だっしゅつげーむ

2019年05月19日 20:21

バニラ最中のゲーム制作日記【タイトル】 だっしゅつげーむ
【制作】  桜井ひなな様(twitter

だっしゅつげーむ
【ジャンル】 謎解き脱出ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周17分(トータル23分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 79.2MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年9月26日
【プレイver.】 ?

謎の手紙に従って、放課後の教室に訪れた俺。
だが、そこで待ち受けていたのは、命を賭けた脱出ゲームだった……!
(ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ティラノビルダー製の、文字通りの脱出ゲーム。
ブラウザ・ダウンロード版あります。

命を賭けた脱出ゲーム……!という不穏な紹介文ですが、
すぐその下には「時間制限もなければ、死エンドもないので、安心してプレイしてください」
という作者さんからのコメントが。
どんなゲームやねん!と思いつつプレイしましたが、どちらかというとコミカルな雰囲気でした。

謎解きも取り組みやすい方だと思います。
漢字を当てはめるパズルでは、メモに書き写さなくてもゲーム中で文字を選択して嵌めていけるので
その場で視認できて楽でした。
ただこれ、きっちり理解して解いたというよりは何となくこれかな?で正解になってしまったので、
個人的にはやや消化不良だったり。まぁ進めたのでいっか!
他にも、アイテムの隠し場所を示した暗号トを解く前に目的のものを見つけてしまったりもしました。
後から「あれ、あの暗号使ってないけど何だったんだ?」と思って調べたらノーヒントで進んでしまっていたという。
これもクリアできたから良し、と言いたいところですが、せっかくの謎解きゲームなので
きっちり手順を踏まないと進めない仕様でも良かったかなとは思います。
この説かなかった暗号が、一番難しくて手応えあったんじゃないかなぁ。

エンディングは2種類。
ひとつはノーヒントでクリア(使わなかった暗号は除く)でいけました。
もうひとつは、別サイトさんでヒントを拝見して無事クリア。
コミカルで面白かったです。
しかし、主人公を監禁した謎の人物はいったい何だったのか……。
その正体が明かされることはありませんでした。気になります。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1037-9b5a65ac
    この記事へのトラックバック


    最新記事