ミステリー・サスペンス の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

太陽がまた輝くとき

2018年07月17日 20:00

セイナルボンジン【タイトル】 太陽がまた輝くとき
【制作】 セイナルボンジン たぬ子様

太陽がまた輝くとき
【ジャンル】 映画風紙芝居ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 35分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 21.9MB
【公開日】 2014年5月2日
【プレイver.】 1.11

久しぶりに帰省する娘のミハルと駅で待ち合わせていた刑事・コガ。
時間を過ぎても現れない娘を捜して駅のトイレへ向かうと、中から甲高い悲鳴が聞こえてきた。
トイレへと飛び込んだコガが見たものは、ナイフで刺されて横たわる愛娘の姿だった……。


第10回 ふりーむ!ゲームコンテスト にて審査員特別賞を受賞された作品です。

テキストと共にコマ送りで絵が変わっていく、紙芝居風のビジュアルノベル。
セイナルボンジンさんの作品をプレイさせて頂くのは3作目ですが、これが処女作です。

熟練の刑事が、愛娘が殺された事件を捜査していくサスペンスノベル。
ただ、事件の黒幕や殺された理由等、ストーリー自体はわりとベタな感じでした。
しかし、そこにプラスして主人公が「少林刑事」と呼ばれる拳法の達人という
ちょっと面白い設定が為されていて、そのB級感がまた良い。
その設定を活かしてのアクションシーンもあり、静と動のメリハリが見事でした。

絵はより新しい作品と比べると少し荒い気もしますが、それもまた味があります。
この作品の為に390枚もイラストを描かれているそうで……凄いですね。

オーソドックスな展開ながら、ストーリーの見せ方が素晴らしかったです。
やっぱり豊富な画像に感情を揺さぶられます。
序盤で凄腕の片鱗を見せつつも、娘に会える喜びでニコニコしているおやっさん。
事件に遭遇し、その表情が苦痛に歪む様やその後の鬼の形相が、見ていて辛かった……。
胸を打たれる悲壮感、手に汗握る緊張感、胸が熱くなる高揚感。
最初から最後までドラマチックで、良質のドラマを観ているように最後まで飽きずに引き込まれました。

ラストでタイトルの「太陽がまた輝くとき」という言葉の意味を噛み締めた時に、思わず涙腺が緩みました。
拍手する

アキトDATE ショート ~尾のない黒猫~

2018年07月09日 20:00

FBI【タイトル】 アキトDATE ショート ~尾のない黒猫~
【制作】 FBI 花シュウ様、ハシクラオ様

アキトDATE ショート ~尾のない黒猫~
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2時間程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 170MB
【公開日】 2013年5月23日
【プレイver.】 1.01

梅雨真っ盛りの6月某日。アパートの一室で、女性の遺体が発見された。
『事件か、事故か』
まったく関係ないはずなのに、気付けば事態の究明を押し付けられている主人公。
不本意全開な彼がトンデモ推理で解き明かす、事の真相とは……?
(ふりーむ!作品ページより引用)


第9回 ふりーむ!ゲームコンテスト アドベンチャーゲーム部門で金賞を受賞された作品です。

こちら、1作目に当たる「「アキトDATE 第一話 ~凶行の違和感~」を、
すごーく昔(コミックメーカー製の時代)にプレイさせて頂きました。
続編があるのは知っていて気になっていたのですが、ようやくプレイすることができました。
ちなみに第二話はシェアウェアで、体験版のみフリー公開されています。今作が3作目となります。

昔ながらの推理アドベンチャーで、絵がくるくる動くのがすごくカッコいい。
ただ、文字速度は少し遅めです。オプションの設定で速めにしてもやっぱり遅いと感じました。
捜査までの導入ストーリーの後、現場に入ってからは画面クリックで調査していきます。
同じ箇所も何度か調べると変化があるので、詰まったら粘り強く調べるのがポイント。
ちなみに、調査を進めると人物や証拠物に関しての「カード」が手に入り、
それについてアキトの考察を読むこともできます。
これはやらなくても進行できるようですが、見ておくと面白いです。
しかしこの刑事さん、前作には登場しているようですが……第一話にも居ただろうか?
さすがに10年前だと記憶にありません。今度また再プレイしたいですね。

