ミステリー・サスペンス の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

蒼の屋敷

2019年01月12日 22:38

ちゃんとする【タイトル】 蒼の屋敷
【制作】 ちゃんとする サム様

蒼の屋敷
【ジャンル】 サスペンスADV
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周20分(トータル55分)程度
【ツール】 NScripter
【容量】 39.1MB
【公開日】 2013年4月30日
【プレイver.】 1.05

旅行の途中で怪我をしたレイビットは
息も絶え絶えの所を、近くの屋敷に住むエウルに助けられます。
怪我が完治するまで屋敷で療養する事になったレイビット。
美しい屋敷の主人と、無愛想なメイド、優しい執事など
独特な住人達との生活は安らかでとても楽しい日々です。
しかしそんな生活もつかの間、屋敷の謎が少しずつ見えてくるのでした。
(ふりーむ!作品ページより引用)


森の中で怪我をした主人公が、通りすがった男性の屋敷で過ごすお話。

オープニングシーンを見て、結構な残酷さにびっくり。
ただ、その後の展開はほのぼのとしています。
豪華なお屋敷で、使用人も主人も親切。レイビットは楽しく過ごします。
怪我をするのは嫌ですけど、お屋敷に泊まれる機会など滅多にないし、ちょっと憧れます。
レイビット羨ましい!と思っていました。

ただ、ゲームは「サスペンスADV」ですし、紹介文やオープニングの不穏さからしても
この屋敷には謎があるんだろうな……と覚悟はしていました。
周回プレイを進めるうち、その「謎」が明らかになっていきます。
ネタバレになりそうなのであまり詳しくは書かないことにしますが、
段々と緊迫した状況になってきて、手に汗握りながらプレイしていました。
可愛らしいキャラクターと、序盤のほのぼのに騙されてはいけません……!
というか、可愛らしいからこそサスペンスな展開が余計に怖くて震えます。

ストーリーは予想外というものではなかったものの、見せ方が上手いなぁと思いました。
2周目から徐々に真実が見え始め、ある程度のエンディングに辿り着くと
更にその先が解放されるという仕組みになっています。

サム様の作品はいくつかプレイさせて頂きましたが、「雨雲」のようなサスペンスから
魔法お仕事物語 Twinkle Night」のような暖かくて優しい作品まで、作風の幅が広いんですよね。
なので、この作品はどっちに転ぶのかと想像がつかないのも良かったように思います。

きちんと選択肢を試していけば詰まらずに全エンディング制覇できると思います。
トータルでも1時間程度でクリアできるかと。
短編ながら、ぎゅっと面白さが濃縮されている作品でした。お薦めです。
拍手する

あなたと3人とどうとでもなる死体

2018年12月26日 23:04

あなたと3人とどうとでもなる死体 ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 あなたと3人とどうとでもなる死体
【制作】 越智屋様 (Webサイトなし)

あなたと3人とどうとでもなる死体
【ジャンル】 ショートミステリー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類?
【プレイ時間】 18分程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 79.6MB(ダウンロード版)
【公開日】 2016年6月1日
【プレイver.】 ?

森作邸の書斎にて、屋敷の主人である森作栄助が毒殺された。
状況から、犯行が可能なのは屋敷に住む3名に絞られる。
住人たちから事件の調査依頼を受けたあなたは、森作邸を訪れる。


ノベルゲームコレクションにて公開中の推理ゲーム。
ブラウザプレイ、ダウンロードの両方が可能です。

探偵なのか何なのか正体は分からない「あなた」イコールプレイヤーが殺人事件を調査します。

登場人物が、綾香・伊純・羽美、そして栄助。
名前の頭文字があいうえ とさりげなく並んでいるのが何か良いですね。
そうなると、「お」から始まる名前の謎の人物が犯人では……とか妄想が膨みました。
居ませんでしたけど。

屋内の数ヶ所を調べたり、容疑者たちから話を聞いていきます。
容疑者全員に動機がありそうだったり、いきなり自白する人物が居たりとなかなか一筋縄ではいかない状況でした。
紹介文に「5分で終わるショートミステリー」とあるものの、きちんと調査して考えるとさすがに5分で終了とはいかず。
早い方ならそのくらいでプレイできちゃうかもですが。
コマンドの中に「考える(ヒント)」や「事件の概要を見る」という便利なものもあり、プレイし易かったです。
ひととおり話を聞き終えると、「犯人を指名する」で推理が開始。
推理は選択方式です。
あまり調査する範囲が広くはないので、推理はそれほど難しくはないと思います。
推理を失敗しても、再調査からやり直したり考え直したりできるので、何度でもチャレンジ可能。
そのまま押し通すと推理失敗エンドとなります。
エンディングは、推理成功と失敗の2つではないかと思うのですが、間違っていたらすみません。

