ダウンロードゲーム の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

好きだ!好きだ!大好きだッッ!!

2018年09月18日 20:00

籠の街【タイトル】 好きだ!好きだ!大好きだッッ!!
【制作】 籠の街 稲海様

好きだ!好きだ!大好きだッッ!!【ジャンル】 ラブコメノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【スチル数】 4枚
【プレイ時間】 1周5~15分(トータル30分)程度
【ツール】 Ren'Py
【容量】 128MB
【公開日】 2018年5月5日
【プレイver.】 1.00

夕暮れに染まる教室。
二人きりの男女。
見つめ合う目と目……
そう、ここまで読んだ貴方ならお気付きかと思う。

私は、断じてコイツのことなんか好きではない!!! (readmeより引用)


選択式のノベルゲーム。
作者さんの公式サイトが、前作「籠の街」の作品サイトなのでそちらにリンクさせて頂いています。

こちらは「ゴールデンウィークだよ!一週間ゲーム製作大会」に参加で作られた作品のようです。
確かに短編ですが、ストーリーも丁寧だし、絵も綺麗だし、一週間で作ったとは思えない良作です。

断じて好きではない!!!って、ダイエット中の女子がスイーツを前にして言っているぽくて、ちょっと笑えます。
しかし、個人的にちょっと苦手な青春ラブコメノベル……と思いきや、不覚にも感情移入してしまいうるっときました。
学生時代の、打算も計算もなくただただ相手が「好き」だった感情を思い出したというか。
知られるのが怖くて、好きなのに好きじゃないよ?ってフリをしてみたり。
いつも相手のことを目で追いかけて、ひとつひとつの仕草をあぁ好きだなぁ、と思ったり。
コメディタッチなのですが、単なるドタバタ劇や上っ面の会話ではなく、感情が丁寧に描かれていたと思います。

最初は月子ちゃん視点で物語が進んで行きます。
エンディングは2つ。進展あり、なしに分かれます。
どちらに転んでも、それはそれであぁ、青春だなぁ……と思える終わり方ではありました。
ただっやっぱり、進展ありのエンディングでは、ちょっと甘酸っぱくて身悶えしそうでした。
良いですねぇ良いですねぇ(*´∀`*)

そして、クリア後からは連くんでのプレイが出来るようになります。
月子ちゃんルートで見た展開を連くんの視線で見ていくことになるのですが、全く同じという訳ではなく。
月子ちゃんが連くんに惚れた理由は何となく分かるんですが、
連くんのストーリーを見ると彼が何故月子ちゃんを好きになったのかも分かります。
連くんルートも進展なし・ありの2種類のエンディングあり。
こちらの進展ありエンドは、月子ちゃん編より更に甘くて、更に身悶え(*/∇\*)

何か、こう、清々しい良い気持ちを分け与えて貰えた気分です。ありがたや。
読んで良かったと思いました。
拍手する

魔女の塔

2018年09月16日 20:00

魔女の塔 ふりーむ!のページ【タイトル】 魔女の塔
【制作】 二代目天ぷらマン様 (Webサイトなし)

魔女の塔
【ジャンル】 SFアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類?
【プレイ時間】 30分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 35.5MB
【公開日】 2018年7月22日
【プレイver.】 1.00

女の子と一緒に実験をしましょう。 (ウディコン作品紹介より引用)


第10回 WOLF RPGエディターコンテスト 総合18位他を獲得された作品です。
現在ふりーむ!さんで公開されている他、ウディコンのサイトからもダウンロード可能(エントリー番号【12】)。

プロローグから打って変わってSF風の本編が始まり、最初は何をしていいのやらさっぱり。
とりあえず、右に表示されている薬品や本、武器のアイコンを適当にクリックしてみます。
そして、適当にやっているうちに何か終わった……という体でした。
2回目も戸惑いつつプレイ。しかし1回目より進展し、どういうゲームなのか何となく分かってきます。
ゲームとしては単調かもしれませんが、繰り返す毎に進展するようにはできているので、
次はどうなるかと気になって飽きずにプレイできました。

途中で表示される英語のメッセージは、翻訳かけてみると状況を理解するのに役立ちます。
最後までプレイして、詳細は謎めいているものの、何となくどういう世界なのかは理解できました。
ゲームファイルに同梱されているテキストに、詳細を記した解説ファイルがダウンロードできる
ページのアドレスとパスワードが記載されています。
クリア後はそれを読むと、より理解が深まるでしょう。
結局、アイコンの意味(特に薬)ははっきりと分からず推測するしかない部分もありましたし、
何故彼女たちが「魔女」という名称だったのか、個人的にあまりしっくり来ない感じもありはしました。
とは言え、独特の操作性が斬新で、考察を含め楽しんでプレイできました。

