乙女・恋愛(女性向け) の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

ハロウィンの夜に

2019年10月11日 20:07

PHENETHYLAMINE【タイトル】 ハロウィンの夜に
【制作】 PHENETHYLAMINE きく様(代表)

ハロウィンの夜に
【ジャンル】 女性向け微糖ADV・洋風ファンタジー
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周2~15分(トータル20分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 22.2MB
【公開日】 2013年10月24日
【プレイver.】 1.01

領主によって治められている とある街。
その街には神の使いとされる男が住んでいた。
男の名はヴァンプ。
しかしヴァンプには奇妙な噂があった。
いつも仮面を着けていて、誰もその素顔を見た事は無いという。
そんな街に暮らすシェリル(名前変更可)は両親を失い、意地悪な叔母の元で暮らしていた。
叔母からの無理難題をこなす日々こんな暮らしにはもう うんざり!
街はもうじきハロウィン……。
またもや叔母がとんでもない事を言い出した! (Vector作品ページより引用)


ハロウィンが舞台の短編乙女ゲーです。

ぱっと見た感じ、正統派の乙女ゲーっぽいなぁと思いプレイさせて頂いたのですが。
いやー、主人公の必殺技にやられました。ちゃんと準備されている立ち絵で大笑いしましたよ。
これは乙女ゲーというより〇〇ゲーや!
詳細は伏せておくので、ぜひプレイしてお確かめ下さい。

微糖という紹介のように、主人公とお相手の交流はあるものの、恋愛要素は控え目かも。
しかし、エンディングはなかなか真っ当に幸せそうで、微笑まかったです。

何と言うか、普通はこっちが正解だろうと私が思ったものがことごとく裏切られていく感じで、
「そっちが正解なんかい!」と心の中で突っ込みまくりでした。
全部の選択肢を選べば絵エンディングコンプリートは容易です。制作サイトさんに攻略もあります。
拍手する

フィンメルグ~HOLLOW WORLD~

2019年10月08日 20:00

half【タイトル】 フィンメルグ~HOLLOW WORLD~
【制作】 half はる助様

フィンメルグ~HOLLOW WORLD~【ジャンル】 ハロウィン乙女ゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 13種類
【スチル数】 25枚
【プレイ時間】 1周1時間(トータル3時間45分)程度
【ツール】 YU-RIS
【容量】 88.3MB
【公開日】 2018年11月18日
【プレイver.】 1.01

異世界へ迷い込んでしまった主人公・イデア(名前変更可)
そこはモンスターが住まう世界『ホロウワールド』だった。
食べられそうになったところを間一髪でジャックという人物に助けられる。
主人公はホロウワールドで生き抜きながら、元の世界へ帰るために奮闘していく。
(制作サイトより引用)


昨年のハロウィンに公開された、乙女ゲーです。

モンスターうじゃうじゃの異世界へ迷い込んだ少女・イデアの物語。
乙女ゲーだけにイケメン多し。ただし、周りは人を食べる怪物だらけです。
羨ましいのか羨ましくないのか複雑なところ。

ゲームとしては、基本的に仲良くしたいキャラクターを追いかけていればルートに入る感じです。
いくつかキャラクター毎のエピソードはあるものの、何で恋に落ちたのかはちょっと分かり辛かったかも。
ただ、どのエンディングも良くて、リアリティとかそんな事どうでもよくなりました。
特にジャックとのエンディングは、バッドもグッドも背徳的なゾクリとする展開ですごく好きです。
ついでに、唯一ジャックからかぼちゃを連想させるオレンジのシャツも好きです。
ギャップで萌えさせるサプライズかつ癒し系のふーちゃんも大好きです。

最初は、イデアは妖しい世界に迷い込んだ平凡な女の子……と思いきや、何だか彼女にも秘密がありそう。
ストーリーが進むにつれ少しずつ違和感が現れるので、最後まで目が離せませんでした。

攻略対象だけでなく、メイドのアメリアやおばけ等のサブキャラもすごく魅力的。
乙女ゲー久々にプレイしましたが、好みにはまっていて「良いなぁ~(*/∇\*)」と身悶えしました。
最初は全く相容れない人外が、最後には夢中になって……っていう展開、好みです。
拍手する

レイニートレイン

2019年06月11日 23:00

AOL【タイトル】 レイニートレイン
【制作】 AOL

レイニートレイン
【ジャンル】 女性向け恋愛短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 5枚
【プレイ時間】 1周20分(トータル30分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 34.9MB
【公開日】 2017年6月16日
【プレイver.】 1.4

雨の日の電車でだけ出会える彼。
私が好きな作家“梅雨晴子”の作品を読んでいる彼。
彼ともっと仲良くなりたい。
だけど話しかける勇気が無い。
だって私は臆病だから……。 (制作サイトより引用)


梅雨の時期にうってつけの乙女ゲームです。
タイトルの紫陽花と画面の色合いがすごい綺麗。

雨の日が好き、という主人公。
その理由が、雨の日だけ電車で出会える彼がいるから――ですと!
良いですねぇ(*´∀`*)
私は雨の日は煩わしくて苦手なのですが、そういう日を好きになるには、
雨のときに出会える良い事を見つけることだな、としみじみ思いました。

