転生天命-Call-

2019年10月06日 22:24

あ行。【タイトル】 転生天命-Call-
【制作】 あ行。 アワラギ 様

転生天命-Call-
【ジャンル】 ホラーファンタジーADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間10分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 126MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年12月7日
【プレイver.】 1.02

女子大生の吉野八知の携帯電話には…浮遊霊から電話がかかってくるという…
自身の記憶のない浮遊霊「中身」は、強い未練のある体に引き寄せられて他人の体に入ってしまう。
その体から出る方法は、生前の「未練を叶える」こと。
八知はしかたなく浮遊霊の「中身」の頼みを聞きさまざまな体の未練の解決に協力していく…
お人よし浮遊霊「中身」と霊感女子、吉野八知のホラーファンタジー 。
(制作サイトより引用)


ティラノビルダー製で、基本ブラウザプレイ。ダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

第13回 ふりーむ!ゲームコンテスト ブラウザゲーム部門にて銀賞を受賞された作品です。

LiveMaker製の前作「転生天命」をブラウザ対応にした移植作品とのこと。
内容はほぼ同じということで、新作のこちらをプレイさせて頂きました。
こちらはLive2D化されたということで、キャラクターがぬるっと動くのが面白かったです。

生前の記憶を無くした浮遊霊が、未練を持ったままの死体に乗り移ってしまうという物語。
ホラーというかオカルト寄りな気がします。
主人公が心霊現象に慣れた女性なのもあり軽快な語り口なのですが、単なるコメディではなく、
時折ふと霊というものの異質さが垣間見えて空恐ろしくなる、そんな絶妙な塩梅でした。

浮遊霊は、女子大生・八知により「中身」と呼ばれています。絶妙なネーミングセンスだ。
訳も分からず他人の身体で目覚めてしまい、霊感の強い八知に助けを求める中身。
いやー、助けて!って縋り付く気持ちは分かりますわー。
でも、幽霊から所かまわず電話がかかってきて困っている八知の気持ちも分かる。
八知がお人好しすぎず、かと言って冷たすぎないキャラクターなのは良かったと思います。
もし八知があまりに中身に翻弄されすぎていると、読者としても中身にイラつくかもしれませんし、
冷たく突き放しすぎていると中身に同情して八知の好感度が下っていたかもしれません。

物語は何章かに分かれていて、時々選択肢があります。
基本的には、思うがままに選んでいって大丈夫そう。
詰まることはない作りだと思いますが、もし困ったら制作サイトさんに攻略チャートがあります。

ストーリー展開は「これからどうなるの!?」と目が離せなくなる展開で、ぐいぐい引き込まれました。
ホントに面白い。
八知には申し訳ないですが、中身には記憶が戻らないままシリーズ化して欲しいとか思っちゃう。
ラストがどうなるのかは選択肢次第ですが、どちらの流れもそれぞれ好きでした。

エンディングは、大きな流れとしては基本的にひとつ。
ただ、選択肢や行動によって展開が違ったり、先のエピソードに進めずに終わったりします。
一番先のエピソードに進んだエンディングとしてはひとつ、という感じ。
先に進めないエンドもそれぞれ違った味わいがあるので、やはり選択肢は全部試してみるのがお薦めです。

そしてこの作品、エンディング後におまけエピソードがあります。
ふりーむ!の作品説明にも書いてあるのですが、、おまけでは"Blue Line Games"さんが制作された
フリゲの登場人物が出てくるという。
この作品と同作者さんだったの!?と思いましたが、そこは違うようです。
私も以前プレイさせて頂いた「DOKI★DOKIラブパニック」や「怪奇探索少年隊」「白い焔」の
キャラクターが登場しまして、ひとり興奮しておりました。
中でも「白い焔」の小松父にはビックリ。霊感強い猛者かと思っていたのに、意外と普通の人だった……!

もちろんそれらの作品をプレイしていなくても本編は十分に楽しいです。
しかし、プレイしているとおまけエピソードの楽しみが半端ないですよ。
「DOKI★DOKIラブパニック」だけは異色ながら、他の作品はこの作品と通じるものがあるので、
前でも後でも併せてプレイをお薦めしたいです。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1088-08247dac
    この記事へのトラックバック


    最新記事