スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

図書室のネヴァジスタ Nの食卓

2012年04月07日 19:53

タース・エンターテインメント【タイトル】 図書室のネヴァジスタ Nの食卓
【制作】 タース・エンターテインメント

図書室のネヴァジスタ Nの食卓
【ジャンル】 サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1時間30分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3 
【容量】 97.9MB
【公開日】 2012年4月1日

人を食らうネヴァジスタは永遠に近い時間を生きていた。
延々と続く退屈な食卓に憂鬱さを抱きながら、彼らは食事を止められない。
人々は正体のわからないネヴァジスタを恐れていた。
隣人を疑い、迫害し、傷付け合いながら、彼らは疑心を止められない。
そしてまたこの街でも、命を脅かす化け物が紛れ込んだと噂が広がり、
「ネヴァジスタ狩り」が始まった。
終わらない食事、終わらない疑心、終わらない愛情……
彼らは終焉を手にすることが出来るのか?(制作サイトより引用)


2012年エイプリルフール企画で公開された作品です。
同サイトさん制作のシェアゲーム「図書室のネヴァジスタ」の立ち絵を使った
ノベルゲームですが、名前と立ち絵以外は本編とは全く異なるストーリーですので、
本編未プレイでも十分楽しめるはずです。

しかし、エイプリルフールのページのゲーム紹介自体がエイプリルフールだったので、
何気なく「ああ、今回はこういう明るいネタ系のゲームなんだ」と信じてプレイした私は、
思っていた内容があまりに違い過ぎていて愕然としました。騙された。

「図書室のネヴァジスタ」のフリーノベルはいくつかプレイさせていただいていますが、
毎回同じキャラなのにストーリーも配役も違うのが面白いですね。
1時間半程度と長めなノベルでしたが、ストーリーに惹かれて時間を感じませんでした。
音楽もスタイリッシュで小気味良いです。
よく考えると、これってどんな国のどんな時代だよと思われるストーリーなんですが、
この音楽がどう見ても現代日本風なキャラと、物語背景を違和感なく繋いでいたように思います。

「THE FOOL」ほど徹底したサスペンスではないものの、好きな作風でとても楽しめました。
こういう持ち味はこの作者さんの醍醐味だなぁと思います。
拍手する

ONTOMO

2012年04月02日 21:25

COCOON【タイトル】 ONTOMO
【制作】 COCOON 八色いんこ様

ONTOMO
【ジャンル】 式神作成アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類?
【スチル数】 4種類
【プレイ時間】 1周35分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 25.6MB
【公開日】 2012年4月1日

主人公はまだまだ未熟な駆け出し陰陽師。
一流の陰陽師になるために必要な資格、式神検定(通称式検)の試験日が迫っていた。
式神を作って作って作りまくって、合格を目指そう!(制作サイトより引用)


和 服 男 子 ……!
cocoonさんの描くキャラはどれも魅力的ですが、今回は特にツボでした。
ありがとう日本。ありがとう八色様。

ストーリーは後付けだったらしいですが、そうは思えない程の良い雰囲気です。
ビジュアルもさながら、ギャグなのか真面目なのか分からないノリが楽しすぎでした。
まさか、陰陽師とスマホがコラボする時代が来ようとは。

基本的には、式神作りという名前の着せ替え男子で遊ぶゲームなんですが、
これもなかなか楽しかったです。
私、特におやじ萌えではないはずなのですが、中年おやじが渋すぎて和服の次にツボでした。
男性だけでなく、ヒロインも可愛いんですよねこれが。
男女、そして色んな年代をこれだけ魅力的に描けるのはすごいなぁと思います。

コンプリート目指して遊ぶのもよし、適当に着せかえて楽しむのもよし。
キャラクターが魅力的なのでもっとがっつり作りこんだ物語を堪能したかった気もしますが、
時間のあるときに気軽にさっくり遊べるのもいいですね。
拍手する

しろねこ探偵帳 さらわれた歌姫

2012年04月01日 10:42

QUADRIENNALE(カドリエンナーレ)【タイトル】 しろねこ探偵帳 さらわれた歌姫
【制作】 QUADRIENNALE(カドリエンナーレ)<サイト閉鎖> 夏草様

しろねこ探偵帳 さらわれた歌姫
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周20分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 16.5MB
【公開日】 2012年3月31日

しろねこ達の住む町に公演に訪れたテリニティ歌劇団。
しかし開演が迫ったある日、人気女優ロジーナの元に謎の手紙が届く。
「歌姫はもう舞台で歌えない。何故なら彼女はもうすぐ私の元へと嫁ぐからだ」
誘拐予告文ともとれる手紙に危惧した団長ジョゼフは、ロジーナの護衛をしろねこに依頼する。
だが犯人の魔の手は静かに歌姫に忍び寄り、そして悲劇は起こるのだった……。
果たしてしろねこは無事、歌姫を取り戻す事ができるのか?(制作サイトより引用)


※現在、公開されていません。

毎年4月1日に公開されているしろねこ探偵シリーズ、今年は1日早くやってきました!
そして、しろねこ探偵にもついに春が来た……!?

相変わらずなしろねことルナのほのぼのしたボケツッコミに、癒されつつプレイしました。
柔らかい色合いの人物も魅力的ですね。
探偵ものなのに、根っからの悪人のいないストーリーも安らぎます。

今回もちゃんと考えればピンとくる難易度でしたが、人によっては難しいのかも。
途中で示されるヒントが何のことだか分からん、という人もいそうです。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。