ダウンロードゲーム の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

ツクモノガタリ~ゆうじょ編~

2020年01月12日 22:58

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ~ゆうじょ編~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ~ゆうじょ編~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 50分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 46.3MB
【公開日】 2019年12月6日
【プレイver.】 1.00

死んだ男が戻ってきたという「上総の戻り橋」。
佐久間からの依頼で、九十九は共に噂の調査へ向かう。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

MHさん制作のツクモノガタリシリーズ9作目です。
今作は、九十九の秘密にぐっと迫ってきました。
ふりーむ!さんの注意書きにもあります通り、過去作から先にプレイするべしです。

今回はエンディング分岐なし、ミニゲームも易しめ、MAPもシンプルで誘導が多く、迷う箇所なし。
サクサクと進めました。
お馴染みの妖街も、いつもは目的の人物に会うためにかなり振り回されるのがパターンなのに、
今回はお使い少な目で、あっさり目的のセンリに会えちゃった。
謎解きや試行錯誤が好きな方は物足りないかもですが、ストーリーを追うのがメインとなります。
大好きな佐久間さんの影が薄かったのも個人的には惜しいところ。
ですが、その分前述のように九十九の過去に迫っています。
九十九がいつも以上に仄暗い雰囲気で、遠い人になっていくようでドキリとしました。

そろそろ10作目に届くということで、物語も佳境、なのかもしれません。
次回作が楽しみです。
拍手する

わたしが世界を救った日

2020年01月08日 20:57

ここ。【タイトル】 わたしが世界を救った日
【制作】 ここ。 ねこいち様

わたしが世界を救った日
【ジャンル】 ノーマル恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【スチル数】 14枚
【プレイ時間】 1周37分(トータル2時間)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 61.0MB
【公開日】 2012年7月19日
【プレイver.】 1.0

いつも通りの金曜日、買い物を終えた主人公は帰りを急いでいた。
近道を抜けようとしたとき、突如として車のクラクションが鳴り響く。
衝撃のあと、意識を失った主人公。
目覚めると見知らぬ部屋で、傍には自分を覗き込む白い翼を持つ男がいた。
彼は、主人公が世界を救う伝説の勇者であり、この世界に召喚されたのだと告げる。


プレイ後、記事を下書きした時点では制作サイトさんも作品ページも見られたのですが、
ちょっと見ぬ間にサイトが消滅していました。閉鎖なら残念。

ただ、現在もVectorで作品はダウンロードできるようです。
記事の作品タイトルからVectorへリンクさせて頂いています。

※サイト復帰なさっていました。コメントで教えて下さった方、ありがとうございます。

おお、これはよくある異世界召喚もの……!
好きなジャンルなので、嬉々としてプレイさせて頂きました。
しかし、主人公が召喚された世界は、どうやら危機に陥っているようです。
壮大なファンタジーというよりは、追い詰められて先細っている感が感じられました。

乙女ゲーなので、出てくる登場人物はほぼ男性。
個人的には、真面目なイケメンのレグさんが好きでした。
ただ、ちょっと少年キャラなトアさんが一番面白い。美味しいキャラです。
ちょっとミステリアスな黒い翼のクロウも気になるキャラでした。

かなりオーソドックスな異世界乙女ゲーだなぁと楽しませて頂いていたのですが、
終盤でガラリと様相が変わります。
知らされた真相にかなり……かなりビックリしてしまいました。
いやー、これはやられましたね。
恋愛云々より、ストーリーが個性的かつ衝撃的で忘れられません。

後から振り返るとかなり露骨な伏線もあるので、何で気付かなかったんだ自分!と思いましたが、
よくよく考えると、こんなこと思いつかないよなぁ……。
ストーリーを考えた作者さん、すごいと思います。
2012年制作という今となってはかなりの旧作ですが、今プレイしても十分に面白い、プレイし応えのある作品です。

制作サイトさんに攻略ヒントがあったのですが、現在は見られません。
以下に、攻略情報を掲載しています。
反転させないと見えないようにはしていますが、ネタバレなので閲覧にはご注意下さい。
[わたしが世界を救った日]のヒント・攻略を見る
拍手する

とあるクリスマスの伝承

2019年12月22日 22:03

暇人専門店【タイトル】 とあるクリスマスの伝承
【制作】 暇人専門店 えんどう豆様

とあるクリスマスの伝承
【ジャンル】 短編乙女ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル2時間半)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 55.5MB
【公開日】 2018年12月26日
【プレイver.】 1.05

クリスマスまであと4日。
『恋人のできたことのない男女がツリーの飾りつけを行う』という村の風習により、
飾りつけをすることになったアナタ。
ツリーに飾る装飾品を集めたり、村の人たちの交流したりして過ごしましょう。
(制作サイトより引用)


村のツリーの飾りつけを任された処女が、飾りを集めるゲーム……
と思いきや、ツリーなんぞそっちのけで恋愛に突っ走れる乙女ゲーです。

メインキャラ達は、「アルコール」「モルヒネ」「カフェイン」「アドレナリン」と、特徴的な名前になっています。
何故その名前なのかは、話しているとおのずと分かる感じ。
実はアドレナリンは女性のようで、てっきり男性だと思い込んでいたのでこのゲーム一番の驚きでした。

