Anna

2018年06月17日 20:00

-RE- memo【タイトル】 Anna
【制作】 -RE- memo sayori様

Anna
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 2.97MB
【公開日】 2012年11月30日
【プレイver.】 1.01

いつも仕事中に「構ってくれない」と怒りながら電話やメールを寄越す彼女の杏奈。
彼女が最近、やけに大人しい。
浮気を疑った主人公は、証拠を掴む為遊びに来たフリをして杏奈の部屋を訪れる。


【注意】 このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第8回 ふりーむ!ゲームコンテスト で健闘賞を受賞された作品です。

彼女の浮気調査の為に部屋を探索するゲーム。
コンセプトが斬新です。
金髪の容姿とAnnaというタイトルから外国が舞台かと思いきや、杏奈ちゃんでした。
いくら彼氏とはいえ、タンスを開けたりソファの下を覗き込んだりしているというのに
何も言わない彼女すごい(いくつか怒られる所もありますが)。

部屋は2階まであります。広くないので探索は楽でした。
部屋作ってると、ついトイレとかお風呂とか付けたくなってしまうんじゃないかと思うのですが、
そこは省略されて必要最低限な作りです。この無駄のなさは良いですね。
序盤、セーブ方法が分からなくて「え、これセーブできないのか」と思ってちょっと困惑。
ある程度進行すると右上のタンスのメモからセーブ可能になります。

怪しい証拠を見つけて問い詰めるとキレたりとぼけたりする(?)彼女。
元々が勝気な性格のようですし、黒なのかどうか微妙なところです。
性的な描写はなくても、他の男とのそういう関係を問い詰めるという流れです。
全年齢対象ではありますが、小学校低学年の方とかにはお勧めできません。大人向け。

エンディングはバッドエンドが2つと、正規エンドがひとつ。
途中で現れる選択肢は基本的にはどちらも選んで良いのですが、
間違えるとバッドエンドになる肝心な選択肢が2つあります。
そこを避けていけば、正規エンドを見るのも難しくありません。

結末は……あなたの目で確かめてみて下さい。
拍手する

眠れない夜に

2018年06月16日 21:22

九州壇氏のノベル工房【タイトル】 眠れない夜に
【制作】 九州壇氏のノベル工房 九州壇氏様

眠れない夜に
【ジャンル】 サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 1時間半程度
【ツール】 NScripter
【容量】 37.7MB
【公開日】 2016年12月24日
【プレイver.】 1.04

舞台は、秋の福岡。
なんとなく眠れない夜を過ごしていた俺は、彼女をドライブに誘う。
彼女は苦笑しながらも了承してくれた。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第12回 ふりーむ!ゲームコンテスト 健闘賞を受賞された作品です。

実在の街・福岡を舞台にしたノベルということで、興味を持ってプレイさせて頂きました。
作者の九州壇氏さん、ずいぶん昔からノベルゲーム制作者としてご活躍なのは
存じていたのですが、今作が初プレイとなります。

秋の夜長にドライブする僕と彼女のストーリー。
物語は、高校時代の回想からスタートします。もうそれが、ああ、青春だねぇ……という。
個人的な嗜好でしかないんですが、青春ど真ん中のストーリー、わりと苦手なんです。
その後も大学生になった2人のドライブシーンも、個人的な苦手が続きました。
あぁ、青春だねぇ……。
苦手ジャンルなんですが、まぁ、白状すると羨ましいですね。ハイ。

しかし中盤まで読み進めて行くと、これぞ真っ当な青春だと思っていたものが
何やら違う側面を見せ始めます。
ラブストーリーには違いないものの、ただのラブストーリーじゃない。
「眠れない夜に」というタイトルも、最初に感じた印象とは全く違った意味を持って心に迫りました。
その辺りのどんでん返しはお見事。
読み終わって、ああ、あそこの何となく違和感のあった台詞は伏線だったのか、と気付かされます。

そしてこの作品、福岡が舞台とのことで、背景も実際の福岡の景色なのです。
そこもすごいと思いました。
道路と建物の中までは定かではありませんが、浜辺とか街中、ゲームセンター辺りはそうですね。
車や人が映らないように撮影されるの、大変だったのではないかと思います。
この作品のために撮り歩かれたのでしょうか。大変そうですが、そういう作業も何だか楽しそう。
終盤に登場する建物の中の写真、ここもまさか本当にあそこなのか!?と確かめたくなってしまいました。
拍手する

I

2018年06月15日 20:00

I ふりーむ!のページ【タイトル】 I
【制作】  紫蘇漬け様(Webサイトなし)

I
【ジャンル】 短編サスペンス
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 15.8MB
【公開日】 2010年11月12日
【プレイver.】 1.01

私は、私を殺したいの。 (ふりーむ!作品ページより引用)


I don't like to commit myself about heaven and hell
- you see, I have friends in both places.
(天国に行きたいのか地獄に行きたいのか、決めきれないんだ。両方に友がいるんでね。)

という、マーク・トウェインの言葉からゲームが始まります。
これ、多分ブラックジョークの類だと思うのですが(私の解釈が違ってたらすみません)、
ここでは善と悪の二面性という意味合いで引用されているのでしょうか。

私が【私】を殺しに行くというストーリー。
最初は、マリーおばあさんの死去を悲しんでいる普通の少女のように思えるのですが、
読み進めて行くと何かおかしい。
その後の展開に、この子は何をやってるんだ?と打ち震えました。
少女が行う所業の度、とある効果音を繰り返し聞かされる事になるのですが、
もう途中から聞くのが嫌になってきました。

