Brevlevering

2020年10月08日 19:50

おばけやしき【タイトル】 Brevlevering
【制作】 おばけやしき おばけ様

Brevlevering
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周5分(トータル15分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 -
【公開日】 2020年4月23日
【プレイver.】 1.00

廃墟に住む影たちに手紙を渡しに行きます
影たちはあなたの知らない言語で話しかけてきます (ふりーむ!作品ページより引用)


ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。
ツクールMV製で、ブラウザのみでプレイできます。
タイトルの意味をグーグル翻訳さんに尋ねてみたところ、デンマーク語で「手紙の配達」のようでした。
(違ってたらスミマセン)

そのタイトルとゲーム説明文の通り、女の子が影たちに手紙を届けるゲームです。
サクっと配達すれば恐らく1分で終わるボリュームですが、この不思議な街を歩く影たちと話したくて
彼らを追いかけていたので、1周5分くらいかかりました。

女の子が誰なのか、なぜ手紙を届けるのか、廃墟と影たちが何者なのかは一切語られません。
影たちの話す言葉(何とボイス付です)は恐らく造語で全く通じず、手紙の内容も知らない文字で書かれており、
本当にどこか異国の町――あるいは異世界――を彷徨っているような気分が味わえます。
町のグラフィックの美しさや手紙に描かれた花々の絵が美しくて、それも印象的でした。

と異国情緒たっぷりなのですが、2周することで少し彼らのことが理解できます。
作品ページにも書かれているように、2周目プレイもお薦めです。

ただ、個人的には2周目は無くても良かったかもという思いもありました。
1周目の行間を読み、想像力を膨らませるのが楽しかったので。
とは言え、それだけだと余白が大きくて曖昧すぎるというのもあるんですよね
キャラクターがチップで表情が全く描かれていないので、声優さんの演技にほぼ全てが委ねられちゃいますし。
2周してより彼らを理解できたという面も確かにあるので、そう考えるとやっぱりこれで良かったのかなー。
いずれにしろ、「なぜ少女が手紙を届けるのか」という点においては読者の想像に委ねられており、
不思議な余韻が消える訳ではないので、うん、やっぱりこれで良かったんですね。

ちなみにエンディングは、配達をきちんとやり遂げるエンドと、配達ミスを繰り返す失敗エンドです。
他にも何か隠されている可能性もありますが、私が見付けられたのはこの2つでした。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1160-51d2fc87
    この記事へのトラックバック


    最新記事