スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Halloween Egg!

2014年10月26日 18:24

くくりの杜【タイトル】 Halloween Egg!
【制作】 くくりの杜 弓原様

Halloween Egg!
【ジャンル】 カボチャ育成ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 9種類
【スチル数】 8枚
【プレイ時間】 1周6分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 13.0MB
【公開日】 2013年10月31日

ハロウィーンのためのお化けカボチャを生産する南瓜畑の中に、
数十年に一度、顔のような模様のあるカボチャが出来る事がある。
月の光を当てつつ力の強いアイテムを与えると、ハロウィーンの日に
何かが孵るという噂がある事から、そのカボチャはハロウィンエッグと呼ばれていた。
そんなハロウィンエッグを手に入れた主人公・フィーア。
せっかくだからと、魔力の強いアイテムを採取し与えてみる事に。
果たしてハロウィンエッグはどうなるでしょうか……?


かぼちゃ育成ゲーム。
くくりの杜さんではおなじみの、デフォルメキャラが可愛い。
乙女ゲーではありませんが、登場キャラから主人公への恋心が垣間見えるルートあり。
どちらかというと女性向けかと。

ゲームは、昼間に色んな場所で材料を採取し、夜にそれをかぼちゃへ与えるというもの。
これがなかなか難しかった。
END08(いわゆる失敗エンド)と09はすぐに見られ、試行錯誤した末に
何とかEND01までは自力で到達できたのですが、後は諦めてしまいました orz
制作サイトさんのブログに攻略が載っていましたので、それを見つつコンプリート。
END03と04は身悶えする程可愛かったので、ぜひ辿りついて頂きたいお薦めルートです。
諦めなくて良かった。攻略があって本当に良かったです。制作者さんに感謝。

同級生のゼノンも、スチルでデフォルメじゃない姿が見られて良かったです。
個人的には、もうひとりの人物よりゼノン派です。
何やら途中怪しげな展開になりかけましたが、始終ほのぼのでした。

後書きを拝見すると、どうやらもっと他のエンドや、別のお話の予定もあったようで。
ゼノンの終盤の意味ありげな台詞も、そちらの名残でしょうか。
そう聞いてしまうと、それも見たかったなぁ……と欲が出てしまいますが、
今のままでも9個もストーリーを堪能できて満足です。

それと細かい事ですが、探索中に一度吉里吉里がエラー起こして進めなくなりました。
やり直したら普通に進めたし、再現不能だったので条件は分かりません。
一度起きただけで不便さはありませんでしたが、一応こまめにセーブした方が良いかもです。

※以下、本編攻略とは関係ありませんが、少しネタばれかもなので、
一部を反転しないと見えないようにします。

ちなみに、【スチルをクリックするとキャラクターが喋ります】。ぜひクリア後にはお試しを。
拍手する

やさぐれドテボの素敵なハロウィーン

2014年10月25日 19:06

liberalcat【タイトル】 やさぐれドテボの素敵なハロウィーン
【制作】 liberalcat

やさぐれドテボの素敵なハロウィーン
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 1.34MB
【公開日】 2012年10月31日

「俺の名はドテボ。狂気の殺人かぼちゃさ!
ハロウィンを真っ赤な血で染め上げてやるぜ!」
ハロウィンのため、人間に頭をくりぬかれる事に怒り心頭のドテボ。
しかしどこからか、そんなドテボを制止する声が。そして現れたのは……?


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

心がほんわり暖かくなる、ツクール製のハロウィン短編ノベル。

紙芝居を見ているような横視点と、背景の幻想的な背景が素敵でした。
キャラクターの動きもアクロバティックで、コミカルな可愛さがあります。
お話もさっくり読めてほのぼのして良しなんですが、
どうやらかぼちゃはランタンにするためにくり抜かれると痛いらしい。
その痛みを想像すると素直に良いお話とばかりは思えない。複雑です。

キャラクターは、ドテボを含めたかぼちゃのドット絵が、とてもリアルでいいなと思いました。
制作サイトさんではツクール用素材も配布されているのですが(これがまた可愛い)、
さすがにぼちゃは素材としては置いていらっしゃらないようです。
ちょっと残念な気がしたものの、かぼちゃって、ハロウィン作品以外で使い道ないか……。
拍手する

神様師匠とジャックランタン

2014年10月24日 17:55

ゆうあかり【タイトル】 神様師匠とジャックランタン
【制作】 ゆうあかり きるえ様

神様師匠とジャックランタン
【ジャンル】 女性向け和風ハロウィンゲー
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【スチル数】 8枚
【プレイ時間】 1周25分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 28.3MB
【公開日】 2013年11月10日

弟子馬鹿でわがままな師匠に振り回される日々を送っている主人公。
そんなある日、馴染みの八百屋さんで西洋から輸入されたというかぼちゃをもらう。
かぼちゃの煮つけにでもして師匠に出そうかなと思っていた矢先
なんとそのかぼちゃが動きだした……!?(制作サイトより引用)


ゆうあかりさん制作のハロウィンゲーム。
ゆうあかりさんと言えばヤンデレ!が代名詞な程のサイトさんですが、今回はほのぼの路線。
年齢制限もないようです。

ハロウィンなのに和風なのが斬新でした。
和風かつ、神様が身近な存在で出てきちゃうファンタジーな設定です。
(神様いなくても、かぼちゃが動く時点でファンタジーか……)

まず、主人公の茜ちゃんが可愛すぎ。
和装男子大好きな私ですが、和装女子も大好きだー。
こんなに可愛い子なら、師匠が弟子べったりなのも頷けますね。
キャラだけでなく、背景加工もパステルカラーの幻想的な美しさで見惚れました。
元々ゆうあかりさんのゲームは非常にグラフィックが綺麗ですが、年月を経る毎に
美しさに磨きがかかっているような。プレイの度に惚れ惚れします。

