WEBゲーム の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

聞き屋

2019年06月13日 22:07

聞き屋 ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 聞き屋
【制作】 旧人類様(twitter

聞き屋
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 5分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 122MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年8月19日
【プレイver.】 ?

あなたは聞き屋です。
お客さんの話を聞くだけで構いません。 (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ティラノゲームフェス2018 にて、佳作を獲得された作品です。

お客さんの話を聞く。それだけのゲームです。
最初は向こうが「聞き屋」なのかと思っていましたが、こちらのことでした。
説明にも「あなたは聞き屋です」って書いてありましたね。

画面はモノクロで古い映画のようなノイズが入り、流れる音楽はショパンのノクターン。
洒落た雰囲気ですが、目の前に座る人物はどこか奇妙でちぐはぐな感じです。
私は「聞き屋」なのでただただ話を聞くだけですが、つい「あなたは何者?」と聞きたくなります。
まぁ、例え聞けたとしてもやってしまうと野暮ってものなんでしょうね。
聞き屋のプライドに反する気はします。

彼が効かせてくれるお話はどこか優雅で、風景が目の前に浮かぶようでした。
短いお話なので、つまらないと思う人もいれば、趣を感じる人もいるでしょう。
さくさく無造作に読むより、じっくりと味わいつつ読むと印象が変わってくると思います。

奇をてらった作品ではあるのに、足が地に着いた作品で、好感が持てました。
拍手する

考古探偵満田~紅蓮の来訪者

2019年06月09日 23:00

考古探偵満田~紅蓮の来訪者 ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 考古探偵満田~紅蓮の来訪者
【制作】 ばたお様(Webサイトなし)

考古探偵満田~紅蓮の来訪者
【ジャンル】 ミステリーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 33分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 140MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年8月31日
【プレイver.】 1.00

あるホテルの一室にて深夜、殺人事件が発生。
警察は捜査を続けるも、犯人の痕跡から手がかりになるものはなにもなく、困惑していた。 
警察は考古学研究家であり、探偵である満田に、捜査を依頼。
自身が開発したタイムマシンを使い、事件を解いていきます。
(ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ティラノビルダー製のノベルアドベンチャーです。
ノベルゲームコレクションでブラウザ版・ダウンロード版がプレイ可能。

タイムマシンを駆使して殺人事件を捜査するという、なかなか突き抜けた設定のミステリーノベルです。

主人公の満田時は、日本では知らぬものがいない程に有名な名探偵という設定です。
しかし、タイムマシンを作る時点で名探偵よりすごいのでは。
天才設定ながら、キャラクターはあまり奇矯なところがなく馴染みやすい人物として描かれていました。

タイムマシンがあれば殺人事件とか一発解決……というか、未然に防げてしまうのでは?と
深く考えるとタイムパラドックスに陥りそうですが、そこまで複雑さを出さず上手くまとめています。
推理は、選択肢を間違えると選びなおしになるので実質一本道。
後半の犯人との対決では選択肢を選ぶのに時間制限があり、緊迫感を煽られます。
これは間違えると即終わりますが、やはりすぐにやり直しができるので親切設計ですね。
途中迷ったところもあったものの、選択肢さえ当てれば満田探偵が推理を披露してくれるので、
なるほど!という感じでした。

逆転裁判を彷彿とさせる指差しポーズも印象的でした。
30分程度でさっくり遊べますし、推理が苦手でも詰まることはなさそうなのでプレイし易いと思います。
拍手する

えんかうんと

2019年06月07日 21:18

5Z6P【タイトル】 えんかうんと
【制作】 5Z6P ひさかきぬい様、素凡様

えんかうんと
【ジャンル】 掌編ビジュアルノベルゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周4分(トータル12分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 204MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年4月1日
【プレイver.】 1.00

いつもと同じ繰り返しの日々。しがないフリーターである俺は今夜もただ帰路につく。
目的もなく生きる楽しみもなく、腹の底には渦巻くような閉塞感を感じていた。
「誰でもいいから、殺してぇな」
そう思った矢先に出逢ったのは、ひとりの少女だった。 (ふりーむ!作品ページより引用)



ツクールMV製の、10分程度で読める、選択式ノベルゲーム。
基本はブラウザプレイですが、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。
展開によってホラーだったり良い話だったりのギャップが大きかったです。

冴えない生活にやさぐれている主人公が、深夜、小学生の女の子にエンカウント。
ピンクの身なりの良い女の子に「あら、可愛い」とは思ったものの、
夜中にランドセル背負った女の子が歩いていたらギョッとしますよね。

あらすじだけ見ると「女の子、逃げて……!」と言いたくなるのですが、
どう見ても状況が普通じゃないので、どうなるのか先が見えませんでした。
初回は、もし私が主人公ならこうするだろーというごく普通の行動をとってみたところ、
とてつもない理不尽な目に遭わされて愕然としました。そりゃないよ(´;ω;`)
選択肢と結末に因果関係が見えないのが理不尽だなぁと思いました。
ただ、先が想像できないという点ではそこは楽しみになり得るのかも。

展開によっては希望が持てる良いエンドもあるものの、前述のような理不尽さにモヤモヤ感は残りました。
女の子は可愛いし、ブラックホールのように吸い込まれそうな彼女の妖しい瞳は見どころだと思います。

カテゴリーに少々迷いましたが、ある種の怖さはあると思うのでホラーとさせて頂きました。
拍手する

ゆうやけぱん!

