ホラー の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Nevermore

2015年05月31日 14:01

世界圏【タイトル】 Nevermore
【制作】 世界圏 ゐおり野様

Nevermore
【ジャンル】 微ホラー風味の短編ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 32.8MB
【公開日】 2015年3月30日
【プレイver.】 1.00

――ある日届いた友人の手紙。
それに書かれていた一文を見て、すぐに彼の元へ向かうことにした――
(ふりーむ!作品紹介ページより引用)



横スクロールタイプのホラーアドベンチャーです。
画面構成はシンプルながら、壁紙が重厚な西洋のお屋敷の雰囲気を醸し出していました。
キャラクターは可愛いし、表情の差分も効果的に使われていて良かったと思います。

微ホラーというだけあり、そこまで怖い演出はないので怖いのが苦手な方も大丈夫かと。
ストーリーは皆まで語られないので一周したときは「ん、どういうこと?」と首を傾げましたが、
2種類のエンドを見終わると「こういうことか……」と察する事ができました。

ストーリーはほぼ一本道で、行動を間違うとゲームオーバーに直行します。
分岐ポイントは、ここかなと思う箇所がいくつかあったので順に試していきました。
ここでこうしたら変わるかな?と思ってやり直すと実際は一本道だったり、
違う行動を取るとゲームオーバーだったりしたので、分岐を探るのは割と楽でした。

グラフィックも綺麗ですし、難易度もホラー度も易しめで短時間でプレイできます。
気軽に遊べる短編をお探しの方にお薦め。
拍手する
スポンサーサイト

カエリミチ

2015年01月23日 20:26

猫又は夜に鳴く【タイトル】 カエリミチ
【制作】 猫又は夜に鳴く 鷹羽 旦様

カエリミチ
【ジャンル】 選択式アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 5分~40分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 55.3MB
【公開日】 2014年10月13日
【プレイver.】 1.00

【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ツクール製ですが、昔ながらのアドベンチャー的なショートホラーゲームです。
場面転換のウェイトが若干ありますが、そこが何だかレトロな感じを思い起こさせます。

駅から自宅までの短い道のりで起こる不可解な出来事。
「夜道を一人で歩く」というだけでそれなりに心細く怖かったです。
さほど衝撃的な演出は無かったので、よほどホラーが苦手でなければ遊べるでしょう。

初回は順調に(?)バッドエンドを迎えました。
バッドは分岐を潰していけば全て見られるので手間はかかりません。
もうひとつのトゥルーエンドがどうしていいか分からず、しばし夜道を彷徨い歩きました。
うろうろしていれば新展開が起こる事があるので、それを追っていけばOKです。

バッドエンドは何が起こったの……!?と茫然としましたが、トゥルーの後味は爽やかでした。

拍手する

WHITE ENIGMA

2014年12月07日 18:42

晴れ時々グラタン【タイトル】 WHITE ENIGMA
【制作】 晴れ時々グラタン ユキ子様

WHITE ENIGMA
【ジャンル】 短編ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類+おまけ
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周20~40分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 35.5MB
【公開日】 2013年2月13日

目覚めた『私』は、すべての記憶を失っていた。
奇妙な館を覆い隠さんとばかりに降り積もる、雪と謎。
新聞の日付は、12月25日――クリスマス。(制作サイトより引用)


見知らぬ館のベッドで目覚めた主人公。
自分が誰なのか思い出せず、何故ここに居るのかも分からないまま、
人影の無い館内を探索していくホラーアドベンチャーです。
ホラーですが、脅かし要素はほぼありません。、無人なのに何かの気配を感じる不気味さや、
奇妙さを煽る音楽だったりと、雰囲気で味わうホラーでした。
ゾクリとする場面もありますが、怖いのが苦手な方でも遊びやすいと思います。
クリスマスが舞台というのもあり、真夏よりは寒い冬にぴったりの作品かと。

グラフィックはほぼ実写で、一部キャラクター絵もあります。
ここぞという時に登場するので、印象的かつ効果的でした。
探索については、選択肢は多いように見えて実際行動出来る範囲がさほど多くなかったのと、
迷ったら考える、調べるで主人公が道筋を示してくれるのとで、あまり迷わずに進めました。
ただ、エンディングを迎えるために必要な行動を満たしてなく、初回はゲームオーバーに。
その辺りの試行錯誤はあったものの、BADとGOODは割と苦労せずに見られました。
Nomalが一番難しかった。

本編はシリアス一辺倒ですが、おまけシナリオはまた違った雰囲気で面白いです。
本編の居心地の悪さにどんよりした後に、おまけを見ると癒されますよ!

