いずれまた森になる

2019年04月28日 21:16

いずれまた森になる ふりーむ!のページ【タイトル】 いずれまた森になる
【制作】 時雨屋本店 時雨屋様、 おばけやしき おばけ様

いずれまた森になる
【ジャンル】 短編ファンタジーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 28.2MB
【公開日】 2016年9月28日
【プレイver.】 1.01

すでに、その地に生き物の姿はない。
かつて人が生活を営んでいた名残があるだけで、それらはゆっくりと緑に蝕まれていく。
(ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

滅びた文明の跡地を、不思議なフードの男が探索していきます。
特に難しいところもなく、スムーズにエンディングまで進めました。

人の気配なく緑に覆われたり、廃墟となった建物のMAPがとても、とても美しい。
そんな世界を巡る男と、その相棒となるうさぎさん、ネコさんとのやりとりは
世界の静謐さとはうって変わってコミカルです。
しかしそれも、誰も観客がいない舞台で一人きりで演じるピエロのように、どこか悲しさと滑稽さを感じました。

謎解きは特にないので、美しいMAPをひたすら探索するのみです。
進めるにつれ、男が何者なのか、世界に何が起きたのかが分かっていきます。
ラストは静かな悲しみに包まれて、とても切なくなりました。

もしかすると、人が居ない方が世界は美しいのかもしれない。
でも、その美しさを美しいと感じるのは人間なのです。
人がいないのならば、美しさは存在しないに等しいのかもしれません。
彼は、彼が存在することでその美しさをこれからも守ってゆくのでしょうね。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1016-7280dff4
    この記事へのトラックバック


    最新記事