惑星ホテル

2019年12月05日 22:39

pinetea【タイトル】 惑星ホテル
【制作】 大鳥 友路様(twitter

惑星ホテル
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周10分~40分(トータル1時間10分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 147MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月23日
【プレイver.】 ?

疲れて 眠った はずなのに
寝覚めの良い 朝のふしぎ
あなたは 目を覚ますと
宇宙船の 中にいました (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)



『ベッドの中で スマホでプレイして そのまま眠れるゲームを 目指しました』
そんなコンセプトが素敵なゲーム。
夢の中を漂うようなふわふわした雰囲気の語り口が心地良いです。
主人公が眠りにつくと、何故か宇宙船に乗っていて……というストーリーなのですが、
プレイし終えるとそのまま本当の夢の中に続いて行けそうな感じが。
ただし、プレイ中は先が気になってしまい、クリアまで夢中になってしまいました。
お休み前にプレイするなら、少し時間のある時が良さそうです。
私はPCでプレイさせて頂きましたが、コンセプトからしてスマホでプレイするのが良いかもしれません。

ご覧の通り、柔らかなパステルカラーと可愛い絵柄に一目で惹かれました。
主人公は男と女から選べます。
見た目の好みで、初プレイは女主人公にしてみました。

ストーリーも柔らかい絵柄にぴったりで、穏やかで優しい。でも、思わぬ悲しみを秘めていました。
なのに時々思いがけないユーモアもあり、プレイしていて退屈しません。
とあるシーンでは主人公の選択肢で突飛なものがあり、つい選んでしまったのですが、
その後の展開が面白すぎて。良いシーン……なのかもしれませんが、笑ってしまいました。

エンディングは4つ。
それぞれ、全く違った展開が示されます。
中には、皆が幸福と思われる、希望に満ちたエンディングもあり。
ただ、どれが「正しい」のかと言われると、正解はないように思えました。
とは言え、この世界を左右する選択の決断を自分がせねばならない、という状況はなかなかに重いものです。
単に夢心地で終れるストーリーではないので、深く心に残るのでした。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1133-0e68364d
    この記事へのトラックバック


    最新記事