カルダモンズ・ホラーハウス

2019年10月21日 20:00

せんやも、いちやも【タイトル】 カルダモンズ・ホラーハウス
【制作】 せんやも、いちやも 砂原みたけ様

カルダモンズ・ホラーハウス
【ジャンル】 短編ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周30分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 31.3MB
【公開日】 2019年5月4日
【プレイver.】 ?

機織りの少女アンゼリカ(名前変換可能)は小さな村で平和な日々を過ごしていた。
だがある日何の前触れもなく「ホラーハウス」という洋館が村の近くに出現する。
怯える村人たちのため館の調査へ向かった神父様もそのまま消息不明となり、村人たちはますます混乱。
そんな様子にしびれを切らしたアンゼリカは神父様を探すため、彼が消えた「ホラーハウス」へ向かった。
(制作サイトより引用)


「ホラーハウス」と呼ばれる洋館を探索していく、ホラーアドベンチャーです。

この作品、説明にもあるのですが、最初に「怖いのは好き?」という質問を投げかけられるのです。
「嫌い」と答えると、明るい画面で脅かし要素なくプレイできる。
しかし「好き」と答えると、少し暗い画面、脅かし要素ありになります。
普段の私なら迷わず「嫌い」と答えるところですが、「好き」にすると「スーベリアコイン」というアイテムをGETでき、
全部集めるとクリア後のおまけがあるという特典が……っ!
迷いつつも、「好き」モードでプレイさせて頂きました。
結果、正解でした。
脅かし要素も何というか可愛くて、ドキッとするというより微笑ましくて楽しかったのです。
ホラー作品に「怖くなかった」という感想は複雑かもしれませんけど、でもほんと良かったです。
この作品の肝は、ストーリーからしても「恐怖」より「楽しさ」なんだと思っています。

探しものや謎解きはそこまで難しくなく、サクサク進めました。
30分程でエンディング到達。END1でした。
アンゼリカと神父様の様子が良すぎて、身悶えしてしまいましたよ。
神父は妻帯不可っぽいので(例外はありそうですが)、ここは名称を牧師にして未来を妄想させて欲しかったかも。
まぁ、禁じられているからこそ逆にドキッとさせられるという面もあるのですけど。

その後END2を見ようと頑張ったものの、実は辿り着けていません。
選択肢で好感度下げればいけるかなと思ったのですが、どうやってもEND1になってしまいます。
実は私の予想が間違っていて、END1が好感度低めなエンドで、END2の方が高いんでしょうか。
まさか、あの身悶えENDより更に上があるというのか……!?
このゲーム、やり方が分かるとかなり短時間でクリアできるので、もうちょっと試行錯誤してみたいと思います。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1102-043920b3
    この記事へのトラックバック


    最新記事