電車の中で、自分が好きな作家の本をいつも読んでいる彼。
気になる彼に話しかけることができず、密かに一緒に居られる時間を楽しみにしている主人公。
勇気を出して声を掛けるのが難しい気持ち、すごく分かります。
そんな2人がどうやって一歩踏み出すんだ?と楽しみに読み進めました。

2人が少しずつ仲良くなっていく様子が、自然で微笑ましいです。
仲良くなってからの2人も初々しくてすごく良い……!見ているこっちが照れてしまうという。
真夏の太陽のように明るい高校生というより、雨音の心地良さや穏やかさがよく似合う2人だと思います。

しかし、途中に現れたライバルの正体がプレイヤー側にはバレバレだったという。
そして他にも「もしかしてこの人……いや、それは出来すぎか」と思ったことが的中しちゃったり。
その辺については、ちょっと都合が良すぎる設定だったかなぁと思わなくもないです。

乙女ゲーとしては糖度が低い方なのかもですが、初々しさが逆に甘々に感じちゃいます。
あと、主人公の白いセーラー服可愛いです。
拍手する

Mb

2019年05月17日 22:18

■なつの遊技場■【タイトル】 Mb
【制作】 棟木(かわぞこ)様(twitter

Mb
【ジャンル】 女性向け恋愛アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周25分(トータル1時間)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 15.3MB
【公開日】 2017年12月26日
【プレイver.】 1.00

肌を青く染め、死に至る呪い――
貴族令嬢・メルチェリーダは、自身に降りかかった呪いを解けるという
魔法使いの元へ通うことになる。
そこで紹介された、優しげな、そしてどこか謎めいた青年・コハク。
呪いの治療を通じて、メルはコハクと交流を深めていくが…… (read meより引用)


第13回 ふりーむ!ゲームコンテスト にて、乙女ゲーム部門の銅賞を受賞された作品。

以前プレイさせて頂いた別作品「わすれもの」が良かったので、引き続きこちらもプレイさせて頂きました。

何やら呪いにかかった令嬢が、解呪の為に魔法使いの元に通う乙女ゲーム。
糖度は低めかもしれませんが、しっとりした雰囲気が心地良かったです。

主人公のメルチェリーダはお嬢様らしい気位があるものの、決して嫌な女性ではなく。
やはり主人公として感情移入できるかは重要ですよね。
彼女が交流する魔法使いと、彼の元に居る解呪を担当するコハク。
魔法使いは無愛想で謎めいていて影が薄いのですが、コハクは対照的に優しげです。
燃えるような恋とはではいかずとも、徐々に心を許していく様子が自然に感じられました。

エンディングは4つあります。
下記でも触れていますが、3つのエンディングを見ると残りひとつのヒントが閲覧可能に。
また、完全攻略も見られるようになります。
私は特にEDがすごく好きでした。
幸せな結末には見えない。しかし、スチルの魅力もあってどきりとします。

こちらでも攻略を掲載させて頂いています。
反転しないと見えないようにしていますが、ネタバレですのでご注意ください。
[Mb]のヒント・攻略を見る
拍手する

クコロニアのエルフ

2019年04月30日 20:00

クコロニアのエルフ【タイトル】 クコロニアのエルフ
【制作】 Sinilintu 梅ヶ枝きな様、 Himbeere 蜜子様

クコロニアのエルフ
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 28.6MB
【公開日】 2019年4月1日
【プレイver.】 1.00

ある日、冒険者のシナモン(名前変換可)が森で薬草を摘んでいると、
男の叫び声が聞こえてくる。
その主はオークに捕まったエルフだった―― (制作サイトより引用)


梅ヶ枝きな様、蜜子様による合作エイプリルフール作品。

美形のエルフときたらプレイしない訳にはいくまい……!
と鼻息荒くプレイさせて頂いたのですが。

悲鳴を聞いて駆けつけるも、BGMが脱力系なのでアレ?と思いました。
出会ったエルフ様はつい見惚れてしまう美形なのは間違いないのですが、何というか、残念なイケメンでした。
主人公のシナモンは駆け出しの弱小冒険者ではありますが、彼女のマトモさが何より心強いという。
しかし!残念であろうがイケメンはイケメン。
多少残念な所でさえ、お茶目で良いじゃないかと思ってしまうのでした。

エルフだけでなく敵もなかなかのもので、この世界は人類意外はアレなのか?
ファンタジーに抱いている固定観念がガラガラと崩れていく展開でした。

シナモンとサージュの2人、一見ちぐはぐな組み合わせに見えますが、良いコンビだと思います。
お互いが持ってないものを補い合っていけるのでは。……多分。
それに何より、楽しそうです。
短編でさっくり気軽にプレイできたのは良いのですが、もうちょっと2人の冒険譚を見たいなぁと思ってしまいました。

作者さんの紹介によると乙女ゲーとのことですが、恋愛要素は薄いというか、これから、な感じ。
いや、これからそういう仲に発展するのかも甚だ疑問ですが……見てみたい。見てみたいなぁ。
拍手する


最新記事