闇の森の少女

2018年09月25日 20:00

セイナルボンジン【タイトル】 闇の森の少女
【制作】 セイナルボンジン たぬ子様

闇の森の少女
【ジャンル】 掌編ダークファンタジー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 121MB (ダウンロード版)
【公開日】 2018年3月1日
【プレイver.】 1.00

恐ろしい魔物が棲む森を
幼い弟の手を引き 少女は走る (ふりーむ!作品ページより引用)


ティラノゲームフェス2018 にて、佳作を獲得された作品です。

ティラノビルダー製の選択式ノベル作品。
基本ブラウザプレイで、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。
ノベルゲームコレクションでも公開されていました。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

こちら、千文字喫茶2への参加作品ということで、テキストはシンプルに抑えられています。
ですが、動きのあるグラフィックとBGM、効果音の演出で盛り上げられていて、
得体のしれない魔物から逃げ回る、息の詰まるような緊迫感がひしひしと感じられました。
墨色の画面も、物語のシチュエーションにぴったりです。
物語を進める度に少しずつ変わり明かされていく「何か」にも、怯えつつも引き込まれていきました。

セイナルボンジンさんの作品をプレイした方ならご存知かもしれませんが、
こういう人外が絡む物語には狂言回しを担う「黒服の男」が登場することがあります。。
今回も彼が登場しまして、個人的にそこが嬉しいポイントでした。

エンディングは2つ。BADとTRUEに分岐します。
私はTRUE→BADの順で見ました。
TRUEは、憐憫と空恐ろしさが入り混じったような複雑な気分になり……。

短時間で読了できますし、秋の夜長、眠れない夜に、
彼ら姉弟と一緒に闇の森を彷徨ってみるのも良いかもしれません。
拍手する

わたしの愛する、壊れたせかい

2018年09月24日 20:09

それからもうひとつ【タイトル】 わたしの愛する、壊れたせかい
【制作】 それからもうひとつ りっと様

わたしの愛する、壊れたせかい
【ジャンル】 乙女ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周15分(トータル30分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 37.0MB
【公開日】 2018年6月15日
【プレイver.】 1.00

私の幼馴染は不治の病に罹っている!
感情が高ぶると最悪死に至るおかしな病!
彼は無事に生き延びられる?
さあ、少しおかしな物語の幕開けです!

ひねくれ者の彼との愉快な一日のはじまりはじまり! (ふりーむ!作品ページより引用)


感情が高ぶると死ぬという奇病にかかたエリオットと、幼馴染のマルガレーテのお話。
こ、これはハッピーエンドでラブラブ展開が死亡フラグなのでは?と、
ハラハラしながらプレイしてました。

何かこれ、「萌え死ぬ」という感覚をそのまま本物にした(?)ようでもありますね。
萌え死ぬのを回避しようとするせいか、エリオットはマルガレーテに対してツンツンした物言い。
しかし、マルガレーテはあまり傷ついたり動揺したりしません。
これはマルガレーテが鈍感とかいう事ではなく、きっと、エリオットをよく知るが故に
彼のありのままを信頼しているんだろうぁな……と、何となく心が温かくなりました。

設定を読んで、これはいかにエリオットを活かさず殺さず(つまり適度にときめかせて)
口説き落とすかのゲームだな!と思っていたのですが、展開は予想外な面も。
ルートによっては悲劇もあるのですが、その分ハッピーエンドはすごく良かったです。
こういうの待ってました!という感じですね。

絵柄も可愛らしく、パステルカラーの色合いが綺麗なので(シーンによりますが)、
画面を見ているだけで春の景色を眺めるようなうっとりした心地になれました。
拍手する

Esca sum

2018年09月23日 20:00

A子【タイトル】 Esca sum
【制作】 A子 本間A子様、イフジ様

Esca sum
【ジャンル】 恋愛アドベンチャー
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 9種類
【スチル数】 12枚
【プレイ時間】 1周2時間20分(トータル5時間10分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 71.6MB
【公開日】 2013年5月22日

