WEBゲーム の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

部屋の中に死体があった。

2019年11月08日 22:39

部屋の中に死体があった。 ふりーむ!のページ【タイトル】 部屋の中に死体があった。
【制作】 時計チクタク様(twitter

部屋の中に死体があった。
【ジャンル】 短編探索アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類+α
【プレイ時間】 1周1~20分(トータル30分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 139MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年4月1日
【プレイver.】 2.00

部屋の中に死体があった。
死んでいるのは見知らぬ女。一体誰だ!?どうする俺!?


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

部屋に見知らぬ女性の死体が!という、緊迫感溢れる状況から始まる短編アドベンチャー。
主人公、だいぶ焦っています。
部屋を調べることで色々と行動でき、その行動によってエンディングが変化します。

主人公の行動、ごく常識的なものから、「何やってるのこの人」と突っ込みたくなる奇行まで色々あって
選択肢を選ぶのが楽しかったです。
謎解きはほとんどありません。
パスワードを捜す箇所がひとつありますが、ヒントも豊富なので迷う事はなさそうです。

進めていくにつれ――いえ、もしかしたらもっと前から何となく違和感が出てくることになるでしょう。
全部分かってしまえば「そうか、そういうことか」と腑に落ちる物語です。
……何であんな奇怪な行動するんだ、という点に関しては腑に落ちませんがね!

真相エンドに辿り着くのはさほど難しくはないと思います。
すごく意外な犯人像という訳ではないものの、見た目とか色々な面でゾッとしました。
真相エンドでのエンドロールには特に唸らされました。うーん、コレがアレなのかぁ。と。

6種類のエンディングを集めるのは少し手間取りました。
特にEND3がなかなか探しきれず。難しかったというより、なぜかなかなか分からなかったという感じ。
見つけた時は嬉しかったです。
また、6種類の他にゲームオーバーもあります。

真面目なようで不真面目、しかしふざけているようでしっかり計算されている。
独特のノリと雰囲気が魅力的な作品でした。
色々伏線を貼っていて、しっかりミステリー作品として成立しているところも好きです。
以前プレイさせて頂いた、同作者さんの「オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~」にも共通したテイストがあります。
クセがあると言えばあるので、もしかしたら万人向けではないのかもしれません。
私はこの作風大好きです。
拍手する

数字当てゲーム HIT & BLOW

2019年11月03日 20:00

ロバミミ【タイトル】 数字当てゲーム HIT & BLOW
【制作】 ロバミミ K様

数字当てゲーム HIT & BLOW
【ジャンル】 数字当てゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 -
【プレイ時間】 1プレイ1分程度~
【ツール】 FLASH
【容量】 -
【公開日】 2012年10月31日

ブラウザでプレイできる数字当てゲームです。

特にストーリーもなくゲームプレイのみのシンプルな作品。
数字を連続でクリックして選んでいくのではなく、それぞれのマスを選んでひとつずつ入れていく仕様で、
最初はちょっとやり辛いと感じたんですが、慣れるとこちらの方がやり易いかもです。

3桁から5桁までプレイ可能。
お好みに合わせてどうぞ。
拍手する

無人島

2019年11月01日 20:00

無人島 ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 無人島
【制作】 加藤 匠様 (twitter)

無人島
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1プレイ10分(トータル55分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 100MB (ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月30日
【プレイver.】 1.1

無人島に何か1つだけ持っていくとしたら?
ふと目を覚ますと、男は無人島に漂着していたが、選んだものも漂着していた。
何があれば、あなたは生きられるでしょうか・・・。
何があれば、あなたは帰れるでしょうか・・・。
何があれば、あなたは幸せでしょうか・・・。 (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


前作「公衆電話」がオリジナリティ高く面白い試みの作品だったので、
こちらも以前から気になっていたのですが、ようやくプレイさせて頂きました。

無人島に流れ着いてしまった主人公。
ひとつだけ無人島に持って行けるとしたら何を選ぶか……?
単語を入力することで物語が進みます。

いくつか頭に思い浮かんだもののうち、ひとつを入力したところ物語が進みました。
最初の単語がヒットしたので結構何でもいけるのかと思っていましたが、ヒットする品物は限られています。
用意されてないとんでもないものを入れてもスルーされますのでご注意を。
進むと、【】付きでいくつかの単語を主人公が連想するので、「ああ、これが入力できるのだな」と分かります。
このシステムが面白い。
ちなみに、思い浮かばずに何も入力せず進めると、きちんと単語をひとつ提示してくれます。

最初に考えたとき、誰でも思いつくような食料や水といったものしか思い浮かばなかったんですが、
ストーリーが進行すると意外なものを提示されます。
あー、そういう候補もあるのか!と目から鱗。
そこからどんどん現れる単語をひとつずつ試し、物語を進展させていくのがすごく楽しかったです。
コツとしては、次々に現れる単語を見逃さないようにきちんとメモしておくことでしょうか。
全て入力すれば、全てのエンディングは回収できます。

