スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

シュゲー

2015年02月13日 20:00

nino【タイトル】 シュゲー
【制作】 nino ノラ様

シュゲー
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周30分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 3.30MB
【公開日】 2012年4月28日
【プレイver.】 2.0

主人公の少女・マシュマリーは
今日がバレンタインデー前日だと気付いて大あわて!
大好きなコックのドミノ君に送るプレゼントを考えます。
だけど恋のライバルも登場して、事態は急展開!?(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

フリーゲームクラシック第17回ゲームコンテストで見事優勝された作品です。

可愛い絵柄とドットを見てほのぼのメルヘンゲームかなと思っていたのですが。
冒頭のぶっとんだ台詞で「ちょっと違うぞ」と。
なかなかパワフルでクセのある主人公と村の人々が強烈な個性を放っています。
シュゲーというタイトル通り主人公が手芸をするシーンもあるのですが、
お裁縫が戦闘になっていて「布をやっつける」という発想になっているのが斬新でした。
なるほど、現実でも大変な作業もバトルだと思えば楽しめるかもしれません。
一応ジャンルはRPGになっていますが、探索範囲も広くなく、戦闘も比較的楽に
勝てる程度の難易度なので、探索アドベンチャーの感覚でプレイできそうです。

ストーリーは思わぬ展開で「うええええ」となりました。
普通に考えるとバッドエンドっぽい展開に思えるのですが、何だか皆それはそれで
ハッピーな感じがするので、「ま、いっか」と割り切ったスッキリした気分です。
なるほど、現実でも地獄のような状況も心持次第で幸福になれるのかもしれません。

バレンタインゲームですが女性向けという訳ではないので、性別問わず楽しめそうです。
カラフルで砂糖菓子のように可愛いけれど、実は噛んでみるとじわりとしびれる毒がある。
そんな不思議な魅力のある物語でした。
拍手する

とある魔法学校の日常-チョコレイトバクダン-

2015年02月12日 20:43

エフシルベ【タイトル】 とある魔法学校の日常-チョコレイトバクダン-
【制作】 エフシルベ イノダ様

とある魔法学校の日常-チョコレイトバクダン-
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周6分(トータル12分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 19.1MB
【公開日】 2014年10月22日
【プレイver.】 1.00

今日はバレンタインデイ。
憧れのニコル先輩にチョコを渡そうと朝から待ち伏せしていたら、
クラスメイトのオルトに絡まれて、チョコに変な魔法をかけられてしまった。
放課後までに先輩へチョコを渡すことはできるのだろうか…。(制作サイトより引用)


魔法学校を舞台にしたバレンタインのお話。
エフシルベさんらしい可愛いキャラとコミカルなストーリーが魅力的。
エフシルベさんはちょっぴりシュールな毒のあるストーリーものも多いのですが、
今回はストレートの可愛いと思える物語でした。

登場人物は、光り輝くニコル先輩はともかく、結構等身大の学生といった感じです。
憧れの先輩にチョコを渡そうと奮闘するジーンと、それを応援してるんだか
邪魔してるんだか分からないオルト。
オルトは素直じゃないなーと思いつつ読んでましたが、ジーンの先輩への感情も
どうも真剣な恋の一歩手前っぽいし、オルトとジーンもこんなですし、
どの関係も恋愛未満で微笑ましい感じです。

攻略は、何となく色んな所をうろうろしていたら順番にエンディング見られました。
何かこう……ハッピーエンドのニコル先輩の存在感に圧倒されまして、
気が付いたら他の事が吹き飛んでしまいました。
あのエンディングでも良かったと喜んでいるジーンが可愛かった。

全部クリアしても15分未満で遊べちゃう短編です。
糖度たっぷりの乙女ゲーとはいきませんが、演出も面白くて短いながら楽しめた作品でした。
拍手する

しほりエスケープ

2015年02月11日 21:24

CHARON【タイトル】 しほりエスケープ
【制作】 CHARON ねこふじかおる様

しほりエスケープ
【ジャンル】 記憶探索ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 45.3MB
【公開日】 2014年5月28日
【プレイver.】 1.01

主人公「きたろー」は目が覚めると、白い部屋にいた。
失われた記憶の手がかりを求めて、きたろーは歩き始める。
(制作サイトより引用)


横スクロールでお部屋を探索していくアドベンチャー。

何気なく主人公のステータス画面を覗くと面白かったです。
装備は外れるのかな?とやってみると外れた(右手のも外れるのかっ)のはいいのですが、
なぜか再装備できないΣ('□'*)
そんな訳で裸で探索しました、スミマセン。

