陰姫

2019年06月01日 21:50

紅玉【タイトル】 陰姫
【制作】 紅玉 Tea Ocean様

陰姫
【ジャンル】 探索ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周37分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 16.7MB
【公開日】 2012年8月4日
【プレイver.】 1.21

倶楽部活動で年代旅館に宿泊した四人は
深夜、人形が落ちる音で目が覚めました……。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第4回 WOLF RPGエディターコンテスト 総合26位等を獲得された作品です(エントリー番号【67】)。
制作サイトさん、ふりーむ!からダウンロード可能。
この記事のタイトルからはふりーむ!の作品ページへリンクさせて頂いています。

古い旅館で起きる一夜の出来事。
ホラーゲームですが、脅かし表現がほぼ無いのでプレイし易かったです。
しかし、脅かし無しと思ってプレイしていると、僅かにビックリするシーンもアリ。
ただ、そこも単にプレイヤーを驚かせる為というだけでなく、さりげないヒントになっていたりします。

キャラクターはすごく個性的だという訳でもないですが、色と名前が連動していて覚えやすい。
そして主人公の意外な見た目設定に笑いました。
いや、ドット絵だとあんまり分からないのでね。

事件(?)が起こる前の、のどかで牧歌的なBGMがすごく好きでした。
実は今も、記事を書きつつ後ろでこの音楽流ししております。
友人同士4人も仲が良さそうで微笑ましいです。
そして事件が起きてからも、ドロドロと恐怖を煽るようなものではなく、ドンドコドンドンという感じの
太鼓のリズムがメインのノリの良いBGMだったので、さほど恐怖心を感じずにプレイできました。
途中の展開によっては悲劇にもなりますが、全体的にしんみりとして優しい雰囲気です。
すごく怖いホラー好きな方だと物足りないのでしょうが、私はとても好きなタイプの探索ホラーです。

エンディングは6種類で、私はED6(ベストエンド)に最初に辿り着けました。
途中うっかりしていて危うくED4に行きそうでした。
あることをやらないとそこに辿り着くんですが、「そうだ、忘れるところだった!」と素で仰天。
キャラクターの気持ちになれば忘れるはずないのですけどね。
その後、敢えてそこを忘れてED4、ED3まで自力回収。
後は少し悩んで、制作サイトさんのヒントを拝見しました。
その後ED5、ED1まで回収。なるほど、そういう風にもできるのねという感じです。
しかし、制作サイトさんやウディコンのレビューにもあるのですが、ED2が難しくてクリアできず。
この作品、慣れて手順を覚えると10分程度でクリアできるので、微調整しつつ何度か頑張ったのですがダメでした。
正直、台詞とかエンド後のイラストが変わる程度で大きな差異がなさそうなので、いったん諦めました。

比較的短時間でプレイできますし、ストーリーも良いです。
大きなどんでん返しや深い伏線があるとは言えませんが、シンプルでちょっと予想外で、好き。
ベストエンドのオチも、好きでした。
ホラー苦手な方でもプレイし易いので、怖いのが苦手な方にもお薦めです。
ただし、全エンド回収しないと気が済まないタイプの方には険しい道になるかもしれません。


WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1050-3708bde6
    この記事へのトラックバック


    最新記事