スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

アリスは鳥籠

2009年12月26日 21:14

偽書[香津宮綺譚]【タイトル】 アリスは鳥籠(ver 1.11)
【制作】 偽書[香津宮綺譚] 香津宮裕介様

アリスは鳥籠
【ジャンル】  サイコミステリサウンドノベル
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 - (選択肢なし・全2編)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1編1時間半程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 66.7MB
【公開日】 2008年8月30日

作品内でも注意書きがあるように、結構流血描写があります。血が苦手な方はご注意ください。

暗い物語なんですけど、文章が秀麗で読みやすくてぐいぐい引き込まれます。
使われている画像も個性的で、思わず目を惹かれるものが多かったです。
え、こんな写真の素材があるの?それとも自作!?と何度も見入ってしまいました。
(特に入浴中の裸体の写真とか……ごほごほ)
悪く言えば、画像の強い個性に時折文章への集中力を削がれたと言えなくもないんですが……
いえ、裸体を気にする私が悪いんです。はい。

それにしても、この作者さんの描く人間はリアリティがあるなぁと思います。
その人の生活環境とか性格とか考え方とか、リアルに伝わってきます。
特に前編の母娘関係。
彼女らの人生はかなり悲惨で、現実の自分からは程遠い環境なのですが、
鏡の裏表のようにお互い憎み合っているよう見えつつも実は依存している歪な関係が
生々しく感じられました。
また、それとは逆に少し常人離れした雰囲気の探偵も登場します。
彼の存在は非常にミステリアスで、現実と非現実的な精神世界を繋ぐ鎹のような
役割を果たしています。
彼の謎めいた雰囲気は非常に魅力的で、作品の良いスパイスでもありました。
エンドクレジットで原案に「探偵・蔦野瑞樹シリーズ」という表記があるのですが、
何か別の形でこの人が登場する作品が存在するのでしょうか。気になるところです。

この作品、過去に何度かのバージョンアップを重ねて現在の形が最終的なもののようです。
途中で一編追加されて現在は二編構成。個人的には後篇のほうが好きです。
前編のみバージョンのときにプレイした方も、ぜひもう一度手にとって頂きたい作品です。

ちなみに、アリスというからには「不思議の国のアリス」を意識した作品だと思われます。
しかし私、「不思議の国のアリス」の原作は、子供のころ本を手に取ったことはあるものの、
なぜか嫌悪感が先だってきちんと読んだことがありません。ですのであまり知りません。
ですので両者の関連性についてはあまり分りませんでした。
アリス好きな方ならまた違った面白さを感じられるのかもしれません。

※以下、ネタばれになりますので反転します。ご注意ください。

ずどんと暗闇に落ちたお話でしたが、前編の最後で希望の光が射して終わります。
この一旦落としてすくいあげる感じ、万華鏡奇談(残念ながら公開停止中だったので、
実況動画を拝見しました)にも通じるものを感じました。作風なんでしょうか。
今考えてみると良かったと思えるのですが、読んでいる時は暗い雰囲気に呑まれていたので
ちょっぴり拍子抜けしたような感がありました。
後編があることで、半端な読後感だったのが救われた気がします。
また、物語の展開の予想が付いた前編に比べ(予想がついても面白かったんですが)、
後編のほうは予想外の展開に驚かされました。
○○ミステリとしても秀逸だった思います。
……○○ミステリって、そう言った途端に読むほうが身構えてしまうのでハードル上がりますよね。
と思って伏せてみたけど意味あるんだろうか……。
拍手する

Christmas Escape III

2009年12月25日 20:00

Neutral【タイトル】 Christmas Escape III
【制作】 Neutral Mya様

Christmas Escape III
【ジャンル】 謎解き脱出ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類?
【プレイ時間】 30分前後
【ツール】 FLASH
【容量】 -
【公開日】 2009年12月21日

Neutralさんのクリスマス向けミニ脱出ゲーム第3弾。今年の最新作です。
毎回同じこと言ってますが、相変わらずキャラが可愛いすぎる……!

