胡蝶蘭のメヌエット

2020年10月17日 21:06

胡蝶蘭のメヌエット【タイトル】 胡蝶蘭のメヌエット
【制作】 桃 実女子様(twitter

胡蝶蘭のメヌエット【ジャンル】 選択式ショートノベル
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル26分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 121MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年6月27日
【プレイver.】 1.04

昔々、ある屋敷で、主人とメイドが暮らしておりました。
ある日、主人はメイドを呼び出すと、クビを言い渡しました。
メイドは大層驚き、そして……。 (ふりーむ!作品ページより引用)


ティラノビルダー製で、ふりーむ!ではブラウザ版のみ、ノベルゲームコレクションではダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。

色鉛筆で描かれた綺麗な人物画に惹かれてプレイさせて頂きました。
メイドさんの肌色からするとファンタージで、優美なタイトルだし百合風味か女性向けのノベルかな?と想像。
プレイ開始すると、タイトル画面でバッハのメヌエットが流れてきて。おお、やっぱり優雅~。
しかし、辿り着いたエンディングがあまりに予想外で衝撃を受けました。え、ナニコレ!?
どんな話なん!?とびっくりして、気が付いたらのめり込んで夢中でプレイしておりました。

1分ノベルだけに1周は1分程度と短いのですが、選択肢が多くて選ぶ楽しみがあります。
そしてこれ、「選ばない」という選択肢も用意されているので、分岐が豊富。
こう答えるとどうなる?と、展開が楽しみでした。
大体バッドエンド――というか一番行き易いmeasure1に辿り着くんですが、
何度かプレイして違う展開になると「おおっ」と嬉しくなりました。
何度も繰り返しましたが、自力で全部クリア。
ちなみに私は、1→3→2α→4→2β→5 という順で辿り着きました。
困った方は、タイトル画面の"help"の中に攻略ヒントがあります。

序盤は気付かなかったのですが、タイトル画面の"Da Capo"というメニューに前日譚?が収録されており、
本編で特定のエンドを見る毎にひとつずつ解放されていきます。
それを読むと、なぜこんなことが起きているのかが少しずつ分かってくるという構造です。
シリアスで、ある意味残酷なストーリーなのですが、展開によっては思わずクスリとするコミカルな面もあり、
プレイヤーとして気持ちが重くなりすぎずに済むのも魅力的でした。

全てクリアすると、後日譚や人物紹介も読めるようになります。
メイドさんの人物紹介の文章も、後々の余韻を感じられてほうっと溜息が出るようでした。

斬新な手法や仕掛けはなく、選択式ノベルゲームとしてはオーソドックスな作品。
そして、純粋に選択式ノベルとしてとても面白かったです。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1169-382f0942
    この記事へのトラックバック


    最新記事