Last Halloween Night

2019年10月23日 20:00

【タイトル】 Last Halloween Night
【制作】 tato様(twitter

Last Halloween Night
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 13種類
【プレイ時間】 1周4~7分(トータル30分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 75.3MB(ダウンロード版)
【公開日】 2016年5月31日
【プレイver.】 1.00

ハロウィーンが毎年行われている村で、子供としての最後の夜。 私は彼らの元へと向かう。
ハロウィーンの夜にだけ、来てくれる彼らに。 (作品ページより引用)


ティラノゲームフェス2016 にて、入賞された作品です。
ふりーむ!でダウンロード版、ノベルゲームコレクションではブラウザ・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

子供としてお菓子を貰える、最後の年を迎えた少女の物語。
毎年、ハロウィンの日のみに会って遊んでいた友達との一夜の出来事が描かれます。

作者さんのコメントに「ハロウィンを題材にした人外との恋愛ゲーム」とあるのですが、
友情の延長という感じで、あまり恋愛という感じはしなかったです。

選択肢次第で、背筋が冷えるような展開やちょっと微笑ましい展開など様々で、ギャップがすごい。
どのキャラがどんな性格なのか、それぞれどんな展開になっていくのか、読み進めるのが楽しみでした。
パンプキンくんは見た目が一番好き。ミイラくんはちょっと意外なところがあり、面白い設定だなと思いました。
そして、骸骨くん。イイ……!
プレイ前はあまり注目してなくて最後に彼を選んだのですが、一番好きでした。

可愛らしいキャラクターと、リアルな背景、これもギャップがありますがどちらもすごく素敵でした。
森や小道の背景など、リアリティがあるのに少し非現実的な雰囲気があり、ちょっと見惚れてしまいました。

ストーリー中はBGMなしで、エンディングのみBGMが流れます。
途中のBGMが無いからこそ、少し空恐ろしい雰囲気をより味わえたように思えます。
エンディングは少し奇妙な感じのシンプルな曲で、物語の雰囲気にはぴったり。
ただ、どのエンディングも曲が同じなので、ハッピーな感じがあまり味わえなかったかも。
どのエンディングを迎えても、どこか「歪んだ結末」に思えてしまうんです。
その「歪んだ、奇妙な感じ」こそが、ハロウィンという舞台には相応しいのだとは思います。

エンディングは、各キャラクター毎に4種類と、誰も選ばないエンド。
選択肢を全て選べばコンプリートできます。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1104-57cc3b26
    この記事へのトラックバック


    最新記事