我が愛しき野薔薇

2019年12月18日 22:47

せんやも、いちやも【タイトル】 我が愛しき野薔薇
【制作】 せんやも、いちやも 砂原みたけ様

我が愛しき野薔薇
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 12.3MB
【公開日】 2015年4月
【プレイver.】 ?

魔女の森に住むローズはある日、水を汲みに行った湖のそばで弱ったカエルを見つける。
実はこのカエル、魔法で姿を変えられた南の町の領主なのだという。
領主・ヘイリークの熱意に負けてローズは彼の魔法をとくためしぶしぶ協力することに。
(制作サイトより引用)


森に住む魔女が、カエルになった領主さまの呪いを解くために冒険する短編RPG。
ちょ、これ、人間に戻ったら超美形!なパターンじゃないか!!と目を輝かせましたが、
公式サイトに「人間の姿は出てきません」と明記されていました。
ううむ、そこはちょっぴり残念。妄想で補うことにします。

主人公のローズは「ひねくれもので意地悪」という自称らしいですが、
特に意地悪そうには見えない魔女さんです。
ただ、静かに暮らすのが好きなんだろうなぁという感じ。
彼女も前髪で顔が見えないけど、この方も美女に違いないと妄想しています。
対して、カエルのヘイリークは陽気で能天気。
でも、彼も人の好さが透けて見える、憎めない良いキャラクターでした。

ゲームとしては戦闘ありのRPGで、ほぼ一本道ですので迷うところはありませんでした。
作品ページに「レベルが低いうちはローズの防御力がとても低いので魔法でカバーすることをおすすめします 」
とあるように、ローズは結構脆いです。
所々に全回復スポットがあるのでさほど大変ではないものの、敵も多いです。
作者さんの助言通り、地道に防御を上げつつ戦うと楽でした。
最初は敵から逃げず、少しレベルを上げておいた方がサクサク進めるかなと思います。
ローズは攻撃魔法の他にも回復ができるので、序盤の脆さを乗り切れば、まさに万能キャラ。
彼女は「集中」というコマンドでMPを回復できるので、あまりMPを気にせず魔法が使えるのが◎でした。

ストーリーも、最後は「そうだったのかー!」というちょっとしたサプライズもあり、楽しかったです。
ただ、エンディングの2人の雰囲気がすごく良かったので、やっぱり人間のヘイリークを見たかったですね。
そして2人のラブラブっぷりが見たかった……!(*/∇\*)
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1138-1905edd7
    この記事へのトラックバック


    最新記事