どの人物も心に重荷を背負っていて、上手く仲良くなると打ち明けてくれます。
どの彼とのエンディングも希望に満ちて微笑ましくて、甲乙つけがたく良かったです。
最終日の展開では、他の人と仲良くする主人公ちゃんにちょっと嫉妬してくれるのも萌えでした。

基本的には、好きな相手を追いかけていればルートに入る感じ。
ただ、朝・昼・夜と時間の経過があり、所定の位置に居たり居なかったりするので、村中走り回りました。
上手く行かない方は、制作サイトさんに攻略が掲載されているので安心です。

モブキャラの台詞もひとつひとつ凝っていて、話しかけるのが楽しかったですね。
BGMも美しくて聞き惚れましたし、村のグラフィックも綺麗です。
久々の王道な乙女ゲー、堪能させて頂きました。
拍手する

我が愛しき野薔薇

2019年12月18日 22:47

せんやも、いちやも【タイトル】 我が愛しき野薔薇
【制作】 せんやも、いちやも 砂原みたけ様

我が愛しき野薔薇
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 12.3MB
【公開日】 2015年4月
【プレイver.】 ?

魔女の森に住むローズはある日、水を汲みに行った湖のそばで弱ったカエルを見つける。
実はこのカエル、魔法で姿を変えられた南の町の領主なのだという。
領主・ヘイリークの熱意に負けてローズは彼の魔法をとくためしぶしぶ協力することに。
(制作サイトより引用)


森に住む魔女が、カエルになった領主さまの呪いを解くために冒険する短編RPG。
ちょ、これ、人間に戻ったら超美形!なパターンじゃないか!!と目を輝かせましたが、
公式サイトに「人間の姿は出てきません」と明記されていました。
ううむ、そこはちょっぴり残念。妄想で補うことにします。

主人公のローズは「ひねくれもので意地悪」という自称らしいですが、
特に意地悪そうには見えない魔女さんです。
ただ、静かに暮らすのが好きなんだろうなぁという感じ。
彼女も前髪で顔が見えないけど、この方も美女に違いないと妄想しています。
対して、カエルのヘイリークは陽気で能天気。
でも、彼も人の好さが透けて見える、憎めない良いキャラクターでした。

ゲームとしては戦闘ありのRPGで、ほぼ一本道ですので迷うところはありませんでした。
作品ページに「レベルが低いうちはローズの防御力がとても低いので魔法でカバーすることをおすすめします 」
とあるように、ローズは結構脆いです。
所々に全回復スポットがあるのでさほど大変ではないものの、敵も多いです。
作者さんの助言通り、地道に防御を上げつつ戦うと楽でした。
最初は敵から逃げず、少しレベルを上げておいた方がサクサク進めるかなと思います。
ローズは攻撃魔法の他にも回復ができるので、序盤の脆さを乗り切れば、まさに万能キャラ。
彼女は「集中」というコマンドでMPを回復できるので、あまりMPを気にせず魔法が使えるのが◎でした。

ストーリーも、最後は「そうだったのかー!」というちょっとしたサプライズもあり、楽しかったです。
ただ、エンディングの2人の雰囲気がすごく良かったので、やっぱり人間のヘイリークを見たかったですね。
そして2人のラブラブっぷりが見たかった……!(*/∇\*)
拍手する

穴があったから入ってみた

2019年12月01日 22:58

あまなつ館【タイトル】 穴があったから入ってみた
【制作】 あまなつ館 あまなつ様

穴があったから入ってみた
【ジャンル】 ほのぼの系短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周16分(トータル1時間12分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 27.6MB
【公開日】 2018年7月18日
【プレイver.】 1.02

穴に入って色んな世界へGo☆ (ふりーむ!作品ページより引用)


第10回 WOLF RPGエディターコンテスト 総合34位の作品です(エントリー番号【20】)。

以前にウディコンで見かけた時から気になっていたゲームで、ようやくプレイさせて頂けました。

タイトルのイメージから、たくさん穴があって探索していくゲームかな?と思っていまして。
概ねそうなのですが、穴の中の世界が思ったより広かった……!
道中は予想外の展開ばかりで、この先何が起きてどう決着が着くのかさっぱり見当が付きませんでした。
ちょっと奇妙な場所から癒しの場所まで、様々な風景が楽しかったです。

このゲームはエンディングが5種類あるのですが、特徴的なのが、エンディングを迎えても
そのままプレイを続行できるというところ。
つまり、エンディングを迎えて終了→セーブから再プレイではないのです。
ひとつフラグを立ててエンディング→そのまま次のフラグを回収して二つ目のエンディング……みたいな感じです。
エンディング毎プレイをやり直す必要がないので、ストレスなくサクサク進めました。

ただ、進むためには同じ場所を何回も通過しなければなりませんでした。
また、道が細いMAPが多いのにキャラクターが半歩移動なので、引っ掛かって進みにくかった。
特に二つ目は改善して欲しいなぁと思ったところです。

以前プレイさせて頂いた「世にも奇妙なおつかい」も不思議な雰囲気の作品でしたが、
こちらも独特な雰囲気を確立している作品です。


WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する


最新記事