その他 の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

アントールの犬

2018年05月19日 20:00

3色ぱん【タイトル】 アントールの犬
【制作】 3色ぱん ネコの人様

アントールの犬
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 40.8MB
【公開日】 2017年6月16日
【プレイver.】 1.01

「……ただ歩んだだけだ。彼らとともに」 (制作サイトより引用)


やばいです。涙腺崩壊しました。
途中から緩みっぱなしで。
どうしてこう、不意打ちでこんな良い作品と巡り合うのでしょう。

何の前知識もなく、どんな作品かも分からずプレイを始めました。
作品ページがとても渋いので、ハードボイルドか!?とも思いきや、そうでもなく。
最初は先を知りたくてどんどん進めて行ったのですが、意味が分かってきたとき少し後悔しました。
これからプレイする方は、ゆっくり、じっくりと歩いて行って欲しいです。

最初に現れるのは、犬を連れた女性。どうやら妊婦さんのようです。
ゲームは基本的には横スクロールで歩くだけ。物語を眺めていく作品です。
表示される感情アイコンやジェスチャーで、次に何をすれば進むかが分かり易く示されます。
時折アイキャッチで文章もありますが、これがなければ万国共通の無声ゲームとして通用しちゃう。

大きな盛り上がりや伏線がある訳ではありません。多分、ありふれた物語でしょう。
しかしながら、例えば愛らしい赤ちゃんを見ると誰もが笑顔になるように、
誰しもが自然に感じられる普遍的な感情に訴えかけてくる物語です。
本当に、じんわりと伝わってくる暖かさと切なさで胸がいっぱいになりました。
拍手する

6 feet under

2018年04月14日 20:00

世界圏【タイトル】 6 feet under
【制作】 世界圏 ゐおり野様

6 feet under
【ジャンル】 一分程度のほんのり怪奇クリックゲー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 5分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 12.9MB
【公開日】 2015年9月20日
【プレイver.】 1.00

ふりーむ!のワンマップフェス参加作品との事。
ワンマップというよりはひとつの画面の中で、クリックで進展するゲームです。

暗闇の中のわずかな光、その中で変化していく情景。
提示される詩、そして流れるショパンの葬送行進曲。
特にこのBGMが重々しい雰囲気を濃厚にしていました。

プレイし終わって、どういう物語なのかは何となく察せられましたが、
詩の内容など色々分からない事も多く、気になってプレイ後に調べました。
作中の詩はマザー・グースのようですね。
また、これも私は知らなかったのですが、タイトルの"6 feet under"も
「6フィート下」という直訳ではなく別の意味があります。
それを知って、あぁ、感じたままで間違ってないのだなと思いました。
伏せる意味があるのかどうかは微妙ですが、私は自分で調べたときにおおっ、と
感嘆しましたので、敢えてここでは書かないでおきます。
拍手する

バトルオブイモウト

2015年01月19日 19:52

Inside Brain【タイトル】 バトルオブイモウト
【制作】 Inside Brain KC.R様

バトルオブイモウト
【ジャンル】 ミニゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 3~5分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 1.10MB
【公開日】 2008年11月20日(リメイク版)

最近、生意気真っ盛りの妹に押され気味の兄。
いまひとつ頼りない兄の尊厳をかけた戦いが、やたらと軽くいま始まる。
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

最近急に生意気になった妹との会話のキャッチボールを頑張るミニゲームです。
主人公は類稀なガラスのハートの持ち主なので、妹にキツイ言葉を浴びせられると
ノックアウトしてしまいます。
会話は選択肢なので、妹の反撃を食らわない言葉を慎重に選びましょう。

基本覚えゲーですし、1プレイが短時間で終わるので、クリアはさほど難しくないです。
しかし、生意気盛りの子供なんてそんなに好きではないんですが、
プレイし終わってみるといくみちゃんの可愛さに別の意味でノックアウトされました。
いや、これはもう、ばかにいと言われても仕方ないですね。

兄妹って良いよな、とほのぼのした気持ちになりました。
さっくり遊べるので、レトロ系ドット好きな方、ミニゲームをお探しの方にお薦めです。
拍手する

Sonic the santa claus

2014年12月22日 20:00

猫とゲーム【タイトル】 Sonic the santa claus
【制作】 猫とゲーム(サイト閉鎖?) ひげ様

Sonic the santa claus
【ジャンル】 横スクロールシューティング
【対象】 全年齢
【ED数】 -
【スチル】 -
【プレイ時間】 2分程度~
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 6.86MB
【公開日】 2013年12月15日