2019年06月04日 20:00

そらとぶもちもち【タイトル】 ゆうやけぱん!
【制作】 そらとぶもちもち kouta様

ゆうやけぱん!
【ジャンル】 ゆるふわホラーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周6分(トータル1時間)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 114MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年11月2日
【プレイver.】 1.03

ガッコウで夏休みの宿題してたらお腹すいちゃった。
近所のパン屋さんにおいしいパンを買いに行こう。 (制作サイトより引用)


ティラノビルダー製のノベルアドベンチャーです。
ふりーむ!でブラウザ版のみ、ノベルゲームコレクションでブラウザ版・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

こちら、同作者さんの「ほしふるせかいの終末に」という作品の前日譚だそうです。
私はその作品は未プレイですが、こちら単体でも楽しめました。

ゆるかわイラストと、プレイ時間10分との紹介に惹かれて気軽に遊び始めたのですが。
だ、騙されたΣ('□'*)
可愛さからは想像できないホラーですし、難しいですこれ。
確かに1周は10分程度なのですが、途中がっつり躓いて全クリアするまで1時間程かかってしまいました。

学校で課題をこなす主人公美亜ちゃんと友人のルリちゃん。
会話から中学生くらいに見える……と思いきや、大学生だった!
そんな中、黄昏時にパンを買いに走った美亜が怖い目に遭うのです。

最初はどうして良いか分からず何度も同じエンドになりましたが、だんだん要領は分かってきました。
なかなか上手く行かずに苦労したものの、試行錯誤し何とか前半を突破。
しかし後半パートで、またもや上手く行かなくて。
何でこれでクリアできないんだ?と頭を抱え、どうにもならずに制作サイトの攻略を拝見しました。
前半でクリックしておくべき箇所をひとつ見逃していたのでした。
ううん、全然気が付かなかったよ……。
あまり調べるところは多くないので、手を抜かずに色々なところをクリックしておくべし、です。

多分、要領の良い方なら私みたいに1時間もかからずにクリアできるはずです。
想定外のストーリーと手応えでしたが、パズルゲームのように楽しめた作品でした。
拍手する

トマトマナハウス

2019年06月03日 20:00

ぴんくぶらっく【タイトル】 トマトマナハウス
【制作】 ぴんくぶらっく ゆめのか(96pink)様

トマトマナハウス
【ジャンル】 探索謎解きアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 26分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 128MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年6月4日(リメイク版)
【プレイver.】 2.08

とある平和な町の、領主の館にお腹を空かせたヴァンパイアが立てこもってしまいます。
ヴァンパイアの要求は、トマトを用意すること!? (制作サイトより引用)


第四回PLiCy ゲームコンテストにて、シナリオ部門【銅賞】を受賞された作品です。

以前公開されていた同タイトルのリメイク版です。
PLiCyの他、RPGアツマール、ふりーむ!で公開されています。
基本ブラウザプレイですが、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能。

ふりーむ!の作品ページ→  PLiCyの作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

前作「トマトビレッジ」と共通のキャラクターが登場しますので、プレイ済みだと楽しさが増しそうです。
ストーリー的には繋がりがないので、こちら単体でプレイしても特に問題はないかと思います。
中でも一番の衝撃だったのは、幼女チェルシーが立派なレディになっていたという。
トマトビレッジからは10年くらい経っているのでしょうか。
また、謎の修道女ジュリアが今回もヒントキャラとして登場します。
彼女は謎めいていて気になるのですが、今作でも特に素性は明かされませんでした。むぅ。

今回は、魔物が仕掛けた謎解きを解いていくタイプのゲーム。
謎解きは難しくはない……と思うのですが、あまり見た事のないタイプのものでやや苦戦しました。
一応自力クリアできましたが、詰まった時はジュリアがヒントを出してくれます。
後で試したんですが、ヒントは段階的に出してくれて、どうしても分からなければ答えまで教えてくれます。
親切仕様ですね。

今作も悪人のいないほのぼのストーリーで、安心して楽しめました。
それにしても、作者さんのこの並々ならぬトマト愛は何なのでしょう。
いいぞもっとやれ。続編期待しています。はい。
拍手する


最新記事