スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ム■クイ

2009年08月26日 20:15

トラベルミン【タイトル】 ム■クイ
【制作】 トラベルミン 未槻ネオン様

ム■クイ
【ジャンル】 短編ホラーサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 5分
【ツール】 NScripter
【容量】 4.92MB
【公開日】 2009年4月4日

短いけれど、読後に余韻を残すような気味の悪さがありました。
タイトル画面は、親子3人が仲良く手をつないでいる影法師なんですが……
読み終わってから見ると、すごく嫌な感じがしますね。

字体はあずきフォントになってたんですが、PCに入ってなくてもコレなのかな?
このフォントも、子供っぽい雰囲気で良かったです。
拍手する

ゆとり教育

2009年08月26日 19:13

トラベルミン【タイトル】 ゆとり教育
【制作】 トラベルミン 未槻ネオン様

ゆとり教育
【ジャンル】 短編ホラーサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 3分
【ツール】 NScripter
【容量】 8.66MB
【公開日】 2008年8月25日

夏も終わりかけたある日、友人と二人で地元で噂の心霊スポットに出かけるが……。

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? Part83
04/08/25 14:17
599 本当にあった怖い名無し
「ゆとり教育」に加筆修正を加えさせて頂きサウンドノベル化させて頂きました。
(制作サイトより引用)


( ゚д゚)……

(゚Д゚)

この作品は、一見アホらしいようで実はたいへんに奥が深い。
人が「自分の頭で物事を考える」という事をできなくなってしまえばどうなるのか。
周りの情報に流され、自分自身で考えることをしない若者を端的な形で示すことにより、
投稿者氏は現代に生きる我々に対し、未来への警鐘を鳴ら以下略

訝しみつつもとりあえず最後まで読み、ぽかーんとしたけど笑いました。
スレのまとめサイトにも載ってなさそうなこの話をノベルしようと考えた
作者さんの選択センスがすごいと思います。
拍手する

カイダン実ハ。

2009年08月25日 19:22

トラベルミン【タイトル】 カイダン実ハ。
【制作】 トラベルミン 未槻ネオン様

カイダン実ハ。
【ジャンル】 ホラーサウンドノベル
【対象】 全年齢(個人的に12歳以上推奨)
【ED数】 6種類+α
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周15分~30分
【ツール】 NScripter
【容量】 14.7MB
【公開日】 2008年7月28日

外界と閉ざされた村で起こった凄惨な事件。村人全員が外界へと連れ出される。
――自殺・発狂・連続猟奇殺人事件――何が真実で何が虚実か。
真実+虚実=サイコロの目数+?

――×年×月×日某県某所にて。(制作サイトより引用)


この作品、タイトルが面白いですね。
私は「かいだんじつわ(実話)。」と読んでいるんですけど、見様によっては
「怪談、実は……。」だとか「カイダン 実・八。」とかにも解釈できますし。
実際、物語中では数字の「八」が繰り返し何かの暗示のように登場します。
じっと眺めていると、カイダン美人。にも見えてきますよ。

物語は、誰かがこちらに向かって語りかけるような口調で進んでいきます。
少しカタコトの言葉遣いで、淡々と似た何度も繰り返されるのが怖い。
こういう雰囲気で怖がらせるゲームは好きです。
ただ、内容は結構グロいので、苦手な人は見ない方が良いかもしれません。
個人的12推と書かせてもらいましたが、少なくとも小学生にはあまり見せたくないかな
……と思ってしまうお話です。
とは言え、内容のグロさに反して映像では流血表現さえなく、果物や萎れかけた花など
読み手の想像を嫌な方向へ喚起するものが上手く使われています。
ひとつ残念だったのは、字体がNScripterのデフォルトそのままだったことでしょうか。
フォントは選べるので別に良いと言えば良いし、すごく個人的な好みでもあるんですが、
ビジュアル的な演出という面において、ホラーにこの字体って合わないと思うんです。

しかしコレ、話は大体分かるんですが、全部読んでも細かい部分や全体的な背景が
はっきりとは掴みきれませんでした。
てっきり[八、または八と零で真実だと思われる話が読める]と思っていたのですが。
あまり細かいところまで考えずに楽しむのが吉なんでしょうか。
拍手する

ETERNAL HOPE~永遠の希望~

2009年08月24日 21:22

ETERNAL【タイトル】 ETERNAL HOPE~永遠の希望~
【制作】 ETERNAL SHALL様

ETERNAL HOPE~永遠の希望~
【ジャンル】 ファンタジー恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢(シェア18禁版あり)
【ED数】 5種類
【スチル数】 7枚
【プレイ時間】 1周40分~2時間
【ツール】 LiveMaker
【容量】 57.1MB
【公開日】 2006年5月