推理は、かなり丁寧にポイントになる事象についてアキトが注視してくれるので、
何となくこういうことかな、と想像することができました。
推理シーンでは適切な「カード」を選んで推理を組み立てていきます。
特に、最後の推理シーンでは3つのカードを組み合わせて指摘せねばならず、
何となくやらせたい方向は分かったのですがどれが相応しいのか悩んで何度かやり直しました。
これ、当たっていると「これは正解だが、残りはダメ」と教えてくれてやり直しになるし、
徐々にアキトの台詞にヒントが増えていくという親切設計です。
また、ギリギリまで間違えると、もう一度間違えるとゲームオーバーですという警告と共に
「秋人に推理を任せる」という究極の選択肢が。
推理が全くダメでもクリアは可能な設計ですので、詰まって挫折することはないのです。

推理過程では、犯人と友達から罵られながらの披露になるので、ちょっとイラっとしました。
まあ、こんな金髪のチャラい兄ちゃんに言われたくないのは分からなくもないですが。
しかしアキトは優しくて、犯人を告発するような自分の行為に疑問を感じているようです。
冒頭シーンでは彼のやんちゃっぷりを見せられてちょっと引いてしまっていたものの、
そんな人の好さを見せられると、アキトに好感を持ってしまいます。人物造形、良いですね。

画面構成も面白く、絵も綺麗で臨場感があり、推理も本格的。
とても貴重な良質の推理アドベンチャーです。プレイできて良かったです。
拍手する

“聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete

2018年07月08日 20:00

LAb246【タイトル】 “聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete
【制作】 LAb246 LIKEMAD/ツシマユキヒロ様

“聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete【ジャンル】 ミステリーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間45分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 119MB
【公開日】 2017年3月30日
【プレイver.】 1.04

サイキックである主人公のヒナタ・スペンサーは、国際特別捜査局の捜査官。
捜査本部のある英国から、生まれ育った桜木町へと本部の命令で戻ってきた。
しかし、それは表向きの理由。
彼女はどうしても解決しなければならない大きな問題を抱えていた。
“聴”能力キキミミ!!を使い、難事件の真相を暴け!  (制作サイトより引用)


第4回 PLiCyゲームコンテスト シナリオ部門・金賞受賞作品。

“聴”能力捜査官である主人公・ヒナタ。
“キキミミ”という、探しものの位置を“音”で聴いて確認できる能力を持っています。
そのキキミミを駆使して、事件を解決していくストーリー。
音が重要なキーポイントになっていますので、音声必須、ヘッドホン推奨です。
MV製なのでブラウザ版もありますし、アンドロイドの方はアプリ版もリリースされています。
私はダウンロード版でプレイさせて頂きました。

ストーリーは何章かに分かれており、EPISODE1~FINALまで全10章。
元々はひとつずつ配信されていたのを纏めたので"Complete"というタイトルのようですね。

ゲームを始めると、オレンジの画面にポップなタイトルが。
キャラクターは、デフォルメされた感じの絵柄でとても可愛いです。
音を手掛かりに探索というのも、上手くできるかな?と少し不安でしたが、分かり易かった。
こちらの作者さん、過去作でも音がキーポイントになる作品があるのですが、
それよりも分かり易くなっていたと思います。

そして嬉しい驚きだったのが、同作者さん制作「迷☆探偵の助手」シリーズに登場する
大和さんというキャラクターがが絡んでくるということ。
この作者さん、作品同士がリンクしていることがないので意外でした。
プレイ後に制作サイトさんを拝見したところ、どうやら大和さんにスポットを当てた
スピンオフ作品として制作されたゲームというようなことが書かれていました。
なるほど、確かに脇役というより重要なポジションとして登場しています。
桜木町のMAPには空木探偵事務所の位置も示されるのですが、そこで同シリーズの
千穂や御影くんが相変わらずドタバタやってるんだろうな……と想像すると、街が愛おしく感じられました。

見た目もポップでスタイリッシュですし、そのイメージ通りに最初は軽快な雰囲気で始まりますが、
捜査が進むにつれ徐々に事件の真相……思いがけない隠された闇が見えてきます。
軽快から警戒へ。なんちゃって。
誰もが怪しく思えてくる手に汗握る展開で、ミステリーとしてとても楽しめました。
ヒナタの大和さんへの淡い恋心も見どころです。大和さんファンの女性はご覚悟を(笑)
大和さんはまだクールな対応ですが……続編も制作中のようですし、これからが楽しみな2人です。
拍手する

