019年06月12日 21:51

『人ひとりを救うチカラ』【タイトル】 ひとりを救うチカラ
【制作】 『人ひとりを救うチカラ』 HareValley様

ひとりを救うチカラ
【ジャンル】 短編ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周9分(トータル1時間)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 95.7MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年4月30日
【プレイver.】 1.00

指先ひとつ ひとりを救うだけ (ふりーむ!作品ページより引用)


ティラノビルダー製で、ブラウザ・ダウンロード版あります。

ふりーむ!の作品ページ(ブラウザ版)→  ふりーむ!の作品ページ(ダウンロード版)→
ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ごく普通っぽい男性が、突然有無を言わさずに「この中のひとりだけ救えうという選択を迫られるゲーム。
「何から救うのか」「救わなかった人はどうなるのか」が詳らかにされることはありません。
まぁ、何となく想像はつくのですが。

作者さんは漫画を描く方のようで、人物がすごく美麗でした。
老若男女揃い踏みで、どの人も魅力的です。
1周は10分弱くらいで終わります。
最初は仕方がないので誰かを選ぶわけですが。
選んだあとの展開が予想外というか理不尽すぎてびっくり……唖然としました。何だそれぇぇぇ。
何だか、想像したのとは違う後味の悪さを感じました。

エンディングは6種類。
まず、それぞれを救うエンドが4種類あり。
残りのうちひとつは、偶然発見してわりとすぐに見ることができました。
が、このエンドの発生条件がちょっとはっきり分かっていません。
こうやるのだろうと思ってやってみても、上手くいかなくてかなり時間が掛かりました。
最後のエンドは、制作サイトさん(twitterのまとめ)のヒントを拝見して見ることができました。

結局、最後まで謎は明かされず消化不良な感じを受けたものの、
エンディングによって本当に様々な展開で、飽きることなくプレイできました。
拍手する


最新記事