ツクモノガタリ~天女の羽衣編~

2019年09月25日 23:24

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ~天女の羽衣編~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ~天女の羽衣編~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周45分(トータル1時間15分)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 39.2MB
【公開日】 2019年6月27日
【プレイver.】 1.01

山道で「天女のように美しい」娘を助けた茂吉。
その後、行商に来た港町で茂吉は娘と偶然にも再開する。
二人は橋の桟橋に結んだ文を交わす仲となり、やがて茂吉は恋に落ちた。

とある村の寺を調査に訪れた九十九は、茂吉から人探しの依頼を受ける。
ある日を境に、茂吉は娘と連絡が取れなくなったというのだった。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

MHさん制作のツクモノガタリシリーズ9作目です。
今回は、この物語の主人公である茂吉と、美しい娘のエピソードから始まります。
そこに九十九が別件で訪れて……という展開。
こういうパターンは初めてではないのですが、佐久間氏などお馴染みのキャラの出番がないのもあり、
九十九より茂吉に感情移入してプレイしていました。

プレイヤーからすると、美しい娘が恐らく人間ではないことは想像がつきます。
茂吉の気持ちを応援したいものの、上手くいかないのではないか、悲しい結末になるのではいかと
結末を知りたいような、知りたくないような複雑な気持ちでした。
そんな物悲しさもツクモノガタリシリーズの良いところではあるのですが。

今作はあまり難しいミニゲームや謎解きはなくて、サクサク進めました。
グッドエンドを目指して道中隈なく探索しても、クリアまで45分程度。
寄り道しなければもう少し短時間でクリアできるかもしれません。

探索頑張ったのですが、最初はノーマルエンドにあたる結末・弐に辿り着きました。
ただ、今回は何となく手応えがあったので、ヒントを見ずに自力で結末・壱を見られました。
今まで結末・弐を最初に見た作品で自力で壱に辿り着けたことがなかったので、地味に嬉しい('-'*)

結末は、私の想像通りの悲恋だったのかどうかは、プレイして確かめて頂きたいなぁと思います。
ただ、以下ちょっとだけ感想を。
ネタバレになるかもしれないので、反転しないと見えないようにしておきます。

ことの真相は、すごく心苦しかったです。
茂吉に感情移入していただけに尚更。彼は辛いだろなぁ。
反面、娘は幸せというか満足だったのかもしれません。何だか複雑な気持ちでした。
願わくば、来世で2人が幸せでありますように。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1079-61707787
    この記事へのトラックバック


    最新記事