何も事件は起こらなかった

2018年06月28日 20:00

鳥籠のゲーム作品【タイトル】 何も事件は起こらなかった
【制作】 鳥籠のゲーム作品 鳥籠様

何も事件は起こらなかった
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類?
【プレイ時間】 1周20分(トータル1時間50分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 149MB
【公開日】 2016年12月29日
【プレイver.】 1.05

僕はお姉ちゃんと2人、家で夕飯を食べ、トランプで遊び、風呂に入って、眠りに就く。
ただそれだけなのに、何かが、何かがおかしい。 (Read meより引用)


第12回 ふりーむ!ゲームコンテスト 短編部門にて銅賞を受賞された作品。

「何も事件は起こらなかった」という平穏そうなタイトルでありながら、
“事件”という単語が出る時点で既に日常ではないことを予感させられます。
逆に興味を引かれる面白いタイトルだと思います。
何となく「そして誰もいなくなった」(このタイトルも好き)を思い起こしちゃいました。

ストーリーは、主人公レンと、お姉ちゃんの一晩のお話。
何気ない日常風景のはずですが、それにしてはBGMが不穏でやはりどこかおかしいと感じます。
そして家の中には、黒い影が……。彼らに話しかけると、音楽も歪むのです。
それだけでぐにゃりと空間まで歪んだように感じられて、怖い。
ちょっとしたことで顕著に奇妙な感覚が表現できていて、すごく良いと思いました。

真相はひたすら隠そうとはしていない(というかむしろ気付くように仕向けられている)ので、
プレイしているうちに、多分こうなんだろうという予想はできるのです。
ただ、それがどういう結末を迎えるのか、という点でハラハラしつつプレイしていました。

エンディングはGOOD END、NORMAL END、BAD ENDがあります。
私は順調に(?) BAD→NOMAL→GOOD の順番で到達。
BADとNOMALの分岐は分かり易いのですが、GOODを見るのにしばし悩みました。
所要時間は、エンディング探しにどのくらいかかるかで大きく変わってくるかと。
(記事に記載のトータル所要時間は、「全ての」エンディングを回収するまでにかかった時間です)
試行錯誤した甲斐あり、何とかGOODを自力でクリアできたときは嬉しかったです。
注意していれば気付くようにできてはいるのですが……何というか、思い込みを突いた盲点でした。

GOODでのラストシーンは台詞まわしが絶妙で、胸が熱くなり思わず涙腺が緩みました。
レンよ……君は本当に小学生なのか……!?
このタイトルにしてこのシーンあり。結び方がお見事です。
読み終わって時間が経った今でも、心に残っています。
見るのがややむずかしいとはいえ、これこそがこの作品の真骨頂だと思うので、
プレイする方はぜひ探してください。迷ったときは、Read meにヒントがあります。

以下、ぼかしていますが少しだけストーリーの内容に触れますので、閲覧注意して下さい。

私の住んでいる地域では、登場人物に降りかかった出来事が相次ぎました。
私や近しい方は大丈夫だったのですが、そのことについては何度も考えて胸を痛めたので、
登場人物の気持ちが痛い程に感じられ、辛かったです。
ですが感情移入できたが為に、終幕の感動もひとしおでした。

※以下、更にネタバレですので反転しないと見えないようにしています。

クリア後、ふりーむ!さんのレビューを見て初めて気が付いたのですが、
この作品にも鳥籠さん作品でお馴染みのあの要素が隠されていました。
すぐにゲームに舞い戻って探したものの、見つけられず……。
GOODまで自力クリアできたのでヒント部屋の存在に気が付いてなく、この時に偶然辿り着きました。
ここで初めてヒント閲覧。
おお、こんなところに懐かしの鳥山恵司さん(にそっくり)な方が……!
この方は神林家殺人事件の登場人物でわりと好きだったので、ご本人かどうかは別として
またお会いできて光栄でした。
タイトルは元々違うものを考えていらっしゃったそうですが、私は現タイトルの方が好きです。

そこでのお姉ちゃんの台詞で条件は閃いたので、その通りにやろうとしたものの更に躓きました。
え、何か無理じゃね?できるのこれ?
もうそれからはそこを目指して一直線で、お姉ちゃんの話とか全然聞いてませんでした。
物語を読まず感じずでただの作業になってしまい、複雑な気持ちです(・ω・`)
全然人の話聞いてないレンを見て、お姉ちゃんどう思っただろうか、と……。