脱出ゲームと言えば密室からの脱出が定番ですが、今作は雪原からの
スタートだったのでなかなか斬新でした。
○○が落ちてきたときは、思わず「ひっ」と言ってしまいましたし、
キャラの動きが愛らしすぎて、特にラスト付近の演出は声を出して笑ってしまいました。
今までの作品も素敵だったけど、年を経るごとにどんどんパワーアップしている感があります。
もしクリスマスシリーズでどれをプレイするか迷ったら、個人的にこの作品がイチオシです。
拍手する

Christmas Escape II

2009年12月24日 20:00

Neutral【タイトル】 Christmas Escape II
【制作】 Neutral Mya様

Christmas Escape II
【ジャンル】 謎解き脱出ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 ?
【プレイ時間】 -
【ツール】 FLASH
【容量】 -
【公開日】 2008年12月

前回に続き、Neutralさんのクリスマス向けミニ脱出ゲーム第2弾。
やっぱりこちらも小物や絵に書かれているキャラクターが可愛すぎる……!

難易度はそれほど高くないと思います。
閃きの有無もあるので他の人も同じとは限りませんが、私は前作のほうが難しく感じました。

相変わらずクリア後のおまけも綺麗で、ちょっと幸せな気分になれます。
オーナメントは集めても集めなくても脱出できるそうですが、普通にプレイしていれば
恐らく脱出するまでに全部集まっちゃうと思います。
拍手する

Christmas Escape

2009年12月23日 19:18

Neutral【タイトル】 Christmas Escape
【制作】 Neutral Mya様

Christmas Escape
【ジャンル】 謎解き脱出ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 ?(複数あり?)
【プレイ時間】 -
【ツール】 FLASH
【容量】 -
【公開日】 2007年12月

Neutralさんのクリスマス向けミニ脱出ゲーム第1弾。
とても可愛らしいゲームです。

難易度はそれほど高くない……はずなのに、がっつり躓いてしまいました。ううむ。
ヒントを探しつつ、何とかプレゼントGETしてクリア。
おかしい……そこはクリックしたはずなのに(でもしてなかったんですね orz)。
とはいえ、同作者さんの他のゲームに比べるとかなり易しい部類だと思います。

クリア後の画面もとても素敵な演出で、クリスマス気分も盛り上がることひとしおです。
拍手する

Christmas adventure

2009年12月22日 20:00

WATARIGRAPHIC【タイトル】 Christmas adventure
【制作】 WATARIGRAPHIC NAHE様

Christmas adventure
【ジャンル】 誘導アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 -
【プレイ時間】 5分程度
【ツール】 FLASH
【容量】 -
【公開日】 不明

可愛いキャラクターが動き回る誘導系ミニゲーム。

こちらは、WEBデザイナーNAHE様によるグラフィック展示サイト"WATARIGRAPHIC"
のコンテンツの一環となっています。
TOPページより先は音楽が鳴りますので、ご注意ください。
ゲームは"GRAPHIC"のページ中にあります。

こちらのサイト、プロの方が手掛けているだけあって、とにかくグラフィックが美しいです。
まるで、小さな幻想の森に迷い込んだ気分。
ゲームも可愛らしいですが、サイトを散策すると色々な仕掛けが施されていて、
それ自体がひとつのテーマパークのよう。見ているだけで楽しいです。
おまけに、PC&携帯用壁紙やMAC OS10用の美麗なアイコンの配布ページもあります
(アイコンはちょっとした隠しページになっているので、あちこち探索してみてください)。
フォルダアイコンとか好みすぎて、MAC使いじゃないのが悔やまれました……。

また別のゲームが増える予定もあるようで、そちらも楽しみ。
ちなみに、現在ブログのメニュー下部に設置しているスノードームの時計も
こちらのサイトさんの作品です。
Blogのほうで配布なさっていますので、気になった方はぜひどうぞ。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。