サンタがプレゼントを配る、シューティングタイプのゲームです。
画面は横にスクロールするので、ソリを操作し、プレゼント(弾)を落下。
家々の上にあるプレゼントマークに上手く当たると得点になります。

あまりに加速するとすごい速さで進むので、ちょっと画面酔いしそう。
こういう系統あまり得意じゃないので、ソリの操作に苦労しました。
1時間プレゼントを配ると書いてあったので、すごく長かったらどうしようと思ってましたが
時間はすごい勢いで進むので、1プレイの時間は数分程度でした。

シューティングとはいえプレゼントを配るというコンセプトもクリスマスらしくて穏やかだし、
雪の結晶の舞う夜空を駆け抜けて行く画面もとてもメルヘンチックで癒されます。
気軽にプレイできますので、私のようにシューティング苦手でも遊びやすい。
拍手する

SANTAHAZARD

2014年12月21日 21:05

SANTAHAZARD ふりーむ!のページ【タイトル】 SANTAHAZARD
【制作】 Studio LiNK(サイト閉鎖) ものぐさ様(代表)

SANTAHAZARD
【ジャンル】 シューティング
【対象】 全年齢
【ED数】 -
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1プレイ2分
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 9.26MB
【公開日】 2011年12月23日

20XX年、聖夜。
地球温暖化の進行にもかかわらず、この時期にこの地域では珍しく
雪の積もった街に、サンタは降り立った。
行き交う人々、ギラつくネオン、けたたましい喧噪。
それらからにじみ出る退廃的な臭気に、不快さを隠すこともなく顔をしかめる。
カネと欲望。そんな、聖夜にはもっとも似つかわしくないものが、
この神聖な時間を支配しようとしている。
この人々にとっての聖夜は、何を間違えて見るも忌々しい堕落の総決算と
なってしまったのだろうか?
「これは憎悪や怨嗟ではない。過ちを浄化し、歪んでしまった聖夜を
あるべき形に戻すための戦いなのだ!」
サンタは"プレゼント"を詰め込んだ何かを握りしめ、街を一望できる
ビルの屋上へと向かった。(制作サイトより引用)


クリスマスも近く、街は輝くイルミネーションで賑わっています。
そして、恋人たちは厳しい寒さの中手を繋ぎ、寄り添いあって歩いてゆく――そんな

リア充爆発しろ!!!

と思っている皆様に朗報です!
極悪サンタがカップルを蹴散らすゲームを発見しましたよ!

横方向にサンタを動かし、直線上にいるカップルを狙って狙撃。
何か文字で書くと物凄く物騒に思えてきましたが、大丈夫でしょうか(((゜Д゜)))
ただし、ひとりで歩いている男性(ソリタリーマン)を撃ってしまうと減点されます。
最初はいいのですが、時間が進むにつれ標的が多くなってくるので大変です。
もうね、カップルよりぼっちが邪魔になってきてしまうという。
なるべく避けてるつもりが空気読まずに飛び込んで来るので、何度も巻き込んでしまいました。
すかっとリア充大爆発作戦だったはずが、終いには「ひとりでのこのこ歩いてんじゃねーよ!」と
単身男性の方に理不尽な怒りを感じる始末です。あれぇ。

そしてこの作品、プレイ画面はドット絵でわりと普通のシューティングゲームながら、
タイトル画面がすごく素敵なのです。ものすごく悪そうなサンタが魅力的で。
使用キャラは男サンタか女サンタか選べるのですが、選ぶと一言喋るんですよ。
それがまたかっこ良い!
男サンタはロケット、女サンタはライフルが武器になるようです。
ちょっとプレイしたくらいではあまり差は感じませんでしたが、それぞれ特徴あり。
read meに解説が書いてあるので、プレイ前に読んでおくと良いでしょう。

クリスマス、ひとりで黙々とフリーゲームをプレイしているような寂しい孤高な皆様、
憂さ晴らし気分転換にこんな作品をプレイしてみるのはいかがでしょうか。
拍手する


最新記事