村の近くに幾多の人食いの怪物が住み着くようになったのが、そもそもの始まりだった。
やむなく村の人々は、生まれ育った地を捨てて出て行った。
ただ一人、熱病にかかり、もう助からないだろう娘を残して。
しかし、娘は熱病から回復する。
村中を探してみたが、もはや誰一人として村に残ってはいなかった。
人間は一人もいなかった。代わりにいたのは、怪物だった。
彼女が出会ったのは、二匹の怪物。
何故かどちらも、娘が人間だとは気付かない。
敵意など微塵も感じられない。
それでも、気を許すことなどできなかった。
惑う彼女の意識の中で、村の伝承が語りかける。
人間と怪物は、古来より争い殺し合う生き物なのだと。 (制作サイトより引用)


ゲームスタートすると、ドラマチックな音楽に薔薇の画面。素敵です。
不安が煽られるような音楽で、何となくゲームの雰囲気が分かります。

人食いの怪物が跋扈する世界で、村でひとりぼっちになってしまった少女。
中世くらいの文明の小さな村で、ひとりで生き抜かねばならないという。
その状況、苦しすぎる。・゚・(ノД`)・゚・。
しかし何はともあれ乙女ゲーなので、そこにイケメン男子が訪ねてくる訳です。
ただし、人外の。
その彼らと、主人公エスカの交流の物語です。

エスカの元にやってくるのは、筋肉ムキムキの狼族のルプスと、気品漂う羊族のオウィス。
ルプスは見た目脳筋っぽいですが、性格は穏やかで優しいです。
クールな外見ながら、喜ぶとしっぽがパタパタ動くのが可愛い……っ!
オウィスは対照的に、育ちが良くやや上から目線のお坊ちゃま系。
この方は最初はいけ好かない感じなのですが、徐々に彼の立場や深い内面を知ることになります。

いくらイケメンとはいえ、やっぱり自分たちを喰らう存在とには越えられない壁があり、
この主人公も長いこと警戒心を持って接しています。
元がさばさばした性格の子というのもあり、彼らに対する態度はあまりにつっけんどんすぎるのですが、
状況を考えると彼女の心情は理解できますし、下手に仲良くするよりリアリティがあると思いました。
そんな訳で、乙女ゲーとしては糖度どころか唐辛子を含んだような展開。
ですが、そこから本当に少しずつ、少しずつ心を許していくところが見応えがありました。
細かい装飾や演出にも凝っていて、エスカの心の震えと連動して文字が乱れたりもします。
そういった点も見応えがあって素敵でした。

エンディングは全部で9種類。
エンディングリストにカーソルを当てると、エンディング条件が表示されるという親切設計です。
それを参考にしつつコンプリートしました。
全エンド制覇まで5時間以上かかったものの、ハラハラする展開に時間を感じずのめり込みました。
もし迷った際は、制作サイトさんのブログに攻略情報があります。

序盤はルプスの方が好みだなぁと思いつつプレイを進めていたのですが、
オウィスの方が複雑な事情を抱えており、彼を知るにつれオウィスにも興味が出てきました。
エンディングはどれもため息がでるような重みがあったと思います。
中でも、個人的にはオウィスのエンドが一番好きかも。

また、クリア後には一風変わったおまけストーリーがあります。
そのやり方も攻略ページにありますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。
ちなみに私は、両者とも3トライくらいでクリアできましたヾ('ω'*)ノ

以下、制作サイトさんの攻略ページを紹介させて頂きます。
[Esca sum]のヒント・攻略を見る
拍手する

一閃探偵 ‐アサヤケの公園殺人事件‐

2018年09月22日 20:00

一閃探偵【タイトル】 一閃探偵 ‐アサヤケの公園殺人事件‐
【制作】 一閃探偵 あさがお様(代表)

一閃探偵 ‐アサヤケの公園殺人事件‐

【ジャンル】 議論介入型推理ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類?
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 58.6MB
【公開日】 2017年2月17日
【プレイver.】 1.01

