パズル・謎解き・探索・誘導 の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
   

もう二度と君に会えない

2018年11月02日 20:00

もう二度と会えない【タイトル】 もう二度と君に会えない
【制作】 モリ様 (Webサイトなし)

もう二度と君に会えない
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 24.0MB
【公開日】 2018年7月21日
【プレイver.】 1.0.2

ゲームをプレイしていたあなたは、突如ゲームの世界に閉じ込められてしまう。
そこで同じように閉じ込められたという女性に出会い、共に脱出を目指すことに。


第10回 WOLF RPGエディターコンテスト 斬新さ部門で17位を獲得された作品です。
作品サイトの他、ウディコンのサイトからダウンロード可能(エントリー番号【23】)。

プレイを始めると、ゲーム画面の中にテレビ画面が。
劇中劇のような、ゲーム中ゲームが始まります。
レトロなテレビ画面が、昔のファミコンみたいで味があります。
グラフィックもシンプルなドットで、内容はいかにもなホラー。
その荒いドットの無機質な感じが逆にちょっと怖かったです。

全編を通じて、基本は探索と追いかけられゲームでした。
セーブは、一定の箇所まで進むと自動セーブされます。
難しくはありませんが、かと言って易しくもない難易度でした。
逃げが苦手な私はちょっと手こずって何度かトライしました。
ただ、嫌になって投げ出したくなる前にクリアできる程度です。
個人差があるので何とも言えないけど、多分普通にゲーム慣れしてる方なら難なくいけるかと。

クリアすると、タイトルの意味が分かります。
こういうの好きです。唸らされました。
これ、ネタを思いつくところまでは誰でもいけそうですが、
それをゲームとして作り上げるのは大変だっただろうなぁと思います。
作者さんに敬意を表したいです。

すごくグラフィックが綺麗とか、ストーリーが秀逸とか、ゲーム性が高いとか
そういう面では失礼ながら突出したところがある訳ではありません。
それなにに、2周目をやりたくなる魅力を秘めた作品です。

WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

I am you

2018年09月15日 20:00

square world【タイトル】 I am you
【制作】 square world

I am you
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周45分(トータル50分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 163MB (ダウンロード版)
【公開日】 2018年9月14日
【プレイver.】 1.00

不思議な夢の中にいた、もう一人の自分。 
彼は僕にこう言いました。
「ボクはキミだよ」 と。
彼の代わりにあるものを探すことに。
それを探し始めると、僕と彼との関係がだんだん分かってきて……
ちょっぴり切ない 二人の物語 (ふりーむ!作品ページより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイです。
ふりーむ!もしくはRPGアツマールからプレイできます。
ふりーむ!IDをお持ちの方は、ダウンロード版もプレイ可能。
(この記事の作品タイトルからは、ふりーむ!さんの作品ページにリンクさせて頂いています)

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

生きることに苦しみ、死んでしまいたいと思いながら眠りについた青年のお話です。
そういう経験は自分にもあるので、まさにタイトル通り、お前は私か!という心境でした。
落ち着いた、でもどこか悲しい音楽が流れる中、見知らぬ屋敷を探索していきます。

ごく僅かに脅かし要素(ものがちょっと動く程度)はありますが、ホラー要素はほぼ無し。
探索を進めていくと、ストーリーの骨格はかなり明確に把握できます。
しかし、全てを文章ではっきりと解説しているという訳ではありません。
暗号を兼ねた日記や詩のようなもの、そして暗喩的なオブジェクトの配置。
この類のゲームは、あまりに抽象的すぎるとなかなか作品が理解できないこともあるものですが、
この作品は決して語りすぎず、それでいてゲームに引き込まれる程度に謎めいていて、
尚且つストーリーが分かり易いという良い塩梅でした。

謎解きも易しすぎず難しすぎず、だと思います。
どちらかと言うと少し手応えがある方かなと。
少し思考しつつも詰まらずに解いていける、個人的に心地良い難易度でした。
もし分からなくなっても、制作サイトさんに攻略があるので安心です。

エンディングは2種類。
まずEND1に辿り着き、少し戻ってリプレイしたところEND2もさくっとクリアできました。
思ったより容易にコンプリートできて幸いですが、プレイ次第ではかなり遡らないといけなかったかも。
ちなみに、分岐条件も制作サイトさんの攻略ページに記載があります。

終わり方は、どちらかというと予感した通りのものに近かったです。
エンディングは定義付けられていませんが、END1はトゥルーっぽい、END2はバッド寄りでした。
いずれにしろ、ハッピーエンドとはいえないかもしれません。しかし、バッドエンドでもないように思えます。
プレイする人によって、受け取り方は変わりそうです。
私は主人公の心情が身につまされるところもあり、作品タイトルの意味も含め、色々と考えさせられました。
拍手する

シルエットルームからの脱出1

2018年08月30日 20:00

あかつきのお宿【タイトル】 シルエットルームからの脱出1
【制作】 あかつきのお宿 橘花紅月様

シルエットルームからの脱出1
【ジャンル】 謎解き脱出ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 11分前後
【ツール】 Unity+WebGL
【公開日】 2018年8月15日

