ゲーム実況者失踪させてみた

2019年12月08日 21:57

部屋の中に死体があった。 ふりーむ!のページ【タイトル】 ゲーム実況者失踪させてみた
【制作】 時計チクタク様(twitter

ゲーム実況者失踪させてみた
【ジャンル】 死者選択型デスゲームアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1周20分(トータル55分)程度
【ツール】 RPGツクールMV、VX Ace
【容量】 180MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年6月24日
【プレイver.】 1.03

誰も知らないユーザーが開始したとある生放送。
四人の実況者がプレイするゲームは「デスゲーム」。
クリアしなければ死ぬゲームで誰が生き残るのか。? (readmeより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

世間で流行りの(?)デスゲームを繰り広げるアドベンチャーゲームです。
と言っても、難しいゲームや駆け引きはありませんでした。
ただ、誰を生き残らせるか――裏を返せば、誰を犠牲にするかを選ぶだけの選択式です。
うん、シンプルだけど重いですね……。

ストーリーは、4人のゲーム実況者が無理矢理デスゲームに参加させられるところから始まります。
序盤で、偶然にも4人中3人が生き残る「鍵」を手に入れてしまった主人公。
自分の他にあと2人生かすことができるが、果たして誰を選ぶのか?という。
悩ましいところですが、そこは敢えて非情に徹してプレイしました。

選ばなかかった人物が「処刑」されていく様子も結構きっちり描かれていて、心にグサッときます。
個性的なキャラクターとあり得ない展開でリアリティは薄いのですが、どの人物も魅力的。
更に、どの人物も「良い人」っぽいので、どの人も助けてあげたくなっちゃうんですよ。
でも、逆に彼らが「処刑」されるシーンを見たい……と思ってしまう自分が居たのも事実です。

エンディングは、これまたシンプルに「誰が生き残るか」によって変わってきます。
それぞれ全く違う展開が用意されているので、結末を見るのが非常に楽しみでした。

エンディングをひとつ迎える度に、7つ目のエンディングへのヒントが開示されていきます。
全ての結末を見るのも、そう手間取ることはないでしょう。

緊迫した展開、そしてあっと思わされる結末。
ほんとにあり得ない展開で現実味は薄いのに、魅せるストーリー展開でした。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1134-fcff6017
    この記事へのトラックバック


    最新記事