そうして頑張った甲斐があって、ようやく目指すものには到達することができました。
そちらで明かされる結末では、これまた鳥籠さんお馴染みの要素があって、あー、そうきたかー、と。
既にGOODで感動していたので、ストーリー的には見なくても十分だったとも思いましたが、
最後まで(本当にこれで全部かという疑いはありますが)見られてほっとしましたし、楽しめて良かったです。

しかし改めてRead meを読んで思ったのですが、意図的に誤解を招くように記載してあるのに
よくよく考えると嘘は付いていない、というところが絶妙です、ホント。
この作者さん、メタなところでもミスリードを仕掛けてくるので油断ならないです(そういえば前作もそうでした)。
してやられたー、という感じですね。

記事内のエンド数の表記をどうするか迷いました。悩んだ末?を付けて誤魔化してます。
拍手する

たらちねの殺人事件

2018年06月07日 20:00

たらちねの殺人事件 ふりーむ!のページ【タイトル】 たらちねの殺人事件
【制作】  三浦大迪様(Webサイトなし)

たらちねの殺人事件
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1時間10分~1時間30分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 104MB
【公開日】 2015年11月30日
【プレイver.】 1.03


2016年9月17日。
その日、アマチュア探偵の神戸泉明正は知人の蓮太郞と一緒に嵐の山道を駆け抜けていた。
自然災害の域に達した暴風の中では前も見えない。右も左も分からないまま、
2人は「一見様お断り」と書かれたホテルへぞろぞろと駆け込んでいった。
宿泊の許可をもらえたのは不幸中の幸いだろう。2人はほっと一息をつき、濡れた体を温めていた。
そんな最中のことである。廊下の奥から、女の悲鳴が聞こえてきたのは―― 
(readmeより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ツクール製の推理ゲーム。
本格推理っぽいので、ワクワクしつつプレイしました。
スタイリッシュなタイトル画面がカッコ良くて、おおっと思いました。期待も益々高まります。

赤い絨毯のゴージャスなマップチップや劇画風の人物から重厚な雰囲気のミステリーを
想像していたのですが、そこから見事に裏切られました。
結構なギャグ寄りです。
そんな美しい顔でそんな台詞吐くんかい!とギャップがすごかった。

アマチュア探偵の神戸泉(この方の名前の読み方を忘れて、プレイ中読めてませんでした……)が
ホテルで起こる殺人事件を解決していきます。
すごく広そうに見えて探索できる部屋は限られているので、あまり煩わしくありません。
聞き込みをしつつ各自のアリバイを確認していき、推理します。
メモは取らなくてもメニューの行動確認表で時系列ごとに整理して表示されるのは便利。
ただ、これリュームがすごすぎて頭が追い付きませんでした。
皆の記憶力が素晴らしく、〇時〇分に何をして……と結構詳しく語ってくれるのです。
行動確認表も最後にはすごいボリュームになります。気合を入れて推理したい方は燃えそうです。

聞き込みを終えるのに謎解きや工夫が必要なので、最初の難関はそこかも。
一応ヒントもあるのですが、そのヒントがまた意外かつ想定外。笑いました。
その辺りを突破できれば推理パート開始となり、犯人を選択式で指摘します。
きちんと時系列を把握して推理すれば分かるのかもですが、私はギブアップ(・ω・`)
犯人がどういう人物かは想像できたものの、誰かのかは当てられませんでした。
登場人物の中でも飛びぬけて怪しい(人格的な意味で)の方がいるのですが、
「もうこの人が犯人でいいよ。というか怖いから犯人であってください」
とそんなノリで指摘し、見事に玉砕。その後も何度か外しました。
でも外すとエンディング回収できるので、結果オーライ(・ω・)b
正解した後の推理披露では、読み解くのを諦めたアリバイについて視覚的に分かり易く
神戸泉さんが解説してくれます。ありがたやー。

分岐はほぼ犯人指摘によるものなので、あまり時間をかけずに全エンド回収できました。
END1への道のりではキーワード入力シーンもあり。ここは一発クリアできました。
その辺りのラストシーンでは表示される背景がまた美しく、クリアした喜びもひとしおでした。
拍手する


最新記事