ブラウザプレイの、いわゆる脱出ゲームです。

モノトーンのシンプルな画面に惹かれてプレイしました。
画面はこの向きの一画面のみなので、探しもので迷う事はありません。
謎解きメインで進めて行く感じです。

謎解きもよく考えれば分かるもので、適度に頭を使える感じで気持ち良かったです。
タイトルに"1"とあるので、続きも予定されているのでしょうか。楽しみです。

以下、YouTubeにアップされていた攻略動画を掲載しています。
[シルエットルームからの脱出1]のヒント・攻略を見る
拍手する

Crown Dungeon

2018年08月18日 20:11

Crown Dungeon【タイトル】 Crown Dungeon
【制作】 Drawmaneater様 

Crown Dungeon
【ジャンル】 クリック誘導ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類?
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 HTML
【容量】 -
【公開日】 2018年6月21日

Try to find the crown in this dungeon filled with traps and puzzles
(トラップとパズルで満たされたこのダンジョンの王冠を見つけよう) (作品ページより引用)


海外製のクリック誘導ゲーム。
海外のゲームポータルサイトの作品なので、ページを開くと広告動画が表示されます。

ブラウザゲームの紹介サイト「脱出ゲーム大百科」さんででたまたま見つけたゲームです。
ぱっと見、キャラクターが可愛い気がして始めたら、わりとダークな世界だった……。
初めはちょっとだけ試すつもりが、段々と面白くなってきてクリアまでプレイしちゃいました。
英語もあまり分からないし、状況もよく呑み込めないままでも直感と試行錯誤で何とかなりました。
あまり長すぎないのも良かったです。
プレイ中うっかり画面を閉じてしまって焦ったのですが、リプレイ時にステージを選んで再開できます。
自動セーブのようでほっとしました。

思ったよりシンプルで、コミカルな仕掛けが多くてなかなか面白かったです。

以前は海外製のブラウザゲームをもっとプレイしてたのですが、最近さっぱりやってません。
やはり海外のものは感性がやや異なる気がして、それだけに難しいものもある
(特に謎解き脱出ゲーム)のですが、新鮮で興味深いことも多いのです。
これから今回みたいにビビッときたものがあれば、プレイしていきたいですね。
拍手する

ハコブネア

2018年05月20日 20:00

くらげのかえり道【タイトル】 ハコブネア
【制作】 くらげのかえり道 HIJIKI様

ハコブネア
【ジャンル】 SF短編ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周35分(トータル50分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 153MB (ダウンロード版)
【公開日】 2017年4月10日
【プレイver.】 1.02

幼い少女"ネア"は、目をさました。
ネアはまだまだ知らないことがいっぱい。
"ことば"を覚えながら、ふしぎな住民がいる建物の中を探索しましょう。
(ふりーむ!作品ページより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイです。
ふりーむ!もしくはRPGアツマールからプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

ピンクの空間で目を覚ました少女ネア。室内を探索しつつ「ことば」を覚えていきます。
ことばが何も分からないわけではないようですが、いくつかの名前の分からないものを
本を読んだり教えてもらったりして名詞をGetしていくというもの。

私はブラウザ版でプレイしました。セーブも使えます。
ふりーむ!からはダウンロードも可能。私は何度やっても失敗してしまうのでDL版は諦めました。
後日ダウンロード成功しました。が、プレイ中に右クリックするとフリーズしてしまいます。むぅ。
ブラウザでプレイは快適にできたものの、開始当初はキーが右に入りっぱなしで認識されていたのか
キャラクターが画面右に固定されて動けないという状態が発生してしまいました。
しばらく様子を見ているうちに直ったので良かったです。
(廊下部分はループするのですが、そこでセーブ→ロードするとネアちゃんが物凄い勢いで右に走り続け、
メニューを開くとアイコンが狂ったようにぐるぐる回り続けるという現象もあり。軽くホラーでした……)
今は荒ぶるネアちゃんは落ち着かれ、普通にプレイできています。

プロローグの会話などから、何となくネアちゃんがどういう存在なのかは想像がつきました。
タイトルからしても、ここは箱舟のような、何か訳ありの切り離された空間なのかな、とも。
しかし世界設定のSFっぽさと、どこまでもピンクでファンシーな内装とのギャップが何とも不思議な感じ。
またこのゲーム、探索中のBGMがとても良かったです。
癒しと可愛さとポップさと不思議さと未来感。全て兼ね備えているような!

ぴぱぽっぱ♪ ぽぷ♪ ぱっぽっぴっ♪

この音楽すごく頭に残ります。
ゲームが終わっても時々聴きたくなり、起動してたりします。
ファンシーなグラフィックとBGM両者相まって、探索しているうちに不思議なふわふわした気分になりました。

探索していくと、様々なキャラクターと出会う事になります。
彼らも不思議で個性的で、一見して敵キャラなのか?と身構える姿だったり。
実は可愛い少女に見えるネアちゃんも、拡大するとちょっと不気味……なんですよね。
しかし、話してみるとあら意外。実は良いキャラクター達なのに、見た目でちょっと身構えてしまう。
それをプレイ中にやってしまうから、ラストの展開、ハコブネアの主のあの人の言葉が突き刺さりました。

エンディングは、ED1→ED2の順で見ることができました。
ED1のほうがいわゆるグッドエンドかな。そちらを先に見ると、ED2はどうすれば良いか見当がつきました。
しかし前述のように、気持ちが分かるからこそED2を一概にバッドエンドと捉える事にも抵抗があります。
どちらに転んでも、結局はどちらかの独りよがりに過ぎないのかもしれません。
どちらが良かったのか、それは結局は彼らのこれから次第なのかもと思います。
拍手する


最新記事