無人島

2019年11月01日 20:00

無人島 ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 無人島
【制作】 加藤 匠様 (twitter)

無人島
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1プレイ10分(トータル55分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 100MB (ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月30日
【プレイver.】 1.1

無人島に何か1つだけ持っていくとしたら?
ふと目を覚ますと、男は無人島に漂着していたが、選んだものも漂着していた。
何があれば、あなたは生きられるでしょうか・・・。
何があれば、あなたは帰れるでしょうか・・・。
何があれば、あなたは幸せでしょうか・・・。 (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


前作「公衆電話」がオリジナリティ高く面白い試みの作品だったので、
こちらも以前から気になっていたのですが、ようやくプレイさせて頂きました。

無人島に流れ着いてしまった主人公。
ひとつだけ無人島に持って行けるとしたら何を選ぶか……?
単語を入力することで物語が進みます。

いくつか頭に思い浮かんだもののうち、ひとつを入力したところ物語が進みました。
最初の単語がヒットしたので結構何でもいけるのかと思っていましたが、ヒットする品物は限られています。
用意されてないとんでもないものを入れてもスルーされますのでご注意を。
進むと、【】付きでいくつかの単語を主人公が連想するので、「ああ、これが入力できるのだな」と分かります。
このシステムが面白い。
ちなみに、思い浮かばずに何も入力せず進めると、きちんと単語をひとつ提示してくれます。

最初に考えたとき、誰でも思いつくような食料や水といったものしか思い浮かばなかったんですが、
ストーリーが進行すると意外なものを提示されます。
あー、そういう候補もあるのか!と目から鱗。
そこからどんどん現れる単語をひとつずつ試し、物語を進展させていくのがすごく楽しかったです。
コツとしては、次々に現れる単語を見逃さないようにきちんとメモしておくことでしょうか。
全て入力すれば、全てのエンディングは回収できます。

それぞれの結末も、無残なもの、現実的なもの、ちょっと不思議なもの、ハッピーエンドと様々に展開。
どれも違ったテイストでどれも面白かった。
また、きちんとしたエンディングの他にも、入力した単語によってはストーリーには進展しないものの、
主人公のツッコミが入ったりと面白いコメントになったりします。
前作「公衆電話」にちなんだものも見られたりと、小ネタまでたのしめました。

しかし、自分としてはひとつだけの品物では、無人島で生き残れる自信がない……。
思いつめた挙句、「コンビニ」(これさえあれば生きていける気がした)とか、いやまだ足りない!と
「日本列島」とか「地球」とか試したんですが、さすがに全部ダメでした。てへ。

1周で10分程度くらいで読める手軽さもありがたいです。
全部のエンディングを集めるのに1時間弱かかりました。
私は単語メモするのさぼってやや手間取ったので、きちんと順序立ててプレイすればもう少し短くいけるかも。

この作品、バージョンアップでエンディングがいくつか追加された経緯があるようです。
今後また新しいエンディングできないかな、とちょっぴり期待してしまいますね。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1113-a78c3bc5
    この記事へのトラックバック


    最新記事