星は吊られ、砂は。

2020年10月18日 20:38

ツノウサギの家【タイトル】 星は吊られ、砂は。
【制作】 ツノウサギの家 やかろ様

星は吊られ、砂は。
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周2分(トータル36分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 146MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年6月14日
【プレイver.】 1.01

1分で崩れ落ち、1分で埋もれ、1分で再生される。
ルールさえ守っていれば、この世界は壊れはしない。
君の幸せはこの世界にあるよ。 (ふりーむ!作品ページより引用)


ふりーむ!とRPGアツマールで公開されています。
基本はブラウザプレイですが、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品です。

1分を繰り返しながら表と裏の2つの世界を行き来し、少しずつ真実を認識していくストーリー。
メルヘンチックなドット絵、フォントやチュートリアル画面のレイアウト、全てが可愛くてとても魅力的です。
でも、セピア色の画面と、流れるオルゴールのBGMがとても切なく、悲しくて。
ぬいぐるみ達はここは「幸せの世界」だと言いますが、何か、何かが違うのだと思わざるを得ません。

1周は1-2分とても短いけれど、何度も何度も繰り返すことになります。
夢のような世界の住人たちは、諭すような惑わすような台詞を伝えてくるのですが、
プレイするうちに、いくつかの事象を見て「ああ、これは……」と察するものがありました。
これはゲームだから、クリアを目指すけれど。
この少女にとって、そこに到達するのが果たして良いことなのかと躊躇ってしまう気持ちもありました。
最後までプレイして、何だか泣きたい気持ちになりました。
心に刺さる作品です。

制作サイトさんの作品ページにおまけで作品についての解説がありますので、
エンディングを迎えた方は見てみると物語をより理解する手助けになるかと思います。

以下、プレイ時の個人的な戸惑いについて少々。
繰り返すうちに、後半になると探索に1分もかからないターンがあります。
早くもうひとつの世界に行きたいときは、メニュー画面から「さかさまに」を選べばいい、
という指示があるのですが、実際にメニュー画面を開いて出てくるのが
「せってい」と「おわりとはじまり」という項目でして。
後半になって「さかさま」にしたくなったんですが、ここまでプレイしたのに「おわりとはじまり」を選んで
リセットされたらどうしよう!と怯えて、選べなかったという。結局最後まで使いませんでした……。
実際は「おわりとはじまり」を選ぶと「さかさまに」が出てきます。
これを上手く使いさえすれば、もう少しプレイ時間短くてエンディングまで行けると思います。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1170-813c4b54
    この記事へのトラックバック


    最新記事