何というか、推理失敗エンドは……決して許されてはいけないのかもしれません、が、
これで良くない?という思いが頭をもたげてしまうという。
一風変わったゲームのタイトルも、失敗エンドを見て「なるほどねぇ」と思いました。

短時間できちんと推理を楽しめて、面白かったです。
拍手する

雨雲

2018年12月15日 20:47

ちゃんとする【タイトル】 雨雲
【制作】 ちゃんとする サム様

雨雲
【ジャンル】 サスペンスアドベンチャー
【対象】 15歳以上
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周1時間~(トータル2時間)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 87.5MB
【公開日】 2015年3月21日
【プレイver.】 1.07

女性の失踪事件と、とある女性の物語。 (ふりーむ!作品ページより引用)


序章~終章までの5章で語られる、クライムサスペンス。
事件の概要を纏めたりのミニゲームはあるものの、推理入力や選択などはありません。

ストーリーは重く、正直万人受けするものではないかもしれませんが、すごく面白かったです。
文章もグラフィックの演出も丁寧で、今まで何で知らなかったんだ、勿体ない!と思いました。

イベントシーンではグラフィックがアニメーションで表現されていて、見応えがあります。
特にストーリーのオープニングでもある序章は……臨場感がすごい。
サスペンスだと分かっていてもぞっとしたし、胸が痛みました。

続きの第一章からは舞台ががらりと変わります。
あれ、別の話になった?と首を傾げつつ読み進めることに。
次の章に行くとまたお話は一転しますが、読んでいくとストーリーの骨格が見えていきました。
犯人も終盤までプレイすると、おのずと察せられます。
犯人の生い立ちには同情はしますが……だからと言って共感も肯定もできない。
しかし、辛い境遇が犯人を狂わせたのか、犯人が狂っていたからそんな境遇になってしまったのか。
どうなんでしょうね。

終章では、選択肢によって即死(ゲームオーバー)もあり。
運命の分かれ道ではセーブを促されるので、ありがたいです。
終章はスリルと緊張感がすごく、思わず主人公の気持ちになって震えてました。
2択の選択肢が3連続で、ひとつでも間違うと即死なシーンがあるんですが、
偶然にも全部正解の選択してびっくり。運を使い切ったかもしれない。

最後には、何の因果か憎むべき犯人も自身を苦しめた人たちに復讐を果たしていて、
良く練られているストーリーだなぁと感心しました。

エンディングは4種類としていますが、基本は1種類です。
残りは、途中の選択肢次第で事件が起きなかったり、最後まで辿り着ずにて終わるエンディング。
ただ、これらもエンディングとしてカウントされていて、全部見るとクリア後におまけスチルが見られます。

トータルクリア時間は2時間程度でした。まさに2時間サスペンスドラマ……!
章仕立てなので途中で休憩しながら読めて良かったです。

ふりーむ!でのレビューがやや辛口なのが意外です。
私にとっては、かなり好きな作品のひとつになりました。良質のサスペンスだと思います。
拍手する

KOKUTOU - 招かれざる常連客 -

2018年12月05日 22:30

大沼屋【タイトル】 KOKUTOU - 招かれざる常連客 -
【制作】 大沼屋 大沼遼太郎様、アイゼン伯爵様

KOKUTOU - 招かれざる常連客 -【ジャンル】 日常ミステリーアドベンチャーゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周15分(トータル30分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 207MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年8月31日
【プレイver.】 1.02

港が見下ろせる丘にひっそりと佇む骨董品店。
この店にはアンティーク以外のモノが集まることがある。
それはどこにでもある些細な“日常の謎”。

骨董品店を営む男“黒十美鶴”。
お嬢様学校に通う財閥の娘“小倉柚葉”。
二人が挑む謎は殺人でも脱出でもサスペンスでもないミステリー。
今回の謎は少女が“取らなかったとある行動”から始まった。

『黒十さん見てくださいよ、窓際の席の女の人』

果たして二人は、少女の謎を解き明かすことができるのか。
(制作サイトより引用)


前作「KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -」に続く、日常系ミステリーのノベル作品第2弾。