正しい推理にガッツリ助太刀!
あやしい推理はバッサリ一閃!
事件の捜査がすべてTV中継される世界で
探偵助手『思井 めぐる』(オモイ メグル)と
探偵『感王寺 直流』(カンオウジ スグル)が
すったもんだの大暴れ!
議論介入型推理アドベンチャー『一閃探偵』! (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

逆転裁判風のシステムをとった推理アドベンチャーです。
現代劇ですが、色々とありえない要素満載で面白い。
キャラクターも濃すぎて、主役のはずの探偵が一番影が薄いという。
コメディタッチながらブラックコメディ寄りの毒も混ざっていて、後味に苦さを感じました。

公園で殺された高校生。
その場に居合わせてしまっためぐるが犯人と断定されてしまい。
めぐると彼の雇い主の探偵が、証拠の矛盾に突っ込んで無実を証明するという流れです。
めぐるを犯人だと決めつける、思い込みの激しい公園の管理人にはちょっとイラっとしました。
が、それがあるからこそ逆転劇はスカッとしますね(管理人の反省が見られなかったのは残念でしたが)。

推理バトルはまさに逆転裁判風で、矛盾した発言に突っ込んでいきます。
ただ、単に突っ込みまくればOKという訳ではなく、時には同調も必要という場面もあります。
色々試していると探偵さんがヒントをくれるので、勝利はさほど難しくはありませんでした。
推理ものとしてはかなりしっかりしている印象で、徐々に真実が明かされていくのが面白かったです。

無実が証明されてスッキリ……とバンザイしたいところですが、
先に述べたように毒気も混ざっていて素直に喜べない終わり方でした。
個人的には素直に好きだと思えない展開ではあるものの、
そこが単なる大手作品のパロディというだけではない作品の個性になっていたと思います。

ちなみに、推理バトルに失敗すると黄色いバーが減っていくという説明だったのですが、
途中間違えても何も起こらず。
もしかしたら推理失敗しまくるとエンディングが変わるのかもしれませんが、試せていません。
拍手する

Loved

2018年09月21日 20:17

共食いうさぎ【タイトル】 Loved
【制作】 共食いうさぎ あうぐ様

Loved
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類?
【プレイ時間】 30分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 14.2MB
【公開日】 2012年7月27日
【プレイver.】 1.00

森の中の廃屋へ遊びに行こうとリリーを誘ったローゼ。
断られて一人で廃屋に向かうが、入った部屋の扉が閉ざされ、閉じ込められてしまう。


ひとりで廃屋へ行き部屋から出られなくなったローゼを救う為、リリーが廃屋を探索します。
ローゼもリリーもドット絵のキャラクターが可愛いです。

過度な脅かし表現はありませんが、不気味な展開と先の読めなさが怖い作品。
BGMはなく環境音のみの中をひたすら歩き回るので、それだけで不安感が煽られるようでした。
道中のメモを読みストーリーを追いつつ、鍵を探して進んでいきます。
探索はさくさく進みますが、途中分かり辛くてやや彷徨った箇所もありました。
謎解きはありませんので、丁寧に探索しさえすればクリアできると思います。

全てのアイテムを手に入れれば、過去にここで何が起こったのかは把握できます。
しかし、今ここで主人公たちの身に何が起こったのか、クリアしてもあまり理解できませんでした。
え、どういうこと!?と思ってもう一度プレイしたのですが、やっぱりよく分かりません。
暗示的なアイテムや出来事は散りばめているのですが……うーむ。
残念ながら、個人的に満足できるまで考察が及ばなかった作品です。
いつかふと理解できる時が来るかも!?と期待しつつ、もうちょっと取り組んでみたいと思っています。

エンディングは、ラストの選択によって分岐する2種類、だと思います。
特定の選択肢を選ぶことで手に入るアイテムがあるのですが、
それで展開が変わるという訳ではないようです(見付けられてないだけかもですが)。
もし違っていたらすみません。

以下、外部の攻略サイトさんを紹介します。
[Loved]のヒント・攻略を見る
拍手する


最新記事