ラストシーンで少女がこちらを振り向いた際は、心底ぞわっとしました……。

正直、プレイ後も何が起こっているのかよく分からず、2回プレイしてしまいました。
それでも、分かったような分からなかったような。
正気で病気の私が、狂気で健康な【私】を捜して殺したいと願っていたのでしょうか。

※上記英文の和訳は、こちらのページから引用させて頂きました→マーク・トウェイン名言
拍手する

ねこの帰り道

2018年06月14日 20:00

有限の遑【タイトル】 ねこの帰り道
【制作】 3色ぱん ネコの人様、scarecrow様

ねこの帰り道
【ジャンル】 運試しノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 24種類
【スチル数】 20枚
【プレイ時間】 1時間20分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 47.9MB
【公開日】 2014年1月27日
【プレイver.】 1.01

ごく普通のネコ好き高校生・猫田陽(ねこた よう)。
いつもの放課後、彼は友人から不吉な【警告】を受ける。
「お前、今日は災難な日になるぞ」
そして出会う、謎のネコ。
彼と謎のネコの、帰り道に起きる数々の災難。
無事、家にたどり着くことが出来るのか――? (制作サイトより引用)


猫好きの少年と、とある猫の物語。
登場人物がかなり個性的なコメディノベルです。猫、お姿も鳴き声も可愛すぎる。
ついでにゲーム起動のアイコンも可愛いです。猫、ねこー。
猫以外のキャラクターでは、胡散臭い宇佐見くんが好きでした。

ゲーム紹介にもありますが、普通の選択式ノベルと違うのが、
所々にセーブ不可なランダムの選択肢が登場するところかと思います。運試しにぴったり。
確率は定かではないものの恐らく1/2なので、外れまくってストレスということはありませんでした。
しかしながら、全エンド回収する為には敢えて外さないといけない所もありまして。
かえって正解ばかり引いてしまい、「外れろー!」と念じざるを得ない場面もあったという。

エンディングは24種類と多いですが、選択肢を全て選んでいけば回収はさほど難しくないと思います。
本編をクリアすると、おまけストーリーも読むことができます。
それを見ると、本編で不可解だったところが明かされて、そういう事だったのね、とスッキリ。
ちなみに、おまけストーリーもランダム選択肢が立ちはだかっています。
ふりーむ!さんのレビューコメントを拝見すると、200回やっても突破できないという書き込みが……。
まじか(((゜Д゜))) 
私は4、5回でクリアできたので、そんなに理不尽な確率ではないはずなのですが……。

ストーリーは始終ギャグ・コメディ寄りなので気軽に遊べます。
しかし、道中の分岐によっては思いがけずシリアスなシーンもあり、ぞくりとしました。
そういう箇所も、ストーリーのスパイスになって良い感じでした。
拍手する

Find~ファインド~

2018年06月13日 20:00

Find~ファインド~【タイトル】 Find~ファインド~
【制作】 アンジュ工房 戌亥様(INUI GAMES)、 AOL

Find~ファインド~
【ジャンル】 微ホラー探索アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周40分(トータル1時間)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 83.2MB
【公開日】 2017年12月15日
【プレイver.】 1.02

ミーシャは兄のハワードに物語を聞かせてもらい共に眠りにつく。
しかし、目覚めると家の様子がいつもと違い、ハワードがいなくなっていた。
​「ここは夢の中…なのかしら。おにいちゃんは、どこに行ったの。」​
しばらく夢の中を探索するが、ハワードは見つからないうえに、
その夢には恐ろしい化け物が潜んでいた。
​化け物に襲われそうなところ、動く人形ルイグに助けられる。
ミーシャはルイグと協力しながら、ハワードを見つけるため悪夢をさまようのだった。(制作サイトより引用)


ホラー探索ゲーム。
追いかけられ要素あります。

まず説明書の注意事項通り、必ず同梱のフォントをインストールしておきましょう。
私はうっかりそのままプレイしてしまいまして、表示崩れを見てしばらく首を傾げていました……。
フォントを入れておかないと、表示崩れだけでなく、途中の暗号入力で進行が不可能になります。
(ただし気付いた時点でインストールすれば大丈夫です)

とても可愛くて綺麗な絵柄に惹かれてプレイさせて頂きました。
立ち絵だけでなく、メッセージウィンドウやフォントも美麗ですし、ドットも表現が細やかです。
冒頭シーンで、ベッドの中でお兄ちゃんが本を読んであげているシーン、
こういうところもドットできちんと表現されているのはすごいと思います。
壁紙や床、家具も西洋のお屋敷の雰囲気で統一されていてまとまりがあり、綺麗でした。
ホラーだけに不穏な空気に怯えつつも、始終探索が楽しかったです。
しかも、屋敷は豪華なのに広すぎず、探索範囲がお手頃なのもありがたいところ。

前述のように追いかけられ要素もありますが、さほど逃げるのは難しくないと思います。
謎解きは単純な暗号だけでなく独特のものもあり、解くのが面白かったです。

エンディングは4種類で、制作サイトさんに完全攻略とエンド分岐条件が載っています。
私は謎解きは自力クリアできましたが、エンド分岐は攻略を拝見して回収しました。
制作者さんお勧めのクリア順は、END4→END3→END2→END1 とのこと。
BAD寄りからGOODへ順番に、というところですね。

私の到達順は END2→END3→END4→END1 でした。

END2を見た後END3については分岐フラグがすぐに分かったんですが、
その先がちょっと見つけられず、残り2つは攻略を頼りました。
一番GOOD寄りのEND1にしても、心底ハッピーエンドとは言い難いほろ苦い余韻を残すものでした。
取り返せないものがありつつも、これからの幸せを願わずにはいられません。

惜しむらくは、エンドリストとギャラリーが無い点でしょうか。
エンディング後のスチル絵はとても綺麗だったので、振り返って見たかったです。
拍手する