ゲームは、ハロウィンのお菓子作りの為にいくつかの場所を訪れ、
手に入ったアイテムによってエンディングが変化するというものです。
行動出来るのは3回。
ひとつの場所でひとつのアイテムなので、一通り巡れば把握できるはず。
目的のパイを作るのは案外いけたんですが、残りがちょっと難しかった。
END6と7はなかなか見られなくて、制作サイトさんのヒントにお世話になりました。

師匠は「神様」という魅力的な設定ですごい力を持っていそうなのに、
ゲーム中では主にオーブンとしてしか活躍していなかったような(酷)。
他にも影絵や名前しか出てこない師匠絡みのキャラ達が面白そうだったし、
ジャックもかぼちゃのままでもすごく可愛いんですが、元の姿もイケメンすぎる。
もっと違う形で違うストーリーも見てみたいと思わされました。

そして師匠。茜ちゃんにべったりすぎて、初めは「ええい、少しは弟子離れしろ!」
なんて思っていたんですが、END6では秘めた胸の内を垣間見て切なくなったり、
他にも全く茜ちゃんにあまりに相手にされていなくて思わず同情しちゃいました。
今のほのぼの関係も良いけど、茜ちゃんがもう少し大人の女性になった暁には……
頑張れ、頑張れ師匠!
拍手する

Witch×Devil×Prize!

2014年10月23日 17:59

Sytry【タイトル】 Witch×Devil×Prize!
【制作】 Sytry 小麦 青名様

Witch×Devil×Prize!
【ジャンル】 乙女向ハロウィン似非錬金ゲー
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【スチル数】 2枚
【プレイ時間】 1周3~5分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 17.5MB
【公開日】 2013年11月8日

今日はハロウィン。
ワタシは代々続く由緒ある魔女の家系の魔女っ娘なの。
で、有能な助手の悪魔と呪いアイテム専門店を経営してるのよね。
そういうワケで毎年ハロウィン当日には、お得意さんにハロウィン限定の
呪いアイテムを納品してるんだけど。
でも、一ヶ月前から頑張って錬金してるのに、まだ完成してないの。
何とか今日の日没までに完成させろって助手に怒られちゃったよ……。(制作サイトより引用)


ハロウィン向けゲーム。
ミニタイプの画面と、ゴシック風なグラフィックが可愛いです。
ミニゲームなのに、コンフィグ画面まできちんと可愛くて好印象。

助手のシュゼットは結構ビシバシと物申す辛辣毒舌タイプ。
主人公マリーベルを見下して嫌っているかと思いきや、結構デレたりしてそうでもないような。
マリーベルが良く言えばポジティブでめげない子(悪く言えば何でも自分の都合の良いように
解釈する子なんですが)なので、一見噛み合わないようで上手くいっている、面白い関係です。

そしてこのゲーム、アイテムを組み合わせる事でエンディングが決まるのですが。
エンディング全部見ようと思うと、かなり難しいです……。
END1と6はあっさり見られると思います。
END6に辿りつくとヒントが出るのでGOOD ENDは迎えられたものの、
他のエンディングがさっぱり見られませんでした。
アイテムはそれぞれ5種類を3回選ぶので、合計125通りの組み合わせ。
そこから残り4種類のエンディング見つけるの……無理じゃね orz

ちょっと微妙な例えなんですが、
京都+抹茶+和菓子
アメリカ+コーラ+ハンバーガー
みたいに、組み合わせに何らかの関連性があれば良かったのですが、それもなさそうなので。

GOOD以外は全部BAD扱いなので、無理して見る必要もないと言えば無いけれども、
せっかくだから全部見たい!
とは言えさすがに総当たりは辛いので、攻略情報を見てコンプリートしました。
拍手する

ぱんぷきん!

2014年10月22日 18:05

アマヨノツキ跡地【タイトル】 ぱんぷきん!
【制作】 アマヨノツキ跡地 巴月夜子様

ぱんぷきん!
【ジャンル】 女性向けハロウィンゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周8分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 5.54MB
【公開日】 2008年10月1日

「イビルシロップ」というとても美味しいシロップがあり、
それを使ったお菓子しか売らないというこだわりの店があります。
店はいつも大繁盛。
今年のハロウィンも数多くの子供達で賑わう、はず、でしたが――
 
「……決めた。ハロウィンは早々に店仕舞いして逃亡するッ!」
「は!?」
 
――今年は少し、違うようです。(Vectorダウンロードページより引用)


ご覧の通り、ハロウィンをテーマにした乙女ゲーです。
音楽からしてすごくハロウィンっぽい!
タイトル画面のBGMが好きで、頭から離れませんでした。

男前の主人公と、彼女の店にやって来る常連客のお話。
主人公はデレませんが、モテてます。
ハロウィン向けゲームというだけあって、相手が人間じゃないのがちょっと面白い。
いやその彼ってどうなの?と思わなくもない人物もいましたが、
魔物と人間が混在している世界のようなので、そういうカップルも普通なんでしょうか、ううむ。

美味しそうなお菓子がたくさん出てくるので、甘い物食べたくなりました。
聞いたことないお菓子も登場しましたが、Extraでお菓子の解説が見れちゃうので便利。
それを読んでると、益々食べてみたくなりますね。
おまけ部屋ではゲームの没ネタも見られるのですがすが、全く違うお話で面白そう。
コメディタッチで気軽に遊べるこちらも良いですが、没の方も読んでみたかったなあ。

攻略は簡単なので分からない方少ないとは思いますが、一応ヒントを書いておきます。
反転しないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌は方は閲覧ご注意下さい。
[ぱんぷきん!]のヒント・攻略を見る
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。