それぞれの結末も、無残なもの、現実的なもの、ちょっと不思議なもの、ハッピーエンドと様々に展開。
どれも違ったテイストでどれも面白かった。
また、きちんとしたエンディングの他にも、入力した単語によってはストーリーには進展しないものの、
主人公のツッコミが入ったりと面白いコメントになったりします。
前作「公衆電話」にちなんだものも見られたりと、小ネタまでたのしめました。

しかし、自分としてはひとつだけの品物では、無人島で生き残れる自信がない……。
思いつめた挙句、「コンビニ」(これさえあれば生きていける気がした)とか、いやまだ足りない!と
「日本列島」とか「地球」とか試したんですが、さすがに全部ダメでした。てへ。

1周で10分程度くらいで読める手軽さもありがたいです。
全部のエンディングを集めるのに1時間弱かかりました。
私は単語メモするのさぼってやや手間取ったので、きちんと順序立ててプレイすればもう少し短くいけるかも。

この作品、バージョンアップでエンディングがいくつか追加された経緯があるようです。
今後また新しいエンディングできないかな、とちょっぴり期待してしまいますね。
拍手する

ミッドナイトストレンジ

2019年10月24日 20:00

ビーの一族 ブログ【タイトル】 ミッドナイトストレンジ
【制作】 ビーの一族 ブログ ウチチャン様(代表)

ミッドナイトストレンジ
【ジャンル】 短編ノベルアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周9分(トータル37分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 -
【公開日】 2016年10月8日
【プレイver.】 2.01

最近この町に引っ越して来たばかりの主人公が、初めて迎えるハロウィンの夜。
まだ友達もいないが、せっかくのハロウィンだし一人で町を散策することに。
そこで主人公が出会ったのは……?


ハロウィンが舞台の短編ノベルアドベンチャー。

まず、主人公の名前を決定するところから始まります。
自分の名前を入れちゃえばいいのですが、私はあまり自分の名前は付けないタイプでして。
この主人公、男女性別が決まってないというのでしばし悩みました。

名前が決まると、ストーリーに登場する4人の中からキャラを選んで進めていきます。
この作品、キャラクターがとにかく個性的で楽しい。
台詞が結構痛いんですが、痛すぎて面白すぎ。読みながら笑い転げてました。
中でも痛かったのが、死語を連発する死神……!
どちらかと言うと悪役で、性格も痛いのですが、なぜか憎めませんでした。

私はパッと見てエメロードちゃんが気にいったので、エメロードちゃんから順に進めました。
一見気が強そうな女の子ですが、気が強い面が出すぎず、礼儀正しくて優しい子で。
キャラクターも想像以上に良かったし、ストーリーも良かったー。
でも、この子はちょっと最後に取っておけば良かったかも、と思ったり。
とは言え、プレイ順はお好みで良いとは思います。

主人公の性別が不明なのでBL、GL要素ありとの記述があるものの、
あまりがっつり恋愛という感じで描かれてないので、さほど気にならなかったです。
一番猛烈に主人公に迫ってくるキャラがちょっとアレなので、恋愛どころかギャグでしかないという。

最初は乙女ゲーかギャルゲーっぽいのかな、と思ってプレイさせて頂いたのですが、
どちらという訳でもなく、最初に想像したより面白かったです。思いがけず心が温かくもなりました。
拍手する

脱出ゲーム マザーグースの部屋

2019年10月13日 22:28

ハタ イケダのポートフォリオサイト【タイトル】 脱出ゲーム マザーグースの部屋
【制作】 おくら様(twitter

脱出ゲーム マザーグースの部屋
【ジャンル】 脱出ゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 3分程度
【ツール】 Unity
【容量】 -
【公開日】 2019年9月1日
【プレイver.】 1.01

ブラウザでプレイできる脱出ゲームです。
ふりーむ!、unityroom、PLiCyにて公開されている模様。

ふりーむ!の作品ページ →  unityroomの作品ページ→  PLiCyの作品ページ→

タイトルの通り、マザーグースをモチーフにした謎解きが散りばめられた脱出ゲームです。
パステルカラーの可愛らしい部屋ながら、マザーグースのちょっと残酷なテイストも織り交じっていました。

謎解きは分かり易くて、3分くらいでさくっとクリアできましたヾ('ω'*)ノ
マザーグースの残酷さを配慮してか12歳以上推奨となっているので小さなお子様にはお薦めできないものの、
謎解きに初挑戦!という方にはぴったりかも。

短編だけどイラストもたくさんあって、見た目で楽しめる作品でした。
拍手する


最新記事