舞台は大陸暦1500年前後、大国アヴェスタ。
主人公は超ド田舎で育った、一見ごく普通の女の子です。
でも彼女には他の人と大きくちがう点がありました。
それは天に太陽と月が重なり、その上に7つの星々のかかる明星の月の7の日、
明け方に産声を上げたことです。古くから、その日に生まれた女児は「原初の希望」の
生まれ変わりと言い伝えられてきました。
そんなこととはまるで関係なく育ってきた主人公でしたが、18才の誕生日を前に、
都クテシフォンから手紙が届きます。
「原初の希望」は18才の誕生日から一ヶ月間、都の学習院に通わなければならない。
法律によってそう定められているとのことでした。
要請に従って、主人公は都へ出向きます。
そこで運命を大きく変えてしまう出逢いが、待っているとも知らずに。(制作サイトより引用)


最初の頃、初対面の相手に向かってギャーギャー騒ぐ主人公レスティルに、
どうしても好感が持てませんでした。
合わなそうだから止めておこうかと悶々としつつも、とりあえず恋愛ルートを1つ見るまでは
プレイしようと読み進めると、後半恋愛ルートに突入してやや大人しくなってきたレスティル。
これは、恋の力……?それとも数日間に亘る都会の教育で洗練されてしまったのか……!?
最初に突入したのは王子ルートだったんですが、、読み進めるうちにラブラブな2人が
可愛く見えるようになってしまい、レスティルの性格はすっかり気にならなくなりました。

前半のマイナスイメージを覆すヒロイックなストーリーが心地良く、
全てのエンドを見終えて、細かく作り込まれた壮大な世界の虜になってしまいました。
重要なシーンで、好きなクラシックのアレンジが使われていたのも嬉しくて、
つい画面を止めて聴き入ってしまったりもしました。
諦めずに最後までやって良かったと思います。
がっつりファンタジーの世界や、甘い台詞が好きな方にはかなりお薦めできるかと。

この作品は、ノーマル版の他に18禁のシェアバージョンもあるようです。
かと言って、フリーが「体験版・チラ見せ」というようなポジションという訳ではありません。
フリー版だけでも完結し、満足できる仕様なので安心して遊べます。

ところで余談ですが、この作品の舞台背景を拝見すると、周辺国のササンとか
アルダシールという名前から中世ペルシャあたりを連想してるのかな?と思うんですが、
黒衣の剣豪とか絹の国セリカなんかも登場するので、田中芳樹著のアルスラーン戦記を
連想しちゃいました。その辺の雰囲気も、好みに合っていて好きでした。

攻略は制作サイトに載っているので必要ないと思いますが、一応掲載します。
反転しないと見えないようにしてありますが、ネタばれが嫌な方はご注意ください。
[ETERNAL HOPE~永遠の希望~]のヒント・攻略を見る
拍手する

ハーバーランドでつかまえて

2009年08月23日 18:53

ここはJAM工房(閉鎖)【タイトル】 ハーバーランドでつかまえて
【制作】 ここはJAM工房(閉鎖) JAM様

ハーバーランドでつかまえて
【ジャンル】 短編サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類?
【プレイ時間】 1周30分~
【ツール】 NScripter
【容量】 1.89MB
【公開日】 2000年11月15日

異常なまでに関西弁が嫌いな沢村亮人は、仕事が認められ本社に栄転することに。
しかしその本社は彼の嫌いな関西弁が横行する神戸だったのだ!!
転勤初日、新しい職場に辟易して海を眺めていた彼は、一人の少女と出会う……


これも今更というくらいにかなり有名なノベルゲームです。

2000年制作というかなりの旧作で、操作性がイマイチでした。
NScripterでコレということは、今時のフリーゲーム作者さまががいかにカスタマイズを
頑張ってくれているかということを改めて思い知らされます。
おまけにVistaのせいか私の環境と合わなかったらしく、2周目以降でスキップを使い始めると、
途中でエラー落ちするようになってしまいました。
複数エンディングの長編ノベルで、これはかなり辛いです。
という訳で、全てのエンドを探すのは諦めることに。・゚・(ノД`)・゚・。
攻略をのおかげで、何とかベストエンドは見ることができました。ありがたやー。

このゲーム、絵がイマイチというレビューを頻繁に見かけますが、私的にはOKでした。
シナリオも評価が高いだけあって、じわっときますね。
ちょっとエラーで苛々して本来のストーリーへの集中が削がれしまった感もあり、
それ程深くは感激できませんでしたが、読んで損はない佳作ではあったと思います。
文章はあっさり風味で、時折入るメタ発言に思わずニヤリとしてしまいました。

最後に、これからプレイしようという方への注意事項をば。
現在Vectorでダウンロードできるバージョンだと、エンディング後のエピソードを
見る手前でエラー落ちてしまいます。
解決するためのパッチを作ってくださっている有志のブログを偶然見つけたので、
紹介させていただきたいと思います。

のんびりまったり(修正ファイルの記事→

私もお世話になりました。ありがとうございます!

もしくは、Webアーカイブにて制作サイトさんを検索するとページが見れちゃうので
そこからパッチをダウンロードするという技も(ダウンロード→Q&Aにあります)。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。