ティラノスプリクト製で、ふりーむ!やノベルゲームコレクション等でのブラウザ版、
Vector等からのダウンロード版もあり。
制作サイトさんからリンク一覧があるので、お好みのものをどうぞ。
この記事の作品タイトルからは、ふりーむ!の作品ページへリンクさせて頂いています。

今回も黒十さんと柚葉ちゃんのコンビ(?)が主人公。
柚葉ちゃん、今作では季節が変わって冬服来ていますね。セーラー服は良いものです。

今回は、前作でも登場した喫茶店が舞台です。
落ち着いた雰囲気の喫茶店、そして美味しいコーヒーの魅力に取りつかれたらしい黒十さん。
すっかり常連になっているご様子でした。
こういう「行きつけの店」って憧れます。良いなぁ。

今度の謎は、この喫茶店でのちょっとした「謎」――というか、疑問点から始まります。
ある少女の行動の理由を2人で推測するというもの。
しかし、静かな喫茶店の中、細部が観察できる程度の近い席に座っているというのに、
相手のことを噂するって……全部聞こえてるんじゃΣ('□'*)
と、ちょっとビックリしました。

謎は前作ほど簡単に推測はできないものでした。
派手さはないけれど、言われてみると確かに気になる謎。
そこを論理的に追及しようとするのは面白かったです。

そして推理だけでなく、黒十さんと柚葉ちゃんの雰囲気も一歩進んで良くなったような!
その点で少し女性向けの雰囲気が増していますね。

作品全体に漂うミステリアスな雰囲気も気になります。
作者さんのブログを拝見すると、少なくとも第三章、四章まではあるような文章をお見掛けしました。
続き、楽しみです。
拍手する

KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -

2018年12月04日 21:40

大沼屋【タイトル】 KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -
【制作】 大沼屋 大沼遼太郎様、アイゼン伯爵様

KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -【ジャンル】 日常ミステリーアドベンチャーゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周25分(トータル35分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 214MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年8月29日
【プレイver.】 2.01

港が見下ろせる丘にひっそりと佇む骨董品店。
この店にはアンティーク以外のモノが集まることがある。
それはどこにでもある些細な“日常の謎”。
骨董品店を営む男“黒十美鶴”。
お嬢様学校に通う財閥の娘“小倉柚葉”。
二人が挑む謎は殺人でも脱出でもサスペンスでもないミステリー。

今回の謎はとある女生徒の初恋から始まった。
『消えたんですよ! 人が! 突然!』
果たして二人は、初恋から始まった謎を解き明かすことができるのか。
(制作サイトより引用)


日常系ミステリーのノベル作品。
グラフィックも綺麗ですし、その上フルボイス付きです。

ティラノスプリクト製で、ふりーむ!やノベルゲームコレクション等でのブラウザ版、
Vector等からのダウンロード版もあり。
制作サイトさんからリンク一覧があるので、お好みのものをどうぞ。
この記事の作品タイトルからは、ふりーむ!の作品ページへリンクさせて頂いています。

主人公の黒十さん、特に示唆するものはないけどジャン・コクトーを連想していたのですが、
実は彼は、黒糖どらやきが好物だという設定が。
そっちが元ネタ!?
そんな黒十さんとコンビ(?)を組むのは、女子高生の小倉柚葉ちゃん。
となると、彼女は小倉あん!と思いきや、読みは「こくら」とのこと。
こくとう&こくら。「こく」繋がりでした。

日常ミステリーなので、殺人や誘拐など派手な事件が起こる訳ではありません。
柚葉ちゃんのクラスメイトから依頼され、ちょっとした謎を紐解いていくというもの。
これ、話を聞いた時点で「もしかしてそれ……」と、ある予想が頭に浮かびました。
結構キーワードをさりげなく強調しているので、きっと多くの人が思い浮かぶはず。

結果、予想はずばり正解とは言えないものの、当たらずとも遠からずという感じでした。
そして、そこから更に思いがけぬ展開も待っていました。
陰鬱な雰囲気がないので安心して読めますし、キャラクター同士の絡みも楽しかったです。
黒糖どらやき、食べたいよ。

ただ、多分読んだ方なら何を言っているか分かるかなと思うのですが、
作中のとある単語がしっくり来なかったというか、それってそれを表す言葉ではなくない?
と疑問に思った点がありました。
そこだけはちょっぴり気になったのでした。
拍手する


最新記事