エンディングは、選択肢で分岐はあるものの最終的に辿り着くところはひとつ……かな?
ということで、1種類と表記させて頂きました。

いつもと一風変わったゲームがプレイしてみたい方、短時間でプレイできますしお薦めです。


WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

Mime -マイム-

2018年09月14日 20:00

WHGF【タイトル】 Mime -マイム-
【制作】 WHGF WH様

Mime -マイム-
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周25分(トータル40分)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 26.9MB
【公開日】 2016年10月2日
【プレイver.】 1.02

「おいで」
真夜中、自分を呼ぶ声で目を覚ました「シャーロット」。
声の主を探して部屋の外に出た彼女は、不思議な光に導かれ
立ち入りの禁じられている地下室へと入ってしまう。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ホラー風の探索ゲーム。
謎解きはなく、探索もさほど難しくないのでプレイし易いです。
ただ、何やら詳細が分からぬまま不審な相手に付き合って探索することになるので、
始終不気味で、じわりとした不安感や怖さを感じつつプレイしていました。

途中で何となく察するものはありますが、詳細は分からぬまま最後までクリア。
分岐は分かり易い方だと思います。
万が一詰まっても、制作サイトさんに完全攻略があるので安心。

こういう謎めいたゲームは、詳細が語られずプレイヤーの考察に委ねるタイプも少なくありませんが、
この作品はED1をクリアすると文章で全容が明かされるので、モヤモヤすることなく終わることができました。
ただ、訳が分かってしまうと、ストーリーが辛い……。
冒頭の出だしで覚悟してはいたものの、どのエンディングに辿り着いても後味が良くはありません。
しかしながら、その苦さも含めて印象的な作品でした。
拍手する

そこへ上って

2018年09月13日 20:00

K-@-P【タイトル】 そこへ上って
【制作】 K-@-P Kanoguti様

そこへ上って
【ジャンル】 短編ゲーム
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 3分程度
【ツール】 ?
【容量】 9.04MB
【公開日】 2015年1月30日
【プレイver.】 1.0

ひたすら、はしごを上りましょう。 (ふりーむ!作品ページより引用)


ふりーむ!さんで見かけたとき、ちょっとある予感が。
確かめたくてプレイさせて頂きました。
制作ツールは不明ですが、恐らくご自身でプログラムを組んで作られているのだと思います。

学校の風景の中を上へ上へと進んで行くのですが、これは何を表しているのだろう?と。
眺めて首を傾げつつプレイし、後半で理解できた感じです。
言ってしまうと嫌な想像通りだったのですが、予感していたのにへこみました。
心象風景の描き方、シンプルなだけに強い印象を残します。

この作者さん、他の作品も一目見てゾクリとするグラフィックの作品が多いので、
そういう心の闇を描くのが得意なのだろうな、と。
鬱系ホラーが好きな方向けに思えます。
ちょっと心を強く持たないと引きずられそう。
拍手する

四色さん

2018年09月12日 20:00

たぶんおそらくきっと【タイトル】 四色さん
【制作】 たぶんおそらくきっと 神波裕太様

四色さん
【ジャンル】 ショートホラーノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間 】 1周5分(トータル10分)時間
【ツール】 NScripter 
【容量】 10.2MB
【公開日】 2007年6月30日
【プレイver.】 1.00

トイレの怪談は様々で、よくある話が「トイレの花子さん」
でも、私たちの学校にはトイレの花子さんなんていない。
いるのは、「四色さん」
四色さんは呼び出すと三つの色を聞いてくる。
「あかいろとあおいろときいろ、どれがいーい?」
答えはどれでもいい。
どれを答えても、昔流行った「怪人赤マント」や「赤い紙青い紙」みたいに殺されたりしないから。
けれど、絶対にどれかの色を答えないとだめ。
答えないと、黒に染められて殺される。
それが、私たちの学校に伝わる怪談。 (readmeより引用)


怪談として聞いたことのある「赤い紙青い紙」かなと思いきや、説明文では違う怪談らしい。
「赤い紙青い紙」は子供の頃に聞いてかなり怖かった(今も思い出すと怖いですが……)ので、
この作品では何が起こるのか?と結構ドキドキしつつプレイしました。

普通に怖かったです。
あか、あおと読んで救いのない展開にへこみ、「きいろって……きいろって何よ!」と。
ひぃぃ。ある意味予想外で、きいろが一番エグかった気がします。

短時間で怪談ならではの嫌な感じが味わえる、まさにこれぞホラーでしょうという作品。
10年以上前の作品ですが、こういう昔ながらの定番ホラーは色褪ないものです。

ちなみに、暗い嫌な気分で終わった後、ギャグ編がプレイ可能。
読むとホラーテイストは台無し……とはいえ、何か救われます。
拍手する


最新記事