終わる世界の赤ずきん

2019年11月14日 20:00

pinetea【タイトル】 終わる世界の赤ずきん
【制作】 pinetea ruder様、Bcar様、あきら様

終わる世界の赤ずきん
【ジャンル】 未来を探す童話風ディストピアノベル
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 10種類
【プレイ時間】 1周4分~10分(トータル36分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 162MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年1月6日
【プレイver.】 1.02

その世界は終わろうとしていました。
それが市民に知らされたのは、もう取り返しがつかなくなってからでした。
けれど、市民は懸命に生きようともがきました。
空気には有害な毒素が混ざり、普通に水も飲むこともままならない終わろうとする世界で、
いつか現れると噂された、『救い人』が現れるのを待っていました。
これは『救い人』が現れないまま数年が経ち、赤い頭巾を被った少女が、
見えない未来を模索するおとぎ話。 (制作サイトより引用)


ふりーむ!でブラウザ版、ノベルゲームコレクションでブラウザ版、ダウンロード版がプレイできます。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

赤ずきんをモチーフにした、選択式ノベル。
「赤ずきん」「狩人」「狼」が登場します。

ディストピアノベルと銘打たれているだけあり、荒廃した世界には虚無感しかありません。
そんな世界で、健気に離れたところに住むおばあさんに食料を届ける赤ずきん。
彼女の言動はとても大人びていて、理性的で、それでいて優しい。
厳しい環境で育ったからこそ成熟しているのかもしれませんが、
厳しい環境で育ったとは思えない綺麗な心の持ち主でもあるのです。
彼女の言動には、読んでいて度々敬服させられました。

途中の選択肢によりエンディングが分岐します。
エンディングは10種類と豊富。エンドリストが見られるのはありがたいところでした。
クリア後も余韻を味わいたかったので、後から振り返れる機能があれば更に嬉しかったですね。
(セーブ数は少な目なので、全部の結末のセーブを残してはおけませんし……)

無情な世界観だけあり、殆どが無情なエンディングです。
その中でも、本当に救いがなく愕然とするもの、虚しいもの、悲哀に満ちて切ないもの。
そしてちょっぴり背徳的でゾクリとするものなど、本当に多様な結末が用意されています。
選択肢を選ぶ度に、どうなっていくのか……と楽しみで、読む手が止まりませんでした。
ただ、登場人物の設定はどう転んでもぶれない、と思っていたんですが、
赤ずきんの体質が展開によって違うんですよね。そこが少し解せませんでした。

ちなみに私が最初に辿り着いたのはエンド2で、この展開には呆然としました。
いや、嫌な予感はあったのですけど……そこまで酷いことになるとは。
様々なエンドの中でも、これは物語としてもプレイヤーとしても最悪の結末な気がします。

この世界の人々の様々な苦悩を見るからこそ、ハッピーエンドと言えるエンディング10では
すべてが浄化されたような神々しさを味わえます。
ただ、その他のエンディングが強烈すぎたので、印象は他のエンディングの方が強いかもしれません。

私が特に好きなエンディングは3と6でした。
3は最後の一枚絵がこの上なくカッコいい……!
6は好みの展開……とは言えないはずなのですが、ゾクリとしました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1126-1310adc3
    この記事へのトラックバック


    最新記事