以下、詳細な攻略ではありませんが、各エンディングを迎えるための条件を記載しています。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌な方はご注意下さい。
[WHITE ENIGMA]のヒント・攻略を見る
拍手する

白い焔

2014年11月26日 17:56

Blue Line Games【タイトル】 白い焔
【制作】 Blue Line Games 球児様(代表)

白い焔
【ジャンル】 探索ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 トータル40分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 54.4MB
【公開日】 2014年10月25日

小松康介は寺生まれ。
そんな彼の元に、友人がおかしくなってしまったと駆け込む女性、鏡子。
「目はうつろでくねくねと身体を動かしているんです」
康介とその父で住職の安史はこの怪異に心当たりがあった。
「あぁ、〈くねくね〉だな」
事態の収束のため、康介は鏡子と調査をはじめるのだが……。(制作サイトより引用)


同サイトさんの別ゲーム「怪奇探索少年隊」に登場する小松先生が主人公のゲームです。
小松先生出世作。そして、前回の怪しい姿から一転、美形(?)キャラへ変貌しております。
前作もB級ホラーな雰囲気にはぴったりなキャラで良かったけど、今作はキャラクターが
ほんとに綺麗&渋くて、プレイ中見惚れてました。
ストーリーの繋がりはないので、単独でプレイしても全く問題ありません。
ただ、前作プレイしていると知っている名前が出てきてあっ、と思えるシーンあり。

ふりーむ!さんでたままた見かけたくねくねの画像が怖すぎて、なんじゃこりゃ!?と
思ったのがプレイのきっかけです。
紹介画像も、印象的だったくねくねを使わせて頂こうと考えていたのですが、
何となく呪われそうだったので止めておきました。
私はくねくねという都市伝説は初耳でした。地域とか世代とかで知名度が違うのかな?

冒頭こそくねくねの奇怪さに目を奪われましたが、画像の怖さというよりは
嫌な汗が流れてきそうなストーリーの怖さが際立っていたと思います。
驚かせ要素はないので、びっくり系ホラーが苦手な私にはもってこいでした。
キャラクターの美麗さは先に述べましたが、それだけではなく文字やレイアウト等
グラフィック全般がとても鮮やかで完成度が高く、読むだけでなく見た目でも楽しめます。

小松先生は霊感ある設定なのに、特別な人ではないのです。案外普通の人です。
なので妖気を払えるとか、ひと目で邪気を見抜くというような人間離れした事が
できる訳ではありません。
操作は地味に聞き込みして推理するといった過程が必要でした。
そして普通の人なので、バッドエンドではあっさりとやられておりました。
お父さんの方が凄そうだし、手伝ってあげてよ!と何度思った事か。

エンディングは順調に埋まって行ったものの、なかなか解決できず手こずりまして、
ゲームファイルに同梱されている攻略テキストを参考にさせて頂きました。
拍手する

怪奇探索少年隊

2014年11月25日 17:54

Blue Line Games【タイトル】 怪奇探索少年隊
【制作】 Blue Line Games 球児様(代表)

怪奇探索少年隊
【ジャンル】 怪奇探索ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 45分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 38.5MB
【公開日】 2012年8月3日

それは夏休み直前のこと。
終業式で転校してしまう大翔は連に「幽霊探し」を持ちかけ、
陽菜も交えた3人で 怪奇探索少年隊を結成した。
いま怪奇探索少年隊の活動がはじまる……(制作サイトより引用)


転校間近な少年とその親友で結成した「怪奇探索少年隊」が、
学校・ご近所の怪談を調査していく、というストーリー。

調査に行く場所はいくつかあって行動選択画面で選べるのですが、怪談では超定番の
学校のトイレとかもあって「うわー行きたくねー」と思いながらやってました。
理科室とかね、そんなのは卒業しちゃうと一生ご縁がないのでいいんですがね、
学校のではなくとも、トイレは一生付きまとうじゃないですか。
怖い話を見ると行けなくなるから、怖い思いしたくないのですよ(・ω・`)

画像は雑多な感じでB級感たっぷり。
突然うわーっと出てきたりして、そろそろ来るぞ、と覚悟しててもさりげなく怖いです。
夜道に現れる幽霊ももちろん怖いけど、ゴミ捨て場にキューピー人形が転がってたら
何となくそれも怖い。どちらかというと後者な感じの怖さがメインかと。
ホラー要素だけでなく、間違い探し等のミニゲームもあって、バラエティ感が楽しかったです。
間違い探し・物探しはノーミスでクリアしてやるよー!と張り切ってやっていたんですが、
どうやらミスしてもペナルティはない模様。適当にクリックしても出来ちゃう易しめ設定です。
制限時間とかお手付き制限とか、ういう要素があっても良かったかなと思いました。

探索シーンでは、危険が近付くと心電図が緑→黄色→赤と変化するようになっていて、
黄色くなってくると緊張感が漲ります。
赤になると画面クリックで危険回避しないといけないのですが、こちらは時間制限や
クリックポイントがわりとシビアで難しかったです。
ゲームオーバーになると担任のワカメ先生、いえ、小松菜先生、でもなくて小松先生に
ヒントを貰えるのがありがたかったです。
小松先生、見た目こそ怪しげなのですが頼りになる大人でした。
でも、出来ればゲームオーバーになる前にかっこよく現れて助けて欲しかったよ……!
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。