主人公は立ち絵もドットも可愛いし、文字も可愛いのですが。
鉛筆で書きなぐったような白い背景がどこか不気味で不安を煽られます。
そして進んで行くと、更に嫌な予感が……。

セーブはいつでもできますし、「ここが分岐」と思える箇所が分かり易かったです。
エンディングは2種類。
最初に迎えたエンドが以外で「え、そうだったの!?」と軽い驚きを感じました。
しかし、もうひとつのエンドは鏡の裏と表のように、似ているようであべこべです。
探索も難しくなく、順にこまめに調べて行くだけでいいのでスムーズにクリアできました。
ストーリーも難解なものではなく気軽にプレイできて楽しめる作品です。
ただ多少の鬱・ヤンデレ要素がありますので、その系統が極端に苦手な方はご注意を。
拍手する

解決!ロリ探偵 ~パンツ編~

2015年02月10日 20:27

ここどこ【タイトル】 解決!ロリ探偵 ~パンツ編~
【制作】 ここどこ めぐり逢音様、神楽あき様

解決!ロリ探偵 ~パンツ編~
【ジャンル】 百合コメディアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周10~15分(トータル25分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 27.7MB
【公開日】 2015年1月6日
【プレイver.】 1.00

綺麗なお姉さんが大切な物をなくしてしまった!
いったい何をなくしたの……? 実はお姉さんって……?!
そんなときはロリ探偵が華麗に解決!
会話して真実を見つけよう!(制作サイトより引用)


コメディでライトな感覚ですが、百合+下ネタ(下着ネタ)満載なので苦手な方はご注意を。

私は実は両方ともどちらかというと得意ではないのですが、可愛いグラフィックに惹かれてプレイ。
軽いノリとテンポの良い会話がさくさく進むので、お気楽に楽しめました。
制作サイトさんのQ&Aには健全な中学生のおにいさんでも大丈夫!と書いてありますが、
想像力を豊かにすると色々といけない妄想が浮かんできてしまいそうですよ……!
女性作者さんならではの絶妙さで、パンツも下品にならない程度の大人可愛いパンツでした(*/∇\*)

吉里吉里製という事で、ついクセでマウスホイールでバックログを見ようとしてしまったり、
セーブ画面から右クリックで戻ろうとしたりしてしまったけど、この作品はどちらも出来ない模様。
システムボタンでの対応のみのようです。
短編なのであまり気になりませんでしたが、そこを改良して頂けるとより素晴らしくなると思いました。
拍手する

迷☆探偵の助手~事件ファイル7~

2015年02月09日 20:30

LIKE MAD【タイトル】 迷☆探偵の助手~事件ファイル7~
【制作】 LIKE MAD ツシマ ユキヒロ様

迷☆探偵の助手~事件ファイル7~
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 30分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 31.0MB
【公開日】 2015年1月25日
【プレイver.】 1.00

過去の《04-CN事件》について、主人公・御影一哉と迷☆探偵・空木千穂が
事務所で話している所へ、白馬の探偵様こと白馬零が現れた。
「君たちに仕事を持って来てあげたんだ。ありがたいと思ってくれよ」
そう言い放つ白馬探偵も巻き込んで、一哉は依頼者の少女と共に
キケンなニオイの漂うビルへと乗り込んだ!
果たして、一哉たちは無事に依頼を完了する事が出来るのか――!?
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

シリーズももう7作目です。
ストーリーどこまで進むかな?今回もさっくりクリアするぞー!
と張り切ってプレイしたものの……今回は謎解きで躓きました orz
何気にこのシリーズ初挫折です。
考えても分からなくて、謎解きのヒント覚えちゃったので仕事中dめお手が空けば
メモに書いてまで考えてたんですが。ダメでした。
次回作のリリース後に公式サイトさんに攻略が掲載されたので、それを見てようやく突破。
うー、そうか、そうだったか。一区切りにひとつ、だと思ってました。
何か思い込みってダメですねぇ……。何の事かさっぱりかもですが、こんな感じです。
プレイ時間を30分と記載してますが、多分謎解きで引っかからなければ15分程度で
クリアできるのではないでしょうか。

しかし今回は一緒に冒険(そんな気分でした)に行く仲間が選べたり、
見るからに怪しげな組織のアジトに潜入したりと、色々と楽しかったです。
選べると言ってもその時々で進むために必要な人物が決まっているので
連れて行く人は固定になるのですが、物を調べた時の反応とかそれぞれ違うのですよ。
そして今回、初めて白馬くんと一緒に探偵出来たのも嬉しかったのです(*´∀`*)
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。